Lubitel 166+で焦点のあったクローズアップ写真を撮る裏技!

ご存知の通り二眼レフの可愛い見た目と多様な機能が魅力的な Lubitel 166+ ですが、一つ弱点があります。それは、最短焦点距離です。普段は80cmでも十分に事足りますが、時にはもっと近寄って撮影したい場合もあります。そんな時はクローズアップフィルターを使うのが簡単な解決策ですが、この場合にはフォーカスを目測で推測しなければなりません。ですが、もうそんな心配はいりません!!今回ご紹介する方法を使えば、クローズアップフィルターを使ってもビューファインダーでフォーカスの確認ができちゃうんです!

Credits: sandravo

私のアルバムを覗いて頂ければ、ほとんどLubitel 166+で撮影された写真であることに気づくでしょう。その写りの美しさからLubitelは私のお気に入りのカメラなんです!大好きで信頼できるカメラですが少し欠点もあります。今回はLubitel 166+で 焦点のあった クローズアップショットを撮りたい方のためにとっておきの裏技をご紹介致します。

固定レンズのカメラでクローズアップショットを撮るときのコツは "プロクサーフィルター" や "クローズアップフィルター" を使うことです。Lubitel 166+の利点はビューレンズと撮影レンズの両方にネジ山があることです。なので、接写フィルターをビューファインダーにも適用させようと思ったら、理論的には同様のフィルターを両方のレンズにねじ込むだけでいいはずなんです。そう簡単にいけばいいのですが……。ビューファインダー用の接写フィルターをオンラインショップで探してみると、なかなか合うものが見つからないのです!しかし、本当のDIY-erは決して諦めません。。!

Credits: sandravo

そこで私はビューレンズの26㎜に合うリングとフィルターを探すことから始めました。見つかったのは26-30㎜のステップアップリングだけでした。もともと37㎜の LC-A+用のクロースアップフィルターセット を持っていたので、26-30mmと30-37mmのステップアップリングと37㎜フィルターを組み合わせて活用することにしました。、

撮影レンズのフィルターを見つけるのは断然簡単でした。40.5mmのクロースアップフィルターは安価で入手できます。こちらはそのままレンズにねじ込むことができましたがビューレンズにはステップアップリングを2つ使ってしまっていたので撮影レンズと比較して前方に飛び出してしまいました。このズレを調整するために、撮影レンズには40.5-37mmのステップダウンリング、37-40.5mmのステップアップリング、そして40.5㎜のフィルターという一見不思議な組み合わせを利用しました。これで2つのレンズはできるだけ近い状態にすることができます。

これらすべてをうまく取り付けることで、あなたのLubitel 166+でも被写体に最大限近づいて、 しかも ビューファインダーを使ってピントを合わせることが可能になります。これでもうフォーカスに惑うことなく正確に焦点を合わせる事ができるはずです!

Credits: sandravo

一つ覚えて憶えておかなければならないのは、近づいて撮影するときには視差が大きくなるということです。完璧にセッティングした室内での撮影ではあまり難しくありませんが、屋外での撮影ではできるだけ風のない日に辛抱強くピントを合わせましょう!どうぞLubitell 166+での接写を楽しんでくださいね!

Credits: sandravo

私の lomohome ではこのトリックを使って撮影した 屋内 、また 屋外 での接写写真をご紹介しています。是非覗いてみてください。


Lomography Lubitel 166+

クラシカルなデザインが可愛いだけでなく、なんと一台で 35mmフィルム120フィルム も使えちゃう二眼レフカメラ!

>> お買い求めは 直営店Lomography+ もしくは オンラインストア
>>さらに詳しい情報は 製品マイクロサイト をご覧ください

このカメラについてのマガジン記事をもっとご覧になりたい方は こちら

2017-05-15 #gear #tutorials sandravo の記事

関連商品

Lomo Lubitel 166+

Lomo Lubitel 166+

Lubitel+は人生を愛する人向けのシンプルなカメラ。マニュアルコントロールは簡単なので満足に習得できます。日常使いで理想的な軽量なプラスチックボディ。生産が減少した2眼レフカメラの一つとして、最も手頃でハイクオリティの中判カメラとして、Lubitel+は信じられない価値と世界中のアナログフォトグラファーがワクワクする新機能を搭載しています。

コメントはまだありません

他の記事を読む

  • 暗い場所での撮影:Lomography Color Negative 800

    2018-08-28 #gear
    暗い場所での撮影:Lomography Color Negative 800

    撮影時に光がどの程度得られるかというのは、フィルム写真では最も重要な問題。晴天の屋外で撮影すれば極端に失敗することはありませんが、シチュエーションに合ったフィルムを選べば光の少ない環境でも撮影を楽しめます!

  • 【テクニック記事】予期せぬアクシデントを楽しもう

    2018-07-26 hodachrome の記事
    【テクニック記事】予期せぬアクシデントを楽しもう

    フィルムカメラを使っていると思わぬアクシデントに見舞われることがありますよね。光カブリ、コマずれ、傷、感度劣化など。それらはせっかくの写真を損なう困ったものですが、一方でフィルムでしか味わえない魅力であったりもします。今回はテクニックではなくてそんなフィルム写真の思わぬ魅力について紹介していきます。

    2
  • Naiadで撮影された迫力満点のショット

    2018-05-29
    Naiadで撮影された迫力満点のショット

    Naiadで撮影された写真が Lomographyに届きました!焦点距離15mmの写りは、何を撮っても迫力満点。フィルムでもデジタルでも、カラーでも白黒でも、どんなシーンでも活躍する頼もしいレンズです。台湾やサンフランシスコ、ホノルルなど世界中のユーザーがいち早く撮影した写真をご紹介します!

  • ショップニュース

    全てがクラシカルなポートレイトレンズ

    全てがクラシカルなポートレイトレンズ

    Lomography New Petzval Lens は85mmのポートレイトレンズ。周辺のボケが渦巻くように現れ、中心の被写体へ視線を惹き付ける画を写し出します。Nikon FとCanon EFの2種類のマウントでご用意があり、こちらのマウントに対応するデジタル及びアナログカメラに対応しています。オンラインショップではその他のマウントアダプターやフィルター各種を取り揃えています。

  • ★【FAQ】Diana Instant Squareってどんなカメラ?

    2019-02-09 erina の記事
    ★【FAQ】Diana Instant Squareってどんなカメラ?

    満を辞して誕生した新しいインスタントカメラ Diana Instant Square。そもそもどんなカメラなの?使い方は?そんな疑問にお答えします!この遊び心いっぱいの「アナログ」インスタントカメラをめいっぱい楽しみましょう。

  • カメラがあるだけで毎日が楽しくなる理由:Simple Use Film Camera

    2018-10-17
    カメラがあるだけで毎日が楽しくなる理由:Simple Use Film Camera

    普段はスマートフォンでしか写真を撮らない人も、旅や友人の結婚式、誕生日など特別な時には「カメラ」を使いたいと思うことがあるのでは?そんな時に役に立つのが Simple Use Film Cameraだ。

  • Diana Instant Square についてよくあるご質問 ~クラウドファンディング編~

    2018-06-22 keitauni94 の記事
    Diana Instant Square についてよくあるご質問 ~クラウドファンディング編~

    ついに日本でのクラウドファンディングプロジェクトが 6/22(金) 12:00 より始まった、クレイジーな写りを存分に楽しむことのできるDiana Instant Sqaure!みなさまからよくお問い合わせ頂くご質問をこちらにまとめました。クラウドファウンディングが初めてで不安という方も、気になる点はこちらでチェックしてみてくださいね。MOTION GALLERYでのご支援お待ちしております!

  • ショップニュース

    初心者におすすめなコンパクトフィルムカメラ10選 【作例紹介】

    初心者におすすめなコンパクトフィルムカメラ10選 【作例紹介】

    フィルムカメラを始めてみたいけど、いきなり一眼レフを使いこなす自信がない...という人も多いはず。気軽なスナップ撮影や、使い捨てカメラからのステップアップには、 35mm コンパクトフィルムカメラがおすすめ。

  • ミュージシャン PANORAMA FAMILYが写真を撮る理由

    2018-07-28 #people #ビデオ refallinsasaki の記事
    ミュージシャン PANORAMA FAMILYが写真を撮る理由

    ミュージシャンであり写真家でもある PANORAMA FAMILYのゴメスさんは、ロモグラフィーのフィルムで撮影したという写真集「PARANOIA SLAPPYS」を昨年刊行。等身大の人々の姿が生き生きと描かれており、見る人の心にすっと入り込んでくる写真ばかり。

  • Petzval 58 で撮影されたミュージックビデオ:Ham Natdanai

    2018-09-04 #ビデオ dnimdnim の記事
    Petzval 58 で撮影されたミュージックビデオ:Ham Natdanai

    タイ人のシンガーソングライター Phum Viphuritの「Lover Boy」という曲を知っていますか?今年の夏、色々な場所で流れていたので聞いたことがあるという人もいるのではないでしょうか。この曲のミュージックビデオには、一部 Petzval 58 Bokeh Control で撮影された映像が使用されています。

  • フォトグラファー mick park × Lomography

    2018-05-24 keitauni94 の記事
    フォトグラファー mick park × Lomography

    惜しまれつつも生産中止が発表された高感度フィルム「NATURA 1600」。その開発にたずさわった mick parkさんは、当時言われていた「高感度撮影は荒れて使いものにならない」「暗いところはフラッシュ」という概念を壊した伝説的なフォトグラファー。今回はその実験的な作品の数々を紹介。

  • ショップニュース

    あなたの大切なひと時を円形に閉じ込めて...

    あなたの大切なひと時を円形に閉じ込めて...

    170度の魚眼レンズで見る世界。いつもよりも、より一層愛らしく!動物の顔をアップで撮影して、デカ鼻のユニークな写真も面白い!

  • 【テクニック記事】多重露光を生かしたポートレートの撮り方

    2019-04-20 hodachrome の記事
    【テクニック記事】多重露光を生かしたポートレートの撮り方

    モデルさんを主役にした「ポートレート撮影」は、撮影ジャンルの中でも人気のひとつです。そして多重露光は幻想的な世界をもたらすテクニックですが、これらを組み合わせるとどうなるでしょう?「多重ポートレート」をテーマに、撮り方やポイントを説明します。

  • Fisheye Baby 110で太陽をつかまえよう。

    2018-05-26 #gear
    Fisheye Baby 110で太陽をつかまえよう。

    太陽が登って世界が夏色に染まる季節です!さあ、写真を撮りに外へ出かけましょう。重いカメラは家に置いておいて、あなたが必要なのは小さくて、シンプルで、それでいてパワフルなカメラ。

  • #嫁グラフィーと Daguerreotype Achromat:杉本優也 (@u_ya021)

    2019-02-07 refallinsasaki の記事
    #嫁グラフィーと Daguerreotype Achromat:杉本優也 (@u_ya021)

    #嫁グラフィー ハッシュタグを作った 杉本優也 (@u_ya021) さんは、普段からご夫婦であちこち撮影に出かけているそう。今回はロモグラフィーのアートレンズ Daguerreotype Achromatを渡して、ドリーミーな写りや絞りプレートを楽しんでもらいました。