果実と変人:LomoAmigo Eva Zar

アーティストでありフォトグラファーの Eva Zar はSNSに投稿された写真からは感じることのできない、親密で壊れやすい瞬間を探求します。モデルを撮影する時にはカメラの前でリラックスした時にだけ現れる個性や感情にフォーカスを当てて撮影を行うと語る、彼女の風変わりで気まぐれなスタイルはヨーロッパとニューヨークいずれにおいても雑誌社やブランドからの注目を集めています。先日、ロモグラフィーニューヨークでは彼女の作品の展示会を行いました。今回は彼女にLomoAmigoとして Lomo'Instant Wide で撮影した作品をご紹介して頂きました!

こんにちは、Eva!簡単な自己紹介をお願いできますか?

私はニューヨークを拠点にファインアーティスト、ファッションフォトグラファーとして活動しています。作品のほとんどはアナログカメラを使って、風変わりでおかしな人達を安っぽいセットとピンクを基調としたカラーで撮影したものです。なかには果物が写っているものもあります。撮影ではカメラの前のモデルにリラックスしてもらうことを一番大切にしています。

数ある表現方法のなかでも写真を選ぶ理由はなんですか?

私は芸術は表現の一手段だと考えています。その時の政治情勢や身近な人や場所を表現することはその世代を代表することです。カメラはそれを素早く表現して、毎日のように私を魅了してくれます。写真というメディアは面白いくらい正確にその瞬間を表現してくれるんです。

フィルム写真を始めたきっかけは何ですか?

私はデジタル写真とそれほど強い関わりを持っていませんでした。だからフィルムで写真を撮り始めて以来、自然にずっと続けてきました。初めてフィルムで写真を撮った日からずっとフィルムを使っているんです。もしもクライアントの要望があればデジタルカメラを使うでしょうが、フィルムのほうが好きですね。

Lomo'Instant Wideでの撮影はいかがでしたか?

Lomo'Instant Wideはいまのところ一番お気に入りのインスタントカメラです。写真のサイズは大きいし、シャープで発色も最高です。なによりの魅力はその場で写真を観れるから、出来の良し悪しがすぐにわかることです。どのインスタント写真もその場でみれることに変わりありませんが、写真の品質は全く違って Lomo'Instant Wide がダントツで良いんです!

ロモグラフィーニューヨークでの個展『シャイだけどシャイじゃない("Shy But Not Shy")』の感想をお聞かせください。

正直なところ、驚くほどうまくいきました。まず、これは私にとってニューヨークで初めての展示だったんです。まだ引っ越してきたばかりで知り合いも少なかったので、どうなるか想像もつきませんでした。ですが、オープニングは人で賑わっていて、仕事を通してたくさんの人と繋がっていたんだと実感することができました。それは芸術家の目標でもあると思います。当日は文字通り滝のような雨でした。ニューヨークの雨と交通量はいまだに好きになれませんね。

新しいプロジェクトの予定はありますか?

たくさん!今年は前よりもっといろんなことに挑戦する予定です。現在は Holographic Fantasy というニューヨーク拠点のお店のキャンペーン用の撮影を進めています。3月にはロンドンに本拠地を置くブランド Field of Ponies が雑誌撮影のためにここに来る予定です。もう一つ、素晴らしいダンサーとの雑誌の仕事が Saperlipopette Magazine に掲載予定です。 Girls Are Awesome とコラボした新シリーズ “Eva Zar’s Girls” もお見逃しなく!彼らの雑誌で月に1回特集している女性芸術家のコーナーです。4月以降はヨーロッパに移ってフランスのアルルに居住する予定です。ウィーンのH&Mのためのインスタグラム撮影や、5月にはリヒテンシュタインのファドゥーツにあるGustavギャラリーで個展を企画しています。


Evaのプロジェクトの詳細は 彼女のホームページInstagram もチェックしてみてください。

Lomo'Instant Wide のお求めは オンラインストア もしくは 直営店Lomography+ まで!

2017-03-14 #culture #people #places Katherine Phipps の記事

コメントはまだありません

他の記事を読む

  • アナログプリントと東京の街 :写真家 あしだち なお

    2017-11-18 refallinsasaki の記事
    アナログプリントと東京の街 :写真家 あしだち なお

    東京の街で様々な青年たちの姿を切りとった写真集 "boys in tokyo sentimental" は、写真家の あしだち なお さんによるもの。写真に写る青年たちだけではなく、それぞれの街の個性が捉えられていたのが印象的でした。アナログプリントや紙の写真が大好きだと語る彼女は、先日紙にまつわるイベント『Paper Bazaar』を開催したばかり。今日はそんな彼女に、アナログ写真の魅力について語っていただきました!

  • 冬の木々に魅せられて

    2018-02-19 #tutorials hodachrome の記事
    冬の木々に魅せられて

    葉が落ちて枝の形があらわになった冬の木々…、冬の寒さや物哀しさを感じさせるシンボリックな光景のひとつですが、皆さんは写真に撮ったりしますか?色が乏しく素材としては難しいのですが、アイデアや技術、そしてロモグラフィーの個性的なフィルムを駆使することで面白い写真を撮ることができます。今回はそれらを紹介していきたいと思います。

    1
  • Lomo LC-A+と東京散歩:Rimi Sakamoto

    2018-05-09 refallinsasaki の記事
    Lomo LC-A+と東京散歩:Rimi Sakamoto

    普段はデジタルカメラで撮影しているフォトグラファーの Rimi Sakamotoさん。フィルムを使うのは久々という彼女が Lomo LC-A+で撮影した写真を Lomography Japanに送ってきてくれました!旅先から送られてきた美しいポストカードのような東京をちょっとだけご紹介。

  • ショップニュース

    Revolog フィルム 種類によって様々なユニークな効果が現れます!

    Revolog フィルム 種類によって様々なユニークな効果が現れます!

    緑の発光体やイナズマ、引っ搔き傷などのユニークなエフェクトが現れるRevologフィルム。刺激的な写真が撮りたい方におすすめ!

  • 虹色の思い出:Wendy Laurelのフィルムスープ実験

    2017-08-27 #tutorials
    虹色の思い出:Wendy Laurelのフィルムスープ実験

    旅行中の家族写真で実験をしてみたという Wendy Laurel。彼女は旅の幸せな思い出を表現するため、酸性のフィルムスープや光漏れで素敵なイメージを作り上げました!今回は、実験の内容や手順について私たちに教えてくれました。ハッピーな気持ちが伝染しそうな写真とともにご覧ください。

  • Neptune Convertible Art Lens Systemの第一印象:Nicolette Clara Iles

    2017-08-23 #ニュース
    Neptune Convertible Art Lens Systemの第一印象:Nicolette Clara Iles

    Nicolette Clara Ilesはイギリスを拠点として活動する写真家。普段からフィルムでポートレートを撮影しています。今回彼女は Neptune Convertible Art Lens Systemで作品を撮影。使用フィルムは、LomoChrome Purpleと Lomography Xpro。まるで映画の中に迷い込んだかのような世界を写し出しました。

  • フィルム写真で覗く韓国・ソウル: Oh Jiwon

    2018-01-03 #people crissyrobles の記事
    フィルム写真で覗く韓国・ソウル: Oh Jiwon

    この街は、醜いものと美しいもの、希望と絶望でいっぱい。そして常にドラマティックなことが起きています。私は自分の目の前で起きていることを切り撮らなければいけないのです。

    1
  • ショップニュース

    ロモグラフィックな写りを簡単に楽しめる!

    ロモグラフィックな写りを簡単に楽しめる!

    <b>【ロモグラフィーの Simple Use Film Camera(レンズ付フィルム)】</b>さあ今すぐ撮影開始!ロモグラフィーのユニークなフィルムでの撮影を簡単に楽しめます。フィルムが既にセットされているので、購入したらすぐに撮影スタート可能。

  • 色とりどりの刺繍とポートレート:Victoria Villasana

    2018-01-11 #culture
    色とりどりの刺繍とポートレート:Victoria Villasana

    メキシコ人テキスタイルアーティストの Victoria Villasana。彼女はアーティストや歌手、政治家などのビンテージ・ポートレートにカラフルな刺繍を施すアーティストです。ニーナ・シモンやフリーダ・カーロ、エリザベス女王など、時代を彩るアイコンたちを彼女の手でまた違った形の作品に生まれ変わらせます。

  • PJ Harvey: ツアー舞台裏を LC-A+が激写!

    2017-09-08 #ニュース #people
    PJ Harvey: ツアー舞台裏を LC-A+が激写!

    イギリスのミュージシャン PJ Harvey はロモグラフィーの LC-A+ を持ってアジアとオーストラリアにツアーへと向かいました。今回、来日公演も開催した彼女は、日本の風景やステージ裏を激写!LC-A+で切り取った PJ Harveyの世界をご覧あれ。

  • Diana F+ で撮影した私の代表作

    2017-08-24 #gear
    Diana F+ で撮影した私の代表作

    何千枚と写真を撮ってきた人でも、忘れられない「代表作」が数枚ありますよね。 Diana はそんな「代表作」を撮ることに優れたカメラです。もちろん機能的にもっと優れたカメラはいくらでもあるけれど、理由が説明できない魅力が Dianaにはあります。百聞は一見にしかず、ということで Dianaで撮影された代表作をご紹介します!

  • ショップニュース

    あなたの大切なひと時を円形に閉じ込めて...

    あなたの大切なひと時を円形に閉じ込めて...

    170度の魚眼レンズで見る世界。いつもよりも、より一層愛らしく!動物の顔をアップで撮影して、デカ鼻のユニークな写真も面白い!

  • Diana Instant Square についてよくあるご質問 ~クラウドファンディング編~

    2018-06-22 keitauni94 の記事
    Diana Instant Square についてよくあるご質問 ~クラウドファンディング編~

    ついに日本でのクラウドファンディングプロジェクトが 6/22(金) 12:00 より始まった、クレイジーな写りを存分に楽しむことのできるDiana Instant Sqaure!みなさまからよくお問い合わせ頂くご質問をこちらにまとめました。クラウドファウンディングが初めてで不安という方も、気になる点はこちらでチェックしてみてくださいね。MOTION GALLERYでのご支援お待ちしております!

  • "Llama Fur" - Daguerreotype Achromatで撮影されたミュージックビデオ

    2017-11-17 #ニュース #people #ビデオ florinegarcin の記事
    "Llama Fur" - Daguerreotype Achromatで撮影されたミュージックビデオ

    フランスのフォトグラファー、そして映像作家でもある Diane Sagnier。彼女は過去6年以上にわたり、ロモグラフィーのレンズやカメラを使って撮影を続けています。今回彼女が撮影したのは、Jackie Moontanのミュージックビデオ!

  • 【テクニック記事】予期せぬアクシデントを楽しもう

    2018-07-26 hodachrome の記事
    【テクニック記事】予期せぬアクシデントを楽しもう

    フィルムカメラを使っていると思わぬアクシデントに見舞われることがありますよね。光カブリ、コマずれ、傷、感度劣化など。それらはせっかくの写真を損なう困ったものですが、一方でフィルムでしか味わえない魅力であったりもします。今回はテクニックではなくてそんなフィルム写真の思わぬ魅力について紹介していきます。

    2