キューバへと向かう旅:Enzo Iriarte

若き写真家 Enzo Iriarte はまだまだ成長中。前回、ロモグラフィーのマガジン記事で インタビュー に答えてくれた Enzoは最近キューバを訪れました。カメラを持ってキューバへ向かった彼は、夏の日差しと鮮やかな街並みを舞台にモデルの Tina Kunakey を撮影しました。夏服を着て思わずビーチへと行きたくなるようなショットをご覧ください!


その他の Enzoの作品やインタビューは こちら の記事でご覧いただけます。彼の最新の作品はぜひ Instagram でチェックしてみてくださいね。

2017-08-03 #places Ivana Džamić の記事

コメントはまだありません

他の記事を読む

  • Fisheyeと一緒に真夏のプールへダイブ!

    2018-06-11 #gear
    Fisheyeと一緒に真夏のプールへダイブ!

    あなたはこの夏どこへいきますか?どこへ遊びに行くにしても、面白いカメラを持って出掛けてみましょう!もし今年の夏は海やプールに行く予定があるなら、 Fisheye No. 2と Fisheye Submarineを持って行くことをオススメします!

  • Diana F+:思い出に残るポートレート

    2017-10-17
    Diana F+:思い出に残るポートレート

    120フィルム は、35mmよりも撮影できる枚数がぐっと少なくなりますが、なぜか Diana F+ で撮影された写真にはベストショット率が多い気がします。それは私だけでしょうか?枚数が少ないぶん、慎重にシャッターを切るからかもしれません。でも、秘密はそれだけではないはず。

  • 《生誕10周年》Diana F+ 多重露光ベストショット集

    2017-10-30 #culture
    《生誕10周年》Diana F+ 多重露光ベストショット集

    Diana F+ の描くドリーミーな風景が好き!というロモグラファーも多いはず。オリジナルの写りを復刻したこのレンズは、鮮やかな色彩から、ちょっと曇ったように淡い色など、夢の中のように美しい世界を描きます。特に多重露光撮影をすれば、そのドリーミーさはより一層強くなりますよ!

  • ショップニュース

    Revolog フィルム 種類によって様々なユニークな効果が現れます!

    Revolog フィルム 種類によって様々なユニークな効果が現れます!

    緑の発光体やイナズマ、引っ搔き傷などのユニークなエフェクトが現れるRevologフィルム。刺激的な写真が撮りたい方におすすめ!

  • Fisheye Baby 110で太陽をつかまえよう。

    2018-05-26 #gear
    Fisheye Baby 110で太陽をつかまえよう。

    太陽が登って世界が夏色に染まる季節です!さあ、写真を撮りに外へ出かけましょう。重いカメラは家に置いておいて、あなたが必要なのは小さくて、シンプルで、それでいてパワフルなカメラ。

  • Lomo LC-A+と東京散歩:Rimi Sakamoto

    2018-05-09 refallinsasaki の記事
    Lomo LC-A+と東京散歩:Rimi Sakamoto

    普段はデジタルカメラで撮影しているフォトグラファーの Rimi Sakamotoさん。フィルムを使うのは久々という彼女が Lomo LC-A+で撮影した写真を Lomography Japanに送ってきてくれました!旅先から送られてきた美しいポストカードのような東京をちょっとだけご紹介。

  • 【動画】ロモスタッフが LC-A+を持って撮影旅行へ!

    2017-11-08 #ビデオ refallinsasaki の記事
    【動画】ロモスタッフが LC-A+を持って撮影旅行へ!

    9月某日、ロモジャパンチームはそれぞれお気に入りのフィルム、LC-A+とその他たくさんのカメラを持ち、都内からちょっと離れた隠れスポットへ。【Lomography 25周年】LOMO LC-A+ 動画制作という口実のもと、スタッフ全員で思い思いの写真を撮りにいってきました!《Lomography の10ゴールデンルール》でも掲げている通り、"Lomographyは人生のジャマじゃなく、人生の一部"。ロモグラフィーが世界中のロモグラファーとスタッフと共に生きてきた25年間を祝して、作ったこの動画。あなたは見たあと、どんなことを思いましたか?

  • ショップニュース

    あなたの大切なひと時を円形に閉じ込めて...

    あなたの大切なひと時を円形に閉じ込めて...

    170度の魚眼レンズで見る世界。いつもよりも、より一層愛らしく!動物の顔をアップで撮影して、デカ鼻のユニークな写真も面白い!

  • 【テクニック記事】予期せぬアクシデントを楽しもう

    2018-07-26 hodachrome の記事
    【テクニック記事】予期せぬアクシデントを楽しもう

    フィルムカメラを使っていると思わぬアクシデントに見舞われることがありますよね。光カブリ、コマずれ、傷、感度劣化など。それらはせっかくの写真を損なう困ったものですが、一方でフィルムでしか味わえない魅力であったりもします。今回はテクニックではなくてそんなフィルム写真の思わぬ魅力について紹介していきます。

    2
  • 【フィルムビギナー】どんなフィルムを使ったらいいの?

    2018-09-20 #tutorials cheeo の記事
    【フィルムビギナー】どんなフィルムを使ったらいいの?

    一言でフィルムと言っても、どれを選んだらいいかわからない!という人も多いはず。まずはシンプルに、この4種類から選んでみましょう。

  • Diana Instant Square についてよくあるご質問 ~クラウドファンディング編~

    2018-06-22 keitauni94 の記事
    Diana Instant Square についてよくあるご質問 ~クラウドファンディング編~

    ついに日本でのクラウドファンディングプロジェクトが 6/22(金) 12:00 より始まった、クレイジーな写りを存分に楽しむことのできるDiana Instant Sqaure!みなさまからよくお問い合わせ頂くご質問をこちらにまとめました。クラウドファウンディングが初めてで不安という方も、気になる点はこちらでチェックしてみてくださいね。MOTION GALLERYでのご支援お待ちしております!

  • ショップニュース

    ファインダーを覗くだけでも楽しい!軽量二眼レフカメラ

    ファインダーを覗くだけでも楽しい!軽量二眼レフカメラ

    Lubitel 166+での撮影はとても実験的。上から覗き込むタイプのウエストレベルファインダーを使って思う通りにフレーミングできます。120フィルムと35mmフィルムが両方使えるので、飽きずに創作意欲も存分に湧き上がることでしょう。あなたもロモグラフィーのオンラインショップでLubitel 166+を手に入れて、アナログ写真の代表作を作りましょう!

  • Lomography ✖ Snap! 鈴木文彦 特別インタビュー <前半戦>

    2017-10-20 keitauni94 の記事
    Lomography ✖ Snap! 鈴木文彦 特別インタビュー <前半戦>

    <前半戦> ロモジャパン代表 星とSnap! 鈴木文彦さんへのインタビュー。長いお付き合いのお二人が、それぞれの立場からロモを語ります。ロモグラフィーとは何か、どんな歴史をたどってきたのか、これからどうなっていくのか、二つの視点から紐ときます。

  • Lomography ✖ Snap! 鈴木文彦 特別インタビュー <後半戦>

    2017-10-20 keitauni94 の記事
    Lomography ✖ Snap! 鈴木文彦 特別インタビュー <後半戦>

    <後半戦>ロモジャパン代表 星とSnap!鈴木文彦さんへのインタビュー。長いお付き合いのお二人が、それぞれの立場からロモを語ります。ロモグラフィーとは何か、どんな歴史をたどってきたのか、これからどうなっていくのか、二つの視点から紐ときます。

  • フィルム写真で描く秋の色

    2017-10-16 refallinsasaki の記事
    フィルム写真で描く秋の色

    夏が終わり、ぐっと寒くなりましたね。気づけば、周囲の色が夏とは違うと思いませんか?赤、オレンジ、黄色、黄金色…。秋が魅せる一瞬の色を写真におさめてみませんか?今日は ロモホーム から厳選した秋の景色をお届けします!