【レポート】Hodachromeによる Lomo'Instant Wide ワークショップ in 名古屋

人気のインスタントカメラ Lomo'Instant Wide を使った撮影ワークショップが、昨年12/18(日)に名古屋市内で開催されました。多重露光のスペシャリスト山本穂高さん(@hodachrome)を講師に迎え、このカメラ最大の特徴である多重露光をテーマに皆さんに撮影を楽しんでもらいました。そのワークショップの様子をレポート記事にまとめましたのでぜひご覧ください♪


【ワークショップ概要】

■日時:2016年12月18日(日) 10:00~13:00
■場所:納屋橋ラボ(愛知県名古屋市)
■主催: 写真にまつわるエトセトラ
■講師:山本穂高(@hodachrome
■参加人数:10名(女性9名、男性1名)※運営スタッフ除く
■参加料金:3,000円(フィルム代、カメラレンタル代込)
■使用カメラ:Lomo'Instant Wide 10台
■内容:ロモグラフィーの高機能インスタントカメラ Lomo'Instant Wideを使って、名古屋の納屋橋エリアにて多重露光による撮影を楽しみます。撮影後は皆さんの写真をもとに納屋橋ラボにて講評会を行います。

【当日のスケジュール】

10:00~10:30 講師・スタッフ紹介。参加者自己紹介。カメラの使い方説明。多重露光についてのレクチャー
10:30~12:00 納屋橋エリアにて撮影
12:00~13:00 納屋橋ラボにて講評会。参加者及び講師の写真をもとに解説。質疑応答など

撮影前に行ったレクチャーの内容は以下です。

1. Lomo'Instant Wideの基本操作の説明
まずは、カメラの基本的な操作方法を説明しました。ほぼすべての参加者がインスタントカメラの使用が初めてということで、なるべくわかりやすくその使い方を教えました。

2. 多重露光(MX)機能の説明
次に、このカメラの最大の特徴である多重露光(MX)についてを説明しました。一枚目の被写体を撮った後、二枚目の被写体を近くで探して重ねていくことになります。その一連の操作方法を、フィルムを入れる前に体で覚えてもらいました。

3.アクセサリー(スプリッツァー)の説明
さらに、専用のスプリッツァーの使い方・効果についても軽く説明しました。

4. 作例を見ながら完成イメージを高める
そして最後に、実際に撮られた写真及びタブレットによる画像を見ながら具体的に多重露光のイメージをしてもらいました。明部と暗部のバランスや、被写体のちがいによる撮り方の工夫など、ポイントをいくつか挙げて説明。今回のロケ地は都会の街なかですが、メリハリをつけるため人工物だけでなく花や木々、植物などの自然も生かした撮り方を意識してもらいました。

【撮影開始!】
10:30 納屋橋エリアで撮影開始。皆さんのフィルムの持ち分は1パック(10枚分)です。追加で購入することも可能ですが、与えられた枚数は10枚ということでなかなか出だしは皆さん慎重です(ですよね…)。始めは講師がいくつかポイントや撮り方などを実演して見せて、皆さんも徐々に動き出しました。インスタントカメラという性質上、結果はその場でわかるため、結果を見ては説明をし、次の場所に移動しながらまたポイントを見つけては撮っていくというような流れでした。コツをつかんだ方はそれぞれの発想でどんどん自由に撮っていってもらいました。ときには参加者同士でモデルになって撮ったり撮られたり、スプリッツァーを積極的に使ってみたり、堀川沿いに咲く「四季桜」をうまく題材にしたりと、ロケーションを生かした撮影を楽しんでもらいました。

【撮影終了】
12:00 撮影終了。集合写真撮影。

【講評会】
12:00 納屋橋ラボにて講評会開始。それぞれの撮影結果をもとに順に講評を行いました。技術的なレクチャー及び、被写体の選び方や構図の決め方、それぞれの視点の面白さなど気付いた点を説明しました。トリは講師見本を紹介、そして総括をいたしました。

以上が今回のワークショップの内容です。

【総評】
今回は、インスタントカメラの面白さを気軽に体験してもらおうと思い、このイベントを開催しました。インスタントカメラは、フィルムを現像する時間がかからないため、撮影結果をその場で見て実感することができます。気軽に楽しめる半面、枚数の制限があるためデジカメ感覚でたくさんシャッターを押すということはできませんが、今回のように街なかでスナップを楽しむにはうってつけのカメラだと思います。多重露光機能があるというのもこのカメラの大きな魅力の一つです。アクセサリーのスプリッツァーを使った多重写真もおおむね好評でした。多重露光ということで、技術的な面に加えて想像力や直感、そして機敏なフットワークも必要で、限られた時間内でそれをこなすのはなかなか大変だったと思いますが、皆さん個性を生かしてとてもユニークな作品作りをしてくれました。出来上がった皆さんの写真は個性豊かで創造力あふれるものがとても多かったです。同じカメラを使って同じ場所で撮っているにもかかわらず、それぞれまったくちがった写り方をしていたのが印象的でした。今回のワークショップをきっかけに、少しでもインスタントカメラ、ひいてはフィルム写真の楽しさを感じていただけたらうれしく思います。この Lomo'Instant Wide 及び、先日発売されたばかりの Lomo'Instant Automat が、フィルム写真人気の一役を担うアイテムとなることまちがいなしです!

【講師作例紹介】
では、このワークショップでの講師作例を紹介します。

Photo by hodachrome

また次のイベントで皆さんとお会いできるのを楽しみにしています♪
See you very soon!


Lomo'Instant Wide とは?

ワイドサイズのインスタントカメラに今までに無いクリエイティブな機能を搭載した Lomo’Instant Wide。絞りやシャッタースピードを自動的に制御し、昼夜問わず適切な露出で撮影できるので、初心者でも簡単に使いこなせます!さらに、シャッターリモコンの機能付きレンズキャップや、アタッチメントレンズなどのアクセサリーも充実。そしてもちろん、ロモグラフィーの伝家の宝刀・多重露光と長時間露光も可能。刺激が足りないときは、付属のカラーフィルターをフラッシュに被せれば、鮮やかな色のフラッシュに染まったサイケデリックな写真ができあがります。お求めは オンラインショップ または 直営店Lomography+ まで!

2017-02-11 #workshop #hodachrome #lomo-instant-wide hodachrome の記事

関連商品

Fuji Instax Wide

Fuji Instax Wide

早くて、シャープで、とっても手軽なFuji Instax Film Wide ISO800。Fuji Instax 200と210 camerasで使えます。

クラウドファンディング実施中!

60年代に伝説的な人気を誇ったアナログカメラ Diana。2018年、正方形フォーマットのインスタントカメラとして生まれ変わる!Diana Instant Squareのクラウドファンディングプロジェクトは7/25(水) 23:59まで MotionGalleryにて実施中!鮮やかな色とコントラスト、特徴的なビネット、ふんわりとしたソフトフォーカスに予測できない光漏れ。そんな Dianaの写りを、撮ってすぐに楽しめる一台!

他の記事を読む

  • hodachrome、10の質問に答える!

    2017-08-04 #people #tutorials hodachrome の記事
    hodachrome、10の質問に答える!

    多重露光のスペシャリスト 山本穂高 ( hodachrome )さんが、写真展や写真教室のときによく聞かれる質問を分かりやすくまとめてくださいました!写真に詳しい方から初心者まで、実にさまざまな疑問を投げかけられる hodachromeさん。素敵な作例と共にご紹介しますので、撮影術や撮影時の心得など参考にしてみてください ♪

  • 【テクニック記事】セルフフィルムスワップの方法

    2018-03-17 hodachrome の記事
    【テクニック記事】セルフフィルムスワップの方法

    ロモグラファーの皆さんが大好きな多重露光(重ね撮り)。ロモグラフィーのカメラには多重露光(MX)機能を備えたカメラがたくさんありますが、多重露光機能のないカメラではトライすることができないでしょうか?いえ、そんなことはありません。皆さんの持っているカメラでも多重露光が可能で、しかも素敵な作品が撮れる方法があります。今回その方法を紹介します♪

    1
  • 多重露光企画公募展「カサナリノセカイ」開催のお知らせ

    2018-03-15 hodachrome の記事
    多重露光企画公募展「カサナリノセカイ」開催のお知らせ

    多重露光アーティスト山本穂高氏(@hodachrome)主催による多重露光写真展「 カサナリノセカイ 」が京都で開催中です。コンセプトは「日常ではありえないような夢の世界──。何度でも心に刻んでほしい…」。全国から集まった多重露光好き・フィルム好きがそれぞれの幻想的な多重露光の世界を奏でます。ぜひ足をお運びくださいませ!

  • ショップニュース

    あなたの大切なひと時を円形に閉じ込めて...

    あなたの大切なひと時を円形に閉じ込めて...

    170度の魚眼レンズで見る世界。いつもよりも、より一層愛らしく!動物の顔をアップで撮影して、デカ鼻のユニークな写真も面白い!

  • 山本穂高写真展「季節の群像 ~season portraits 2018~」

    2018-01-12 hodachrome の記事
    山本穂高写真展「季節の群像 ~season portraits 2018~」

    多重露光による様々な幻想世界を魅せる山本穂高氏 ( @hodachrome )による写真展のご案内です。今回のテーマは近年取り組んできた「ポートレート多重」。様々な女性たちの個を生かしつつ、日本の四季の題材とを融合させました。デジタル合成ではない、アナログでしか味わえない四季折々の群像劇をぜひご堪能ください。

  • 【レポート】Lomo'Instant Squareワークショップ @谷根千エリア

    2018-03-28 refallinsasaki の記事
    【レポート】Lomo'Instant Squareワークショップ @谷根千エリア

    2018年3月10日(土) に開催した Lomo'Instant Squareワークショップの模様をレポート!さて、皆さんどんな写真が撮れたでしょうか?参加者の皆さんのベストショットもご紹介します!

  • photo exhibition “since” @ cafe DODO 開催中

    2017-08-22 refallinsasaki の記事
    photo exhibition “since” @ cafe DODO 開催中

    8/21(月)よりフォトグラファーの TINAさんと yuisakaiさんが名古屋市内で写真展を開催します。鮮やかな色彩を得意とするふたりのフォトグラファーがファッションポートレート撮り下ろし。写真展では、ロモグラフィーの Daguerreotype Achromat 2.9/64 Art Lens で写した TINAさんの作品も展示されます!

  • ショップニュース

    Revolog フィルム 種類によって様々なユニークな効果が現れます!

    Revolog フィルム 種類によって様々なユニークな効果が現れます!

    緑の発光体やイナズマ、引っ搔き傷などのユニークなエフェクトが現れるRevologフィルム。刺激的な写真が撮りたい方におすすめ!

  • ゴトウヨシタカ写真展「RISK TAKER vol.2」開催

    2018-06-30 amanachan の記事
    ゴトウヨシタカ写真展「RISK TAKER vol.2」開催

    ロモグラファーの ゴトウヨシタカ さん ( @gocchin ) の個展「RISK TAKER vol.2」が7月27日(金)より旭川市のディーアイあさひかわにて開催決定!ロモグラフィーのカメラを使用し、アナログ手法のみを駆使して撮影された多重露光やクロスプロセス現像の美しい作品は必見です。お近くにお住いの方はぜひ足を運んでみてくださいね!

  • 【レポート】12/21(木)『トウキョー・ウィーン・ダブルエクスポージャー』写真展オープニング!

    2017-12-31 choko3 の記事
    【レポート】12/21(木)『トウキョー・ウィーン・ダブルエクスポージャー』写真展オープニング!

    12月21日(木)の夜に行われた『トウキョー・ウィーン・ダブルエクスポージャー』のオープニングレセプション。年末の忙しい時期に約100名もの方々に来場いただきました。ありがとうございました!写真を見ながらお喋りしたり、オーストリアのワインを飲んだり、8mm上映で盛りあがった良い時間でした。そんな楽しい夜の写真をお楽しみください!

  • インスタントカメラでおしゃれなプロフィール写真を撮影してみよう!@リトルトーキョー

    2018-06-28 refallinsasaki の記事
    インスタントカメラでおしゃれなプロフィール写真を撮影してみよう!@リトルトーキョー

    現在クラウドファンディングプロジェクト実施中の Diana Instant Square プロトタイプお披露目記念イベントを7/4(木) 清澄白河の リトルトーキョーにて開催します! さらにイベントでは、ロモグラフィーのインスタントカメラを使った写真講座もあります。ロモグラファーのゴトウヨシタカ (@Gocchin)さんに多重露光を学びましょう!

  • ショップニュース

    全てがクラシカルなポートレイトレンズ

    全てがクラシカルなポートレイトレンズ

    Lomography New Petzval Lens は85mmのポートレイトレンズ。周辺のボケが渦巻くように現れ、中心の被写体へ視線を惹き付ける画を写し出します。Nikon FとCanon EFの2種類のマウントでご用意があり、こちらのマウントに対応するデジタル及びアナログカメラに対応しています。オンラインショップではその他のマウントアダプターやフィルター各種を取り揃えています。

  • 【レポート】フィルムスワップワークショップ!Tokyo meets Vienna "Double Exposures"

    2017-12-15 refallinsasaki の記事
    【レポート】フィルムスワップワークショップ!Tokyo meets Vienna "Double Exposures"

    2017年12月2日(土) に行われた 『 Tokyo meets Vienna "Double Exposures" フィルムスワップワークショップ! 』の模様をレポート!今回はウィーンですでに撮影されたフィルムの上に東京の風景を重ねて撮影していく《フィルムスワップ》を行うワークショップでした。

  • 《Lomography 25周年》12/2(土)Tokyo meets Vienna "Double Exposures" フィルムスワップワークショップ!

    2017-11-20 #culture #ニュース #places choko3 の記事
    《Lomography 25周年》12/2(土)Tokyo meets Vienna "Double Exposures" フィルムスワップワークショップ!

    2017年11月に25周年を迎えるロモグラフィー(Lomography)。25周年を盛大にお祝いするべく、なんとロモグラフィー発祥の地ウィーン、オーストリアと東京を舞台にフィルムスワップワークショップを12/2(土)に開催!ウィーンで撮影されたフィルムの上に、東京で撮影されたショットが重なる奇跡のフィルム…!仕上がりはそれぞれの国で展示予定。この記念すべき年にふさわしいワークショップにあなたも参加してみませんか?

  • 冬の木々に魅せられて

    2018-02-19 #tutorials hodachrome の記事
    冬の木々に魅せられて

    葉が落ちて枝の形があらわになった冬の木々…、冬の寒さや物哀しさを感じさせるシンボリックな光景のひとつですが、皆さんは写真に撮ったりしますか?色が乏しく素材としては難しいのですが、アイデアや技術、そしてロモグラフィーの個性的なフィルムを駆使することで面白い写真を撮ることができます。今回はそれらを紹介していきたいと思います。

    1