LC-A+で切り取る日常のドラマ:写真家 吉本真大

路上でのキスやハグの瞬間を捉えた写真集『 LOVE LOVE LOVE 』を出版した写真家の 吉本真大 さん。普段はスケートをはじめとするストリート写真を撮影する彼がロモグラフィーの LC-A+ で写す写真はどんな画になるんだろうと思い、撮影を依頼したら笑顔で引き受けてくれました。大阪に住む彼の周りにいる人々、友達、彼女、通りすがりの人まで、目にするものすべてを LC-A+ 数ヶ月間切り取っていただきました。


Name: 吉本真大 - Masahiro Yoshimoto
Instagram: @photograph_masa
Web: photographmasa.com
blog: photographmasa
Camera: LC-A+

初めまして吉本さん!自己紹介をお願いします。
MASAです。徳島県出身の大阪府在住の27歳です。僕は幼少期虐待を受けて、自分の意見が言えずに育ちました。自分の表現が出来ないことにもやもやしてて、19歳の時にこの感覚から抜け出したいと思って、無計画の旅に出るようになりました。そこで初めて出会う人や光景を見てたら、「カメラを持ってたら良かったな〜。」と。小学生の時からたまに使い捨てカメラを持ってて、カメラは身近な存在でした。なので旅から帰ってきて、すぐにNIKON F80を買って、写真を撮り始めました。その後すぐに写真家のTAKATA AKIRAさんの展示を見て、更に自分の中で火がつきました。

普段はどんな被写体を撮影することが多いですか?
「スケーター」と「街」です。

どんな瞬間にシャッターを切ろうと思いますか?
心が動いた瞬間です。視覚が働いてるんですが、それ以上に感覚が働いてます。

フィルム、デジタル両方で撮影されていると聞きましたが、この2つの違いは何だと思いますか?
デジタルもフィルムも写真は写真です。でも僕は完全に一緒とは言えなくて、フィルムには撮ったときの感情が入っています。

「撮ったときの感情が入っている」、はすごく分かるような気がします。さて今回 LC-A+を使ってみてどうでしたか?
LC-A+は操作が簡単で使いやすかったですが、ピントの距離感を合わせるのに少し時間がかかりました。でもそうゆうところがカメラの面白いところだと思ってます。僕はカメラを一個人だと思っていて、それぞれのカメラに主張があっていいんです。

主にどこで撮影しましたか?撮影中のエピソードなどあれば教えてください。
主に大阪です。彼女と彼女の子供と一緒に暮らすタイミングだったので、新生活の写真がチラホラあります。あと、ハプニング的なのは、久しぶりに会う友達がポルシェに乗ってきて、「うそやん、マジでー!?」言うてたら、後ろから来た車にサイドミラーをブリーンやられて、さらに「うそやん、マジでー!?」ってなりました。

お気に入りの一枚を選んでください。
大阪で夕暮れ時にスケートの映像を撮影するイギリス人のジョージ。

今回撮影した写真にタイトルをつけるとしたら?
「日常」です。彼女と子供と過ごして、各地から来たスケーター達と撮影に行って、ありのままの日常を写しました。

写真集『LOVE LOVE LOVE』について、この本を作ろうと思ったきっかけがあれば教えてください。
日本・ロンドン・ニューヨークの路上のでの愛の光景です。男女を撮っているんですが、1枚1枚全然違っていて、そこから想像できる関係性が興味深くて撮りました。

写真集『 LOVE LOVE LOVE 』より

次に撮りたいものはありますか?
全然回答になってないかもですが、もっと色んな人に出会ったり、沢山の土地に出向こうと思っています。

今後の予定や、最後にメッセージがあればどうぞ!
幼少期の経験で長い間悩んでいましたが、写真に出会いました。出来不出来は置いといて、経験を表現に変えましょう。
8月ぐらいに写真集「夜を彷徨う」を出版する予定です。是非ご覧ください。


吉本さん、ありがとうございました!彼の作品がもっと見たいという方は、 写真集Instagram をチェック!

また、吉本さんの写真集は以下のお店で販売中です。(2017年6月現在)在庫状況には変動がございます。何卒ご了承ください。

2017-06-23 #lc-a #lc-a # #lomoamigo #masa-yoshimoto #masahiro-yoshimoto # #lc-a33 #33thbirthday refallinsasaki の記事

関連商品

Lomo LC-A+

Lomo LC-A+

Lomo Kompakt Automat ( 通称 LOMO LC-A )は、1984年に旧ソ連で誕生したコンパクトオート35mmカメラ。LC-Aが写し出す鮮やかな発色、クラシカルなヴィネット、そしてコントラストの強い写真は90年代に世界的なムーブメントを巻き起こし、ロモグラフィー発祥のきっかけとなりました。そのLC-Aに機能を追加(+)して、生まれ変わったのがLomo LC-A+です!

コメントはまだありません

他の記事を読む

  • 【比較】クロスプロセスってどんな写真が撮影できるの?

    2018-03-27 refallinsasaki の記事
    【比較】クロスプロセスってどんな写真が撮影できるの?

    皆さんは普段、どんなフィルムを使っていますか?いつもとは少し違った写真が撮影してみたい!という方にはロモグラフィーのクロスプロセスフィルムがおすすめです。カラーネガで撮影した写真とクロスプロセス写真がどう違うのか、同じ日に撮影した写真を比べてみましょう!

    1
  • ミュージシャン PANORAMA FAMILYが写真を撮る理由

    2018-07-28 #people #ビデオ refallinsasaki の記事
    ミュージシャン PANORAMA FAMILYが写真を撮る理由

    ミュージシャンであり写真家でもある PANORAMA FAMILYのゴメスさんは、ロモグラフィーのフィルムで撮影したという写真集「PARANOIA SLAPPYS」を昨年刊行。等身大の人々の姿が生き生きと描かれており、見る人の心にすっと入り込んでくる写真ばかり。

  • 秋葉原 by Daisuke Matsumoto【BnA x Lomography】

    2018-03-09 #people #places refallinsasaki の記事
    秋葉原 by Daisuke Matsumoto【BnA x Lomography】

    「泊まれるアート」をテーマに、旅行者と日本のアーティストが交流できるプラットフォームを構築するプロジェクト Bed and Art Project - BnA Hotel。BnAコミュニティーの気鋭の写真家 Daisuke Matsumotoさんが Lomo LC-A+で BnA STUDIO Akihabaraとその近隣を撮影しました。秋葉原が見せる昼と夜の顔のコントラストが印象的。

  • ショップニュース

    ファインダーを覗くだけでも楽しい!軽量二眼レフカメラ

    ファインダーを覗くだけでも楽しい!軽量二眼レフカメラ

    Lubitel 166+での撮影はとても実験的。上から覗き込むタイプのウエストレベルファインダーを使って思う通りにフレーミングできます。120フィルムと35mmフィルムが両方使えるので、飽きずに創作意欲も存分に湧き上がることでしょう。あなたもロモグラフィーのオンラインショップでLubitel 166+を手に入れて、アナログ写真の代表作を作りましょう!

  • 秋葉原 by Clara Mathiesen【BnA x Lomography】

    2018-03-11 #people #places refallinsasaki の記事
    秋葉原 by Clara Mathiesen【BnA x Lomography】

    「泊まれるアート」をテーマに、旅行者と日本のアーティストが交流できるプラットフォームを構築するプロジェクト Bed and Art Project - BnA Hotel。BnAコミュニティーの気鋭の写真家 Clara Mathiesenさんが Lomo LC-A+で BnA STUDIO Akihabaraとその近隣を撮影しました。

  • 暗い場所での撮影:Lomography Color Negative 800

    2018-08-28 #gear
    暗い場所での撮影:Lomography Color Negative 800

    撮影時に光がどの程度得られるかというのは、フィルム写真では最も重要な問題。晴天の屋外で撮影すれば極端に失敗することはありませんが、シチュエーションに合ったフィルムを選べば光の少ない環境でも撮影を楽しめます!

  • Naiadで撮影された迫力満点のショット

    2018-05-29 genevievedoyle931 の記事
    Naiadで撮影された迫力満点のショット

    先日発売されたばかりの Naiad で撮影された写真が Lomographyに届きました!焦点距離15mmの写りは、何を撮っても迫力満点。フィルムでもデジタルでも、カラーでも白黒でも、どんなシーンでも活躍する頼もしいレンズです。台湾やサンフランシスコ、ホノルルなど世界中のユーザーがいち早く撮影した写真をご紹介します!

  • ショップニュース

    Revolog フィルム 種類によって様々なユニークな効果が現れます!

    Revolog フィルム 種類によって様々なユニークな効果が現れます!

    緑の発光体やイナズマ、引っ搔き傷などのユニークなエフェクトが現れるRevologフィルム。刺激的な写真が撮りたい方におすすめ!

  • 冬の木々に魅せられて

    2018-02-19 #tutorials hodachrome の記事
    冬の木々に魅せられて

    葉が落ちて枝の形があらわになった冬の木々…、冬の寒さや物哀しさを感じさせるシンボリックな光景のひとつですが、皆さんは写真に撮ったりしますか?色が乏しく素材としては難しいのですが、アイデアや技術、そしてロモグラフィーの個性的なフィルムを駆使することで面白い写真を撮ることができます。今回はそれらを紹介していきたいと思います。

    1
  • 【スタッフレビュー】Daguerreotype Achromatと行く冬の海

    2018-01-20 refallinsasaki の記事
    【スタッフレビュー】Daguerreotype Achromatと行く冬の海

    ふんわりと幻想的な写りや、絞りプレートの種類が豊富なアートレンズ Daguerreotype Achromat 2.9/64 。アーティスティックな作品撮りだったり、非日常な場面で大活躍のレンズですが、日常シーンで使ったらいったいどんな写りになるんでしょう?Lomography Japanスタッフ keitauni94が冬の江ノ島で撮影した写真をご紹介します!

  • #イットガーリー AOI YAMADA × Lomo LC-A 120

    2018-05-02 refallinsasaki の記事
    #イットガーリー AOI YAMADA × Lomo LC-A 120

    「it girl」とは、一躍時の人となった女性を言い表す言葉。その女性たちは、どこか言葉では言い表せないオーラや魅力を放っているもの。今回はダンサーとして活躍する AOI YAMADAさんが Lomo LC-A 120で撮影した写真をご紹介。

  • ショップニュース

    全てがクラシカルなポートレイトレンズ

    全てがクラシカルなポートレイトレンズ

    Lomography New Petzval Lens は85mmのポートレイトレンズ。周辺のボケが渦巻くように現れ、中心の被写体へ視線を惹き付ける画を写し出します。Nikon FとCanon EFの2種類のマウントでご用意があり、こちらのマウントに対応するデジタル及びアナログカメラに対応しています。オンラインショップではその他のマウントアダプターやフィルター各種を取り揃えています。

  • 写真家 横田裕市:Petzval 58 Bokeh Control でボケを楽しむ

    2018-10-18 refallinsasaki の記事
    写真家 横田裕市:Petzval 58 Bokeh Control でボケを楽しむ

    トラベル・フォトグラファーとして息を呑むような風景写真を撮影する写真家の横田裕市さん。今回、ロモグラフィーのアートレンズ Petzval 58 Bokeh Controlで、スナップや奥さまのポートレイトを撮影。

  • 「顔フォト!コンテスト2018」開催中!

    2018-10-03 refallinsasaki の記事
    「顔フォト!コンテスト2018」開催中!

    ギャラリー「世田谷233」による『顔フォト!コンテスト』の季節が今年もやってきました!顔フォトは、缶ジュースのプルトップやマンホールの蓋など、目や鼻や口に見えるようなものがたまたま集まり“顔”に見えるモノや場面を撮影した写真です。応募の〆切は10/31(水)まで!

    1
  • #イットガーリー SATSUKI × Diana Baby 110

    2018-05-15 erina の記事
    #イットガーリー SATSUKI × Diana Baby 110

    「it girl」とは、一躍時の人となった女性を言い表す言葉。その女性たちは、どこか言葉では言い表せないオーラや魅力を放っているもの。今回はフリーランスでマルチに活動している SATSUKIさんが Diana Baby 110で撮影した写真をご紹介。