LomoAmigo:ケイスケミツモト × LC-A+

今年4月に開催された Getty Images x Lomography フォトコンテスト Gritty Woman 。たくさんの応募の中から『ロモグラフィー賞』を受賞したのは、 ケイスケミツモト さん。被写体の芯の強さが伝わってくるような写真がとても印象的でした。今回、23歳の彼が撮りたいもの、撮りたい瞬間をロモグラフィーの Lomo LC-A+ で撮影していただきました。ステレオタイプに捉われない、被写体の「強さ」が伝わってくるポートレート作品をご覧ください。


Name: ケイスケミツモト
Instagram: @mrrnil

model: Rio , photo taken by LC-A+

ミツモトさん初めまして!自己紹介をお願いします。

はじめまして、ミツモトです!1993年生まれです。現在は学生をしつつ東京を中心に活動しています。3年前に初めてカメラを買って、そこから没頭しました。最初は街中の写真を撮っていたんですけど、だんだん人を撮りたくなってきて。縁あって色々な方に写真撮らせてもらえるようになり、今に至ります。

普段はどんな被写体を撮影することが多いですか?

人を撮るのが一番好きなので、人を撮ることが多いです!以前は女性を撮ることが多かったですが、ここ最近は男性を撮る機会も増えています。あと、楽器を弾いてる人の写真を撮ることも結構ありますね。人物以外だと、街を歩いて気になったものをひたすら撮っています。

今回の撮影場所はどちらですか?撮影中のエピソードなどあれば教えてください。

何箇所か撮って回ったのですが、主な撮影場所は渋谷・原宿です。赤いキャップをかぶった子が紙パックの野菜生活を飲んでいる写真があるんですけど、たまたま彼女がコンビニで買って飲みだして。それめちゃくちゃ写真映えしていいじゃん!って盛り上がったのをよく覚えてます。

普段はどんなカメラで撮影されていますか?

デジタルは Canonの60D、アナログは Konica C35 Flash Matic、ロモの Simple Use Film CameraLomo’Instant Wide を使っています。60Dは3年前に初めて買ったカメラです。中古でしたが、すごく使いやすいです。Konica C35は祖父が私に譲ってくれたものです。思い入れが深いのですが最近壊れてしまって…修理に出さないとなって思ってます。Simple Use Film Camera はいつもバックの中に入れていて、街中で気になったらとりあえずシャッターを切ってます。ボディがビビットな水色なのもおしゃれで気に入ってます。Lomo’Instant Wideはボディが真っ白なものを使っていて、これもめちゃくちゃおしゃれ。超広角のレンズが付いていてそれをよく使います。

Lomo'Instant WideSimple Use Film Camera で撮影

今回 LC-A+ を使ってみて感じたことがあれば教えてください。

思っていたよりもずっとコンパクトで軽量、どこにでも持っていけそうです。ピント合わせもレバーで4段階から選べばいいだけなのでシンプルだなと感じました。何か撮りたいものが現れた時にすぐ撮れる感じでした。出てくる写真は色乗りが良くて、湿度が高い感じ。あと、レンズキャップがスライド式で絶対に無くならないっていうのは個人的に革命でした。

model: Yup’in

お気に入りの写真を選んでください。

2つ選びました。1枚目は中高の同級生でシンガーの Yup’in 。2枚目は私がすごくお世話になってるモデルの Rio さん。どちらも力が抜けてるようでどこかパワーを秘めているような気がして、気に入っています。

フィルム、デジタル両方で撮影されていると聞きましたが、この2つの違いは何だと思いますか?

想定外が生まれやすいのがフィルムだと思います。もちろん自分の想像する像になっていることもあるけど、全然違っていることもあって、それが面白いです。光が綺麗に映るのもフィルムかな。あと不思議とフィルムで撮った時の方がその場面をよく覚えています。

次に撮影してみたい場所やテーマはありますか?

台湾や香港に行って写真を撮りたいです。どちらも街の雰囲気が大好きで、あの街の中で人物を撮りたいなって考えてます。テーマは以前からずっと思っていることなんですが、「人の強さ」みたいなものを撮りたいです。

今後の予定や、最後にメッセージがあればどうぞ!

夏に初めてアメリカに行ったのですが、その時の写真でZINEを作ろうかなと思ってます。まだ現像中なので、早く結果が見たくてワクワクしてます!まだ写真を始めたばかりなので、これからも色々とチャレンジして撮っていけたらなと思います!


ミツモトさん、ありがとうございました!また素敵なお写真お待ちしてます。ミツモトさんのその他の作品は Instagram でご覧いただけます。

2017-10-21 #lc-a #lc-a # #lomoamigo #lcaplus #mrrnil #keisuke-mitsumoto # refallinsasaki の記事

関連商品

Lomo LC-A+

Lomo LC-A+

Lomo Kompakt Automat ( 通称 LOMO LC-A )は、1984年に旧ソ連で誕生したコンパクトオート35mmカメラ。LC-Aが写し出す鮮やかな発色、クラシカルなヴィネット、そしてコントラストの強い写真は90年代に世界的なムーブメントを巻き起こし、ロモグラフィー発祥のきっかけとなりました。そのLC-Aに機能を追加(+)して、生まれ変わったのがLomo LC-A+です!

他の記事を読む

  • 境界線を越える者:写真家 Veejay Villafranca

    2018-04-25 Jill Tan Radovan の記事
    境界線を越える者:写真家 Veejay Villafranca

    Veejayの作品は、忘れられた文化、社会、貧困など様々な世界の問題について私たちに考えさせるものばかり。悲惨な現実を突きつけられる一方、彼の白黒写真からは被写体の美しい人物像が伝わってくるのです。

  • LomoAmigo:Rimi Sakamoto x Petzval 85 Art Lens

    2017-11-03 refallinsasaki の記事
    LomoAmigo:Rimi Sakamoto x Petzval 85 Art Lens

    ロサンゼルス在住のフォトグラファー Rimi Sakamoto さんが、 Petzval 85 Art Lensを持って早朝の東京散歩へ出かけました。ナチュラルなぐるぐるボケの質感と、午前中の澄み渡る空気感が伝わってくるようなポートレートをインタビューとともにお楽しみください。

  • Lomo LC-A+の魅力とは?

    2018-02-02 #gear
    Lomo LC-A+の魅力とは?

    長年にわたりたくさんの人々に愛されてきたフィルムカメラ Lomo LC-A+。このカメラのどこがそんなにいいの?と思う人もいるかもしれません。でも、LC-A+の写す世界を見れば一目で理由がわかるでしょう。この小さなボディには、クリエイティブな可能性がぎっしり詰まっているんです。

  • ショップニュース

    ロモグラフィックな写りを簡単に楽しめる!

    ロモグラフィックな写りを簡単に楽しめる!

    <b>【ロモグラフィーの Simple Use Film Camera(レンズ付フィルム)】</b>さあ今すぐ撮影開始!ロモグラフィーのユニークなフィルムでの撮影を簡単に楽しめます。フィルムが既にセットされているので、購入したらすぐに撮影スタート可能。

  • アナログプリントと東京の街 :写真家 あしだち なお

    2017-11-18 refallinsasaki の記事
    アナログプリントと東京の街 :写真家 あしだち なお

    東京の街で様々な青年たちの姿を切りとった写真集 "boys in tokyo sentimental" は、写真家の あしだち なお さんによるもの。写真に写る青年たちだけではなく、それぞれの街の個性が捉えられていたのが印象的でした。アナログプリントや紙の写真が大好きだと語る彼女は、先日紙にまつわるイベント『Paper Bazaar』を開催したばかり。今日はそんな彼女に、アナログ写真の魅力について語っていただきました!

  • 冬の木々に魅せられて

    2018-02-19 #tutorials hodachrome の記事
    冬の木々に魅せられて

    葉が落ちて枝の形があらわになった冬の木々…、冬の寒さや物哀しさを感じさせるシンボリックな光景のひとつですが、皆さんは写真に撮ったりしますか?色が乏しく素材としては難しいのですが、アイデアや技術、そしてロモグラフィーの個性的なフィルムを駆使することで面白い写真を撮ることができます。今回はそれらを紹介していきたいと思います。

    1
  • Petzval 58 Bokeh Control:Raymond Chinによる美しい多重露光

    2018-03-22 #gear
    Petzval 58 Bokeh Control:Raymond Chinによる美しい多重露光

    ぐるぐるボケを生み出すアートレンズ Petzval 58 Bokeh Controlで Raymond Chin (@raywychin) が多重露光に挑戦しました。花と被写体が重なることによって生まれた繊細な作品をご覧ください。

  • ショップニュース

    全てがクラシカルなポートレイトレンズ

    全てがクラシカルなポートレイトレンズ

    Lomography New Petzval Lens は85mmのポートレイトレンズ。周辺のボケが渦巻くように現れ、中心の被写体へ視線を惹き付ける画を写し出します。Nikon FとCanon EFの2種類のマウントでご用意があり、こちらのマウントに対応するデジタル及びアナログカメラに対応しています。オンラインショップではその他のマウントアダプターやフィルター各種を取り揃えています。

  • もしもレコードのカバーに登場する人物が子猫になったら…

    2017-12-31 #culture
    もしもレコードのカバーに登場する人物が子猫になったら…

    日本のコミュニティーでも被写体として、大人気のネコちゃん。それも日本に限ったことではありません。世界中にはネコちゃん好きがたくさんいます。そんなネコ好きなアーティストがなんとも可愛らしい作品を披露!

  • 2017年10月のトレンド写真

    2017-11-01 refallinsasaki の記事
    2017年10月のトレンド写真

    毎月多くの写真が投稿されるロモグラフィーのコミュニティー ロモホーム 。2017年10月に日本のロモホームで「Like」をたくさん集めた写真や、スタッフのお気に入りを発表します。台風が多かったので、あまりお出かけできなかった...なんて方も多いのではないでしょうか?

  • フォトグラファー mick park × Lomography

    2018-05-24 keitauni94 の記事
    フォトグラファー mick park × Lomography

    惜しまれつつも生産中止が発表された高感度フィルム「NATURA 1600」。その開発にたずさわった mick parkさんは、当時言われていた「高感度撮影は荒れて使いものにならない」「暗いところはフラッシュ」という概念を壊した伝説的なフォトグラファー。今回はその実験的な作品の数々を紹介。

  • ショップニュース

    ファインダーを覗くだけでも楽しい!軽量二眼レフカメラ

    ファインダーを覗くだけでも楽しい!軽量二眼レフカメラ

    Lubitel 166+での撮影はとても実験的。上から覗き込むタイプのウエストレベルファインダーを使って思う通りにフレーミングできます。120フィルムと35mmフィルムが両方使えるので、飽きずに創作意欲も存分に湧き上がることでしょう。あなたもロモグラフィーのオンラインショップでLubitel 166+を手に入れて、アナログ写真の代表作を作りましょう!

  • 【テクニック記事】予期せぬアクシデントを楽しもう

    2018-07-26 hodachrome の記事
    【テクニック記事】予期せぬアクシデントを楽しもう

    フィルムカメラを使っていると思わぬアクシデントに見舞われることがありますよね。光カブリ、コマずれ、傷、感度劣化など。それらはせっかくの写真を損なう困ったものですが、一方でフィルムでしか味わえない魅力であったりもします。今回はテクニックではなくてそんなフィルム写真の思わぬ魅力について紹介していきます。

    2
  • 2018年の Lomography To Doリスト

    2018-01-05 #culture
    2018年の Lomography To Doリスト

    忙しい日々に追われて、やってみたいことやアイディアはたくさんあるけど時間がない!でも2018年は、そのアイディアを実現させませんか?新年はこの Lomography To Doリストを試してみましょう!

  • 【レポート】第2回 LOMORIDE! @高円寺

    2018-08-29 refallinsasaki の記事
    【レポート】第2回 LOMORIDE! @高円寺

    8/11(土) に行われた Tokyobike × Lomography「LOMORIDE! @高円寺」 の模様をレポートします!高円寺は古着屋さんが並ぶカラフルな街。お盆休み初日でしたが、街はたくさんの人で賑わっていました。

    1