Raphael OlivierがLomo LC-A Minitar-1 Art Lensで写した中国の街並み

フランス出身の写真家・Raphael OlivierがLomo LC-A Minitar-1 Art Lensと一緒に中国旅行へ!彼は現在シンガポールと香港を拠点としていますが、それに縛られることなく情熱に導かれるままに旅をしています。

Lomo LC-A Minitar-1 Art Lens を手にした彼は、果たして中国でどんな景色を捉えたのでしょうか?

© Raphael Olivier

こんにちは、Raphael!まずはロモグラフィーのコミュニティーと読者のみなさまへ簡単な自己紹介をおねがいします。

僕の名前はRaphael Olivier。フランス人の写真家で、出身はパリだけど10年前からはアジアに住んで活動しています。

写真を始めたきっかけについて教えていただけますか?

父も写真家だったので、幼少期からカメラに囲まれて遊びながら育ちました。ですが、真剣に写真に取り組むようになったのはまだパリにいた18歳の頃でした。当時のルームメイトもまた写真家で、カメラを買ってもっと練習するように勧めてくれたんです。

ご自身の写真スタイルについてどう考えますか?

とても映画的だと考えています。特定のテーマよりはムードや雰囲気を大切にしています。光の加減に気をつけながら、すべてが美しく、物語を感じるイメージになるよう心がけています。

© Raphael Olivier

普段はどのような人/ものを撮影していますか?

僕はいつも街に魅力を感じるんです。そのスケール大きさや、街という文脈の中で重なりあい交差する何百万人もの人たちの生活や物語。そして彼らが生み出すエネルギーや熱狂、そして弱さや孤独。だから、僕は都会を探検してまわって、その街並みやそこに住む人々の生活を記録するのが好きなんです。

© Raphael Olivier

ご自身の成功体験やお気に入りのプロジェクトを教えてください。

写真で生計を立てて生活しているというのが一番の成功体験だと思います。10年前は自分が好きな仕事をして、世界中を旅するだけのお金を稼げるようになるなんて思ってもいませんでした。今日こうして写真家として活動し、世界中の街を訪れることができてとても幸せです。

デジタルとアナログではどちらが好きですか?メディアによって違いはありますか?

僕はデジタルですね。フィルムから写真を始めたので、デジタルカメラが登場したときにはそれによって解き放たれた無限の可能性に衝撃を受けました。最近ではフィルムに回帰するのが流行りだってことは知ってるけど、簡単に設定を替えられるし、極度の低光量下でも撮影できる点などで個人的にはやっぱりデジタルが魅力的ですね。フィルムよりもコントロールできて自由に表現できるので、より楽しく感じます。

© Raphael Olivier

ストリート写真を撮影する際のポイントはありますか?

面白い場所を見つけることでしょうか……。どの街も同じではありません。それにこんな言葉もあります、「写真が物足りないなら、もっと面白いものにレンズを向けなさい」。

Minitar 1 Art Lensでの撮影についてお聞かせください。面白かった出来事やなにか挑戦してみたことはありましたか?

Minitarは使っていてすごく楽しいし、コンパクトで使い勝手もよいレンズです。文字通りどこにでも持ち運べるし、レンズを向けられた人もそのことに気づかないでしょう。非常にローキーな写りで、ストリート写真には打ってつけだと思います。

Minitar-1 Art Lensで撮影した写真の中でお気に入りはどれですか?理由もお聞かせください。

© Raphael Olivier

最初はどこに行って何を撮ればいいのかわかりませんでしたが、そんな時に左のイメージを撮影して以降のトーンが定まったように思います。右の写真はパワフルで面白いポートレートなので気に入っています。このプロジェクトではほとんどの作品で赤色をモチーフとして入れることを意識していたのですが、このおばあちゃんの赤い靴下が一番だと思っています。

Minitar-1 Art Lensを初めて使う方へのアドバイスをお願いします!

特にありませんね。自分の好きなように撮影してみて、ぴったりのスタイルを見つけてください!

今後のご予定や現在進行中のプロジェクトはありますか?

幾つか温めているプロジェクトはありますが、今はまだお話する時じゃないかなと思います。活動や作品は Instagramwebsite. でも紹介していくので是非チェックしてみてください!


Minitar 1 Art Lens

LC-Aカメラに搭載のMinitar-1レンズが、Mマウントのアートレンズとして姿を変えて登場。LC-A生誕以来、愛され続けて来たLC-Aのユニークな写りが、アナログ・デジタル問わず他のカメラでもお楽しみいただけます!

>> オンラインストアから今すぐGET

>> マイクロサイトで詳細をみる

東京・秋葉原の直営店Lomography+では試写も可能です。詳細は こちら をご確認ください。

2017-06-25 #people #lens #lca #lcwide #artlens #minitar1 crissyrobles の記事

コメントはまだありません

他の記事を読む

  • アナログプリントと東京の街 :写真家 あしだち なお

    2017-11-18 refallinsasaki の記事
    アナログプリントと東京の街 :写真家 あしだち なお

    東京の街で様々な青年たちの姿を切りとった写真集 "boys in tokyo sentimental" は、写真家の あしだち なお さんによるもの。写真に写る青年たちだけではなく、それぞれの街の個性が捉えられていたのが印象的でした。アナログプリントや紙の写真が大好きだと語る彼女は、先日紙にまつわるイベント『Paper Bazaar』を開催したばかり。今日はそんな彼女に、アナログ写真の魅力について語っていただきました!

  • 2017年のトレンド写真【インターナショナル版】

    2018-01-07 #ニュース
    2017年のトレンド写真【インターナショナル版】

    先日、 日本版の2017年ロモホーム大賞 を発表しましたが、世界ではどんな写真がロモホームに投稿されたのでしょう?様々な国のロモグラファーが昨年撮影したベストショットを覗いてみましょう。

  • Lomo LC-A+の魅力とは?

    2018-02-02 #gear
    Lomo LC-A+の魅力とは?

    長年にわたりたくさんの人々に愛されてきたフィルムカメラ Lomo LC-A+。このカメラのどこがそんなにいいの?と思う人もいるかもしれません。でも、LC-A+の写す世界を見れば一目で理由がわかるでしょう。この小さなボディには、クリエイティブな可能性がぎっしり詰まっているんです。

  • ショップニュース

    全てがクラシカルなポートレイトレンズ

    全てがクラシカルなポートレイトレンズ

    Lomography New Petzval Lens は85mmのポートレイトレンズ。周辺のボケが渦巻くように現れ、中心の被写体へ視線を惹き付ける画を写し出します。Nikon FとCanon EFの2種類のマウントでご用意があり、こちらのマウントに対応するデジタル及びアナログカメラに対応しています。オンラインショップではその他のマウントアダプターやフィルター各種を取り揃えています。

  • 秋葉原 by Clara Mathiesen【BnA x Lomography】

    2018-03-11 #people #places refallinsasaki の記事
    秋葉原 by Clara Mathiesen【BnA x Lomography】

    「泊まれるアート」をテーマに、旅行者と日本のアーティストが交流できるプラットフォームを構築するプロジェクト Bed and Art Project - BnA Hotel。BnAコミュニティーの気鋭の写真家 Clara Mathiesenさんが Lomo LC-A+で BnA STUDIO Akihabaraとその近隣を撮影しました。

  • Lomo LC-A+と東京散歩:Rimi Sakamoto

    2018-05-09 refallinsasaki の記事
    Lomo LC-A+と東京散歩:Rimi Sakamoto

    普段はデジタルカメラで撮影しているフォトグラファーの Rimi Sakamotoさん。フィルムを使うのは久々という彼女が Lomo LC-A+で撮影した写真を Lomography Japanに送ってきてくれました!旅先から送られてきた美しいポストカードのような東京をちょっとだけご紹介。

  • 秋葉原 by Daisuke Matsumoto【BnA x Lomography】

    2018-03-09 #people #places refallinsasaki の記事
    秋葉原 by Daisuke Matsumoto【BnA x Lomography】

    「泊まれるアート」をテーマに、旅行者と日本のアーティストが交流できるプラットフォームを構築するプロジェクト Bed and Art Project - BnA Hotel。BnAコミュニティーの気鋭の写真家 Daisuke Matsumotoさんが Lomo LC-A+で BnA STUDIO Akihabaraとその近隣を撮影しました。秋葉原が見せる昼と夜の顔のコントラストが印象的。

  • ショップニュース

    Revolog フィルム 種類によって様々なユニークな効果が現れます!

    Revolog フィルム 種類によって様々なユニークな効果が現れます!

    緑の発光体やイナズマ、引っ搔き傷などのユニークなエフェクトが現れるRevologフィルム。刺激的な写真が撮りたい方におすすめ!

  • アートホテル BnA STUDIO Akihabaraに潜入!

    2018-03-16 refallinsasaki の記事
    アートホテル BnA STUDIO Akihabaraに潜入!

    「泊まれるアート」をテーマに、旅行者と日本のアーティストが交流できるプラットフォームを構築するプロジェクト BnA Hotel。先日行われたパブリックビューイベントで一足お先に部屋を見に行ってきました。今回はロモグラフィーのカメラで撮影した写真の一部をご紹介!

  • nao ashidachi × Lomography『鶯谷 × Lomo LC-A+』フリーペーパー配付中

    2018-03-20 refallinsasaki の記事
    nao ashidachi × Lomography『鶯谷 × Lomo LC-A+』フリーペーパー配付中

    東京の街と人物を日々撮り続けるフォトグラファーの あしだち なおさん。今回、コラボ企画として『鶯谷 × Lomo LC-A+』フリーペーパーを作りました。 その中身を少しだけご紹介します!さらにフリーペーパーには収まりきらなかった写真も大公開。

  • 《新登場》焦点距離15mm、ウルトラワイドな Naiad 3.8/15 Art Lens

    2018-04-05 genevievedoyle931 の記事
    《新登場》焦点距離15mm、ウルトラワイドな Naiad 3.8/15 Art Lens

    コンパクトなレンズセット Neptune Convertible Art Lens Systemに、 焦点距離15mmの新たなフロントレンズ Naiad が加わりました!ロモグラフィーのテクニカルチームが試行錯誤を重ね画角を135度まで広げることに成功し、まるでパノラマのようなダイナミックな写りが実現。

  • ショップニュース

    あなたの大切なひと時を円形に閉じ込めて...

    あなたの大切なひと時を円形に閉じ込めて...

    170度の魚眼レンズで見る世界。いつもよりも、より一層愛らしく!動物の顔をアップで撮影して、デカ鼻のユニークな写真も面白い!

  • 虹色の思い出:Wendy Laurelのフィルムスープ実験

    2017-08-27 #tutorials
    虹色の思い出:Wendy Laurelのフィルムスープ実験

    旅行中の家族写真で実験をしてみたという Wendy Laurel。彼女は旅の幸せな思い出を表現するため、酸性のフィルムスープや光漏れで素敵なイメージを作り上げました!今回は、実験の内容や手順について私たちに教えてくれました。ハッピーな気持ちが伝染しそうな写真とともにご覧ください。

  • 《ついに発売開始!》Lomo'Instant Squareがいち早く買えるお店

    2018-01-22 refallinsasaki の記事
    《ついに発売開始!》Lomo'Instant Squareがいち早く買えるお店

    2017年、クラウドファンディングで皆さまにご支援いただき製品化が決定した Lomo'Instant Square。ついにロモグラフィーの オンラインショップや直営店で販売がスタートしました!またその他にも一部の店舗で限定先行販売中です。

  • 【イベントレポート】写真で振り返る CP+ 2018

    2018-03-26 refallinsasaki の記事
    【イベントレポート】写真で振り返る CP+ 2018

    パシフィコ横浜で4日間にわたり行われた「CP+(シーピープラス) 2018」が今年も無事に終了しました!今日は撮影した写真と一緒にイベントの様子を振り返ってみましょう!