【レビュー】LC-A+の写りをより鮮やかに中判で楽しめる!Lomo LC-A 120の魅力

白状すると、私は最近あまりカメラを使っていませんでした。いつも同じものばかりを撮っていてどれも陳腐に思えてきてしまったのです。私は新しい事に挑戦しなければならなかったし、一方で妻は私へのバースデープレゼントに悩んでいました。私は以前はLubitel 166Uで中判フォーマットを楽しんでいたのですが、 Lubitelシリーズ は完全マニュアルカメラなので操作自体も楽しむことができます。

ですが、時には必要以上に設定に頭を使いたくない時もあります。 LC-Aシリーズ の場合には自動露出なので構成に集中することができます。クリエイティブで楽しい作品をとろうと思ったら構成は非常に大切です。中判フォーマットの素晴らしいところは被写体を中央に配置することで、目に入りやすく対照的なイメージを描ける点だと思います。

Credits: ces1um

Lomo LC-A 120 のレンズは38㎜、f4.5のMinigon Lensで、35㎜換算では21㎜に相当します。絞りやシャッタースピードには限界がありますが、非常にシャープな写りです。Web利用にあたって写真を解像度を落とす必要があったのでここに掲載されているものではわかりにくいかもしれませんが、私を信じてください!フルサイズの画像は驚くほどシャープなんです!

Credits: ces1um

ロモグラフィーはレンズのビネット効果を魅力として謡っていますが、その通りだと感じます。 ビネット効果のことをカメラの構造上の欠陥だという方もいますが、私には理解できません。あらゆる写真加工のソフトや写真共有サイトにはビネット効果をつけるためのフィルターが存在することが、この効果の人気を何よりも証明しているといえるでしょう。

Credits: ces1um

LC-A 120LC-A+ と同様にゾーンフォーカス式のカメラです。私はLC-A+も持っていてお気に入りのカメラの一台ですが、より大きくなった弟分であるLC-A 120のほうがフォーカスが合わせやすいように感じます。LC-A 120のゾーンフォーカスは0.6、1、2.5、そして無限の4段階です。手を伸ばして届く距離に被写体があれば、0.6mに設定すればよいでしょう。手を伸ばしてもぎりぎり届かないくらいの距離ならば1メートルでしょう。2.5mは少しトリッキーですが、自分が寝ころんだところを想像してみます。もしも、私1.5人分くらい離れた距離であれば、2.5mに設定するのが無難でしょう。基本的に無限遠は風景の撮影の際に利用します。ほら、簡単でしょう?

Credits: ces1um

いかがでしたでしょうか?ここでご紹介した理由から、Lomo LC-A 120は私の新しいお気に入りカメラになり認定されました!もう一つ。このカメラは人目を惹くカメラでもあります。目立ちたい人には特におすすめです。

Credits: ces1um

2017-06-19 #gear #120 #lca #mediumformat # #lcwide #lca120 ces1um の記事

関連商品

Lomo LC-A 120

Lomo LC-A 120

The PhoblographerEditor's Choice Award Winner"LC-A 120はフィルムでも、デジタルでもストリート写真を撮るための最優秀カメラだ。他のカメラはLC-A 120を越せない。"

コメントはまだありません

他の記事を読む

  • 【動画】ロモスタッフが LC-A+を持って撮影旅行へ!

    2017-11-08 #ビデオ refallinsasaki の記事
    【動画】ロモスタッフが LC-A+を持って撮影旅行へ!

    9月某日、ロモジャパンチームはそれぞれお気に入りのフィルム、LC-A+とその他たくさんのカメラを持ち、都内からちょっと離れた隠れスポットへ。【Lomography 25周年】LOMO LC-A+ 動画制作という口実のもと、スタッフ全員で思い思いの写真を撮りにいってきました!《Lomography の10ゴールデンルール》でも掲げている通り、"Lomographyは人生のジャマじゃなく、人生の一部"。ロモグラフィーが世界中のロモグラファーとスタッフと共に生きてきた25年間を祝して、作ったこの動画。あなたは見たあと、どんなことを思いましたか?

  • 《生誕10周年》Diana F+ が歩んできた10年

    2017-10-18 #gear
    《生誕10周年》Diana F+ が歩んできた10年

    今年で10才になったロモグラフィーの Diana F+ は長年のファンも多い中判フィルムカメラ。そのドリーミーな写りはたくさんの人々を魅了してきました。たくさんのカラーやデザインから選べる Diana F+ シリーズ のカメラを、今日はおさらいしてみましょう!

  • Stephen DowlingがLC-A 120で写すニュージーランド

    2017-05-28 #people
    Stephen DowlingがLC-A 120で写すニュージーランド

    ロモグラフィーの愛好者で旅人でもあるStephen DowlingがLC-A 120で写した故郷ニュージーランドと、彼が愛してやまない中判カメラの魅力を教えてくれました!

  • ショップニュース

    ロモグラフィックな写りを簡単に楽しめる!

    ロモグラフィックな写りを簡単に楽しめる!

    【ロモグラフィーの Simple Use Film Camera(レンズ付フィルム)】さあ今すぐ撮影開始!ロモグラフィーのユニークなフィルムでの撮影を簡単に楽しめます。フィルムが既にセットされているので、購入したらすぐに撮影スタート可能。

  • アナログ世界紀行:アムステルダム、オランダ

    2017-06-28 #places
    アナログ世界紀行:アムステルダム、オランダ

    「アナログ世界紀行」ではロモグラフィーのコミュニティーメンバーが世界中から素敵な風景を紹介いたします!今日はロモグラファーのAle Di Gangiがおしゃれなオランダの街をLomoChrome Purpleでいつもとは違った雰囲気に写してくれました!

  • Lomo LC-Aが捉えた瞬間(Part 1)

    2017-06-04 Eunice Abique の記事
    Lomo LC-Aが捉えた瞬間(Part 1)

    Lomo LC-Aは、ロモグラフィーの始まりともいえるカメラです。その誕生日を記念して、世界のロモグラファーがこの魅力的なアナログカメラがどのようにして自分たちの人生の一部となったかを語ってくれました。

  • 【中判カメラの魅力】Kid RichardsがLC-A 120を初体験!

    2017-05-05 #people breaking_the_skys の記事
    【中判カメラの魅力】Kid RichardsがLC-A 120を初体験!

    お気に入りのミュージシャンをトリビュートした "Kid Richards" という名前で知られるBruno Cantanhedeはファッションと音楽に情熱を燃やしています。ここでは、彼がLC-A120を通して覗いた世界を共有してくれました!

  • ショップニュース

    全てがクラシカルなポートレイトレンズ

    全てがクラシカルなポートレイトレンズ

    Lomography New Petzval Lens は85mmのポートレイトレンズ。周辺のボケが渦巻くように現れ、中心の被写体へ視線を惹き付ける画を写し出します。Nikon FとCanon EFの2種類のマウントでご用意があり、こちらのマウントに対応するデジタル及びアナログカメラに対応しています。オンラインショップではその他のマウントアダプターやフィルター各種を取り揃えています。

  • 【ロモってどこで買えるの?】東京:直営店Lomography+ 編

    2017-08-10
    【ロモってどこで買えるの?】東京:直営店Lomography+ 編

    ロモグラフィー製品が売っているさまざまな地域のお店を紹介するこのシリーズ記事。第一弾はもちろん、東京都千代田区外神田にある 直営店Lomography+ 。お店の雰囲気や、イチオシのカメラを直営店スタッフの sursurachan に聞いてみました!

  • Lomo LC-A が捉えた瞬間(Part 2)

    2017-06-12 Eunice Abique の記事
    Lomo LC-A が捉えた瞬間(Part 2)

    何年にもわたって時代を見つめ、人々の人生の転機を切り取り、一生に一度の想い出を残してくれる信頼できる相棒として愛されてきたLC-A。その誕生日を記念して、世界のロモグラファーがこの魅力的なアナログカメラと自らの人生の繋がりを語る「LC-Aが捉えた瞬間」、第二弾はどんなストーリーが飛び出すのでしょうか!

  • タイファッションの魅力を紹介する『THAI SENSE.JP』POP UPイベントが開催!

    2017-06-05 refallinsasaki の記事
    タイファッションの魅力を紹介する『THAI SENSE.JP』POP UPイベントが開催!

    タイでは現在、20〜30代の若手デザイナーによるブランドを中心に急速に新しいブランドが増えています。日本ではまだ知られていないタイファッションの魅力を紹介する『THAI SENSE.JP』。人気の12ブランドの POP UPを 6/17(土)〜6/30(金)に都内のセレクトショップを中心に開催します!

  • ショップニュース

    ファインダーを覗くだけでも楽しい!軽量二眼レフカメラ

    ファインダーを覗くだけでも楽しい!軽量二眼レフカメラ

    Lubitel 166+での撮影はとても実験的。上から覗き込むタイプのウエストレベルファインダーを使って思う通りにフレーミングできます。120フィルムと35mmフィルムが両方使えるので、飽きずに創作意欲も存分に湧き上がることでしょう。あなたもロモグラフィーのオンラインショップでLubitel 166+を手に入れて、アナログ写真の代表作を作りましょう!

  • Sayuri Murooka (@sayurimurooka) x LC-A+

    2017-06-07 refallinsasaki の記事
    Sayuri Murooka (@sayurimurooka) x LC-A+

    日本ではまだ知られていないタイファッションを紹介する『THAI SENSE.JP』。Instagramで人気の若手写真家やモデルの方々にロモグラフィーの LC-A+でタイファッションの魅力を切り取っていただきました。今回は Sayuri Murooka (@sayurimurooka) さんの作品をご紹介。

  • Neptune Convertible Art Lens Systemの第一印象:Gui Martinez

    2017-06-23 #gear #people
    Neptune Convertible Art Lens Systemの第一印象:Gui Martinez

    東京を拠点に活躍するアーティスト Gui Martinezは情熱的なフィルムフォトグラファーで中判フォーマットの愛好者でもあります。今日は彼が週末の休暇中にNeptune Convertible Art Lens Systemで撮影した美しい写真たちをご紹介致します!

  • TEN AND ONE Annual Lomography Photo Award 2016:『モノクロ』大賞発表

    2017-05-30
    TEN AND ONE Annual Lomography Photo Award 2016:『モノクロ』大賞発表

    TEN AND ONE Annual Lomography Photo Awardは11の異なるカテゴリーで構成されています。恒例の10のカテゴリーとその時の世界問題を反映して毎年決定される限定カテゴリーを通して、参加者の皆様独自の視点からみた世界を募集します。各テーマがあなたにとってどのような意味を持つかを考え、この奇妙でおかしな美しい世界での体験を世界中のロモグラファーと共有しましょう!こちらでは『モノクロ』カテゴリーの入賞作品を発表致します!