写真家・Gary Chewが抱くPetzval 85の第一印象

マレーシア出身のGary Chewは現在シンガポール在住、写真家としての仕事を始めたばかり。彼の果てしない想像力を表現する媒体は写真と芸術であるという信念のもとに、Garyは今回Petzval85で魅力的な作品を撮影してくれました!

このインタビューでは、Gary Chewが彼の写真家としての目が本物であることを証明してくれました。

© Gary Chew

まずはじめに、読者の皆様に簡単な自己紹介をお願いします!

僕の名前はGary Chew。マレーシア生まれでシンガポール在住の写真家、グラフィックデザイナーです。

写真を始めたきっかけはなんですか?

写真を始めたのは、実はほんの2年前のことなんです。きっかけは風景写真に没頭していた元同僚の影響でした。写真に対する情熱に火が付いたのは、初めてデジタル一眼レフで撮影した韓国旅行のときでした。撮影した写真をみた友達がみんな私の技術を褒めてくれて、それでプロの写真家を目指そうと思ったんです。

写真家としてのご自身のスタイルについて説明していただけますか?

いろんなジャンルの写真に挑戦しています。どれか一つのスタイルに縛られたくないんです。デジタルも、アナログも、インスタントも、ポートレートも、なんでも。結局、写真は自分の想像力を表現するための媒体でしかなくて、想像力には限りがないんです。

© Gary Chew

写真に撮るのが好きな被写体はありますか?

個人的には人の写真を撮ることが好きです。なぜなら、人を撮るときには見た目の美しさだけではなくて、その人本人でさえも気づいていないような内面の性格や特徴を捉えることができるからです。

一番成功した作品、もしくはお気に入りのプロジェクトはなんですか?

私の一番の成功は、ちょうど今年に起こったことなのですが、シンガポールの女性雑誌に初めて自分の記事を掲載してもらえたことです。インスタント写真についての記事で、私はアナログカメラと生産停止になったポラロイドカメラを使用しました。

デジタルとアナログではどちらを選びますか?両者に違いはありますか?

重要な違いがあるかって?いいえ、僕にとってはデジタルもアナログも道具でしかありません。素晴らしい作品を撮るためのカギは、いつもレンズのこちら側にある目だと思いますよ。

© Gary Chew

Petzvalレンズでの体験について詳しく聞かせていただけますか?面白いことや挑戦してみたことはありますか?

インターネットで、Petvalレンズを使っている写真家の作品をたくさん見たんです。素晴らしいぐるぐるボケがその美しい写真たちの魅力でした。僕はその時、いつかこの素敵なレンズをつかってみなければ、と自分自身に誓いました。私の願いを叶えてくれたロモグラフィーに心から感謝しています。

撮影を始める前には、レンズの動作を知るためにインターネットでチュートリアルやレビューを調べてみました。はじめてレンズを使ったときは、焦点を合わせるのが本当に難しかったです。だけど、しばらく練習を重ねるうちに簡単に合わせられるようになりました。次に、背景のぐるぐるボケについてです。僕はいくつか異なる背景で撮影してみて、背景に幻想的なぐるぐるボケが欲しい時には、十分に離れた場所に被写体と対照的な背景を見つけなければなりませんでした。最後に、Petzvalを使って外で撮影していると非常に注目を浴びます。特に美しい真鍮ゴールドのPetzval 85レンズを使っていたら、誰もがあなたのレンズを凝視してくるでしょう。なかには、レンズについて質問してくる人もいますよ。

Petzval85で撮影した写真のなかでお気に入りはどれですか?理由も教えてください。

個人的には、僕のいとこが目を閉じてブーケを持っているイメージが気に入っています。幻想的な背景と雰囲気に惹きつけられるんです。

© Gary Chew

そのほかだと、親友のShellyが森の中で空を見上げている写真が好きです。実際のShellyはとても元気でボーイッシュな性格なのですが、写真の中では物静かで女の子らしくみえるところが気に入っています。その人物に対するイメージを変えてしまうのも、写真の偉大な効果の一つです。

© Gary Chew

下記に挙げる秋らしい写真も、お気に入りの一つです。Mintzも僕の親友の一人で、お気に入りのモデルでもあります。このシリーズの気に入っているところは、秋の雰囲気と、それにもちろんカメラの前で自然にポーズをとってくれるMintzの表情です。

© Gary Chew

Petzval 85 Art Lensで一番気に入っている特徴はなんですか?

もちろん、f2.8のときの被写界深度ですね。Photoshopでも絶対にマネのできない魔法のようなボケを生み出してくれるんです。なかにはできる人もいるのかもしれないけど、加工していない現実の描写でこんな美しいボケを表現できるのは、まったく別次元の体験ですよ。僕の友達はみんなこの効果の素晴らしさに驚いていました。

Petzval 85 Art Lensにはどのようなプロジェクトに向いていると思いますか?初めてこのレンズを使う方へのアドバイスはありますか?

自然を背景にしたポートレートが向いてると思います。このコンビネーションが本当にすごく良いんです。

初めての人は、レンズについての情報や動画を見て研究してみることをオススメします。三脚を使うと焦点を合わせるのが楽になりますよ。

© Gary Chew

Petzval 85 Art Lensを完璧に使いこなすためのコツはありますか?

ぐるぐるボケの背景のほかに、星やしずく型など色んな形を描いてくれる「スペシャル」絞りプレートを使って実験してみるのがいいと思います。実は僕もまだ試したことがないんだけど、きっともっと自由でクリエイティブな作品に挑戦できるようになると思います。

今後のご予定があれば教えてください。

いまはあるイラストレーターとコラボして、メディアミックスによる作品に挑戦してるところです。

© Gary Chew

2017-01-31 crissyrobles の記事

コメントはまだありません

他の記事を読む

  • アナログプリントと東京の街 :写真家 あしだち なお

    2017-11-18 refallinsasaki の記事
    アナログプリントと東京の街 :写真家 あしだち なお

    東京の街で様々な青年たちの姿を切りとった写真集 "boys in tokyo sentimental" は、写真家の あしだち なお さんによるもの。写真に写る青年たちだけではなく、それぞれの街の個性が捉えられていたのが印象的でした。アナログプリントや紙の写真が大好きだと語る彼女は、先日紙にまつわるイベント『Paper Bazaar』を開催したばかり。今日はそんな彼女に、アナログ写真の魅力について語っていただきました!

  • LomoAmigo:ケイスケミツモト × LC-A+

    2017-10-21 refallinsasaki の記事
    LomoAmigo:ケイスケミツモト × LC-A+

    今年開催された フォトコンテスト Gritty Woman 。たくさんの応募の中から『ロモグラフィー賞』を受賞したのは、 ケイスケミツモトさん。被写体の芯の強さが伝わってくるような写真がとても印象的でした。ステレオタイプに捉われない、被写体の「強さ」が伝わってくるポートレート作品をご覧ください。

  • LomoKino meets 写真集『#イットガーリー』

    2017-09-26 refallinsasaki の記事
    LomoKino meets 写真集『#イットガーリー』

    インフルエンサーの日常を切り取った写真集『 #イットガーリー 』。 ふだんはSNSで写真をアップロードしている若者たちの素顔が、フィルム写真で切り取られているのが印象的。 #06 ではロモグラフィーのムービーカメラ LomoKino で撮影された写真も登場します!

  • ショップニュース

    ファインダーを覗くだけでも楽しい!軽量二眼レフカメラ

    ファインダーを覗くだけでも楽しい!軽量二眼レフカメラ

    Lubitel 166+での撮影はとても実験的。上から覗き込むタイプのウエストレベルファインダーを使って思う通りにフレーミングできます。120フィルムと35mmフィルムが両方使えるので、飽きずに創作意欲も存分に湧き上がることでしょう。あなたもロモグラフィーのオンラインショップでLubitel 166+を手に入れて、アナログ写真の代表作を作りましょう!

  • 虹色の思い出:Wendy Laurelのフィルムスープ実験

    2017-08-27 #tutorials
    虹色の思い出:Wendy Laurelのフィルムスープ実験

    旅行中の家族写真で実験をしてみたという Wendy Laurel。彼女は旅の幸せな思い出を表現するため、酸性のフィルムスープや光漏れで素敵なイメージを作り上げました!今回は、実験の内容や手順について私たちに教えてくれました。ハッピーな気持ちが伝染しそうな写真とともにご覧ください。

  • 冬の木々に魅せられて

    2018-02-19 #tutorials hodachrome の記事
    冬の木々に魅せられて

    葉が落ちて枝の形があらわになった冬の木々…、冬の寒さや物哀しさを感じさせるシンボリックな光景のひとつですが、皆さんは写真に撮ったりしますか?色が乏しく素材としては難しいのですが、アイデアや技術、そしてロモグラフィーの個性的なフィルムを駆使することで面白い写真を撮ることができます。今回はそれらを紹介していきたいと思います。

    1
  • Lomo LC-A+と東京散歩:Rimi Sakamoto

    2018-05-09 refallinsasaki の記事
    Lomo LC-A+と東京散歩:Rimi Sakamoto

    普段はデジタルカメラで撮影しているフォトグラファーの Rimi Sakamotoさん。フィルムを使うのは久々という彼女が Lomo LC-A+で撮影した写真を Lomography Japanに送ってきてくれました!旅先から送られてきた美しいポストカードのような東京をちょっとだけご紹介。

  • ショップニュース

    Revolog フィルム 種類によって様々なユニークな効果が現れます!

    Revolog フィルム 種類によって様々なユニークな効果が現れます!

    緑の発光体やイナズマ、引っ搔き傷などのユニークなエフェクトが現れるRevologフィルム。刺激的な写真が撮りたい方におすすめ!

  • Neon Dreams Tokyo - 写真家 Matthieu Bühler

    2017-12-27 #places cheeo の記事
    Neon Dreams Tokyo - 写真家 Matthieu Bühler

    写真家 Matthieu Bühler's が東京で撮影した『Neon Dreams』シリーズ。東京のいたるところにある、ネオンが彩る独特の色合いと描写をお楽しみください。

  • LomoChrome Purple フィルムと行くアイスランド:Eden Carter

    2017-11-17 #people
    LomoChrome Purple フィルムと行くアイスランド:Eden Carter

    イギリスの写真家 Eden Carterが撮影したアイスランドの荒涼とした大自然。全てをパープルに染め上げる LomoChrome Purple フィルムで写された、息を呑むような景色をご覧ください!

  • Lomo LC-A+の魅力とは?

    2018-02-02 #gear
    Lomo LC-A+の魅力とは?

    長年にわたりたくさんの人々に愛されてきたフィルムカメラ Lomo LC-A+。このカメラのどこがそんなにいいの?と思う人もいるかもしれません。でも、LC-A+の写す世界を見れば一目で理由がわかるでしょう。この小さなボディには、クリエイティブな可能性がぎっしり詰まっているんです。

  • ショップニュース

    あなたの大切なひと時を円形に閉じ込めて...

    あなたの大切なひと時を円形に閉じ込めて...

    170度の魚眼レンズで見る世界。いつもよりも、より一層愛らしく!動物の顔をアップで撮影して、デカ鼻のユニークな写真も面白い!

  • 秩序の中にある美しさ - 写真家 Lorenzo Zandri

    2017-08-21 #people #places cheeo の記事
    秩序の中にある美しさ - 写真家 Lorenzo Zandri

    私たちは花や緑など自然の中に美しさを見いだすこともあれば、規則正しく並ぶ線や図形、無機質なものに美しさを見いだすこともあります。ローマを拠点とする写真家 Lorenzo Zandriが写す建築写真は、まさにそんな秩序の中の美しさを切り取ったものばかりです。

  • Father John Misty インタビュー「アナログブームはパンツみたいなもの。」

    2017-09-29 #ビデオ refallinsasaki の記事
    Father John Misty インタビュー「アナログブームはパンツみたいなもの。」

    Father John Misty こと Josh Tillman は米メリーランド出身のシンガーソングライター。今年7月、FUJI ROCK FESTIVAL 2017 で来日した彼に、アルバム『Pure Comedy』について、アナログブームについて、そして写真について、たくさん語っていただきました。

  • 【動画】ロモスタッフが LC-A+を持って撮影旅行へ!

    2017-11-08 #ビデオ refallinsasaki の記事
    【動画】ロモスタッフが LC-A+を持って撮影旅行へ!

    9月某日、ロモジャパンチームはそれぞれお気に入りのフィルム、LC-A+とその他たくさんのカメラを持ち、都内からちょっと離れた隠れスポットへ。【Lomography 25周年】LOMO LC-A+ 動画制作という口実のもと、スタッフ全員で思い思いの写真を撮りにいってきました!《Lomography の10ゴールデンルール》でも掲げている通り、"Lomographyは人生のジャマじゃなく、人生の一部"。ロモグラフィーが世界中のロモグラファーとスタッフと共に生きてきた25年間を祝して、作ったこの動画。あなたは見たあと、どんなことを思いましたか?