虹色の思い出:Wendy Laurelのフィルムスープ実験

旅行中の家族写真で実験をしてみたという Wendy Laurel 。彼女は旅の幸せな思い出を表現するため、酸性のフィルムスープや光漏れで素敵なイメージを作り上げました!今回は、実験の内容や手順について私たちに教えてくれました。ハッピーな気持ちが伝染しそうな写真とともにご覧ください。


色で遊ぶことが好きな私は、クリエイティブで実験的なフィルム写真も大好きです。今年の夏のバケーションでは14ロールもの35mmフィルムを使いました。使用したカメラは Fuji Klasse Wと Lomo LC-A+ の2台。どちらもシャッターボタンを押すだけで撮影することができ、ポケットに入るサイズです。(子供たちと旅行に行く場合、サイズはとても重要。)あとは Holgaでも1本撮影しました。

マウイから戻ったあと、私は撮影した写真を「破壊」し始めました。「破壊」という名の実験です。撮影したフィルムの半分は『フィルムスープ実験用』、残り半分は光や色を重ねて撮る『多重露光用』に振り分けました。また、旅先で撮影している時にわざと光漏れをさせたフィルムもありました(光でフィルムに絵を描くようなイメージです)。何枚かは成功し、何枚かは失敗に終わりました。すべてフィルム写真なので、加工や編集はしていません。

この記事に掲載しているお気に入りの写真はほんの一部で、全部で200枚ほどの写真になりました。私たちがバークレーやサンフランシスコ、UCFS メディカルセンター(何枚かのお気に入りはここでの写真です)、サンタクルーズ・ビーチボードウォークへ行ったときの写真です。

この実験は写真をより思い出深くさせるために行いました。光の線やピンク色の空は私の感情を刺激し、幸せな気分にさせるのです。まさに私にとっては『色』を感じる写真です。

たくさんの人に「フィルムスープって何?」「どうやって実験するの?」と質問されました。私が発明した訳ではないですし、 フィルムスープに関する記事 はたくさんあります。基本的にフィルムスープは、「フィルムを薬品に浸すこと」です。撮影する前だったり後だったり、手順はたくさんあります。私は撮影した後のほういいと個人的に思いますが、せっかく撮影したイメージが壊れるかもしれないという恐れもあります。

私は今まで色々なものにフィルムを浸しました。例えば石鹸、食器洗い洗剤、レモン、お酢、清涼飲料水、カレー、咳止め薬などなど。アルコールを試している人もいますね。またフィルムの種類によっての違いもあります。安いフィルムの方が結果が出やすいみたいです。中には感光乳剤がはがれたり、色を失ってしまうフィルムもありました。

私は以下の手順で実験を行いました。(※実験は暗室で行って下さい。)

1. フィルムを装填して、通常どおり撮影する。
2. 巻き上げ後、35mmリーダー(ベロ)を外に出す。(パトローネから出す、もしくは中に入らないようにセットしておく。)
3. 暗室でフィルムをパトローネから全て取り出し、沸騰したお湯に浸す。そこに酸性の液体(レモン、石鹸、お酢など、好きな液体)を加える。
4. 1時間ほど放置する。(ときどき振って下さい。)
5. フィルムをすすいで液体を流す。
6. 暗室で乾かす。(最大2週間。)
7. パトローネにフィルムを戻し、現像所へ送る。もしくは自家現像。
※現像できるか事前に現像所に要確認。

上記以外にもたくさんの方法があります!

現像所によっては、こういったフィルムは受付できないところもあるかと思います。現像所の薬品と混ざってしまう恐れもあるので、自分で現像するのが本当はベストです。もし受付OKな現像所へフィルムを送る場合は、自宅の暗室でフィルムの薬品をきちんと洗い流し、完全に乾かす必要があります。

旅の思い出がより一層ステキなものになったので、今回の実験結果に大満足!また、失敗からたくさんのことを学ぶこともできました。今日は、記事を読んでくれてありがとうございました!


すべての画像、情報は Wendy Laurelが Lomographyに提供したものです。彼女の作品は ウェブサイトロモホーム でもご覧いただけます。

2017-08-27 #tutorials

他の記事を読む

  • 【動画】ロモスタッフが LC-A+を持って撮影旅行へ!

    2017-11-08 #ビデオ refallinsasaki の記事
    【動画】ロモスタッフが LC-A+を持って撮影旅行へ!

    9月某日、ロモジャパンチームはそれぞれお気に入りのフィルム、LC-A+とその他たくさんのカメラを持ち、都内からちょっと離れた隠れスポットへ。【Lomography 25周年】LOMO LC-A+ 動画制作という口実のもと、スタッフ全員で思い思いの写真を撮りにいってきました!《Lomography の10ゴールデンルール》でも掲げている通り、"Lomographyは人生のジャマじゃなく、人生の一部"。ロモグラフィーが世界中のロモグラファーとスタッフと共に生きてきた25年間を祝して、作ったこの動画。あなたは見たあと、どんなことを思いましたか?

  • Lomo LC-A+と東京散歩:Rimi Sakamoto

    2018-05-09 refallinsasaki の記事
    Lomo LC-A+と東京散歩:Rimi Sakamoto

    普段はデジタルカメラで撮影しているフォトグラファーの Rimi Sakamotoさん。フィルムを使うのは久々という彼女が Lomo LC-A+で撮影した写真を Lomography Japanに送ってきてくれました!旅先から送られてきた美しいポストカードのような東京をちょっとだけご紹介。

  • アナログプリントと東京の街 :写真家 あしだち なお

    2017-11-18 refallinsasaki の記事
    アナログプリントと東京の街 :写真家 あしだち なお

    東京の街で様々な青年たちの姿を切りとった写真集 "boys in tokyo sentimental" は、写真家の あしだち なお さんによるもの。写真に写る青年たちだけではなく、それぞれの街の個性が捉えられていたのが印象的でした。アナログプリントや紙の写真が大好きだと語る彼女は、先日紙にまつわるイベント『Paper Bazaar』を開催したばかり。今日はそんな彼女に、アナログ写真の魅力について語っていただきました!

  • ショップニュース

    ファインダーを覗くだけでも楽しい!軽量二眼レフカメラ

    ファインダーを覗くだけでも楽しい!軽量二眼レフカメラ

    Lubitel 166+での撮影はとても実験的。上から覗き込むタイプのウエストレベルファインダーを使って思う通りにフレーミングできます。120フィルムと35mmフィルムが両方使えるので、飽きずに創作意欲も存分に湧き上がることでしょう。あなたもロモグラフィーのオンラインショップでLubitel 166+を手に入れて、アナログ写真の代表作を作りましょう!

  • 冬の木々に魅せられて

    2018-02-19 #tutorials hodachrome の記事
    冬の木々に魅せられて

    葉が落ちて枝の形があらわになった冬の木々…、冬の寒さや物哀しさを感じさせるシンボリックな光景のひとつですが、皆さんは写真に撮ったりしますか?色が乏しく素材としては難しいのですが、アイデアや技術、そしてロモグラフィーの個性的なフィルムを駆使することで面白い写真を撮ることができます。今回はそれらを紹介していきたいと思います。

    1
  • 2018年の Lomography To Doリスト

    2018-01-05 #culture
    2018年の Lomography To Doリスト

    忙しい日々に追われて、やってみたいことやアイディアはたくさんあるけど時間がない!でも2018年は、そのアイディアを実現させませんか?新年はこの Lomography To Doリストを試してみましょう!

  • 《生誕10周年》Diana F+ 多重露光ベストショット集

    2017-10-30 #culture
    《生誕10周年》Diana F+ 多重露光ベストショット集

    Diana F+ の描くドリーミーな風景が好き!というロモグラファーも多いはず。オリジナルの写りを復刻したこのレンズは、鮮やかな色彩から、ちょっと曇ったように淡い色など、夢の中のように美しい世界を描きます。特に多重露光撮影をすれば、そのドリーミーさはより一層強くなりますよ!

  • ショップニュース

    あなたの大切なひと時を円形に閉じ込めて...

    あなたの大切なひと時を円形に閉じ込めて...

    170度の魚眼レンズで見る世界。いつもよりも、より一層愛らしく!動物の顔をアップで撮影して、デカ鼻のユニークな写真も面白い!

  • 【テクニック記事】予期せぬアクシデントを楽しもう

    2018-07-26 hodachrome の記事
    【テクニック記事】予期せぬアクシデントを楽しもう

    フィルムカメラを使っていると思わぬアクシデントに見舞われることがありますよね。光カブリ、コマずれ、傷、感度劣化など。それらはせっかくの写真を損なう困ったものですが、一方でフィルムでしか味わえない魅力であったりもします。今回はテクニックではなくてそんなフィルム写真の思わぬ魅力について紹介していきます。

    2
  • フォトグラファー mick park × Lomography

    2018-05-24 keitauni94 の記事
    フォトグラファー mick park × Lomography

    惜しまれつつも生産中止が発表された高感度フィルム「NATURA 1600」。その開発にたずさわった mick parkさんは、当時言われていた「高感度撮影は荒れて使いものにならない」「暗いところはフラッシュ」という概念を壊した伝説的なフォトグラファー。今回はその実験的な作品の数々を紹介。

  • Dianaにまつわるストーリー:忘れられない1枚

    2018-06-04 #gear
    Dianaにまつわるストーリー:忘れられない1枚

    Diana F+ は記念日や誕生日、忘れられない旅、日常のささいな瞬間など、たくさんの人々の個人的な記憶を写してきたカメラです。今回は Diana F+で写した忘れられない一枚について世界中のロモグラファーに聞いてみました。

  • ショップニュース

    ロモグラフィックな写りを簡単に楽しめる!

    ロモグラフィックな写りを簡単に楽しめる!

    <b>【ロモグラフィーの Simple Use Film Camera(レンズ付フィルム)】</b>さあ今すぐ撮影開始!ロモグラフィーのユニークなフィルムでの撮影を簡単に楽しめます。フィルムが既にセットされているので、購入したらすぐに撮影スタート可能。

  • 境界線を越える者:写真家 Veejay Villafranca

    2018-04-25 Jill Tan Radovan の記事
    境界線を越える者:写真家 Veejay Villafranca

    Veejayの作品は、忘れられた文化、社会、貧困など様々な世界の問題について私たちに考えさせるものばかり。悲惨な現実を突きつけられる一方、彼の白黒写真からは被写体の美しい人物像が伝わってくるのです。

  • 秩序の中にある美しさ - 写真家 Lorenzo Zandri

    2017-08-21 #people #places cheeo の記事
    秩序の中にある美しさ - 写真家 Lorenzo Zandri

    私たちは花や緑など自然の中に美しさを見いだすこともあれば、規則正しく並ぶ線や図形、無機質なものに美しさを見いだすこともあります。ローマを拠点とする写真家 Lorenzo Zandriが写す建築写真は、まさにそんな秩序の中の美しさを切り取ったものばかりです。

  • Diana Instant Square についてよくあるご質問 ~クラウドファンディング編~

    2018-06-22 keitauni94 の記事
    Diana Instant Square についてよくあるご質問 ~クラウドファンディング編~

    ついに日本でのクラウドファンディングプロジェクトが 6/22(金) 12:00 より始まった、クレイジーな写りを存分に楽しむことのできるDiana Instant Sqaure!みなさまからよくお問い合わせ頂くご質問をこちらにまとめました。クラウドファウンディングが初めてで不安という方も、気になる点はこちらでチェックしてみてくださいね。MOTION GALLERYでのご支援お待ちしております!