色彩の持つ力:Arthur x Lomography F²/400 Color Negative Film

Arthur Pang (@arthursoptic) は香港で生まれ育った写真家です。彼はプロダクト撮影や、野生生物の撮影を手がけていますが、一番好きなのはストリート写真だといいます。今回は彼に Lomography Color Negative F²/400 でありとあらゆる色を街中で撮影してもらいました!色の力を再認識させられる写真ばかりです。

Credits: arthursoptic

フィルムは絶滅したかって?もちろんその答えはNO!若者のあいだでフィルム人気が復活しているおかげで、このデジタル社会にもフィルムの需要が増えてきています。試してみたいフィルムがどんどん増えるのは素晴らしいことす。今日ご紹介するのはロモグラフィーから限定販売されている Lomography F²/400フィルム。どんな写りになるのか実際にみてみましょう!

このフィルムで注目すべきはその美しい発色。コントラストが強く、ビビッドで鮮やかなな写りです。もちろん鮮明さは言うまでもありません。

Credits: arthursoptic

上の写真からもわかるように、このフィルムはまるでHDRのように色のディテールまで写し出してくれます。もう一つ覚えておくべきことは、光に飢えているフィルムだということです。感度320くらいの設定で撮影して、1/3程度多めに露光することをオススメします。露出不足の場合には暗い部分にざらつきが出てしまうでしょう。このフィルムの特徴をよく知っておくことで、その質感をクリエイティブな作品に生かすこともできますよ。

Credits: arthursoptic

フィルムを手にした時、何を撮るかまったく決めていませんでした。とりあえず、自分のお気に入りの場所に行って撮影してみたんです。まず色とりどりの照明があって、様々な方向から光が差し込むマーケットへ向かいました。この難しい環境の中でも、フィルムは簡単にビビッドなトーンでコントラストの強いイメージを写してくれました。カラーシフトによって特定の色が抑制され、その他の色は強調されています。

Credits: arthursoptic

このフィルムはビビッドでシュールな世界へと案内してくれます。目に写ったどんな色でも、このフィルムで撮影すれば素晴らしい結果になるでしょう。夏に使えば明るい太陽の日差しが素晴らしい効果を生んでくれるに違いありません!

今回は日差しの強くない冬の撮影でしたが、コントラストにはなんの問題もありませんでした。もし冬にこのフィルムを使うのであっても光量についてはあまり気にする必要はないでしょう。ポイントとしては、面白い色の組み合わせを探すといいと思います。対象的な色を一緒に写すと、赤、黄色、青をフィルムが強調してくれて印象的な写りになりますよ。

Credits: arthursoptic

このフィルムは赤色がお気に入りみたいです!


いかがでしたか?
Arthurの写真をもっと観たい方は 彼のロモホームInstagram もチェックしてみましょう。

2017-03-11 #gear

他の記事を読む

  • 冬の木々に魅せられて

    2018-02-19 #tutorials hodachrome の記事
    冬の木々に魅せられて

    葉が落ちて枝の形があらわになった冬の木々…、冬の寒さや物哀しさを感じさせるシンボリックな光景のひとつですが、皆さんは写真に撮ったりしますか?色が乏しく素材としては難しいのですが、アイデアや技術、そしてロモグラフィーの個性的なフィルムを駆使することで面白い写真を撮ることができます。今回はそれらを紹介していきたいと思います。

    1
  • 17歳のキューブリックが撮影した写真

    2017-10-03
    17歳のキューブリックが撮影した写真

    スタンリー・キューブリックにだって、平凡な青年時代があったのです。当時の彼が見ていた景色を、17歳のキューブリックが撮影した写真とともに覗いてみましょう。

  • ミュージシャン PANORAMA FAMILYが写真を撮る理由

    2018-07-28 #people #ビデオ refallinsasaki の記事
    ミュージシャン PANORAMA FAMILYが写真を撮る理由

    ミュージシャンであり写真家でもある PANORAMA FAMILYのゴメスさんは、ロモグラフィーのフィルムで撮影したという写真集「PARANOIA SLAPPYS」を昨年刊行。等身大の人々の姿が生き生きと描かれており、見る人の心にすっと入り込んでくる写真ばかり。

  • ショップニュース

    あなたの大切なひと時を円形に閉じ込めて...

    あなたの大切なひと時を円形に閉じ込めて...

    170度の魚眼レンズで見る世界。いつもよりも、より一層愛らしく!動物の顔をアップで撮影して、デカ鼻のユニークな写真も面白い!

  • Simple Use Film Cameraで Xproフィルムを使ってみました

    2017-09-08 refallinsasaki の記事
    Simple Use Film Cameraで Xproフィルムを使ってみました

    フィルムを入れ替えられるロモグラフィーの Simple Use Film Camera 。便利ですよね。最初に装填されているフィルムは Color Negative ISO 400、Lady Grey B&W ISO 400、LomoChrome Purpleですが、その他のフィルムで撮影したらどう写るのか、ずっと疑問に思っていました。

  • カラーフラッシュの世界へ飛び込もう!:Simple Use Film Camera

    2017-10-26 refallinsasaki の記事
    カラーフラッシュの世界へ飛び込もう!:Simple Use Film Camera

    Simple Use Film Camera Color Negativeには3枚のフラッシュ用カラーフィルターがついています。このカラーフィルターを使ってフラッシュ撮影をすると、写真をビビッドな色に染めることができるんです!

  • 【比較】クロスプロセスってどんな写真が撮影できるの?

    2018-03-27 refallinsasaki の記事
    【比較】クロスプロセスってどんな写真が撮影できるの?

    皆さんは普段、どんなフィルムを使っていますか?いつもとは少し違った写真が撮影してみたい!という方にはロモグラフィーのクロスプロセスフィルムがおすすめです。カラーネガで撮影した写真とクロスプロセス写真がどう違うのか、同じ日に撮影した写真を比べてみましょう!

    1
  • ショップニュース

    全てがクラシカルなポートレイトレンズ

    全てがクラシカルなポートレイトレンズ

    Lomography New Petzval Lens は85mmのポートレイトレンズ。周辺のボケが渦巻くように現れ、中心の被写体へ視線を惹き付ける画を写し出します。Nikon FとCanon EFの2種類のマウントでご用意があり、こちらのマウントに対応するデジタル及びアナログカメラに対応しています。オンラインショップではその他のマウントアダプターやフィルター各種を取り揃えています。

  • LomoKino meets 写真集『#イットガーリー』

    2017-09-26 refallinsasaki の記事
    LomoKino meets 写真集『#イットガーリー』

    インフルエンサーの日常を切り取った写真集『 #イットガーリー 』。 ふだんはSNSで写真をアップロードしている若者たちの素顔が、フィルム写真で切り取られているのが印象的。 #06 ではロモグラフィーのムービーカメラ LomoKino で撮影された写真も登場します!

  • フィルム写真で描く秋の色

    2017-10-16 refallinsasaki の記事
    フィルム写真で描く秋の色

    夏が終わり、ぐっと寒くなりましたね。気づけば、周囲の色が夏とは違うと思いませんか?赤、オレンジ、黄色、黄金色…。秋が魅せる一瞬の色を写真におさめてみませんか?今日は ロモホーム から厳選した秋の景色をお届けします!

  • 《生誕10周年》Diana F+ 多重露光ベストショット集

    2017-10-30 #culture
    《生誕10周年》Diana F+ 多重露光ベストショット集

    Diana F+ の描くドリーミーな風景が好き!というロモグラファーも多いはず。オリジナルの写りを復刻したこのレンズは、鮮やかな色彩から、ちょっと曇ったように淡い色など、夢の中のように美しい世界を描きます。特に多重露光撮影をすれば、そのドリーミーさはより一層強くなりますよ!

  • ショップニュース

    Revolog フィルム 種類によって様々なユニークな効果が現れます!

    Revolog フィルム 種類によって様々なユニークな効果が現れます!

    緑の発光体やイナズマ、引っ搔き傷などのユニークなエフェクトが現れるRevologフィルム。刺激的な写真が撮りたい方におすすめ!

  • アナログプリントと東京の街 :写真家 あしだち なお

    2017-11-18 refallinsasaki の記事
    アナログプリントと東京の街 :写真家 あしだち なお

    東京の街で様々な青年たちの姿を切りとった写真集 "boys in tokyo sentimental" は、写真家の あしだち なお さんによるもの。写真に写る青年たちだけではなく、それぞれの街の個性が捉えられていたのが印象的でした。アナログプリントや紙の写真が大好きだと語る彼女は、先日紙にまつわるイベント『Paper Bazaar』を開催したばかり。今日はそんな彼女に、アナログ写真の魅力について語っていただきました!

  • 【テクニック記事】予期せぬアクシデントを楽しもう

    2018-07-26 hodachrome の記事
    【テクニック記事】予期せぬアクシデントを楽しもう

    フィルムカメラを使っていると思わぬアクシデントに見舞われることがありますよね。光カブリ、コマずれ、傷、感度劣化など。それらはせっかくの写真を損なう困ったものですが、一方でフィルムでしか味わえない魅力であったりもします。今回はテクニックではなくてそんなフィルム写真の思わぬ魅力について紹介していきます。

    2
  • "Llama Fur" - Daguerreotype Achromatで撮影されたミュージックビデオ

    2017-11-17 #ニュース #people #ビデオ florinegarcin の記事
    "Llama Fur" - Daguerreotype Achromatで撮影されたミュージックビデオ

    フランスのフォトグラファー、そして映像作家でもある Diane Sagnier。彼女は過去6年以上にわたり、ロモグラフィーのレンズやカメラを使って撮影を続けています。今回彼女が撮影したのは、Jackie Moontanのミュージックビデオ!