LomoAmigo Danielle Holbert:物語を写し出すポートレート

ナッシュビルの写真家・Danielle Holbertはクリエイティブな友人たちを通じて知り合った、ミュージシャンのポートレートを専門としています。被写体のもっとも美しい本質を映し出すために協力する点で、Holbertにとってはどの作品もアーティストと被写体のコラボ作品であると語ります。

アーティストやミュージシャンのポートレートを撮影しようと考えたきっかけは何ですか?

高校時代はいつも友達のポートレートを撮影していました。当時から周りにはバンドをやっている人が多くて、その時に育まれた友人関係は今でも続いています。友人のCaitlin Roseのファーストアルバム ( Caitlin Rose “Dead Flowers”) のカバー写真は彼女の家の裏庭で撮影しました。彼女が買ったビンテージのウェディングドレスでふざけてみたかったんです。ナッシュビル(テネシー州)はアーティストやミュージシャンがとても多い街なんですよ。ミュージシャンの多くは彼らの作品と同じ感情を呼び起こすようなイメージを必要としていているんです。

フィルムでの撮影を続けているのは何故ですか?

一番好きなのはインスタントフィルムなんです。10代の頃からポラロイドを集めていました。2008年にポラロイド社がフィルムの生産を中止して、他のフォーマットのフィルムを使うことを真剣に考えるようになったんです。フィルムでポートレートを撮影する際は後から修正できない部分が多いので、よりディテールに注意してゆっくり撮影することができます。アナログ写真はいつもインスピレーションとクリエイティビティを刺激してくれます。

アメリカの歌手、Margo Priceとのお仕事はどうでしたか?

Margoのことは数年にわたって何度も撮影しているんです。そのどれも良い化学反応を起こすことができました。彼女はカメラの前でもその生き方もとても自然で、おかしなアイディアにも耳を傾けてくれます。一緒に仕事するときはいつも冒険のようです。

アーティストやミュージシャンのスタイルとコラボレーションしながら、どのように自分自身のスタイルを表現していますか?

アーティストがカメラの前でリラックスしているか、自信に満ち溢れているか否かに関わらず、誰でも自分をどんな風に見てもらいたいか、何かしらのビジョンを持っていると思うんです。写真家の仕事はそれを撮影することです。素晴らしいものでもイマイチに思えるものでも、色々なアイディアに挑戦しますが、結局はどれもトライ&エラーの繰り返しです。

あなたの作品はすべて、それぞれ異なるキャラクターを写した新しい物語を表現していますね。その撮影のコツを教えていただけますか?

なるべく細かな方向性を決めないことで自由に撮影できます。私はレンズの前の個人だけに集中して、他人は介在しないように心がけています。モデルの感情をコントロールしないようにして、彼ら自身のありのままの姿を映したいんです。写真の持つ物語やコンテキストのなかに組み込まないことで、主役に焦点が集中することもあるんです。


LomoChromeやその他ロモグラフィーの素晴らしいフィルムは こちらのオンラインショップ もしくは 直営店 をチェックしてみてください!

Danielleの素敵な作品をもっと観たい方は ホームページFlickrInstagram もご覧ください。

2017-03-05 #gear #culture #people #places Katherine Phipps の記事

コメントはまだありません

他の記事を読む

  • LomoAmigo:ケイスケミツモト × LC-A+

    2017-10-21 refallinsasaki の記事
    LomoAmigo:ケイスケミツモト × LC-A+

    今年開催された フォトコンテスト Gritty Woman 。たくさんの応募の中から『ロモグラフィー賞』を受賞したのは、 ケイスケミツモトさん。被写体の芯の強さが伝わってくるような写真がとても印象的でした。ステレオタイプに捉われない、被写体の「強さ」が伝わってくるポートレート作品をご覧ください。

  • 紫色のパラダイスへようこそ:Jodie Cartman

    2018-01-13 #people cheeo の記事
    紫色のパラダイスへようこそ:Jodie Cartman

    まるで魔法のような景色が広がるこのシリーズは Jodie Cartmanによる作品。LomoChrome Purpleで撮影したポートレートは、被写体の雰囲気をよりミステリアスなものに仕上げています。

  • #イットガーリー × Lomography 写真展「it times lomo.」

    2018-04-26 refallinsasaki の記事
    #イットガーリー × Lomography 写真展「it times lomo.」

    #イットガーリー はインフルエンサーたちの日常を温かみのあるフィルム写真で切り取った写真集。いままで様々な形でコラボしてきた #イットガーリー × Lomographyが今回展示を開催することとなりました!来場者プレゼントもあるのでお楽しみに。

  • ショップニュース

    全てがクラシカルなポートレイトレンズ

    全てがクラシカルなポートレイトレンズ

    Lomography New Petzval Lens は85mmのポートレイトレンズ。周辺のボケが渦巻くように現れ、中心の被写体へ視線を惹き付ける画を写し出します。Nikon FとCanon EFの2種類のマウントでご用意があり、こちらのマウントに対応するデジタル及びアナログカメラに対応しています。オンラインショップではその他のマウントアダプターやフィルター各種を取り揃えています。

  • Petzval 58 Bokeh Control:Raymond Chinによる美しい多重露光

    2018-03-22 #gear
    Petzval 58 Bokeh Control:Raymond Chinによる美しい多重露光

    ぐるぐるボケを生み出すアートレンズ Petzval 58 Bokeh Controlで Raymond Chin (@raywychin) が多重露光に挑戦しました。花と被写体が重なることによって生まれた繊細な作品をご覧ください。

  • もしもレコードのカバーに登場する人物が子猫になったら…

    2017-12-31 #culture
    もしもレコードのカバーに登場する人物が子猫になったら…

    日本のコミュニティーでも被写体として、大人気のネコちゃん。それも日本に限ったことではありません。世界中にはネコちゃん好きがたくさんいます。そんなネコ好きなアーティストがなんとも可愛らしい作品を披露!

  • 八代白百合学園高等学校 × Simple Use Film Camera

    2018-08-09 refallinsasaki の記事
    八代白百合学園高等学校 × Simple Use Film Camera

    【夏休み企画!】ロモグラフィーと 代官山 北村写真機店では、もっとたくさんの人にフィルム写真の楽しさを知ってもらうため、学生さんとのコラボ企画を実施中。今回は「八代白百合学園高等学校」写真部のみなさんの作品の一部をご紹介します。

  • ショップニュース

    ロモグラフィックな写りを簡単に楽しめる!

    ロモグラフィックな写りを簡単に楽しめる!

    <b>【ロモグラフィーの Simple Use Film Camera(レンズ付フィルム)】</b>さあ今すぐ撮影開始!ロモグラフィーのユニークなフィルムでの撮影を簡単に楽しめます。フィルムが既にセットされているので、購入したらすぐに撮影スタート可能。

  • 境界線を越える者:写真家 Veejay Villafranca

    2018-04-25 Jill Tan Radovan の記事
    境界線を越える者:写真家 Veejay Villafranca

    Veejayの作品は、忘れられた文化、社会、貧困など様々な世界の問題について私たちに考えさせるものばかり。悲惨な現実を突きつけられる一方、彼の白黒写真からは被写体の美しい人物像が伝わってくるのです。

  • 【テクニック記事】予期せぬアクシデントを楽しもう

    2018-07-26 hodachrome の記事
    【テクニック記事】予期せぬアクシデントを楽しもう

    フィルムカメラを使っていると思わぬアクシデントに見舞われることがありますよね。光カブリ、コマずれ、傷、感度劣化など。それらはせっかくの写真を損なう困ったものですが、一方でフィルムでしか味わえない魅力であったりもします。今回はテクニックではなくてそんなフィルム写真の思わぬ魅力について紹介していきます。

    2
  • ミュージシャン PANORAMA FAMILYが写真を撮る理由

    2018-07-28 #people #ビデオ refallinsasaki の記事
    ミュージシャン PANORAMA FAMILYが写真を撮る理由

    ミュージシャンであり写真家でもある PANORAMA FAMILYのゴメスさんは、ロモグラフィーのフィルムで撮影したという写真集「PARANOIA SLAPPYS」を昨年刊行。等身大の人々の姿が生き生きと描かれており、見る人の心にすっと入り込んでくる写真ばかり。

  • ショップニュース

    ファインダーを覗くだけでも楽しい!軽量二眼レフカメラ

    ファインダーを覗くだけでも楽しい!軽量二眼レフカメラ

    Lubitel 166+での撮影はとても実験的。上から覗き込むタイプのウエストレベルファインダーを使って思う通りにフレーミングできます。120フィルムと35mmフィルムが両方使えるので、飽きずに創作意欲も存分に湧き上がることでしょう。あなたもロモグラフィーのオンラインショップでLubitel 166+を手に入れて、アナログ写真の代表作を作りましょう!

  • スクエアフレームでミニマルな写真を撮影する方法

    2018-01-30 #tutorials
    スクエアフレームでミニマルな写真を撮影する方法

    スクエアフレームで絵画のようなショットを撮るコツは、被写体以外の余計なものを徹底的に排除すること。色や被写体だけに集中して、ミニマルな1枚を撮影してみましょう。

  • フィルムカメラを持ってお花見へ

    2018-03-28 refallinsasaki の記事
    フィルムカメラを持ってお花見へ

    すっかり春めいて、今週東京では桜が満開!皆さん、お気に入りのフィルムとカメラを持って撮影に出かけていることと思います。ここでは、 ロモホーム で見つけたとっておきの桜の写真をご紹介します。今週末、どんなフィルムを使おうか悩んでいる方は参考にどうぞ!

  • 虹色の思い出:Wendy Laurelのフィルムスープ実験

    2017-08-27 #tutorials
    虹色の思い出:Wendy Laurelのフィルムスープ実験

    旅行中の家族写真で実験をしてみたという Wendy Laurel。彼女は旅の幸せな思い出を表現するため、酸性のフィルムスープや光漏れで素敵なイメージを作り上げました!今回は、実験の内容や手順について私たちに教えてくれました。ハッピーな気持ちが伝染しそうな写真とともにご覧ください。