Neptune Convertible Art Lens Systemの第一印象:Lorenzo Scudiero

Lorenzo Scudiero は20歳の写真家でイタリアで美しい山々に囲まれて生まれ育ちました。Lorenzo が写真を始めたのはほんの数年前のことで、すべては故郷の広大な自然のなかで友人たちを撮影することから始まりました。高校を卒業した彼はフルタイムで写真活動を行うことを決意し、現在はローマにある Centro Sperimentale Cinematografiaで写真のディレクションについて学んでいます。今回はそんな彼が Neptune Convertible Art Lens System で写した素晴らしい景色とインタビューをお楽しみください!

名前: Lorenzo Scudiero
撮影地: ロべレト
Instagram: @lorenzoscudiero
使用カメラ: Nikon D800
使用レンズ: Neptune Convertible Art Lens System

Neptune Convertible Art Lens Systemを初めて見て触ってみた印象はいかがでしたか?

最初はいろんなパーツを持つレンズの作りに驚いて少し戸惑いました。まるで自分で組み立てるパズルみたいだったんです。ですが、カメラに取り付けて撮影してみるとすぐにこのレンズに可能性を感じるようになりました。特に35mm、50mmの最短焦点距離での写りと鮮やかさは素晴らしかったです。

Neptune Convertible Art Lens Systemはあなたの撮影スタイルにフィットしましたか?

撮影のときは持ち運びやすくて快適な軽いカメラ、レンズを使うのが好きなんです。なので、Neptune Convertible Art Lens Systemは私にピッタリでした。レンズが醸し出す幻想的で不思議な雰囲気も私が表現したいイメージに合っていてとても気に入っています。

一番使いやすかったのはどの焦点距離のレンズでしたか?

35mmが気に入りました。何にでも使える焦点距離で、私の求めるどんなシチュエーションにもフィットするんです。被写体により近づいて彼らの感情を表現したいときには50mmも使いました。

このレンズでは何を撮影しましたか?

帰郷したときにNeptune Lensを使って撮影しました。このレンズを持って、友達と一緒に思い出の詰まったお気に入りの場所に出かけたんです。

最初はしばらく会っていなかったMax、Paolo、Tommasoの3人と会って、リーヴァ・デル・ガルダに近い山へ向かいました。山の頂上からの景色は息をのむような美しさで、自然を満喫することができました。

次にGiorgiaとGiuliaの2人にも久しぶりに会いました。しばらくお互いの近況を報告し合い、お喋りを楽しんだあと、私のアパートで彼らのポートレートを撮影することにしました。この撮影には35mmレンズ(f/3.5)と50mmレンズ(f/2.8)を使って、カラフルな照明でユニークな雰囲気作りに挑戦しました。

その一日後には、昔からの写真仲間でもある親友のFrancescoに会いにいきました。彼とはガルダ湖で互いの最近のアートプロジェクトについて語り合いながら、のんびり過ごしました。

お気に入りの写真はどれですか?

GiorgiaとGiuliaの写真がとても気に入っています。撮影中はSoundcloudで Arctic Monkeys を聴いていたのですが、いつの間にかプレイリストが変わってしまっていたんです。Alex Turnerが急にものすごく音痴な歌手になったときには、みんな思わず笑ってしまいました。この写真はその瞬間をとらえていると思います。

Neptune Lensを使うときに心がけることはありますか?

Neptune Convertible Art Lens Systemの利点は3つの焦点距離のレンズやスペシャル絞りプレートをどこにでも軽々持ち運べて、どんな状況にも素早く対応できるところです。このレンズの特性を活かすためには色んな可能性や特別な効果を試してみて、どんどん新しいことに挑戦することが大切だと思います。きっと、今まで以上にカメラを持って出かける機会が増えるはずですよ!恐れずに実験してみてください。


特典追加決定! MotionGallery にてクラウドファンディングプロジェクト実施中

ロモグラフィー アートレンズシリーズ の新しい仲間である Neptune Convertible Art Lens System 。誰よりも早くこのレンズを MotionGallery でGETしよう!プロジェクト最終日の6/13(火) 23:59まで支援者を募ります。その他にもレアなシリアルナンバーのレンズが手に入るリターンや、ウィーン本社へのスペシャル旅行付きのリターンもご用意しました。皆さまに少しでも早くレンズを手にとって頂けるよう、全力を挙げてプロジェクトを進めて参りますが、そのためにも皆さまのご支援は不可欠です。このチャレンジを実現させるため、応援・ご支援のほど宜しくお願いいたします!

プロジェクトページ>> 手のひらにおさまる35mm、50mm、80mmのレンズセットNeptune Lens

2017-05-27 #people

コメントはまだありません

他の記事を読む

  • 【テクニック記事】予期せぬアクシデントを楽しもう

    2018-07-26 hodachrome の記事
    【テクニック記事】予期せぬアクシデントを楽しもう

    フィルムカメラを使っていると思わぬアクシデントに見舞われることがありますよね。光カブリ、コマずれ、傷、感度劣化など。それらはせっかくの写真を損なう困ったものですが、一方でフィルムでしか味わえない魅力であったりもします。今回はテクニックではなくてそんなフィルム写真の思わぬ魅力について紹介していきます。

    2
  • フォトグラファー アチトシヒロ × Neptune Convertible Art Lens System

    2018-06-28 refallinsasaki の記事
    フォトグラファー アチトシヒロ × Neptune Convertible Art Lens System

    普段は広告やポートレイトを主に撮影しているフォトグラファーの アチトシヒロさん。今回は個人の作品をアーティスティックに仕上げたいということで、Neptune Convertible Art Lens Systemを使って撮影していただきました。

  • Lomo LC-A+と東京散歩:Rimi Sakamoto

    2018-05-09 refallinsasaki の記事
    Lomo LC-A+と東京散歩:Rimi Sakamoto

    普段はデジタルカメラで撮影しているフォトグラファーの Rimi Sakamotoさん。フィルムを使うのは久々という彼女が Lomo LC-A+で撮影した写真を Lomography Japanに送ってきてくれました!旅先から送られてきた美しいポストカードのような東京をちょっとだけご紹介。

  • ショップニュース

    ロモグラフィックな写りを簡単に楽しめる!

    ロモグラフィックな写りを簡単に楽しめる!

    【ロモグラフィーの Simple Use Film Camera(レンズ付フィルム)】さあ今すぐ撮影開始!ロモグラフィーのユニークなフィルムでの撮影を簡単に楽しめます。フィルムが既にセットされているので、購入したらすぐに撮影スタート可能。

  • 暗い場所での撮影:Lomography Color Negative 800

    2018-08-28 #gear
    暗い場所での撮影:Lomography Color Negative 800

    撮影時に光がどの程度得られるかというのは、フィルム写真では最も重要な問題。晴天の屋外で撮影すれば極端に失敗することはありませんが、シチュエーションに合ったフィルムを選べば光の少ない環境でも撮影を楽しめます!

  • Diana Instant Square についてよくあるご質問 ~クラウドファンディング編~

    2018-06-22 keitauni94 の記事
    Diana Instant Square についてよくあるご質問 ~クラウドファンディング編~

    ついに日本でのクラウドファンディングプロジェクトが 6/22(金) 12:00 より始まった、クレイジーな写りを存分に楽しむことのできるDiana Instant Sqaure!みなさまからよくお問い合わせ頂くご質問をこちらにまとめました。クラウドファウンディングが初めてで不安という方も、気になる点はこちらでチェックしてみてくださいね。MOTION GALLERYでのご支援お待ちしております!

  • 冬の木々に魅せられて

    2018-02-19 #tutorials hodachrome の記事
    冬の木々に魅せられて

    葉が落ちて枝の形があらわになった冬の木々…、冬の寒さや物哀しさを感じさせるシンボリックな光景のひとつですが、皆さんは写真に撮ったりしますか?色が乏しく素材としては難しいのですが、アイデアや技術、そしてロモグラフィーの個性的なフィルムを駆使することで面白い写真を撮ることができます。今回はそれらを紹介していきたいと思います。

    1
  • ショップニュース

    思い出をよりクリアに、大胆に切り取る Lomo'Instant Automat Glass Magellan

    思い出をよりクリアに、大胆に切り取る Lomo'Instant Automat Glass Magellan

    ワイドアングルガラスレンズ搭載のインスタントカメラ Lomo’Instant Automat Glass Magellanが登場!

  • #イットガーリー × Lomography 写真展「it times lomo.」

    2018-04-26 refallinsasaki の記事
    #イットガーリー × Lomography 写真展「it times lomo.」

    #イットガーリー はインフルエンサーたちの日常を温かみのあるフィルム写真で切り取った写真集。いままで様々な形でコラボしてきた #イットガーリー × Lomographyが今回展示を開催することとなりました!来場者プレゼントもあるのでお楽しみに。

  • 《新登場》焦点距離15mm、ウルトラワイドな Naiad 3.8/15 Art Lens

    2018-04-05 genevievedoyle931 の記事
    《新登場》焦点距離15mm、ウルトラワイドな Naiad 3.8/15 Art Lens

    コンパクトなレンズセット Neptune Convertible Art Lens Systemに、 焦点距離15mmの新たなフロントレンズ Naiad が加わりました!ロモグラフィーのテクニカルチームが試行錯誤を重ね画角を135度まで広げることに成功し、まるでパノラマのようなダイナミックな写りが実現。

  • 太陽の下で写すスクエア・ポートレイト:Audrey Kwok

    2018-02-19 #people crissyrobles の記事
    太陽の下で写すスクエア・ポートレイト:Audrey Kwok

    前回 Petzval 85 Art Lens で美しいポートレイト・シリーズを撮影したシンガポール人の Audrey Kwok。私たちは Lomo'Instant Squareのクラウドファンディングが始まる前に、彼女にカメラを試してもらいました。彼女が描くミニマルで美しい世界は、Lomo'Instant Squareのスクエアフレームにぴったり。

  • ショップニュース

    ファインダーを覗くだけでも楽しい!軽量二眼レフカメラ

    ファインダーを覗くだけでも楽しい!軽量二眼レフカメラ

    Lubitel 166+での撮影はとても実験的。上から覗き込むタイプのウエストレベルファインダーを使って思う通りにフレーミングできます。120フィルムと35mmフィルムが両方使えるので、飽きずに創作意欲も存分に湧き上がることでしょう。あなたもロモグラフィーのオンラインショップでLubitel 166+を手に入れて、アナログ写真の代表作を作りましょう!

  • 【フィルムビギナー】どんなフィルムを使ったらいいの?

    2018-09-20 #tutorials cheeo の記事
    【フィルムビギナー】どんなフィルムを使ったらいいの?

    一言でフィルムと言っても、どれを選んだらいいかわからない!という人も多いはず。まずはシンプルに、この4種類から選んでみましょう。

  • 花を写す人:Chikako Watanuki

    2018-12-11 #people
    花を写す人:Chikako Watanuki

    東京を拠点に活動するフォトグラファーの Chikako Watanukiさん。彼女のフィルムカメラが写すのはたくさんの花。フィルムらしい粒子感と色で描かれた花たちの姿を見れば、アナログ写真の魅力が伝わってくるはず。

  • フィルムカメラを持ってお花見へ

    2018-03-28 refallinsasaki の記事
    フィルムカメラを持ってお花見へ

    すっかり春めいて、今週東京では桜が満開!皆さん、お気に入りのフィルムとカメラを持って撮影に出かけていることと思います。ここでは、 ロモホーム で見つけたとっておきの桜の写真をご紹介します。今週末、どんなフィルムを使おうか悩んでいる方は参考にどうぞ!