LomoAmigo:Rimi Sakamoto x Petzval 85 Art Lens

ロサンゼルス在住のフォトグラファー Rimi Sakamoto さん。今回、短い帰省の間に Petzval 85 Art Lens を持って早朝の東京散歩へと出かけました。ナチュラルなぐるぐるボケの質感と、午前中の澄み渡る空気感が伝わってくるようなポートレートをインタビューとともにお楽しみください。


Name: Rimi Sakamoto
Web: rimisakamoto.com
Lomohome: @rimisakamoto
SNS: Instagram
Lens: Petzval 85 Art Lens

Credits: rimisakamoto

Rimiさん初めまして!ロモグラフィーのコミュニティーへ簡単に自己紹介をお願いします!

はじめまして!フォトグラファーのRimiです。今年の春に日本の大学を卒業し、ロサンゼルスで写真や翻訳のお仕事をしながら暮らしています。

どういったきっかけで、写真を撮り始めたのですか?

高校生の頃に父のフィルムカメラをたまたま屋根裏部屋から見つけたことがきっかけです。説明書も読まずに何もわからないまま写真を撮り始めましたが、いつの間にかそれが職業になっていました。

Credits: rimisakamoto

現在は海外で暮らしていると伺っていますが、日本での撮影と海外での撮影は違いますか?人との距離感や、スナップ写真を撮る時、ロケ場所など大きな違いがあれば教えてください。

日本では都内で撮影することが多かったので、どちらかというと大都会の中にポツンと被写体が写っているような写真を撮ることが多かった気がします。今住んでいるカリフォルニアには国立公園がたくさんあるので自然の中で撮ることが増えました。東京もカリフォルニアもどちらも全然違った写真が撮れるので好きです。

Credits: rimisakamoto

人との距離感は日本もアメリカもそんなに変わらないような気がしますが、やっぱりアメリカ人のほうが写真を撮られるのが好きな人が多いかもしれませんね。

普段はどんなカメラで撮影されていますか?

NikonのD7000と単焦点レンズで撮影します。もう5年近くこの2つの機材のみで撮影してきたので、他のレンズやカメラには全く詳しくありません 笑

今回の撮影場所は神楽坂と下北沢でしたが、Rimiさんが撮影されるとまるで日本じゃないようでした!撮影時のこだわりポイントがあれば教えてください。

女性を撮影することが多いのですが、『控えめで、しなやかで、繊細』みたいな女性のイメージを良い意味で裏切りたくて、力強さとか貪欲さを表現できるように心がけています。あとは全然こだわりというほどでもないですが、都内で撮影するとき実はほとんどが土日の早朝です。普段なら人でごった返しているような場所も早朝は静まり返っていて、嵐の前の静けさみたいな、ちょっと不思議な雰囲気が好きです。

今回 Petzval 85 Art Lens を使ってみて感じたことがあれば教えてください。

最初はピント調節が難しそうだなぁと感じましたが、使っていくうちに慣れてきて、ここだ!ってところにピントが合うと背景がぐるぐるとなってすごくおもしろかったです。

model: nnolk4949

お気に入りの写真は?

今まで何万枚と撮ってきたのでお気に入りの写真はたくさんあるんですけど、その中でも良く撮影する友人のAkihoのこの写真は特に好きです。この写真は真冬の早朝に河川敷で撮ったのですが、手足の感覚がなくなるほど寒かったです 笑

あとはこういう何気ない写真も好きですね。夫とは毎月どこかしらへ旅行に行くので被写体になってもらうことが多いです。

Rimiさんの写真をみていると、ちょっとフィルムの雰囲気と共通するものを感じました。またフィルムでの写真撮影にもチャレンジしたいと思いますか?次に撮影してみたい場所やテーマはありますか?

はい、フィルム撮影はわたしの原点でもあるのでまた機会があればチャレンジしてみたいですね。外国で暮らしていると、なんでもない日本の風景とかいつも歩いてる近所の道とか、本当に些細なことも写真におさめたくなります。この冬は日本に帰省する予定なので家族の写真をたくさん撮りたいですね。

Credits: rimisakamoto

今後の予定や、最後にメッセージがあればどうぞ!

Instagramロモホーム に写真を投稿しているのでよかったらのぞいてみてください。


Rimiさん、ありがとうございました!また素敵なお写真お待ちしています!

New Petzval 85 Art Lens

シャープさと中央の明瞭さ、強い彩度、背景に渦巻くボケ、アートフルなビネットや、浅い被写界深度等の特徴的な写り。特に、独特の渦巻くボケ効果は、写真中央の明瞭な範囲に見る者の注意を強く引きつけ、ポートレート写真に最適です。

2017-11-03 refallinsasaki の記事

New Petzval 85 Art Lens

シャープさと中央の明瞭さ、強い彩度、背景に渦巻くボケ、アートフルなビネットや、浅い被写界深度等の特徴的な写り。

他の記事を読む

  • Petzval 58 Bokeh Control:Raymond Chinによる美しい多重露光

    2018-03-22 #gear
    Petzval 58 Bokeh Control:Raymond Chinによる美しい多重露光

    ぐるぐるボケを生み出すアートレンズ Petzval 58 Bokeh Controlで Raymond Chin (@raywychin) が多重露光に挑戦しました。花と被写体が重なることによって生まれた繊細な作品をご覧ください。

  • Petzval 58 Bokeh Controlと冬の街へ:あしだち なお

    2018-01-12 refallinsasaki の記事
    Petzval 58 Bokeh Controlと冬の街へ:あしだち なお

    今回で Lomography Magazineには2回目の登場となる写真家の あしだち なお さん。 今回はロモグラフィーの Petzval 58 Bokeh Control Art Lensを片手に北千住・南千住の街を散策。どこか懐かしい街並みと、ぐるぐるボケが美しいポートレートをお楽しみください!

  • Diana Instant Squareの第一印象:Rimi Sakamoto

    2018-07-24 refallinsasaki の記事
    Diana Instant Squareの第一印象:Rimi Sakamoto

    クラウドファンディング中の Diana Instant Squareでいち早く撮影していただきました!アナログらしい写りが特徴のこのカメラで撮影した写真をご紹介します。カメラを使ってみた感想も聞いてみました。

  • ショップニュース

    ファインダーを覗くだけでも楽しい!軽量二眼レフカメラ

    ファインダーを覗くだけでも楽しい!軽量二眼レフカメラ

    Lubitel 166+での撮影はとても実験的。上から覗き込むタイプのウエストレベルファインダーを使って思う通りにフレーミングできます。120フィルムと35mmフィルムが両方使えるので、飽きずに創作意欲も存分に湧き上がることでしょう。あなたもロモグラフィーのオンラインショップでLubitel 166+を手に入れて、アナログ写真の代表作を作りましょう!

  • Daguerreotype Achromatと春の始まり:Rimi Sakamoto

    2018-04-18 refallinsasaki の記事
    Daguerreotype Achromatと春の始まり:Rimi Sakamoto

    ロサンゼルス在住のフォトグラファー Rimi Sakamotoさん。今回は Daguerreotype Achromatで、冬の終わりの日々を切り撮っていただきました。

    1
  • Lomo LC-A+と東京散歩:Rimi Sakamoto

    2018-05-09 refallinsasaki の記事
    Lomo LC-A+と東京散歩:Rimi Sakamoto

    普段はデジタルカメラで撮影しているフォトグラファーの Rimi Sakamotoさん。フィルムを使うのは久々という彼女が Lomo LC-A+で撮影した写真を Lomography Japanに送ってきてくれました!旅先から送られてきた美しいポストカードのような東京をちょっとだけご紹介。

  • Daguerreotype Achromatと旅したノルウェーの風景:Maya Beano

    2018-04-26 #people
    Daguerreotype Achromatと旅したノルウェーの風景:Maya Beano

    ケンブリッジを拠点として活動するフォトグラファー Maya Beanoが描く光は柔らかく、そしてドラマチック。彼女が Daguerreotype Achromat Art Lensで撮影したノルウェー北部の夢のような景色をご覧ください。

  • ショップニュース

    初心者におすすめなコンパクトフィルムカメラ10選 【作例紹介】

    初心者におすすめなコンパクトフィルムカメラ10選 【作例紹介】

    フィルムカメラを始めてみたいけど、いきなり一眼レフを使いこなす自信がない...という人も多いはず。気軽なスナップ撮影や、使い捨てカメラからのステップアップには、 35mm コンパクトフィルムカメラがおすすめ。

  • Diana Instant Square についてよくあるご質問 ~クラウドファンディング編~

    2018-06-22 keitauni94 の記事
    Diana Instant Square についてよくあるご質問 ~クラウドファンディング編~

    ついに日本でのクラウドファンディングプロジェクトが 6/22(金) 12:00 より始まった、クレイジーな写りを存分に楽しむことのできるDiana Instant Sqaure!みなさまからよくお問い合わせ頂くご質問をこちらにまとめました。クラウドファウンディングが初めてで不安という方も、気になる点はこちらでチェックしてみてくださいね。MOTION GALLERYでのご支援お待ちしております!

  • 2018年の Lomography To Doリスト

    2018-01-05 #culture
    2018年の Lomography To Doリスト

    忙しい日々に追われて、やってみたいことやアイディアはたくさんあるけど時間がない!でも2018年は、そのアイディアを実現させませんか?新年はこの Lomography To Doリストを試してみましょう!

  • Fisheyeと一緒に真夏のプールへダイブ!

    2018-06-11 #gear
    Fisheyeと一緒に真夏のプールへダイブ!

    あなたはこの夏どこへいきますか?どこへ遊びに行くにしても、面白いカメラを持って出掛けてみましょう!もし今年の夏は海やプールに行く予定があるなら、 Fisheye No. 2と Fisheye Submarineを持って行くことをオススメします!

  • ショップニュース

    全てがクラシカルなポートレイトレンズ

    全てがクラシカルなポートレイトレンズ

    Lomography New Petzval Lens は85mmのポートレイトレンズ。周辺のボケが渦巻くように現れ、中心の被写体へ視線を惹き付ける画を写し出します。Nikon FとCanon EFの2種類のマウントでご用意があり、こちらのマウントに対応するデジタル及びアナログカメラに対応しています。オンラインショップではその他のマウントアダプターやフィルター各種を取り揃えています。

  • 太陽の下で写すスクエア・ポートレイト:Audrey Kwok

    2018-02-19 #people crissyrobles の記事
    太陽の下で写すスクエア・ポートレイト:Audrey Kwok

    前回 Petzval 85 Art Lens で美しいポートレイト・シリーズを撮影したシンガポール人の Audrey Kwok。私たちは Lomo'Instant Squareのクラウドファンディングが始まる前に、彼女にカメラを試してもらいました。彼女が描くミニマルで美しい世界は、Lomo'Instant Squareのスクエアフレームにぴったり。

  • 【テクニック記事】予期せぬアクシデントを楽しもう

    2018-07-26 hodachrome の記事
    【テクニック記事】予期せぬアクシデントを楽しもう

    フィルムカメラを使っていると思わぬアクシデントに見舞われることがありますよね。光カブリ、コマずれ、傷、感度劣化など。それらはせっかくの写真を損なう困ったものですが、一方でフィルムでしか味わえない魅力であったりもします。今回はテクニックではなくてそんなフィルム写真の思わぬ魅力について紹介していきます。

    2
  • Lomo LC-A+の魅力とは?

    2018-02-02 #gear
    Lomo LC-A+の魅力とは?

    長年にわたりたくさんの人々に愛されてきたフィルムカメラ Lomo LC-A+。このカメラのどこがそんなにいいの?と思う人もいるかもしれません。でも、LC-A+の写す世界を見れば一目で理由がわかるでしょう。この小さなボディには、クリエイティブな可能性がぎっしり詰まっているんです。