Lomo In-Depth: セルフセラピーとしての芸術と写真

悩みやうつ病を和らげるための手段として、自己表現が有効であることは多くのアーティストによって証明されてきました。そして他の芸術と同じく写真もまた、人々が頼るストレス解消の手段の一つです。この記事では、写真が人の精神安定にどのように貢献してくれるのか、謎に包まれたその癒しの力を解き明かしていきます。

Credits: kasperhouser

芸術家の精神状態

まずは芸術とセルフセラピーにどのような関係があるのかお話ししましょう。

「苦悩する芸術家」のステレオタイプとして、ゴッホを思い浮かべる方が多いかもしれません。彼は一例に過ぎませんが、芸術家がうつ病や精神病にかかりやすい可能性は否定できません。

Kari Steffansonの 創造性と精神病をつなぐ遺伝学 における研究では、創造性とうつ病には関係性があると言及されています。

Kari Steffansonは The Guardian でのインタビューで次のように語っています。

『クリエイティブであるためには、人と違う考え方をしなければならない。そして、人と違っていると、「変わり者」、「狂人」、そしてときには「頭がおかしい」などとレッテルを張られることも多くなる』。

これを読んでいる多くの人にとって、素晴らしい写真家であるということは同時に素晴らしい芸術家であることを意味しているでしょう。そして、芸術家であるということは、「他人と違っている」ことでもあります。他人と異なることは常にテーマ一つですが、同時に芸術家は「変わっている」、「おかしい」というレッテルを貼られることもあるでしょう。

そしておそらく、これがすべての苦しみのもとなのでしょう。自分だけが変わり者で、世界の外にいるような孤独感は、芸術の分野においてはクリエティビティを刺激することもあります。しかし、それは個人的な幸福とはまた別問題であり、心の健康に良いとは言えません。

Credits: grazieheyfrida & clownshoes

一方で、ハーバードの精神医学教授である Albert Rothenbergは、創造性が人を狂わせるという説を否定しています。抑圧された環境で自己表現ができなかったり、想像力を発揮できないことが根本的な原因と考えるようです。

Allan Rothenbergは The Guardian のインタビューで次のように答えています。

『芸術家が社会から孤立し、自分の内側にいる悪魔と戦っているという考えは、19世紀のロマンチックな概念です。ほぼすべての精神病院では芸術療法が利用されており、患者の多くは芸術的な分野に惹きつけられます。』

セルフセラピーとしての写真

カメラは私たちが裸眼では見ることや理解することのできないものを知るための義眼として働きます。知覚は常に主観的であるため、私たちは大きな景色のなかにある小さなことや意識の向いていないものを見落としがちです。カメラはその風景を捉え、私たちが気づかないようなことにも焦点を向ける手助けとなります。人生を変えてしまうような体験や真実は、そのような細部に潜んでいることもあります。

Credits: mikeluntzilla

実際、写真家のなかにはプロとして写真に情熱を捧げるようになる前は、芸術をヒーリングの方法としていたと話す人も多くいます。

『写真は人生の美しさを再発見させてくれることで、あなたの魂を癒してくれると思います。特に日常生活の中にある美しさの発見においてです。それに、写真は人に自信を与えてくれます。芸術を作り出し、人と共有し、評価を受けることへの自信です。私にとって写真は創造力の捌け口ともなりました。写真を始める前は、自分の創造力を表現するものが何もなかったんです。私は(これを読んでいる他の多くの人と同じように)芸術家として生まれましたが、絵を描く才能には恵まれませんでした。写真との出会いは、私に世界のユニークな捉えた方と、より世界と繋がっている感覚を与えてくれたのです。』-- Eric Kim, C-Heads
『写真は僕にとってセラピーなんだ。これまで知らなかった方法で、自分の感情をコントロールできるようにしてくれたからね。』-- Christian Hopkins, Flickr Blog
「私のカメラは、これまで理解できるなんて思っていなかったような世界を私に見せてくれるんです。それに気づいたとき、私の心のなかの歯車が同時に動き始めたのを感じました。」-- Katie Eleanor, ロモグラフィーでのインタビュー

Huffington Post によれば、写真というメディアを利用できる人は、それを自己流で学んだか専門的な教育を受けたかに関係なく、より容易に自己表現をできるようになるといわれています。

さぁ、悩みを抱えている人は今すぐに絵筆やペン、カメラを持って探検に出かけましょう!もうカメラを持っているという方は、いつも通り撮り続けてくださいね。


2017-02-01 #culture Ciel Hernandez の記事

コメントはまだありません

他の記事を読む

  • 冬の木々に魅せられて

    2018-02-19 #tutorials hodachrome の記事
    冬の木々に魅せられて

    葉が落ちて枝の形があらわになった冬の木々…、冬の寒さや物哀しさを感じさせるシンボリックな光景のひとつですが、皆さんは写真に撮ったりしますか?色が乏しく素材としては難しいのですが、アイデアや技術、そしてロモグラフィーの個性的なフィルムを駆使することで面白い写真を撮ることができます。今回はそれらを紹介していきたいと思います。

    1
  • アナログプリントと東京の街 :写真家 あしだち なお

    2017-11-18 refallinsasaki の記事
    アナログプリントと東京の街 :写真家 あしだち なお

    東京の街で様々な青年たちの姿を切りとった写真集 "boys in tokyo sentimental" は、写真家の あしだち なお さんによるもの。写真に写る青年たちだけではなく、それぞれの街の個性が捉えられていたのが印象的でした。アナログプリントや紙の写真が大好きだと語る彼女は、先日紙にまつわるイベント『Paper Bazaar』を開催したばかり。今日はそんな彼女に、アナログ写真の魅力について語っていただきました!

  • 【比較】クロスプロセスってどんな写真が撮影できるの?

    2018-03-27 refallinsasaki の記事
    【比較】クロスプロセスってどんな写真が撮影できるの?

    皆さんは普段、どんなフィルムを使っていますか?いつもとは少し違った写真が撮影してみたい!という方にはロモグラフィーのクロスプロセスフィルムがおすすめです。カラーネガで撮影した写真とクロスプロセス写真がどう違うのか、同じ日に撮影した写真を比べてみましょう!

    1
  • ショップニュース

    全てがクラシカルなポートレイトレンズ

    全てがクラシカルなポートレイトレンズ

    Lomography New Petzval Lens は85mmのポートレイトレンズ。周辺のボケが渦巻くように現れ、中心の被写体へ視線を惹き付ける画を写し出します。Nikon FとCanon EFの2種類のマウントでご用意があり、こちらのマウントに対応するデジタル及びアナログカメラに対応しています。オンラインショップではその他のマウントアダプターやフィルター各種を取り揃えています。

  • 【テクニック記事】予期せぬアクシデントを楽しもう

    2018-07-26 hodachrome の記事
    【テクニック記事】予期せぬアクシデントを楽しもう

    フィルムカメラを使っていると思わぬアクシデントに見舞われることがありますよね。光カブリ、コマずれ、傷、感度劣化など。それらはせっかくの写真を損なう困ったものですが、一方でフィルムでしか味わえない魅力であったりもします。今回はテクニックではなくてそんなフィルム写真の思わぬ魅力について紹介していきます。

    2
  • フィルムカメラを持ってお花見へ

    2018-03-28 refallinsasaki の記事
    フィルムカメラを持ってお花見へ

    すっかり春めいて、今週東京では桜が満開!皆さん、お気に入りのフィルムとカメラを持って撮影に出かけていることと思います。ここでは、 ロモホーム で見つけたとっておきの桜の写真をご紹介します。今週末、どんなフィルムを使おうか悩んでいる方は参考にどうぞ!

  • Naiadで撮影された迫力満点のショット

    2018-05-29 genevievedoyle931 の記事
    Naiadで撮影された迫力満点のショット

    先日発売されたばかりの Naiad で撮影された写真が Lomographyに届きました!焦点距離15mmの写りは、何を撮っても迫力満点。フィルムでもデジタルでも、カラーでも白黒でも、どんなシーンでも活躍する頼もしいレンズです。台湾やサンフランシスコ、ホノルルなど世界中のユーザーがいち早く撮影した写真をご紹介します!

  • ショップニュース

    ロモグラフィックな写りを簡単に楽しめる!

    ロモグラフィックな写りを簡単に楽しめる!

    <b>【ロモグラフィーの Simple Use Film Camera(レンズ付フィルム)】</b>さあ今すぐ撮影開始!ロモグラフィーのユニークなフィルムでの撮影を簡単に楽しめます。フィルムが既にセットされているので、購入したらすぐに撮影スタート可能。

  • Lomo LC-A+と東京散歩:Rimi Sakamoto

    2018-05-09 refallinsasaki の記事
    Lomo LC-A+と東京散歩:Rimi Sakamoto

    普段はデジタルカメラで撮影しているフォトグラファーの Rimi Sakamotoさん。フィルムを使うのは久々という彼女が Lomo LC-A+で撮影した写真を Lomography Japanに送ってきてくれました!旅先から送られてきた美しいポストカードのような東京をちょっとだけご紹介。

  • Diana Instant Square についてよくあるご質問 ~クラウドファンディング編~

    2018-06-22 keitauni94 の記事
    Diana Instant Square についてよくあるご質問 ~クラウドファンディング編~

    ついに日本でのクラウドファンディングプロジェクトが 6/22(金) 12:00 より始まった、クレイジーな写りを存分に楽しむことのできるDiana Instant Sqaure!みなさまからよくお問い合わせ頂くご質問をこちらにまとめました。クラウドファウンディングが初めてで不安という方も、気になる点はこちらでチェックしてみてくださいね。MOTION GALLERYでのご支援お待ちしております!

  • #イットガーリー × Lomography 写真展「it times lomo.」

    2018-04-26 refallinsasaki の記事
    #イットガーリー × Lomography 写真展「it times lomo.」

    #イットガーリー はインフルエンサーたちの日常を温かみのあるフィルム写真で切り取った写真集。いままで様々な形でコラボしてきた #イットガーリー × Lomographyが今回展示を開催することとなりました!来場者プレゼントもあるのでお楽しみに。

  • ショップニュース

    Revolog フィルム 種類によって様々なユニークな効果が現れます!

    Revolog フィルム 種類によって様々なユニークな効果が現れます!

    緑の発光体やイナズマ、引っ搔き傷などのユニークなエフェクトが現れるRevologフィルム。刺激的な写真が撮りたい方におすすめ!

  • アートホテル BnA STUDIO Akihabaraに潜入!

    2018-03-16 refallinsasaki の記事
    アートホテル BnA STUDIO Akihabaraに潜入!

    「泊まれるアート」をテーマに、旅行者と日本のアーティストが交流できるプラットフォームを構築するプロジェクト BnA Hotel。先日行われたパブリックビューイベントで一足お先に部屋を見に行ってきました。今回はロモグラフィーのカメラで撮影した写真の一部をご紹介!

  • 秋葉原 by Clara Mathiesen【BnA x Lomography】

    2018-03-11 #people #places refallinsasaki の記事
    秋葉原 by Clara Mathiesen【BnA x Lomography】

    「泊まれるアート」をテーマに、旅行者と日本のアーティストが交流できるプラットフォームを構築するプロジェクト Bed and Art Project - BnA Hotel。BnAコミュニティーの気鋭の写真家 Clara Mathiesenさんが Lomo LC-A+で BnA STUDIO Akihabaraとその近隣を撮影しました。

  • 【BnA Hotel x Lomography】秋葉原をテーマにしたコラボ展示を開催!

    2018-03-09 refallinsasaki の記事
    【BnA Hotel x Lomography】秋葉原をテーマにしたコラボ展示を開催!

    「泊まれるアート」をテーマに、旅行者と日本のアーティストが交流できるプラットフォームを構築するプロジェクト Bed and Art Project - BnA Hotel。そんな BnAが手掛けるアートホテル第2段 BnA STUDIO Akihabaraが 直営店Lomography+から歩いて3分ほどの場所にオープンします!今週末、秋葉原や末広町周辺ではアートイベントが盛りだくさん。