LomoAmigo:Müge YıldızがLomoKinoで撮影した映画 『Life is Flux』

アーティストであり映画監督のMüge Yildizの作品は世界各地で上映されています。今回はロモグラフィーの LomoKino を使った作品を制作してくれた彼女に、プロジェクトとLomoKinoでの体験についてインタビュー を行いました!

こんにちは、Müge!簡単な自己紹介をお願いできますか?

私は実験的な映画や動画の制作に人生を費やしています。動いているものでも、そうでないものでも、何かを撮影するのが大好きなんです。新しい方法で人生を再考し、表現する方法を模索しているのだと思います。

最初は8㎜フィルムを探していましたね☺様々なフィルムフォーマットでのプロジェクトに挑戦していますが、フィルムでの撮影を重要視するのは何故でしょう?

何かを撮影するとき、私はカメラマンであると同時に、私に付随する記録媒体にも注意を払います。もちろん、カメラに自分の考えはありませんが、撮影中それは私の身体の一部になるのです。この瞬間をより実感できるのは、フィルムで撮影しているときなんです。

最近のプロジェクトでは LomoKino をお使い頂きました。この小さな黒いカメラについてお聞かせ頂けますか?

LomoKinoは現像や動画の概念、Muybridgeのように複数の静止画の集まりとして動画を考えることなどから、私に「映画」を再発見させてくれたように思います。そして、この小さな機械は今では私にとって宝物になりました。フィルムで撮影した瞬間はスピードを変えながら動画として見ることができ、さらに35㎜フィルムを利用することで現像やスキャンも簡単に行うことができました。

LomoKinoで撮影してみた感想はいかがですか?

最初はためらいもありましたが、撮影をはじめるとすぐにLomoKinoは私の手足になりました。とても実用的なカメラで楽しく撮影できます。出来が不安な点もあり、不確実性はリスクも伴いますが、フィルムで撮影することで私はいつもこれらと直面することができます。LomoKinoでの撮影は私にとって最もプロダクティブなセラピーの一つだったといえるでしょう。

撮影中に面白い出来事はありましたか?

普段は街で撮影を行うときは幽霊のように存在を消すようにしているんです。ですが、LomoKinoは私を少し目立たせてしまいました。目立っていたのは私ではなくLomoKino自体でしたが、カメラに興味を持った人と撮影について話をしました。使ってみたがる人にはカメラを手渡して、私の写真を撮ってもらうこともありました。

LomoKinoで撮影したもののなかでお気に入りはありますか?

どの瞬間も私にとっては同じように重要で、全部気に入っています。LomoKinoは私の大事な相棒です。

有名な人やものを撮影できるとしたら、誰もしくは何を撮影したいですか?

有名人を撮影するなんて考えたことがないのでわかりませんが、フランスの映画監督Gerard Courantが16㎜フィルムで監督達のポートレートを撮影した作品が好きなので、それと似たようなことをやってみるかもしれません。Aki Kaurismaki、Jonas Mekas、Bela Tarrなど、お気に入りの映画監督の動画を撮影したいですね。

あなたの作品は世界各地で上映されていますが、この体験についてお聞かせいただけますか?

私は実験的映画と動画の制作を行っています。Super8の作品である『Anxiety』は今では世界中を飛び回っています。最後に上映されたのはロンドンのスェーデンボルグ映画祭で、今度はメキシコのCÓDEC/映像とサウンドクリエーションの祭典で上映予定です。

今後のご予定をお聞かせください。

イスタンブールのタルラバシュという街とそこに住む人々についての映画を編集予定です。ほかには、幾つか動画のプロジェクトも進めています。まだ明確ではないので、急に新しいインスピレーションによって全く新しいプロジェクトが始まるかもしれません。

最後に、これからLomoKinoを使ってみたいと考えるロモグラファーの皆様にアドバイスをお願いします。

LomoKino はとても実用的なカメラで、一度使えばその魔法のような魅力に惹き込まれるに違いありません。アドバイスになるかはわかりませんが、いろんなものを発見しようと心がけてみてください。また、カメラに対して構えずに、なるべくたくさん撮影してみることが大切ですよ。

『Life is Flux』


いかがだったでしょうか?
Müge Yıldızと作品についてもっと知りたい方は ホームページInstagramTwitter もチェックしてみてください!

2017-03-02 #people #ビデオ nural の記事

コメントはまだありません

他の記事を読む

  • Neptune Convertible Art Lens Systemの第一印象:Nicolette Clara Iles

    2017-08-23 #ニュース
    Neptune Convertible Art Lens Systemの第一印象:Nicolette Clara Iles

    Nicolette Clara Ilesはイギリスを拠点として活動する写真家。普段からフィルムでポートレートを撮影しています。今回彼女は Neptune Convertible Art Lens Systemで作品を撮影。使用フィルムは、LomoChrome Purpleと Lomography Xpro。まるで映画の中に迷い込んだかのような世界を写し出しました。

  • フィルム写真で描くティーンの苦悩:Alia Wilhelm

    2017-09-30 #people
    フィルム写真で描くティーンの苦悩:Alia Wilhelm

    Rookie Mag はディープで、先進的で、それでいて皆が持つパーソナルな思いや問題を扱ったティーン向けのウェブマガジン。 Alia Wilhelm は Rookie Magに寄稿するロンドンのフォトグラファー。今回ロモグラフィーのフィルムで撮影をした彼女に、フィルム写真の楽しさ、そして作品のテーマであるティーンの苦悩について聞いてみました。

  • 【動画】ロモスタッフが LC-A+を持って撮影旅行へ!

    2017-11-08 #ビデオ refallinsasaki の記事
    【動画】ロモスタッフが LC-A+を持って撮影旅行へ!

    9月某日、ロモジャパンチームはそれぞれお気に入りのフィルム、LC-A+とその他たくさんのカメラを持ち、都内からちょっと離れた隠れスポットへ。【Lomography 25周年】LOMO LC-A+ 動画制作という口実のもと、スタッフ全員で思い思いの写真を撮りにいってきました!《Lomography の10ゴールデンルール》でも掲げている通り、"Lomographyは人生のジャマじゃなく、人生の一部"。ロモグラフィーが世界中のロモグラファーとスタッフと共に生きてきた25年間を祝して、作ったこの動画。あなたは見たあと、どんなことを思いましたか?

  • ショップニュース

    ロモグラフィックな写りを簡単に楽しめる!

    ロモグラフィックな写りを簡単に楽しめる!

    <b>【ロモグラフィーの Simple Use Film Camera(レンズ付フィルム)】</b>さあ今すぐ撮影開始!ロモグラフィーのユニークなフィルムでの撮影を簡単に楽しめます。フィルムが既にセットされているので、購入したらすぐに撮影スタート可能。

  • 虹色の思い出:Wendy Laurelのフィルムスープ実験

    2017-08-27 #tutorials
    虹色の思い出:Wendy Laurelのフィルムスープ実験

    旅行中の家族写真で実験をしてみたという Wendy Laurel。彼女は旅の幸せな思い出を表現するため、酸性のフィルムスープや光漏れで素敵なイメージを作り上げました!今回は、実験の内容や手順について私たちに教えてくれました。ハッピーな気持ちが伝染しそうな写真とともにご覧ください。

  • 【動画】Lomo'Instant Square試作品が到着!

    2017-09-12 refallinsasaki の記事
    【動画】Lomo'Instant Square試作品が到着!

    日本に届いた Lomo'Instant Square の試作品をスタッフが Facebook Liveでご紹介しました。たくさんの方々に動画をご覧いただき、また応援メッセージをいただき、とても楽しいライブ配信となりました!

  • フォトグラファー アチトシヒロ × Neptune Convertible Art Lens System

    2018-06-28 refallinsasaki の記事
    フォトグラファー アチトシヒロ × Neptune Convertible Art Lens System

    普段は広告やポートレイトを主に撮影しているフォトグラファーの アチトシヒロさん。今回は個人の作品をアーティスティックに仕上げたいということで、Neptune Convertible Art Lens Systemを使って撮影していただきました。

  • ショップニュース

    全てがクラシカルなポートレイトレンズ

    全てがクラシカルなポートレイトレンズ

    Lomography New Petzval Lens は85mmのポートレイトレンズ。周辺のボケが渦巻くように現れ、中心の被写体へ視線を惹き付ける画を写し出します。Nikon FとCanon EFの2種類のマウントでご用意があり、こちらのマウントに対応するデジタル及びアナログカメラに対応しています。オンラインショップではその他のマウントアダプターやフィルター各種を取り揃えています。

  • 太陽の下で写すスクエア・ポートレイト:Audrey Kwok

    2018-02-19 #people crissyrobles の記事
    太陽の下で写すスクエア・ポートレイト:Audrey Kwok

    前回 Petzval 85 Art Lens で美しいポートレイト・シリーズを撮影したシンガポール人の Audrey Kwok。私たちは Lomo'Instant Squareのクラウドファンディングが始まる前に、彼女にカメラを試してもらいました。彼女が描くミニマルで美しい世界は、Lomo'Instant Squareのスクエアフレームにぴったり。

  • もしもレコードのカバーに登場する人物が子猫になったら…

    2017-12-31 #culture
    もしもレコードのカバーに登場する人物が子猫になったら…

    日本のコミュニティーでも被写体として、大人気のネコちゃん。それも日本に限ったことではありません。世界中にはネコちゃん好きがたくさんいます。そんなネコ好きなアーティストがなんとも可愛らしい作品を披露!

  • アートホテル BnA STUDIO Akihabaraに潜入!

    2018-03-16 refallinsasaki の記事
    アートホテル BnA STUDIO Akihabaraに潜入!

    「泊まれるアート」をテーマに、旅行者と日本のアーティストが交流できるプラットフォームを構築するプロジェクト BnA Hotel。先日行われたパブリックビューイベントで一足お先に部屋を見に行ってきました。今回はロモグラフィーのカメラで撮影した写真の一部をご紹介!

  • ショップニュース

    あなたの大切なひと時を円形に閉じ込めて...

    あなたの大切なひと時を円形に閉じ込めて...

    170度の魚眼レンズで見る世界。いつもよりも、より一層愛らしく!動物の顔をアップで撮影して、デカ鼻のユニークな写真も面白い!

  • "Llama Fur" - Daguerreotype Achromatで撮影されたミュージックビデオ

    2017-11-17 #ニュース #people #ビデオ florinegarcin の記事
    "Llama Fur" - Daguerreotype Achromatで撮影されたミュージックビデオ

    フランスのフォトグラファー、そして映像作家でもある Diane Sagnier。彼女は過去6年以上にわたり、ロモグラフィーのレンズやカメラを使って撮影を続けています。今回彼女が撮影したのは、Jackie Moontanのミュージックビデオ!

  • アナログとデジタルのあいだで:Mattia Giordano

    2018-01-15 #people lomosmarti の記事
    アナログとデジタルのあいだで:Mattia Giordano

    イタリア人の Mattia Giordanoは、コマーシャルや音楽の領域でいくつものプロジェクトをかけもつディレクター兼フォトグラファー。彼の作品はどれもユニークな色使いと身体の一部を使った表現が特徴。今回彼はアナログとデジタルカメラの両方に Daguerreotype Achromatを装着し、撮影を行いました。

  • フォトグラファー mick park × Lomography

    2018-05-24 keitauni94 の記事
    フォトグラファー mick park × Lomography

    惜しまれつつも生産中止が発表された高感度フィルム「NATURA 1600」。その開発にたずさわった mick parkさんは、当時言われていた「高感度撮影は荒れて使いものにならない」「暗いところはフラッシュ」という概念を壊した伝説的なフォトグラファー。今回はその実験的な作品の数々を紹介。