Father John Misty インタビュー「アナログブームはパンツみたいなもの。」

Father John Misty こと Josh Tillman は米メリーランド出身のシンガーソングライター。今年7月、FUJI ROCK FESTIVAL 2017 で来日した彼に、アルバム『Pure Comedy』について、アナログブームについて、そして写真について、たくさん語っていただきました。

取材・写真:Erina Uemura

photo taken by Petzval 58 Bokeh Control Art Lens

── ニューアルバム『Pure Comedy』のレコーディングは、アナログ的な手法で録音されたとお聞きしましたが、どのような手法ですか?

100%アナログだったわけでは無いけど、今回はテープを使ってレコーディングしたんだ。音の違いというよりも、デジタルとは違った方法でレコーディングをするという目的が大きいかな。デジタルだとバンドの皆が別々に演奏してレコーディングしたり、後で細かい修正をすることができるけれど、今回は皆で一斉にベストな演奏をしないといけなかった。でも、皆が同じ部屋にいて、そこで生まれた瞬間や空気感を捉えたかったからテープを選んだんだ。

── 最近、レコードやカセットテープ、フィルムに興味がある若い人々が増えています。このアナログブームについてどう思いますか?

つまり、パンツみたいなものだよね。

── それは、どういう意味でしょうか...?

スキニーパンツが流行ったり、ワイドパンツが流行ったり、そしてダサくなったり、また流行ったりっていう繰り返しっていうことかな。流行りは何度も繰り返すものだからね。

テクノロジーで人と人とのつながりが薄くなって、人々はもっと「リアル」なものを求めていると言うけれど、最初に録音の技術が誕生した時も、人々はその技術を恐れたんだ。昔の人は、録音された声は死人の声だと言ったり、『録音すると音楽は死ぬ』とも言われていたんだ。当時のアメリカでは、音楽はすべてライブ演奏で聴くものだったからね。

あとは、mp3とレコードを比較する人がいるけど、どっちのほうがリアルかなんて単純な話ではないよね。ただ録音された時代が違うってだけだし、フォーマットはあまり関係がないよ。

一個言いたいんだけど、結局 Windows95がめちゃくちゃクールだと思うんだよね。どんなタッチスクリーンよりも、「本物」っぽいと思うんだ。僕たちは「本物」を感じるものを必死に求めている。それが人間ってものだよね。

── テープにしても、フィルムにしても機材を買うお金がかかりますよね?機材を買うお金が無い人はどうしたらいいと思いますか?

例えば、70年代の雑誌をみてみると、どのページにもステレオ機器が写っているいるんだ。あとタバコもね。それが当時の全てだったんだ。当時の経済はバブル的な状態で、中流階級の人々は音楽を聴くことに夢中だったことがわかるんだ。ステレオ機器やLPはもちろん高価だったけれど、バブルの後は中古市で安い価格で手に入るようになった。そして生まれたのがヒップホップ。ヒップホップが生まれた地域では、誰もギターやアンプ、ピアノ、PAシステムは買えなかった。そして中流階級がロックミュージックを聴き、ヒップホップはアメリカ社会で低所得者が聴くようになったんだ。なぜならターンテーブルは安いからね。

まあ結局、何をするにもお金がかかるってことだよね。みんな YouTubeで無料の音楽を聴いてるように思っているかもしれないけど、その代わりに600ドルするiPhoneを買っているし。つまり、無料のものなんてどこにも無いんだ。僕らが住んでる社会は、リスクベースの経済で回っているんだ。誰かが儲かっていたら、そのぶん誰かが損をしているような社会だよ。だから無料の音楽があれば、その裏では誰かが貧しい思いをしているはずだよ。

ちょっと質問に対して話しすぎたかな 笑。でも解決法は、皆が音楽を作ることだと思うよ。ギターでも、その他の楽器でも何でもいいんだ。スーパースターでも、そうじゃなくても、競い合わずに音楽を作って、そして友達が作った曲を聴いたらいい。自分に少しでも関係のある人の作った曲を聴くのはとても楽しいし、音楽はコミュニティとともに存在するものだから。お金が中心である必要はないと思うな。うん、みんな音楽を作るべきだ。

── それでは、次は写真について。写真を撮られることが多いと思いますが、あなたにとって写真とは?撮影されることについてはどう思いますか?

もし道ですれ違った人に iPhoneで撮影されても、それは別に「僕の写真」ではないと思うんだよね。奥さんが写真家だからよく撮られるんだけど、それは本当の「僕の写真」だと思うよ。同じ写真でも全然意味が違ってくるよね。道で知らない人に撮られた写真は、僕自身の写真ではなくて、ただ僕の体の一部が写った写真だと思うんだ。どんな写真にも背景や文脈がある。いい写真だと、写真の中の人が実際に生きているという親密さを感じることができる。でも今はみんな Instagramにアップロードするための写真を撮るよね。

── Instagramやめましたよね?

うん。あまり得意じゃないなと思って。皆 Instagramに載っている写真が今本当に起きていることで、真実なんだと思いがちだけど違うんじゃ無いかな。よくレストランでセルフィーを撮っている人たちを見かけるけど、写真を撮った後は全員スマートフォンを眺めているんだ。なんだか Instagram上の楽しそうな写真は実際には起きていなくて、『友達と昨日の夜楽しい時間を過ごした』っていう作り話みたいだよね。まあ広告も同じことが言えるけど。美男美女がビーチで遊んでる写真だったり、多国籍な若者グループの写真がよく使われるけど、現実とは違うよね。

それに、僕みたいな知らない人と写真を撮って Instagramに載せるけど、友達でも何でもない僕との写真なんて何のストーリーも文脈も無いよね。でもそれが皆無意識のうちに普通になってしまっていると思うよ。そんなの、僕の等身大パネルと2ショット写真撮ってるのと同じだけどね。

── 写真にまつわる話でもう一つ聞きたいのが、数年前のコーチェラ・フェスティバルでステージに『No Photography』と大きく書かれたネオンサインを置いていましたよね。あれはどういう意味ですか?

アハハ、ちょっとしたジョークだよ。もちろん、ライブ中に写真を撮りたい人がいるのもわかっているよ。でも、皆スマートフォンで撮影しているから、まるで自分が iPhoneの中で演奏してるみたいだなと思う時があるよ。僕は警察じゃないし、誰かに向かって何をしろとか、何をするなとか言いたくはないんだ。だってそんなの意味ないでしょ。まあ基本的にコンサートなんて意味のないことだらけだよ 笑。音楽を聴きにきたのに曲の途中で叫んだり、拍手をしたりするけど、そういった行動に論理的な意味なんてないでしょ。でも、みんなそれぞれの方法でライブ音楽を楽しもうとしているだけよね。写真もそのうちの一つだと思う。だから『No Photography』のネオンサインがあっても写真を撮る人はいるだろうなと思ってたよ。でも『No Photography』サインが写真の中にあるのは面白いと思ったんだ。

── そうだったんですね。写真家へのジョークかと思いました。笑

違うよ!でもニューアルバムも、そういった世の中の滑稽さや不条理さがテーマだよ。別に批判しているわけではなくて、ばかばかしいことを見つけるのは楽しいことだと思うんだ。人間って真剣になればなるほど滑稽に見えることがあるしょ?そういった視点に共感してくれる人は『No Photography』ネオンの意図もわかると思うけど、一方で深刻にとらえる人は「写真家をからかってんのか!」って怒る人もいるだろうね。

── 日本では写真は心を写すと言われることもありますが、あなたの思っていることが写真に表れることはありますか?

そうだね、つまり写真も手書きの文字みたいなものかな。僕の書く字は角ばっているけど同時に丸くて、マンガ的なんだ。つまりそれが僕の性格だよ。

── じゃあ奥さんが撮影した写真はどうですか?

僕を撮影した写真でも、僕よりも彼女自身がよく現れている写真もあるね。でもそれって、つまりいい写真ってことだと思うんだ。最近彼女は初の写真集を出したんだけど、僕が写っている写真もたくさん載っているんだ。でも別にそれは僕の本ではなくて、彼女の本だからね。それは僕が奥さんについての曲を書いても同じで、曲を通して伝わるのは僕自身についてのことが多い思うよ。たぶん スーザン・ソンタグがそんなことを言ってたと思うんだけど...。忘れちゃったな。

写真家は、広告写真だと自分の色を消さないといけないから難しいよね。よく撮影の時に「もっと動いて!」「踊って!」「自分を出して!」とか言われるんだけど、そうすると僕の個性が出すぎて「写真家の作品」って言うよりも「僕の写真」になってしまうんじゃないかと思うよ。僕は写真家の個性が表れている写真のほうがいいと思う。やっぱり被写体ときちんと向き合ったポートレート写真からは熱意が伝わってくるような気がするからね。


Joshさん、Erinaさん - 貴重なお写真とインタビューありがとうございました。
Father John Misty というシンガーソングライターがどうやって音楽と向き合っているのか垣間見れたようなインタビューでした。そんな彼から日本での単独ライブのお知らせです!


Father John Misty 単独ツアーが決定!!

今年のフジロックで遂に日本でもFather John Misty名義でライブを披露し、ベストアクトとの呼び声も高い程の圧倒的なパフォーマンスを披露した彼の単独ツアーが決定!

【Date & Venue】

  • 大阪 2月13日(火)UMEDA CLUB QUATTRO
  • 東京 2月15日(木)TSUTAYA O-EAST
    お問合せ:03-3444-6751(SMASH)
    詳細は こちら でご確認ください。

【FATHER JOHN MISTY(ファーザー・ジョン・ミスティ)】
Father John MistyことJosh Tillmanは米メリーランド出身のシンガーソングライター、ギタリスト、ドラマーだ。21才の時にシアトルに移り、J. Tillman名義でアルバムのリリースを続けるも行き詰まりを感じ、2008年にFleet Foxesに参加。約4年間、同バンドのドラマーとした活動したが、2012年1月の日本ツアーを最後に脱退した。同2012年には、Father John Mistyとしてのデビュー・アルバム『Fear Fun』をSub Popよりリリース。このアルバムが大きな評価を獲得し、2015年にリリースされたセカンド・アルバム『I Love You, Honeybear』はUSチャートの17位、UKチャートの14位を記録。様々なメディアで同年の年間ベスト・アルバムに選出され、グラミー賞やブリット・アワードにもノミネート。世界的に大ブレイクを果たした。2017年4月にはサード・アルバム『Pure Comedy』をリリースし、USチャート10位、UKチャート8位を記録。そして同年7月のフジロックで、遂に日本でもFather John Misty名義でライヴデビューを飾り、ベストアクトとの呼び声も高い程の圧倒的なパフォーマンスを披露した。因みに、Josh Tillmanは他のアーティストの作品に参加することも多く、Lady Gagaの「Sinner's Prayer」「Come to Mama」、Beyoncéの「Hold Up」等でソングライターとしてクレジットされ、Kid CudiやThe Avalanchesの曲でもフィーチャリングされている。
■ジャパン・オフィシャル・サイト:http://bignothing.net/fatherjohnmisty.html

【FATHER JOHN MISTY "PURE COMEDY"】
前作から2年、ファーザー・ジョン・ミスティことジョシュ・ティルマンの新作が遂にリリース。
前作『アイ・ラヴ・ユー、ハニーベア』はメディアから絶大な評価を獲得し、レディー・ガガやビヨンセの楽曲にもコントリビュート。
今、最も新作が待ち望まれたアーティストのサード・アルバム『ピュア・コメディ』、完成。
★特殊パッケージ仕様(4種類の絵柄のジャケットでリリースされます)
★日本盤のみボーナス・ディスク追加

日本来日楽しみに待ってます!

2017-09-29 #ビデオ refallinsasaki の記事

New Petzval 58 Bokeh Control Art Lens

歴史的なデザインと機能を備えた58mmロシア製プレミアムレンズ。ボケ調節リング搭載でペッツバールのぐるぐるボケを7段階でコントロールできます。

他の記事を読む

  • アナログプリントと東京の街 :写真家 あしだち なお

    2017-11-18 refallinsasaki の記事
    アナログプリントと東京の街 :写真家 あしだち なお

    東京の街で様々な青年たちの姿を切りとった写真集 "boys in tokyo sentimental" は、写真家の あしだち なお さんによるもの。写真に写る青年たちだけではなく、それぞれの街の個性が捉えられていたのが印象的でした。アナログプリントや紙の写真が大好きだと語る彼女は、先日紙にまつわるイベント『Paper Bazaar』を開催したばかり。今日はそんな彼女に、アナログ写真の魅力について語っていただきました!

  • Lomo'Instant Automat Glassの第一印象:Alex Totaro

    2017-06-27 #ニュース #people
    Lomo'Instant Automat Glassの第一印象:Alex Totaro

    Alex Totaro がSNSに投稿した Lomo'Instant Automat Glass の写真を発見した私たちロモグラフィーは、カメラの第一印象とともに撮影のコツについて彼にインタビューしました!彼がロンドンのバービカン・センターやイギリス各地で撮影した写真をご紹介します。

  • ダブリンの街を記録する写真家:Seamus Travers × Russar+

    2017-05-26 #culture #people
    ダブリンの街を記録する写真家:Seamus Travers × Russar+

    Seamus Traversはダブリンを拠点とする写真家で主にLeica m6を使ってフィルム作品を撮影しています。その生き生きとしたパワーを持つ写真スタイルに魅了された我々は、彼にRussar+を使って撮影していただきました!インタビューとともにお楽しみください。

  • ショップニュース

    ロモグラフィックな写りを簡単に楽しめる!

    ロモグラフィックな写りを簡単に楽しめる!

    【ロモグラフィーの Simple Use Film Camera(レンズ付フィルム)】さあ今すぐ撮影開始!ロモグラフィーのユニークなフィルムでの撮影を簡単に楽しめます。フィルムが既にセットされているので、購入したらすぐに撮影スタート可能。

  • フィルム写真で描くティーンの苦悩:Alia Wilhelm

    2017-09-30 #people
    フィルム写真で描くティーンの苦悩:Alia Wilhelm

    Rookie Mag はディープで、先進的で、それでいて皆が持つパーソナルな思いや問題を扱ったティーン向けのウェブマガジン。 Alia Wilhelm は Rookie Magに寄稿するロンドンのフォトグラファー。今回ロモグラフィーのフィルムで撮影をした彼女に、フィルム写真の楽しさ、そして作品のテーマであるティーンの苦悩について聞いてみました。

  • アナログとデジタルのあいだで:Mattia Giordano

    2018-01-15 #people lomosmarti の記事
    アナログとデジタルのあいだで:Mattia Giordano

    イタリア人の Mattia Giordanoは、コマーシャルや音楽の領域でいくつものプロジェクトをかけもつディレクター兼フォトグラファー。彼の作品はどれもユニークな色使いと身体の一部を使った表現が特徴。今回彼はアナログとデジタルカメラの両方に Daguerreotype Achromatを装着し、撮影を行いました。

  • Neptune Convertible Art Lens Systemの第一印象:Emanuele Passarelli

    2017-06-06 #people
    Neptune Convertible Art Lens Systemの第一印象:Emanuele Passarelli

    Emanuele Passarelliはイタリアの若い写真家で夜の街での撮影に情熱を捧げています。今日は彼がNeptune Convertible Art Lens Systemで撮影した作品をご紹介!インタビューとともにお楽しみください。

  • ショップニュース

    ファインダーを覗くだけでも楽しい!軽量二眼レフカメラ

    ファインダーを覗くだけでも楽しい!軽量二眼レフカメラ

    Lubitel 166+での撮影はとても実験的。上から覗き込むタイプのウエストレベルファインダーを使って思う通りにフレーミングできます。120フィルムと35mmフィルムが両方使えるので、飽きずに創作意欲も存分に湧き上がることでしょう。あなたもロモグラフィーのオンラインショップでLubitel 166+を手に入れて、アナログ写真の代表作を作りましょう!

  • Lomo LC-Aが捉えた瞬間(Part 3)

    2017-06-15
    Lomo LC-Aが捉えた瞬間(Part 3)

    あなたにとってLC-Aとは?その誕生日を記念して、世界中のロモグラファーがLC-Aとの想い出を語る「Lomo LC-Aが捉えた瞬間」もついに最終回!

  • Neptune Convertible Art Lens Systemの第一印象:Lorenzo Scudiero

    2017-05-27 #people
    Neptune Convertible Art Lens Systemの第一印象:Lorenzo Scudiero

    Lorenzo Scudieroは20歳の写真家。イタリアで美しい山々に囲まれて生まれ育ちました。彼が写真を始めたのはほんの数年前のことで、すべては故郷の広大な自然のなかで友人や彼らの物語を撮影することから始まりました。今回は Neptune Convertible Art Lens Systemで写した素晴らしい景色をお楽しみください!

  • 本日発売『フィルムカメラ・ライフ』でロモグラフィーが特集されました!

    2017-07-11 refallinsasaki の記事
    本日発売『フィルムカメラ・ライフ』でロモグラフィーが特集されました!

    本日7月11日(火) に発売された『フィルムカメラ・ライフ』でロモグラフィーが特集されました! LC-A+や Lomo'Instant Automat、Simple Use Film Cameraの紹介をはじめ、ロモグラフィーの創始者 Matthias Fiegl、 Sally Bibawyのインタビューも掲載されています。フィルム写真の魅力がつまったこの一冊は、フィルムユーザー必見です。

  • ショップニュース

    Revolog フィルム 種類によって様々なユニークな効果が現れます!

    Revolog フィルム 種類によって様々なユニークな効果が現れます!

    緑の発光体やイナズマ、引っ搔き傷などのユニークなエフェクトが現れるRevologフィルム。刺激的な写真が撮りたい方におすすめ!

  • 平間至ワークショップ「プレミアムポートレイト2017」

    2017-06-07 refallinsasaki の記事
    平間至ワークショップ「プレミアムポートレイト2017」

    あらゆる人物撮影を経験してきた写真家 平間至 さんが現場で培ってきた撮影術を惜しみなくお伝えするワークショップ「プレミアムポートレイト2017 〜平間至に撮られる〜」を開催します! 平間さん独自の場づくりやコミュニケーションは体験してみないとわからない非日常的で、吸い込まれるような世界です。受講生は平間さんが実践している『アプローバルフォト』を被写体として体験していただきながら、その後の撮影に生かすというかつてない試みです。

  • 虹色の思い出:Wendy Laurelのフィルムスープ実験

    2017-08-27 #tutorials
    虹色の思い出:Wendy Laurelのフィルムスープ実験

    旅行中の家族写真で実験をしてみたという Wendy Laurel。彼女は旅の幸せな思い出を表現するため、酸性のフィルムスープや光漏れで素敵なイメージを作り上げました!今回は、実験の内容や手順について私たちに教えてくれました。ハッピーな気持ちが伝染しそうな写真とともにご覧ください。

  • 太陽の下で写すスクエア・ポートレイト:Audrey Kwok

    2018-02-19 #people crissyrobles の記事
    太陽の下で写すスクエア・ポートレイト:Audrey Kwok

    前回 Petzval 85 Art Lens で美しいポートレイト・シリーズを撮影したシンガポール人の Audrey Kwok。私たちは Lomo'Instant Squareのクラウドファンディングが始まる前に、彼女にカメラを試してもらいました。彼女が描くミニマルで美しい世界は、Lomo'Instant Squareのスクエアフレームにぴったり。