Neptune Convertible Art Lens Systemの第一印象:Camera Hannah

Camera Hannahとして知られているHannah Millardはイギリスを拠点に活躍するウェディングフォトグラファーで、ダービーシャー州に住んでいます。今回、彼女は Neptune Convertible Art Lens System を使ってキラキラ煌めく美しい作品を撮影してくれました!

Photos using the Thalassa 3.5/35mm Art Lens

名前: Hannah Millard - Camera Hannahっていう呼ばれ方のほうが気に入っています!
撮影地: ダービーシャー州、イギリス
職業: 写真家、映像作家
ホームページ/SNS: camerahannah.co.uk / @camerahannah
写真以外に興味があることは?: 時間があれば踊ったり、プレイリストを作ったり、Netflixで動画をみたり、 子供たちと遊んだりしています。

Photos using the Thalassa 3.5/35mm Art Lens

こんにちは!まず、あなたの写真活動について教えていただけますか?

7年間プロのウェディングフォトグラファーとして活動しています。写真技術はすべて独学で学んだもので、趣味が高じて仕事になったんです。2013年には写真撮影に加えて映像制作も開始しました。2014年に雑誌『Rangefinder』が選出したウェディングフォトグラファーの新星30人に選んでいただいて、写真学校やイベント、スナップ写真の祭典で講師を担当したり、1対1でも写真を教えるようになりました。私は今の仕事が本当に大好きです!最近は家族のポートレートや個人的なプロジェクトの分野で幅を広げて挑戦しています。今年の初めにはイギリス国内における現代のノーザンソウルミュージックのシーンを捉えるプロジェクトを始めたんです。それらをフィルムや動画で撮影することを心から楽しんでいます。

Photos using the Thalassa 3.5/35mm Art Lens

ご自身の写真スタイルを言葉で説明すると?

私の作品は心がこもっていて、創造的でユニークだと思います。物語が伝わるような写真が好きなんです。今回はクリエイティブな撮影に挑戦することにしました。結婚式の撮影のような普段の作品とは違うやり方で、予測できないような新しいイメージを作ってみたかったんです。ファッションやポートレートを撮影するときは幻想的でノスタルジックなイメージを写すのが好きですね。

Photos using the Despina 2.8/50mm Art Lens

Neptune Convertible Art Lens Systemをはじめてみたときの印象はいかがでしたか?

まずレンズ自体の美しさに目を惹かれました。現代では本当の意味で美しいレンズを作っているところはロモグラフィー以外にありません。このレンズを取り付けると、自分のカメラがいつもとは全く違う見栄えになってしまうんです!それに、これまでマニュアル操作のレンズでもよく撮影してきたので慣れている部分もありましたが、フォーカスがずれてしまう心配もなくとても簡単でスムーズに調整ができました。レンズのエレメントを交換して多様な撮影方法に挑戦できる点は本当に魅力的です。焦点距離の違いで作品がどのように変わるかや、絞りがどのように働くか、比較して理解することができるので、写真を始めたばかりのひとにもオススメだと思います。クリエイティブなボケを描くことのできるスペシャル絞りプレートも簡単に出し入れ出来て使いやすいです!

Photos using the Thalassa 3.5/35mm Art Lens

このレンズは作品のスタイルにフィットしましたか?

Neptune Convertible Art Lens System は私の大好きな幻想的なポートレートのスタイルにピッタリでした。グリッターやスパンコール等のキラキラや、イメージのボケも好きなので、スペシャル絞りプレートを使って星形のイメージを作れるところはとっても気に入りました。

Photos using the Proteus 4.0/80mm Art Lens

お気に入りの一枚と、その理由をお聞かせください!

左下の写真が一番のお気に入りです。スペシャル絞りプレートを使ってみたかったので、光の多い環境を選んでモデルにはスパンコールの散りばめられた衣装を着てもらいました。この撮影ではノスタルジックな雰囲気を目指して撮影しました。煌めく背景も取り入れて輝く星に囲まれたAbbieを撮影したかったので、レンズは80㎜の焦点距離のものを利用しました。すべてが綺麗にまとまって、思い通りのイメージを写すことができました。

Photos using the Proteus 4.0/80mm Art Lens

Neptune Lensを使う際のアドバイスはありますか?

慎重に撮影すること!マニュアルフォーカスに苦労しているなら、一眼レフのライブビュー機能でズームインしてフォーカスが合っているか確かめてみてください。慣れるまでに時間がかかるかもしれませんが、カメラに何もかも任せて撮影するよりも1枚1枚の写真に集中して慎重に撮影することで良い経験になります。 Neptune Convertible Art Lens System で試行錯誤しながら、自分の思い描くイメージを実現してみてください!

2017-06-03 #gear #ニュース #people #neptune #neptune-convertible-art-lens-system #

コメントはまだありません

他の記事を読む

  • フォトグラファー アチトシヒロ × Neptune Convertible Art Lens System

    2018-06-28 refallinsasaki の記事
    フォトグラファー アチトシヒロ × Neptune Convertible Art Lens System

    普段は広告やポートレイトを主に撮影しているフォトグラファーの アチトシヒロさん。今回は個人の作品をアーティスティックに仕上げたいということで、Neptune Convertible Art Lens Systemを使って撮影していただきました。

  • 松嶋初音:Neptune Art Lensと台湾旅行

    2018-10-04 keitauni94 の記事
    松嶋初音:Neptune Art Lensと台湾旅行

    ラジオやテレビなど様々なメディアで活躍する 松嶋初音さん。今回、台湾旅行へ行く彼女に Neptune Convertible Art Lens Systemを渡しました。

  • 【テクニック記事】予期せぬアクシデントを楽しもう

    2018-07-26 hodachrome の記事
    【テクニック記事】予期せぬアクシデントを楽しもう

    フィルムカメラを使っていると思わぬアクシデントに見舞われることがありますよね。光カブリ、コマずれ、傷、感度劣化など。それらはせっかくの写真を損なう困ったものですが、一方でフィルムでしか味わえない魅力であったりもします。今回はテクニックではなくてそんなフィルム写真の思わぬ魅力について紹介していきます。

    2
  • ショップニュース

    あなたの大切なひと時を円形に閉じ込めて...

    あなたの大切なひと時を円形に閉じ込めて...

    170度の魚眼レンズで見る世界。いつもよりも、より一層愛らしく!動物の顔をアップで撮影して、デカ鼻のユニークな写真も面白い!

  • Daguerreotype Achromatと旅したノルウェーの風景:Maya Beano

    2018-04-26 #people
    Daguerreotype Achromatと旅したノルウェーの風景:Maya Beano

    ケンブリッジを拠点として活動するフォトグラファー Maya Beanoが描く光は柔らかく、そしてドラマチック。彼女が Daguerreotype Achromat Art Lensで撮影したノルウェー北部の夢のような景色をご覧ください。

  • 詩的な東京旅行:Franz Navarrete

    2018-02-03 #gear #people crissyrobles の記事
    詩的な東京旅行:Franz Navarrete

    シンガポールを拠点として活動する Franz Navarrete は、先日 Simple Use Film Camera Black and White を持って東京を訪れました。白黒フィルムで写す雨の東京は、私たちがいつも見ている騒がしい東京とは少し違うようです。

  • 花を写す人:Chikako Watanuki

    2018-12-11 #people
    花を写す人:Chikako Watanuki

    東京を拠点に活動するフォトグラファーの Chikako Watanukiさん。彼女のフィルムカメラが写すのはたくさんの花。フィルムらしい粒子感と色で描かれた花たちの姿を見れば、アナログ写真の魅力が伝わってくるはず。

  • ショップニュース

    ロモグラフィックな写りを簡単に楽しめる!

    ロモグラフィックな写りを簡単に楽しめる!

    【ロモグラフィーの Simple Use Film Camera(レンズ付フィルム)】さあ今すぐ撮影開始!ロモグラフィーのユニークなフィルムでの撮影を簡単に楽しめます。フィルムが既にセットされているので、購入したらすぐに撮影スタート可能。

  • 冬の木々に魅せられて

    2018-02-19 #tutorials hodachrome の記事
    冬の木々に魅せられて

    葉が落ちて枝の形があらわになった冬の木々…、冬の寒さや物哀しさを感じさせるシンボリックな光景のひとつですが、皆さんは写真に撮ったりしますか?色が乏しく素材としては難しいのですが、アイデアや技術、そしてロモグラフィーの個性的なフィルムを駆使することで面白い写真を撮ることができます。今回はそれらを紹介していきたいと思います。

    1
  • Naiadで撮影された迫力満点のショット

    2018-05-29 genevievedoyle931 の記事
    Naiadで撮影された迫力満点のショット

    先日発売されたばかりの Naiad で撮影された写真が Lomographyに届きました!焦点距離15mmの写りは、何を撮っても迫力満点。フィルムでもデジタルでも、カラーでも白黒でも、どんなシーンでも活躍する頼もしいレンズです。台湾やサンフランシスコ、ホノルルなど世界中のユーザーがいち早く撮影した写真をご紹介します!

  • Fisheye Baby 110で太陽をつかまえよう。

    2018-05-26 #gear
    Fisheye Baby 110で太陽をつかまえよう。

    太陽が登って世界が夏色に染まる季節です!さあ、写真を撮りに外へ出かけましょう。重いカメラは家に置いておいて、あなたが必要なのは小さくて、シンプルで、それでいてパワフルなカメラ。

  • ショップニュース

    ファインダーを覗くだけでも楽しい!軽量二眼レフカメラ

    ファインダーを覗くだけでも楽しい!軽量二眼レフカメラ

    Lubitel 166+での撮影はとても実験的。上から覗き込むタイプのウエストレベルファインダーを使って思う通りにフレーミングできます。120フィルムと35mmフィルムが両方使えるので、飽きずに創作意欲も存分に湧き上がることでしょう。あなたもロモグラフィーのオンラインショップでLubitel 166+を手に入れて、アナログ写真の代表作を作りましょう!

  • 太陽の下で写すスクエア・ポートレイト:Audrey Kwok

    2018-02-19 #people crissyrobles の記事
    太陽の下で写すスクエア・ポートレイト:Audrey Kwok

    前回 Petzval 85 Art Lens で美しいポートレイト・シリーズを撮影したシンガポール人の Audrey Kwok。私たちは Lomo'Instant Squareのクラウドファンディングが始まる前に、彼女にカメラを試してもらいました。彼女が描くミニマルで美しい世界は、Lomo'Instant Squareのスクエアフレームにぴったり。

  • 《新登場》焦点距離15mm、ウルトラワイドな Naiad 3.8/15 Art Lens

    2018-04-05 genevievedoyle931 の記事
    《新登場》焦点距離15mm、ウルトラワイドな Naiad 3.8/15 Art Lens

    コンパクトなレンズセット Neptune Convertible Art Lens Systemに、 焦点距離15mmの新たなフロントレンズ Naiad が加わりました!ロモグラフィーのテクニカルチームが試行錯誤を重ね画角を135度まで広げることに成功し、まるでパノラマのようなダイナミックな写りが実現。

  • Lomo LC-A+の魅力とは?

    2018-02-02 #gear
    Lomo LC-A+の魅力とは?

    長年にわたりたくさんの人々に愛されてきたフィルムカメラ Lomo LC-A+。このカメラのどこがそんなにいいの?と思う人もいるかもしれません。でも、LC-A+の写す世界を見れば一目で理由がわかるでしょう。この小さなボディには、クリエイティブな可能性がぎっしり詰まっているんです。