アナログプリントと東京の街 :写真家 あしだち なお

東京の街で様々な青年たちの姿を切りとった写真集 "boys in tokyo sentimental" は、写真家の あしだち なお さんによるもの。写真に写る青年たちだけではなく、それぞれの街の個性が捉えられていたのが印象的でした。アナログプリントや紙の写真が大好きだと語る彼女は、先日紙にまつわるイベント『Paper Bazaar』を開催したばかり。今日はそんな彼女に、アナログ写真の魅力について語っていただきました!

Name: あしだち なお
Web: www.naoashidachi.com
Instagram: nao_ashidachi

model: Joe Ide - 築地

── あしだちなお さん初めまして!簡単に自己紹介をお願いします!

はじめまして!!写真を愛してます。2児の母です。東京の街と少年を撮っています。

── どういったきっかけで、写真を撮り始めたのですか?

もともと高校時代から写真が好きで、その時代を象徴するようなカメラをかわるがわる使って写真はずっと撮っていますが、写真家としての活動をするきっかけは30才をちょうど過ぎた頃です。

橋のような大きな建築物や雑多な街風景を撮っていると、とても興奮したり癒されることに気付いて、そこから時間さえあれば行ったことのない街に次々と訪れるようになってました。

model: Masaki Ishizu - 門前仲町

── Lomographyのフィルムで撮影してくださっていると聞きましたが、ロモとの出会いを教えてください。

ロモグラフィーのフィルムで一番最初に使ったのはモノクロの LADY GREY 。おそらくネーミングに惹かれました。出会いの場所はビックカメラ。そのあとに外国人の友人にすすめられたのが パープル で、今一番好きなのは ISO800フォートウエノ さんという写真屋で、ちょっと黄色っぽく写るよと言われて使ってみて。ISO800で夜のガサガサしたスナップを撮るのが好きです。

model: Ginji Yoshimoto - 新宿百人町

── 紙にこだわったイベント『PAPER BAZAAR』を開催されたそうですが、あしだちさんがアナログを好きな理由があれば教えてください。

いつの時代も写真好きな人がたくさん居るけど、今はその撮った写真をデータ化してスマホの画面で終わってしまっている方が多いのがとてももったいなくて。やはり紙にして手にとって触れて、実際の目で紙の写真を見る魅力を少しでも共感してもらいたくて、イベントを主催しました。ピクセルよりフィルムが好きで、フィルムネガのデジタルプリントよりアナログプリントが好きで、やっぱり時代が変わっても(変わったからこそ)自分はアナログに触れていた方が居心地が良いと感じるからですかねー。

『PAPER BAZAAR』の様子

── 写真をみせる方法として、アナログプリント以外にSNSも活用されているかと思いますが、あしだちさんにとってSNSはどんな存在ですか?

「生活の一部」という回答が非常にくやしいのですが、実際そうだと思います。個人のホームページまでわざわざ写真を見にいくよりもSNSに投稿することによって流動的に何千人という人の目にさらされて反応があった数も知ることができますよね。私みたいなあまり知名度のない写真家やカメラマンは、多くの人に自分の作品を見てもらう為にフォロワーを増やすことも大事ではあると思うのですが、反応を気にし過ぎて自分の本質的な部分を見失うことがすごく危険なことと思います。

model: Kaiki Oohara (左)、 RYUKI(右)

── 普段はどんなカメラで撮影されていますか?

Canon EOS 55、 Canon A1、Contax T2
いろいろ使いますがメインはこの3つです。

── フィルムとデジタル、この2つの違いは何だと思いますか?

火であぶって食べるか、電子レンジでチンして食べるか みたいな感じかと...。
うまく言えないですが、直接的なもの(フィルム)、間接的なもの(デジタル)と認識してます。どちらの良さもすごくわかります。

model: Jin Uchida - 平和島

── あしだちさんが今後撮影してみたいテーマ、場所などあれば教えてください。

ずばり「東京ラブホテル × 女子」です。今も少しずつ撮り始めてますがラブホテルに焦点をあてたものを撮っていきたいです。ラブホテルの外観も内装も好きなんです。今はリゾートホテルやビジネスホテルみたいなホテルが増えていってますが古いラブホテルって突っこみ所がものすごいあって、人間臭くて、とても愛しく感じる場所です。「街 × 少年」の "boys in tokyo sentimental" は自分の写真人生の中の太い柱であり支えでもあるので、もちろん撮り続けて行きます。
撮影したい場所は鶯谷です。何回も足を運んでますが、もっとディープに探りたい街です。

── 使ってみたいロモ製品はありますか?

街スナップをよく撮るので LC-A シリーズ を使ってみたいですが 85mmのクラシカルなポートレートレンズ を使ってみたいです!!人物をがっつりと。

── 最後にメッセージがあればどうぞ!

7つの「東京の街 × 少年」 を撮影した写真を収録したzine "boys in tokyo sentimental vol2." を出してます。ぜひお手にとっていただけたらうれしいです。アナログ満載の一冊で心がギュッとなります。ロモグラフィーのフィルムでも撮影した写真多数掲載しております。

この度はありがとうございました!!

あしだちさん、ありがとうございました!作品は InstagramWebサイト でもご覧いただけます。さらに、あしだちさんがロモグラフィーのレンズで撮影した写真も近日公開予定。お楽しみに!

2017-11-18 refallinsasaki の記事

Lomography Color Negative 800 ISO 35mm

ISO400では感度がまだ足りない?Lomography Color Negative 800 35mmフィルムは、低照度下でも驚きの結果をお約束致します。

他の記事を読む

  • 光の魔法:写真家 Li Hui

    2020-04-29 #ニュース #people jennifer_pos の記事
    光の魔法:写真家 Li Hui

    写真は思い出を残すだけのものではありません。一筋の光が写真を芸術へと姿を変える鍵となり、カメラを通して見えるもう一つの世界を体感することもできます。そんな光を操り、芸術作品に変えてしまうのが、写真家のLi Huiです。彼女の作品とセンシティブではかなげな素晴らしい写真についてインタビューをしました。

  • ワイドなフィルムに冒険を詰め込む:Lomo'Instant Wide by Candeeland

    2020-06-02 alinaxeniatroniarsky の記事
    ワイドなフィルムに冒険を詰め込む:Lomo'Instant Wide by Candeeland

    インスタント写真には特別な魅力があります。ロモグラファーのDani, aka Candeelandも、インスタントカメラの虜になった一人。そんな彼女とアナログ写真について、また彼女が愛してやまない Lomo'Instant Wide について話してきました。

  • ユーモラスな La Sardina DIY:Cachete Jack

    2020-05-07 #people
    ユーモラスな La Sardina DIY:Cachete Jack

    Cachete Jack とはスペインのフリーランスイラストレーター、Nuria Bellver とRaquel Fanjulによるデュオ。彼女たちが生み出すカラフルでハッピーなイラストをLa Sardina DIYに描いてもらいました!

  • ショップニュース

    全てがクラシカルなポートレイトレンズ

    全てがクラシカルなポートレイトレンズ

    Lomography New Petzval Lens は85mmのポートレイトレンズ。周辺のボケが渦巻くように現れ、中心の被写体へ視線を惹き付ける画を写し出します。Nikon FとCanon EFの2種類のマウントでご用意があり、こちらのマウントに対応するデジタル及びアナログカメラに対応しています。オンラインショップではその他のマウントアダプターやフィルター各種を取り揃えています。

  • みんなのロモホーム: Kleeblatt

    2020-05-26 alinaxeniatroniarsky の記事
    みんなのロモホーム: Kleeblatt

    世界中のロモグラファーがシェアしてくれた写真を見ることができるロモホーム。今回は、カラフルで実験的な写真を投稿している Kleeblatt に注目!

  • Atoll Ultra Wide Angle 17 mm f/2.8 Art Lensの第一印象:橋原大典 (@helloelmer)

    2021-02-04 #tutorials xcvllshawn の記事
    Atoll Ultra Wide Angle 17 mm f/2.8 Art Lensの第一印象:橋原大典 (@helloelmer)

    超広角レンズを採用したAtoll Ultra-Wide 2.8/17 Art Lensが描く103度の画角は、見ている瞬間を1つのフレームに収めます。日本に一台しかないプロトタイプで、東京のクールなシーンを橋原さんに撮影していただきました。

  • 【あなたの写真を大募集!】kanda snap up <Loiduts charityshop×Lomography>

    2020-08-12 erina の記事
    【あなたの写真を大募集!】kanda snap up <Loiduts charityshop×Lomography>

    あなたの写真でチャリティに参加しませんか?チャリティショップを運営するLoidutsが、3331で回収された服に、神田エリアの風景や人物を撮影した写真をオーバープリントして販売。売上金は寄付されます。参加方法は写真データを送るだけ!ロモグラファーのみなさま、ぜひご協力のほどお願いします!

  • ショップニュース

    思い出をよりクリアに、大胆に切り取る Lomo'Instant Automat Glass Magellan

    思い出をよりクリアに、大胆に切り取る Lomo'Instant Automat Glass Magellan

    ワイドアングルガラスレンズ搭載のインスタントカメラ Lomo’Instant Automat Glass Magellanが登場!

  • お家でロモ:春の大掃除

    2020-05-16
    お家でロモ:春の大掃除

    お家にいる時間、大掃除をする方も多いのでは?お掃除中に発掘された写真やその他諸々、もしかしたらおもしろいものが作れるかもしれません…!捨ててしまう前にDIYのアイディアを見てみてくださいね!

  • LomoGraflok 4×5 Instant Backの第一印象:写真家 梅澤勉

    2020-11-20 xcvllshawn の記事
    LomoGraflok 4×5 Instant Backの第一印象:写真家 梅澤勉

    ポートレートプロジェクト #イットガーリーなど、普段はカラーネガで撮影することが多いという 梅澤 勉さん。そんな彼に、4x5 大判カメラで Instax Wide Filmが楽しめるロモグラフロック 4x5 インスタントバック を使用して撮影していただきました。

  • LomoOdds:知衿 x Daguerreotype

    2020-04-23 xcvllshawn の記事
    LomoOdds:知衿 x Daguerreotype

    ロモグラフィーのプロダクトを様々なジャンルで活躍する方に使ってもらおうという「LomoOdds (ロモオッズ)」。今回はライブ写真を撮影している知衿さんに、Daguerreotype Art Lens使っていただきました。

  • ショップニュース

    ロモグラフィックな写りを簡単に楽しめる!

    ロモグラフィックな写りを簡単に楽しめる!

    【ロモグラフィーの Simple Use Film Camera(レンズ付フィルム)】さあ今すぐ撮影開始!ロモグラフィーのユニークなフィルムでの撮影を簡単に楽しめます。フィルムが既にセットされているので、購入したらすぐに撮影スタート可能。

  • LomoOdds:Rina Endo x Lomogon

    2020-03-31 erina の記事
    LomoOdds:Rina Endo x Lomogon

    ロモグラフィーのプロダクトを様々なジャンルで活躍する方に使ってもらおうという「LomoOdds (ロモオッズ)」。今回は会社務めの傍、写真家・ミュージシャンと多方面で活躍するRina Endoさんに、LomogonとLomographyのユニークなフィルムを使っていただきました。

    1
  • 【レポート】LOMORIDE! Nov,14 @ THE KNOT TOKYO Shinjuku

    2020-11-30 xcvllshawn の記事
    【レポート】LOMORIDE! Nov,14 @ THE KNOT TOKYO Shinjuku

    先日 11/14(土)に行われたLOMORIDE!では、6名の方々に参加いただき、たくさんのベストショットが生まれました!今回は参加者のみなさんが撮影した写真をご紹介します。

  • Lomogon Art Lensでみせる世界:Nao Ashidachi

    2020-03-10 xcvllshawn の記事
    Lomogon Art Lensでみせる世界:Nao Ashidachi

    「旅やストリートで活躍するコンパクトなワイドレンズ Lomogon 2.8/32」をキャッチコピーにしているロモゴン アートレンズ は、日本とシドニーを行き来するあしだちさんにぴったりだと思い早速使っていただきました!