LomoChromeで夜景を写すには?

LomoChromeフィルムを使えばアナログカメラで美しいカラーシフトを楽しむことができちゃいます。ですが、様々な光環境で最適なカラーシフトを生むためにはどうすればよいのでしょうか?ここでは、LomoChrome Purple XR 100-400LomoChrome Turquoise XR 100-400 を夜間撮影で使う際のヒントをご紹介致します!!

Credits: juliabrummer

撮影場所、気候について

私はブラジル出身の写真家で「色彩」を専門分野としています。不思議と色素への関心が強く、どの作品にもそれを関連付けるようになったんです。今回の実験は光源や色の多い場所がよかったので、ちょうど私の街に来ていた移動遊園地はぴったりでした。もしもあなたの街にもネオンでいっぱいの通りやメリーゴーランド、イベントの綺麗な飾りつけを見つけたら、怖がらずに撮影に挑戦してみてください!ここにご紹介する写真は2016年11月の暑い夏の夜(ブラジルの夏は凄いんです!)に撮影されました。同じ夜の撮影で、気候の違いで写真の色にも変化が現れた場合には、ぜひコメント欄から教えてください!

Credits: juliabrummer

ISO ついて

LomoChromeフィルムのISOは100から400の許容誤差内ですが、夜間撮影で鮮明なカラーを写すのに適した感度ではありません。そのため、カメラのISO設定を100、シャッタースピードを1/2~1/4に設定した場合には露出不足になる可能性が高いでしょう。ISOの設定数値が低いほど色は明るく映し出されますが、合理性を保ってISO25以下の設定ではシャッタスピードが遅くなりすぎないように注意してください。シャッタースピードが遅すぎると、光の波が無数に写って色がすべて混ざってしまい、一面に真っ白くぼやけただけの写真になってしまいます。ISO400以上の設定でシャッタースピードを遅く設定した場合にも同じことが言えます。ですが、覚えておいてください。設定を間違えてしまった写真の場合には、現像段階で修正することも大切ですよ。

Credits: juliabrummer

カラーパレット

どれも美しいことに変わりはありませんが、LomoChromeは様々な異なったカラーを写します。写真の色構成を決める際には、こちらの比較を参考にしてみてください。

Credits: juliabrummer

LomoChromeフィルムは赤外線フィルムに似せたフィルムですが、気温や気候に対してオリジナルの赤外線フィルムと同等の感度があるとは言い切れません。しかしながら、カラーシフトの点でいえば同様の特徴を持ちます。イメージが写される表面の化学組成と光に対する物理的な反応によって、特にカメラのアングルや光線の頻度が違う場合には、異なる効果がその色に現れるでしょう。その効果についてより理解してもらうために、公園の写真を実際の色、Turquoiseで撮影した色、Purpleで撮影した色のシミュレーションと比較してみましょう。

Credits: juliabrummer

色のある光源をメインの被写体とした場合には、以下のカラーパレットを参考にしてください。

LomoChrome Purple

紫、濃紺 – 青緑
オレンジ – 様々なピンク
ピンク、薄紫 色– 黄色
青 – 青緑
緑 - 紫
黄色 – ピンクや薄紫
明るい赤 – 赤のまま (他の赤色では赤褐色や赤みを帯びたオレンジ色などに変化する傾向があります)

LomoChrome Turquoise

青 – マスタード色
ピンク – ぼんやりとした紫
バイオレット – 暖かなオレンジ
赤、緑、黄色 – 濃紺/明るい青/ターコイズブルー/エメラルドグリーン/明るいバイオレット

Credits: juliabrummer

All About the Blues: A LomoChrome Turquoise XR 100-400 Film Review 』(英語)と 『LomoChrome Purple XR 100-400:いかにしてパープルに染め上げるか? 』のレビュー記事では、昼間の光環境でどのようにLomoChromeフィルムのカラーを調整するかについてご紹介しています。しかし、被写体が光で、特に夜の撮影の場合には状況が異なるので十分注意してください。

Lomochrome TurquoiseのカラーパレットはLomochrome Purpleよりも正確ですが、光を被写体とした場合にはどちらにも大きな差は見られないでしょう。発光体を被写体としたときには、光源の周りにある物質によって反応が変わってきます。たとえば、ネオンライトを反射するカラフルなガラスや、クリスマスツリーに飾り付けられたオーナメント、車のヘッドライトなどです。そのため、もし光源に正確なカラーシフトを期待していると、思ったような色構成にならない場合もあるので注意してください。

Credits: juliabrummer

光には暗すぎる影や茶色、グレー、そして黒はありません。他の色がブラックライトのような異なる種類の光に照らされていない限り、くすんだ色がカラーシフトを適用できる最大限のカラーです。絞り値を調整(4.9~5.6)してバルブモードを使ったり、クロスフィルターで光の軌跡を広げたりすれば、ほかの色を写してイメージに虹を描くこともできます。

Credits: juliabrummer

さぁ、あなたはどんなふうに夜景を写しますか?いますぐカメラにLomoChromeフィルムをセットして、夜の街に飛び出そう!


LomoChromeで写した夜景をもっと観たい方は こちらのアルバム『LomoChromes at Night』 からご覧いただけます。

2017-02-26 #gear Júlia Brümmer の記事

LomoChrome Purple Film 100-400 35mm

Lomochrome Purple XR 100-400 35mmフィルムは、自然な色のトーンを今まで見たことがないような紫色のトーンにシフトさせます。驚きの写真を撮影してみたい方にお勧めのフィルムです。そのサイケデリックな写りはKodak Aerochromeフィルムのように すばらしい彩色を写し出します。

コメントはまだありません

他の記事を読む

  • 2018年度 スタッフ募集のお知らせ

    2018-01-24 refallinsasaki の記事
    2018年度 スタッフ募集のお知らせ

    Lomographyはオーストリアに本社を置くインターナショナルなフィルムカメラブランドです。デジタル化が進む世の中で、アナログカメラにこだわり、世の潮流と逆行しながらもなお成長を続けるグローバル企業の中で切磋琢磨していける仲間を探しています。

  • 暗い場所での撮影:Lomography Color Negative 800

    2018-08-28 #gear
    暗い場所での撮影:Lomography Color Negative 800

    撮影時に光がどの程度得られるかというのは、フィルム写真では最も重要な問題。晴天の屋外で撮影すれば極端に失敗することはありませんが、シチュエーションに合ったフィルムを選べば光の少ない環境でも撮影を楽しめます!

  • Diana Instant Square についてよくあるご質問 ~クラウドファンディング編~

    2018-06-22 keitauni94 の記事
    Diana Instant Square についてよくあるご質問 ~クラウドファンディング編~

    ついに日本でのクラウドファンディングプロジェクトが 6/22(金) 12:00 より始まった、クレイジーな写りを存分に楽しむことのできるDiana Instant Sqaure!みなさまからよくお問い合わせ頂くご質問をこちらにまとめました。クラウドファウンディングが初めてで不安という方も、気になる点はこちらでチェックしてみてくださいね。MOTION GALLERYでのご支援お待ちしております!

  • ショップニュース

    あなたの大切なひと時を円形に閉じ込めて...

    あなたの大切なひと時を円形に閉じ込めて...

    170度の魚眼レンズで見る世界。いつもよりも、より一層愛らしく!動物の顔をアップで撮影して、デカ鼻のユニークな写真も面白い!

  • Petzval 58 で撮影されたミュージックビデオ:Ham Natdanai

    2018-09-04 #ビデオ dnimdnim の記事
    Petzval 58 で撮影されたミュージックビデオ:Ham Natdanai

    タイ人のシンガーソングライター Phum Viphuritの「Lover Boy」という曲を知っていますか?今年の夏、色々な場所で流れていたので聞いたことがあるという人もいるのではないでしょうか。この曲のミュージックビデオには、一部 Petzval 58 Bokeh Control で撮影された映像が使用されています。

  • フィルム写真で覗く韓国・ソウル: Oh Jiwon

    2018-01-03 #people crissyrobles の記事
    フィルム写真で覗く韓国・ソウル: Oh Jiwon

    この街は、醜いものと美しいもの、希望と絶望でいっぱい。そして常にドラマティックなことが起きています。私は自分の目の前で起きていることを切り撮らなければいけないのです。

    1
  • フィルムカメラを持ってお花見へ

    2018-03-28 refallinsasaki の記事
    フィルムカメラを持ってお花見へ

    すっかり春めいて、今週東京では桜が満開!皆さん、お気に入りのフィルムとカメラを持って撮影に出かけていることと思います。ここでは、 ロモホーム で見つけたとっておきの桜の写真をご紹介します。今週末、どんなフィルムを使おうか悩んでいる方は参考にどうぞ!

  • ショップニュース

    Revolog フィルム 種類によって様々なユニークな効果が現れます!

    Revolog フィルム 種類によって様々なユニークな効果が現れます!

    緑の発光体やイナズマ、引っ搔き傷などのユニークなエフェクトが現れるRevologフィルム。刺激的な写真が撮りたい方におすすめ!

  • Lomo LC-A+の魅力とは?

    2018-02-02 #gear
    Lomo LC-A+の魅力とは?

    長年にわたりたくさんの人々に愛されてきたフィルムカメラ Lomo LC-A+。このカメラのどこがそんなにいいの?と思う人もいるかもしれません。でも、LC-A+の写す世界を見れば一目で理由がわかるでしょう。この小さなボディには、クリエイティブな可能性がぎっしり詰まっているんです。

  • 冬の木々に魅せられて

    2018-02-19 #tutorials hodachrome の記事
    冬の木々に魅せられて

    葉が落ちて枝の形があらわになった冬の木々…、冬の寒さや物哀しさを感じさせるシンボリックな光景のひとつですが、皆さんは写真に撮ったりしますか?色が乏しく素材としては難しいのですが、アイデアや技術、そしてロモグラフィーの個性的なフィルムを駆使することで面白い写真を撮ることができます。今回はそれらを紹介していきたいと思います。

    1
  • 【比較】クロスプロセスってどんな写真が撮影できるの?

    2018-03-27 refallinsasaki の記事
    【比較】クロスプロセスってどんな写真が撮影できるの?

    皆さんは普段、どんなフィルムを使っていますか?いつもとは少し違った写真が撮影してみたい!という方にはロモグラフィーのクロスプロセスフィルムがおすすめです。カラーネガで撮影した写真とクロスプロセス写真がどう違うのか、同じ日に撮影した写真を比べてみましょう!

    1
  • ショップニュース

    ファインダーを覗くだけでも楽しい!軽量二眼レフカメラ

    ファインダーを覗くだけでも楽しい!軽量二眼レフカメラ

    Lubitel 166+での撮影はとても実験的。上から覗き込むタイプのウエストレベルファインダーを使って思う通りにフレーミングできます。120フィルムと35mmフィルムが両方使えるので、飽きずに創作意欲も存分に湧き上がることでしょう。あなたもロモグラフィーのオンラインショップでLubitel 166+を手に入れて、アナログ写真の代表作を作りましょう!

  • 【スタッフレビュー】Neptune Convertible Art Lens Systemとフィルムの相性は抜群

    2017-12-27 #gear refallinsasaki の記事
    【スタッフレビュー】Neptune Convertible Art Lens Systemとフィルムの相性は抜群

    普段はほとんど LC-A+ でしか撮影しない私ですが、この夏はロモグラフィーの新しいアートレンズ Neptune Convertible Art Lens System の試作品が届いたのでフィルムで何本か撮影しました。Neptune Lensは、35mm、50mm、80mmのレンズセット。レンズベースをカメラに装着すれば、簡単にこの3つのフロントレンズを付け替えられます。

  • 《生誕10周年》Diana F+ 多重露光ベストショット集

    2017-10-30 #culture
    《生誕10周年》Diana F+ 多重露光ベストショット集

    Diana F+ の描くドリーミーな風景が好き!というロモグラファーも多いはず。オリジナルの写りを復刻したこのレンズは、鮮やかな色彩から、ちょっと曇ったように淡い色など、夢の中のように美しい世界を描きます。特に多重露光撮影をすれば、そのドリーミーさはより一層強くなりますよ!

  • 【テクニック記事】予期せぬアクシデントを楽しもう

    2018-07-26 hodachrome の記事
    【テクニック記事】予期せぬアクシデントを楽しもう

    フィルムカメラを使っていると思わぬアクシデントに見舞われることがありますよね。光カブリ、コマずれ、傷、感度劣化など。それらはせっかくの写真を損なう困ったものですが、一方でフィルムでしか味わえない魅力であったりもします。今回はテクニックではなくてそんなフィルム写真の思わぬ魅力について紹介していきます。

    2