Solène Ballesta:Daguerreotype Achromat が描く朝霧のなかの物語

Solène Ballestaは15歳から写真を始めたパリの写真家です。才能あふれる彼女は2014年にはPicto Young Fashion Photography Awardsで銀賞を受賞しています。Solèneの作品は観るものを魅惑的な世界へと惹き込みます。今回、彼女は Daguerreotype Achromat Art Lens を使って、朝霧のなかで誰かを待っている美しい女性の物語を描いてくれました。「曖昧なものは魅力的にみえる。霧のなかではなにもかも素晴らしい」――そんなOscar Wildeの言葉を思い出しながら、幻想的な作品をご堪能ください。

こんにちは、Solène!簡単な自己紹介をお願いできますか?

こんにちは。私はパリの写真家で、おもにファッションやポートレートの仕事をしています。個人的なプロジェクトでも作品を制作していて、それらは Micro Galerie でご覧いただけます。映画、芸術史、それに珍しいものが大好きです。

プロの写真家になろうと決めたのはいつでしょう?一番最初のカメラはなんでしたか?

写真に興味を持つようになったのは15歳くらいの時だったと思います。以前は短い映画を作るのが好きで、簡単なお話を作ったり書いたりしていました。それから写真の直感的で「自由な」側面に惹かれて、このメディアを重視するようになったんです。そうやって続けているうちに、だんだん撮影に慣れていきました。今では3年間、本業としてこの仕事を続けています。初めてのカメラは2000年代のくだらないコンパクトカメラで、それから色々挑戦してみようと違う種類のカメラをたくさん持つようになりました(そういうものですよね)。

写真家としての1日を紹介していただけますか?

写真家の面白いところは毎日が同じではないところなんです!ですが、スケジュールのなかには撮影の計画やクライアントへの受け答え、予約、ミーティング、photoshopを使った長い編集作業、雑誌や展覧会の準備などがあります。

それにこの仕事は全部、パリ大学の現代アート修士課程のための写真に関する研究と並行して行わなければならないんです。最近ではアーティストである友人数名と大きなプロジェクトも進めています。

ご自身の写真スタイルについてどう考えますか?

シャルル・ボードレールと歌川広重の中間のようなものだと思います。

どのようなものからインスピレーションを受けますか?

演劇、映画(特にファンタジー)、19世紀の絵画、アートヌーヴォー、ブラックロマン、アジアの芸術やオリエンタリズム、植物の世界、オートクチュール、驚異の部屋……それに、日常のなかにある優雅さと少しの奇妙さです。

写真家としては、Paolo Roversi、Sarah Moon、Deborah Turbeville、Tim Walker、Irving Pennを挙げます。

好きな被写体やテーマはなんですか?

夢です。

撮りたくないものはありますか?

特にないと思います。

今でもフィルム写真を続けていますね。使っているカメラと理由を教えてください。

デジタルの追随を許さない、特有の質感が好きでフィルムを使っています。それはより特別で、濃縮された、穏やかな瞬間を写せることを意味します。それに、現像する楽しみもあります。カメラは状態の悪い中古品を利用しています。そこにも物語があって、フィルムが動かなくなったり、濡れたり、光が入り込んだり、どんな風に写るか予測がつかないんです。難しいことだらけですが、そこが面白いところでもあります。最近では、Zorki 4やNikon FG-20、FM2を使っています。

アナログ写真はあなたのデジタル作品にも「 je ne sais quoi (言葉では言い表せない特別ななにか)」を与えてくれると思いますか?

私の作品制作においては、2つは互いに補いあっていると思います。同じ物語が2つをミックスさせることもあれば、デジタルデータ化したフィルム写真に編集を加えて完成させることもあります。イメージに不思議な印象を与えてくれるので、両者のテクニックをハイブリッド形式で利用することが好きなんです。

人々がフィルム写真を続ける理由は何だと思いますか?

フィルムはフィルムだからです。

Daguerreotype Achromat の感想について聞かせてください。レンズを初めてみたときの感想はいかがでしたか?

ビンテージな外観とマニュアルでの動作は、「原点回帰」ができて本当に魅力的でした。デジタルカメラにつければ、本当に不思議なカメラができると思います。

次に使ってみた感想をお願いします。

被写体に焦点を定めることが重要なので、撮影中は本当に集中しなければならないんです。まるで写真スタジオや望遠レンズを使っているときみたいに、セッティングや絞りの変更、写りの確認に時間をかけていたように思います。それは時間の境界線を彷徨うような美しい体験でした。

今回の撮影にDaguerreotype Achromat Lensを利用した理由はなんですか?

ぼんやりとした幻想的なイメージにマッチすると思ったからです。実は、このレンズのために今回のテーマを選んだんです。

このシリーズについて説明していただけますか?

このシリーズはある女性の物語で、彼女は誰か、もしくは何かを待っているんです。すると、背景にお城と霧が現れて、彼女はそこに飛び込んでいくことを決めます。続きはご自由に想像してみてください。彼女を含め、撮影中に寒い思いをした人は誰もいないので安心してください。

Daguerreotype Achromat やその他のアートレンズは写真にどのような効果を与えてくれると思いますか?

観客を惹き込む雰囲気、普通ではないイメージ。

Daguerreotype Achromat Lensで一番気に入っている特徴はなんですか?

ぼやけの変化を直接確かめられることと、スムーズに焦点を合わせることのできるフォーカスリング、それにもちろんデザインです!

このレンズを使うときのアドバイスはありますか?

時間をかけることです。

今回のシリーズを歌に例えるなら?

Julee Cruiseの Mysteries of love 。それかLynchの曲ならなんでも。

最後に一言お願いします。

« Monde de merde(たわごとの世界) »


記事内の画像はすべてSolèneの許可を得て掲載しています。彼女の作品をもっと観たい方は ホームページ もしくは InstagramFacebook もチェックしてみてください!

2017-02-28 #ビデオ mpflawer の記事

Daguerreotype Achromat 2.9/64 Art Lens

Daguerreotype Achromat 2.9/64 Art Lensがあれば、シャープなイメージ、ソフトフォーカスの両方が一本のレンズで撮影できます!挿入する絞りプレートによってボケの発色、質感をコントロール可能。表現の可能性が無限大に広がる魔法のような一台です。

コメントはまだありません

他の記事を読む

  • ★LomoAmigo: イラストレーターfoxco212がLomo'Instant Automatにお絵かき!《プレゼントあり》

    2017-05-30 choko3 の記事
    ★LomoAmigo: イラストレーターfoxco212がLomo'Instant Automatにお絵かき!《プレゼントあり》

    カラフルでキュート、そしてファッショナブルなイラストを描く Foxco212 さん。今回はなんと Lomo’Instant Automat Bora Bora や、撮影した写真にも素敵なイラストを描いてくれました!イラストを描くようになったきっかけから、今ではもう相棒のようになったと語る Lomo’Instant Automatの感想まで、様々なことをお聞きしました。なんと最後には読者プレゼントも!

  • Petzval 85 Art Lensで光と遊ぶ:写真家 Audrey Kwok

    2017-06-29 #people crissyrobles の記事
    Petzval 85 Art Lensで光と遊ぶ:写真家 Audrey Kwok

    学校の写真のクラスがきっかけで情熱が芽生え、それが彼女のキャリアを切り拓いたと語る写真家の Audrey Kwok。シンガポールを拠点として活動する彼女の作品は、フレームの中でいまにも叫び出しそうな鮮やかな色が特徴的。今回彼女は Petzval 85 Art Lens でボケが織りなす美しい作品を撮影してくれました。

  • アナログプリントと東京の街 :写真家 あしだち なお

    2017-11-18 refallinsasaki の記事
    アナログプリントと東京の街 :写真家 あしだち なお

    東京の街で様々な青年たちの姿を切りとった写真集 "boys in tokyo sentimental" は、写真家の あしだち なお さんによるもの。写真に写る青年たちだけではなく、それぞれの街の個性が捉えられていたのが印象的でした。アナログプリントや紙の写真が大好きだと語る彼女は、先日紙にまつわるイベント『Paper Bazaar』を開催したばかり。今日はそんな彼女に、アナログ写真の魅力について語っていただきました!

  • ショップニュース

    ファインダーを覗くだけでも楽しい!軽量二眼レフカメラ

    ファインダーを覗くだけでも楽しい!軽量二眼レフカメラ

    Lubitel 166+での撮影はとても実験的。上から覗き込むタイプのウエストレベルファインダーを使って思う通りにフレーミングできます。120フィルムと35mmフィルムが両方使えるので、飽きずに創作意欲も存分に湧き上がることでしょう。あなたもロモグラフィーのオンラインショップでLubitel 166+を手に入れて、アナログ写真の代表作を作りましょう!

  • Lubitel 166+で描くマーティン・パーのカラーパレット

    2017-07-03 #gear
    Lubitel 166+で描くマーティン・パーのカラーパレット

    みなさん、イギリスの写真家 マーティン・パー を知っていますか?カラー写真のパイオニアとも呼ばれたパーは、日常のちょっと奇妙なシーンをポップな色使いで切り取ります。彼のスタイルをお手本にするなら、二眼レフカメラ Lubitel 166+ で撮影してみましょう!自然光での撮影にぴったりな Lubitel 166+ は、あなたの思い描く光やトーンを演出することが可能です。

  • イラストレーター Banbu x Lomo'Instant Automat《プレゼントあり》

    2017-07-29 #people refallinsasaki の記事
    イラストレーター Banbu x Lomo'Instant Automat《プレゼントあり》

    8/5 (土)、8/6 (日) の真夏のデザインフェスタに出展予定のイラストレーター Banbu さん。今回はなんとロモグラフィーの Lomo'Instant Automat や撮影した写真にステキなイラストを描いていただきました!インタビューではイラストを描き始めたきっかけや、初めてのフィルムカメラ Simple Use Film Camera との出会いまで、さまざまなことを聞いてみました。豪華な読者プレゼントもあるので最後までお見逃しなく!

  • 【比較】クロスプロセスってどんな写真が撮影できるの?

    2018-03-27 refallinsasaki の記事
    【比較】クロスプロセスってどんな写真が撮影できるの?

    皆さんは普段、どんなフィルムを使っていますか?いつもとは少し違った写真が撮影してみたい!という方にはロモグラフィーのクロスプロセスフィルムがおすすめです。カラーネガで撮影した写真とクロスプロセス写真がどう違うのか、同じ日に撮影した写真を比べてみましょう!

    1
  • ショップニュース

    あなたの大切なひと時を円形に閉じ込めて...

    あなたの大切なひと時を円形に閉じ込めて...

    170度の魚眼レンズで見る世界。いつもよりも、より一層愛らしく!動物の顔をアップで撮影して、デカ鼻のユニークな写真も面白い!

  • Neptune Convertible Art Lens Systemの第一印象:Guen Fiore

    2017-05-25 #gear #people lomosmarti の記事
    Neptune Convertible Art Lens Systemの第一印象:Guen Fiore

    Guen Fioreはイタリアの若い写真家。クリエイティブな写真とポートレートを専門とする彼女に Neptune Convertible Art Lens Systemで晴れ渡るローマを撮影してもらいました!彼女の作品とともに、このレンズを初めて使った感想を聞いてみましょう!

  • Neptune Convertible Art Lens Systemの第一印象:Lorenzo Scudiero

    2017-05-27 #people
    Neptune Convertible Art Lens Systemの第一印象:Lorenzo Scudiero

    Lorenzo Scudieroは20歳の写真家。イタリアで美しい山々に囲まれて生まれ育ちました。彼が写真を始めたのはほんの数年前のことで、すべては故郷の広大な自然のなかで友人や彼らの物語を撮影することから始まりました。今回は Neptune Convertible Art Lens Systemで写した素晴らしい景色をお楽しみください!

  • Daguerreotype Achromatの第一印象:Kamal Tung

    2017-05-01 #gear #people Jill Tan Radovan の記事
    Daguerreotype Achromatの第一印象:Kamal Tung

    フィルム写真が希少とされる今日においては、モノクロのイメージは携帯画面をスワイプすればすぐに出来上がってしまうと思われがちですが、そんななかでもKamal Yungの作品を真実を写し続けています。シンガポールを拠点に活動する彼はいまでも静物画やポートレートを古典的な方法、フィルムで写すことを選びます。

  • ショップニュース

    Revolog フィルム 種類によって様々なユニークな効果が現れます!

    Revolog フィルム 種類によって様々なユニークな効果が現れます!

    緑の発光体やイナズマ、引っ搔き傷などのユニークなエフェクトが現れるRevologフィルム。刺激的な写真が撮りたい方におすすめ!

  • 虹色のパレット: Laurence Philomeneによる「ノンバイナリー」ポートレート

    2017-05-08 #people Ciel Hernandez の記事
    虹色のパレット: Laurence Philomeneによる「ノンバイナリー」ポートレート

    赤と緑、ピンクと青、白と黒でもない。現実にははっきりとした境界線などなく、グラデーションのようにすべては曖昧です。モントリオールを拠点に活動する写真家Laurence Philomeneの「ノンバイナリー」シリーズのポートレートは私たちに物事の新しい見方を与えてくれます。*《ノンバイナリージェンダー》は男性にも女性にも分類されない性別自認のこと。

  • 平間至ワークショップ「プレミアムポートレイト2017」

    2017-06-07 refallinsasaki の記事
    平間至ワークショップ「プレミアムポートレイト2017」

    あらゆる人物撮影を経験してきた写真家 平間至 さんが現場で培ってきた撮影術を惜しみなくお伝えするワークショップ「プレミアムポートレイト2017 〜平間至に撮られる〜」を開催します! 平間さん独自の場づくりやコミュニケーションは体験してみないとわからない非日常的で、吸い込まれるような世界です。受講生は平間さんが実践している『アプローバルフォト』を被写体として体験していただきながら、その後の撮影に生かすというかつてない試みです。

  • 虹色の思い出:Wendy Laurelのフィルムスープ実験

    2017-08-27 #tutorials
    虹色の思い出:Wendy Laurelのフィルムスープ実験

    旅行中の家族写真で実験をしてみたという Wendy Laurel。彼女は旅の幸せな思い出を表現するため、酸性のフィルムスープや光漏れで素敵なイメージを作り上げました!今回は、実験の内容や手順について私たちに教えてくれました。ハッピーな気持ちが伝染しそうな写真とともにご覧ください。