Petzval 85 Art Lensで光と遊ぶ:写真家 Audrey Kwok

学校の写真のクラスがきっかけで情熱が芽生え、それが彼女のキャリアを切り拓いたと語る写真家の Audrey Kwok 。シンガポールを拠点として活動する彼女の作品は、フレームの中でいまにも叫び出しそうな鮮やかな色が特徴的。

ロモグラフィーのマガジン記事初登場の彼女は、今回 Petzval 85 Art Lens でボケが織りなす美しい作品を撮影してくれました。

© Audrey Kwok

ロモグラフィーのコミュニティーへ自己紹介をお願いします!

Audrey Kwok です。シンガポールを拠点として活動するフリーランスのフォトグラファーであり、大学生でもあります。人物や旅に関する写真をよく撮っています。

写真を始めたきっかけを教えてください。

3年前に学校でアートの授業をとっていて、その時は主に絵を描いていたのでカメラについての知識はありませんでした。写真との出会いは、学校の必修授業でスタジオ写真のクラスを受講したのがきっかけでした。当時の私には難しすぎる内容でしたが、それから興味をもつようになりました。卒業後に一眼レフカメラを購入して、より真剣に撮影するようになりました。

あなたのスタイルについて教えてください。

私の作品のスタイルは、非現実的でいて、客観的だと思います。モデルを撮影する環境やスペースを自分で選び、撮影する際に光で遊びを作ることが好きですね。だいたい自然光で撮影します。

© Audrey Kwok

どんな被写体を好んで撮影しますか?

やっぱり人を撮影することが好きですね!建築や風景写真も昔は撮影していましたが、もうシンガポールの景色はほとんど撮影してしまいました。小さな国なので。そして人を撮影するようになり、ポートレート撮影では自分でさまざまなことをクリエイティブにコントロールできることに気づきました。コンセプトにもとづいて撮影したり、ディレクションができるので好きです。(反対に、建築や風景写真ではドキュメンタリースタイルで撮影します。)

あなたの作品にもっとも影響を与える物や人物はなんですか?

学校で勉強したファインアートに影響されることが多いです。例えば私はシュルレアリスム芸術運動が好きなので、自分の作品にも少なからず影響を受けた部分が現れていると思います。その他には、Oleg Oprisco、Alessio Albi や Laura Zalengaのファインアート写真も大好きです。

© Audrey Kwok

撮影してみて、Petzval 85 Art Lensはどうでしたか?撮影中にあった面白い出来事などあれば教えてください。

実はマニュアルレンズでの撮影は初体験でした。シャープなイメージを捉えることがすごく難しくて、他の写真家の友達に相談してみると三脚を使ってみたら?とアドバイスされました。ですが、私は三脚で慎重に時間をかけて1枚撮るよりも、よいアングルを見つけるために動き回りながら何枚も撮影することが多いので、動きを制限されるのは嫌だなと思いました。結局、何回か撮影するうちにレンズに慣れることができました。

お気に入りの1枚は?

© Audrey Kwok

光と影の遊びと、Petzval85が生み出した外側のソフトなボケが上手く融合したこの一枚が好きです。

初めてこのレンズで撮影する人にアドバイスはありますか?

被写体と背景にコントラストがあるショットを撮影するときに、Petzval 85は素晴らしい結果を生み出します。背景に植物を使うことをおすすめしますよ。でも今回は、あまりコントラストのない背景での撮影も試してみましたが、十分楽しめました!柔らかなボケがドリーミーな雰囲気を演出します。初めて撮影する方には、さまざまな背景で試してもらいたいですね。

© Audrey Kwok

今後の予定や、制作中の作品はありますか?

毎週何回か撮影しているので、常に新しい作品を作っています!それぞれのプロジェクトを別々に撮影しているわけではないので、ゆっくりとですが進行中です。今後の予定としては、7月にイベントのため香港へ行く予定です!新しい人や場所に出会えるのを楽しみにしています。


Audreyの作品は InstagramEyeEmwebsite でご覧いただけます。

2017-06-29 #people crissyrobles の記事

New Petzval 85 Art Lens

シャープさと中央の明瞭さ、強い彩度、背景に渦巻くボケ、アートフルなビネットや、浅い被写界深度等の特徴的な写り。

コメントはまだありません

他の記事を読む

  • 太陽の下で写すスクエア・ポートレイト:Audrey Kwok

    2018-02-19 #people crissyrobles の記事
    太陽の下で写すスクエア・ポートレイト:Audrey Kwok

    前回 Petzval 85 Art Lens で美しいポートレイト・シリーズを撮影したシンガポール人の Audrey Kwok。私たちは Lomo'Instant Squareのクラウドファンディングが始まる前に、彼女にカメラを試してもらいました。彼女が描くミニマルで美しい世界は、Lomo'Instant Squareのスクエアフレームにぴったり。

  • アナログプリントと東京の街 :写真家 あしだち なお

    2017-11-18 refallinsasaki の記事
    アナログプリントと東京の街 :写真家 あしだち なお

    東京の街で様々な青年たちの姿を切りとった写真集 "boys in tokyo sentimental" は、写真家の あしだち なお さんによるもの。写真に写る青年たちだけではなく、それぞれの街の個性が捉えられていたのが印象的でした。アナログプリントや紙の写真が大好きだと語る彼女は、先日紙にまつわるイベント『Paper Bazaar』を開催したばかり。今日はそんな彼女に、アナログ写真の魅力について語っていただきました!

  • 虹色の思い出:Wendy Laurelのフィルムスープ実験

    2017-08-27 #tutorials
    虹色の思い出:Wendy Laurelのフィルムスープ実験

    旅行中の家族写真で実験をしてみたという Wendy Laurel。彼女は旅の幸せな思い出を表現するため、酸性のフィルムスープや光漏れで素敵なイメージを作り上げました!今回は、実験の内容や手順について私たちに教えてくれました。ハッピーな気持ちが伝染しそうな写真とともにご覧ください。

  • ショップニュース

    Revolog フィルム 種類によって様々なユニークな効果が現れます!

    Revolog フィルム 種類によって様々なユニークな効果が現れます!

    緑の発光体やイナズマ、引っ搔き傷などのユニークなエフェクトが現れるRevologフィルム。刺激的な写真が撮りたい方におすすめ!

  • Neptune Convertible Art Lens Systemの第一印象:Lorenzo Scudiero

    2017-05-27 #people
    Neptune Convertible Art Lens Systemの第一印象:Lorenzo Scudiero

    Lorenzo Scudieroは20歳の写真家。イタリアで美しい山々に囲まれて生まれ育ちました。彼が写真を始めたのはほんの数年前のことで、すべては故郷の広大な自然のなかで友人や彼らの物語を撮影することから始まりました。今回は Neptune Convertible Art Lens Systemで写した素晴らしい景色をお楽しみください!

  • 冬の木々に魅せられて

    2018-02-19 #tutorials hodachrome の記事
    冬の木々に魅せられて

    葉が落ちて枝の形があらわになった冬の木々…、冬の寒さや物哀しさを感じさせるシンボリックな光景のひとつですが、皆さんは写真に撮ったりしますか?色が乏しく素材としては難しいのですが、アイデアや技術、そしてロモグラフィーの個性的なフィルムを駆使することで面白い写真を撮ることができます。今回はそれらを紹介していきたいと思います。

    1
  • Neptune Convertible Art Lens Systemの第一印象:Nicolette Clara Iles

    2017-08-23 #ニュース
    Neptune Convertible Art Lens Systemの第一印象:Nicolette Clara Iles

    Nicolette Clara Ilesはイギリスを拠点として活動する写真家。普段からフィルムでポートレートを撮影しています。今回彼女は Neptune Convertible Art Lens Systemで作品を撮影。使用フィルムは、LomoChrome Purpleと Lomography Xpro。まるで映画の中に迷い込んだかのような世界を写し出しました。

  • ショップニュース

    ファインダーを覗くだけでも楽しい!軽量二眼レフカメラ

    ファインダーを覗くだけでも楽しい!軽量二眼レフカメラ

    Lubitel 166+での撮影はとても実験的。上から覗き込むタイプのウエストレベルファインダーを使って思う通りにフレーミングできます。120フィルムと35mmフィルムが両方使えるので、飽きずに創作意欲も存分に湧き上がることでしょう。あなたもロモグラフィーのオンラインショップでLubitel 166+を手に入れて、アナログ写真の代表作を作りましょう!

  • photo exhibition “since” @ cafe DODO 開催中

    2017-08-22 refallinsasaki の記事
    photo exhibition “since” @ cafe DODO 開催中

    8/21(月)よりフォトグラファーの TINAさんと yuisakaiさんが名古屋市内で写真展を開催します。鮮やかな色彩を得意とするふたりのフォトグラファーがファッションポートレート撮り下ろし。写真展では、ロモグラフィーの Daguerreotype Achromat 2.9/64 Art Lens で写した TINAさんの作品も展示されます!

  • フィルム写真で描くティーンの苦悩:Alia Wilhelm

    2017-09-30 #people
    フィルム写真で描くティーンの苦悩:Alia Wilhelm

    Rookie Mag はディープで、先進的で、それでいて皆が持つパーソナルな思いや問題を扱ったティーン向けのウェブマガジン。 Alia Wilhelm は Rookie Magに寄稿するロンドンのフォトグラファー。今回ロモグラフィーのフィルムで撮影をした彼女に、フィルム写真の楽しさ、そして作品のテーマであるティーンの苦悩について聞いてみました。

  • Lubitel 166+で描くマーティン・パーのカラーパレット

    2017-07-03 #gear
    Lubitel 166+で描くマーティン・パーのカラーパレット

    みなさん、イギリスの写真家 マーティン・パー を知っていますか?カラー写真のパイオニアとも呼ばれたパーは、日常のちょっと奇妙なシーンをポップな色使いで切り取ります。彼のスタイルをお手本にするなら、二眼レフカメラ Lubitel 166+ で撮影してみましょう!自然光での撮影にぴったりな Lubitel 166+ は、あなたの思い描く光やトーンを演出することが可能です。

  • ショップニュース

    ロモグラフィックな写りを簡単に楽しめる!

    ロモグラフィックな写りを簡単に楽しめる!

    【ロモグラフィーの Simple Use Film Camera(レンズ付フィルム)】さあ今すぐ撮影開始!ロモグラフィーのユニークなフィルムでの撮影を簡単に楽しめます。フィルムが既にセットされているので、購入したらすぐに撮影スタート可能。

  • Diana F+:思い出に残るポートレート

    2017-10-17
    Diana F+:思い出に残るポートレート

    120フィルム は、35mmよりも撮影できる枚数がぐっと少なくなりますが、なぜか Diana F+ で撮影された写真にはベストショット率が多い気がします。それは私だけでしょうか?枚数が少ないぶん、慎重にシャッターを切るからかもしれません。でも、秘密はそれだけではないはず。

  • Lomo LC-A+と東京散歩:Rimi Sakamoto

    2018-05-09 refallinsasaki の記事
    Lomo LC-A+と東京散歩:Rimi Sakamoto

    普段はデジタルカメラで撮影しているフォトグラファーの Rimi Sakamotoさん。フィルムを使うのは久々という彼女が Lomo LC-A+で撮影した写真を Lomography Japanに送ってきてくれました!旅先から送られてきた美しいポストカードのような東京をちょっとだけご紹介。

  • 秩序の中にある美しさ - 写真家 Lorenzo Zandri

    2017-08-21 #people #places cheeo の記事
    秩序の中にある美しさ - 写真家 Lorenzo Zandri

    私たちは花や緑など自然の中に美しさを見いだすこともあれば、規則正しく並ぶ線や図形、無機質なものに美しさを見いだすこともあります。ローマを拠点とする写真家 Lorenzo Zandriが写す建築写真は、まさにそんな秩序の中の美しさを切り取ったものばかりです。