アナログプリントと東京の街 :写真家 あしだち なお

東京の街で様々な青年たちの姿を切りとった写真集 "boys in tokyo sentimental" は、写真家の あしだち なお さんによるもの。写真に写る青年たちだけではなく、それぞれの街の個性が捉えられていたのが印象的でした。アナログプリントや紙の写真が大好きだと語る彼女は、先日紙にまつわるイベント『Paper Bazaar』を開催したばかり。今日はそんな彼女に、アナログ写真の魅力について語っていただきました!

Name: あしだち なお
Web: www.naoashidachi.com
Instagram: nao_ashidachi

model: Joe Ide - 築地

── あしだちなお さん初めまして!簡単に自己紹介をお願いします!

はじめまして!!写真を愛してます。2児の母です。東京の街と少年を撮っています。

── どういったきっかけで、写真を撮り始めたのですか?

もともと高校時代から写真が好きで、その時代を象徴するようなカメラをかわるがわる使って写真はずっと撮っていますが、写真家としての活動をするきっかけは30才をちょうど過ぎた頃です。

橋のような大きな建築物や雑多な街風景を撮っていると、とても興奮したり癒されることに気付いて、そこから時間さえあれば行ったことのない街に次々と訪れるようになってました。

model: Masaki Ishizu - 門前仲町

── Lomographyのフィルムで撮影してくださっていると聞きましたが、ロモとの出会いを教えてください。

ロモグラフィーのフィルムで一番最初に使ったのはモノクロの LADY GREY 。おそらくネーミングに惹かれました。出会いの場所はビックカメラ。そのあとに外国人の友人にすすめられたのが パープル で、今一番好きなのは ISO800フォートウエノ さんという写真屋で、ちょっと黄色っぽく写るよと言われて使ってみて。ISO800で夜のガサガサしたスナップを撮るのが好きです。

model: Ginji Yoshimoto - 新宿百人町

── 紙にこだわったイベント『PAPER BAZAAR』を開催されたそうですが、あしだちさんがアナログを好きな理由があれば教えてください。

いつの時代も写真好きな人がたくさん居るけど、今はその撮った写真をデータ化してスマホの画面で終わってしまっている方が多いのがとてももったいなくて。やはり紙にして手にとって触れて、実際の目で紙の写真を見る魅力を少しでも共感してもらいたくて、イベントを主催しました。ピクセルよりフィルムが好きで、フィルムネガのデジタルプリントよりアナログプリントが好きで、やっぱり時代が変わっても(変わったからこそ)自分はアナログに触れていた方が居心地が良いと感じるからですかねー。

『PAPER BAZAAR』の様子

── 写真をみせる方法として、アナログプリント以外にSNSも活用されているかと思いますが、あしだちさんにとってSNSはどんな存在ですか?

「生活の一部」という回答が非常にくやしいのですが、実際そうだと思います。個人のホームページまでわざわざ写真を見にいくよりもSNSに投稿することによって流動的に何千人という人の目にさらされて反応があった数も知ることができますよね。私みたいなあまり知名度のない写真家やカメラマンは、多くの人に自分の作品を見てもらう為にフォロワーを増やすことも大事ではあると思うのですが、反応を気にし過ぎて自分の本質的な部分を見失うことがすごく危険なことと思います。

model: Kaiki Oohara (左)、 RYUKI(右)

── 普段はどんなカメラで撮影されていますか?

Canon EOS 55、 Canon A1、Contax T2
いろいろ使いますがメインはこの3つです。

── フィルムとデジタル、この2つの違いは何だと思いますか?

火であぶって食べるか、電子レンジでチンして食べるか みたいな感じかと...。
うまく言えないですが、直接的なもの(フィルム)、間接的なもの(デジタル)と認識してます。どちらの良さもすごくわかります。

model: Jin Uchida - 平和島

── あしだちさんが今後撮影してみたいテーマ、場所などあれば教えてください。

ずばり「東京ラブホテル × 女子」です。今も少しずつ撮り始めてますがラブホテルに焦点をあてたものを撮っていきたいです。ラブホテルの外観も内装も好きなんです。今はリゾートホテルやビジネスホテルみたいなホテルが増えていってますが古いラブホテルって突っこみ所がものすごいあって、人間臭くて、とても愛しく感じる場所です。「街 × 少年」の "boys in tokyo sentimental" は自分の写真人生の中の太い柱であり支えでもあるので、もちろん撮り続けて行きます。
撮影したい場所は鶯谷です。何回も足を運んでますが、もっとディープに探りたい街です。

── 使ってみたいロモ製品はありますか?

街スナップをよく撮るので LC-A シリーズ を使ってみたいですが 85mmのクラシカルなポートレートレンズ を使ってみたいです!!人物をがっつりと。

── 最後にメッセージがあればどうぞ!

7つの「東京の街 × 少年」 を撮影した写真を収録したzine "boys in tokyo sentimental vol2." を出してます。ぜひお手にとっていただけたらうれしいです。アナログ満載の一冊で心がギュッとなります。ロモグラフィーのフィルムでも撮影した写真多数掲載しております。

この度はありがとうございました!!

あしだちさん、ありがとうございました!作品は InstagramWebサイト でもご覧いただけます。さらに、あしだちさんがロモグラフィーのレンズで撮影した写真も近日公開予定。お楽しみに!

2017-11-18 refallinsasaki の記事

Lomography Color Negative 800 ISO 35mm

ISO400では感度がまだ足りない?Lomography Color Negative 800 35mmフィルムは、低照度下でも驚きの結果をお約束致します。

他の記事を読む

  • Petzval 85 Art Lensで光と遊ぶ:写真家 Audrey Kwok

    2017-06-29 #people crissyrobles の記事
    Petzval 85 Art Lensで光と遊ぶ:写真家 Audrey Kwok

    学校の写真のクラスがきっかけで情熱が芽生え、それが彼女のキャリアを切り拓いたと語る写真家の Audrey Kwok。シンガポールを拠点として活動する彼女の作品は、フレームの中でいまにも叫び出しそうな鮮やかな色が特徴的。今回彼女は Petzval 85 Art Lens でボケが織りなす美しい作品を撮影してくれました。

  • 虹色の思い出:Wendy Laurelのフィルムスープ実験

    2017-08-27 #tutorials
    虹色の思い出:Wendy Laurelのフィルムスープ実験

    旅行中の家族写真で実験をしてみたという Wendy Laurel。彼女は旅の幸せな思い出を表現するため、酸性のフィルムスープや光漏れで素敵なイメージを作り上げました!今回は、実験の内容や手順について私たちに教えてくれました。ハッピーな気持ちが伝染しそうな写真とともにご覧ください。

  • Neptune Convertible Art Lens Systemの第一印象:Lorenzo Scudiero

    2017-05-27 #people
    Neptune Convertible Art Lens Systemの第一印象:Lorenzo Scudiero

    Lorenzo Scudieroは20歳の写真家。イタリアで美しい山々に囲まれて生まれ育ちました。彼が写真を始めたのはほんの数年前のことで、すべては故郷の広大な自然のなかで友人や彼らの物語を撮影することから始まりました。今回は Neptune Convertible Art Lens Systemで写した素晴らしい景色をお楽しみください!

  • ショップニュース

    ファインダーを覗くだけでも楽しい!軽量二眼レフカメラ

    ファインダーを覗くだけでも楽しい!軽量二眼レフカメラ

    Lubitel 166+での撮影はとても実験的。上から覗き込むタイプのウエストレベルファインダーを使って思う通りにフレーミングできます。120フィルムと35mmフィルムが両方使えるので、飽きずに創作意欲も存分に湧き上がることでしょう。あなたもロモグラフィーのオンラインショップでLubitel 166+を手に入れて、アナログ写真の代表作を作りましょう!

  • Neptune Convertible Art Lens Systemの第一印象:Olivia Locher

    2017-05-18 #gear #people katphip の記事
    Neptune Convertible Art Lens Systemの第一印象:Olivia Locher

    ファインアートフォトグラファーである Olivia Locherの遊び心溢れる、クリエイティブな写真スタイルに魅了された私たちは彼女に Neptune Convertible Art Lensの試作品を使ったテスト撮影を依頼しました!彼女がこのレンズに抱いた第一印象とは?

  • 荒木経惟が見た首都・東京 (NSFW)

    2018-01-09 #ニュース
    荒木経惟が見た首都・東京 (NSFW)

    写真家 荒木経惟が描いた白黒写真の中でギラギラと光る首都東京。この挑発的でエロティックな作品は、彼がまだ若かった頃の東京の姿です。

  • Neptune Convertible Art Lens Systemの第一印象:Guen Fiore

    2017-05-25 #gear #people lomosmarti の記事
    Neptune Convertible Art Lens Systemの第一印象:Guen Fiore

    Guen Fioreはイタリアの若い写真家。クリエイティブな写真とポートレートを専門とする彼女に Neptune Convertible Art Lens Systemで晴れ渡るローマを撮影してもらいました!彼女の作品とともに、このレンズを初めて使った感想を聞いてみましょう!

  • ショップニュース

    あなたの大切なひと時を円形に閉じ込めて...

    あなたの大切なひと時を円形に閉じ込めて...

    170度の魚眼レンズで見る世界。いつもよりも、より一層愛らしく!動物の顔をアップで撮影して、デカ鼻のユニークな写真も面白い!

  • Simple Use Film Camera × ロボットレストランダンサー 花京院椿紗

    2017-05-13 refallinsasaki の記事
    Simple Use Film Camera × ロボットレストランダンサー 花京院椿紗

    ロボットやダンサーたちのエネルギッシュなショーを見ることができる、新宿歌舞伎町の『ロボットレストラン』。今年4月までダンサーのリーダーを務めあげた 花京院椿紗さん。彼女にロボットレストランで過ごす最後の日々を Simple Use Film Cameraで撮影していただきました。写真は直営店Lomography+でも展示中です!

  • 虹色のパレット: Laurence Philomeneによる「ノンバイナリー」ポートレート

    2017-05-08 #people Ciel Hernandez の記事
    虹色のパレット: Laurence Philomeneによる「ノンバイナリー」ポートレート

    赤と緑、ピンクと青、白と黒でもない。現実にははっきりとした境界線などなく、グラデーションのようにすべては曖昧です。モントリオールを拠点に活動する写真家Laurence Philomeneの「ノンバイナリー」シリーズのポートレートは私たちに物事の新しい見方を与えてくれます。*《ノンバイナリージェンダー》は男性にも女性にも分類されない性別自認のこと。

  • LC-A+で切り取る日常のドラマ:写真家 吉本真大

    2017-06-23 refallinsasaki の記事
    LC-A+で切り取る日常のドラマ:写真家 吉本真大

    路上でのキスやハグの瞬間を捉えた写真集『 LOVE LOVE LOVE 』を出版した写真家の 吉本真大 さん。普段はスケートをはじめとするストリート写真を撮影する彼がロモグラフィーの LC-A+ で写す写真はどんな画になるんだろうと思い、撮影を依頼したら笑顔で引き受けてくれました。

  • ショップニュース

    全てがクラシカルなポートレイトレンズ

    全てがクラシカルなポートレイトレンズ

    Lomography New Petzval Lens は85mmのポートレイトレンズ。周辺のボケが渦巻くように現れ、中心の被写体へ視線を惹き付ける画を写し出します。Nikon FとCanon EFの2種類のマウントでご用意があり、こちらのマウントに対応するデジタル及びアナログカメラに対応しています。オンラインショップではその他のマウントアダプターやフィルター各種を取り揃えています。

  • Neon Dreams Tokyo - 写真家 Matthieu Bühler

    2017-12-27 #places cheeo の記事
    Neon Dreams Tokyo - 写真家 Matthieu Bühler

    写真家 Matthieu Bühler's が東京で撮影した『Neon Dreams』シリーズ。東京のいたるところにある、ネオンが彩る独特の色合いと描写をお楽しみください。

  • 17歳のキューブリックが撮影した写真

    2017-10-03
    17歳のキューブリックが撮影した写真

    スタンリー・キューブリックにだって、平凡な青年時代があったのです。当時の彼が見ていた景色を、17歳のキューブリックが撮影した写真とともに覗いてみましょう。

  • Simple Use Film Camera『ordinary unordinary days』 エキシビション @ Lomography+

    2017-04-27 refallinsasaki の記事
    Simple Use Film Camera『ordinary unordinary days』 エキシビション @ Lomography+

    Simple Use Film Camera の発売を記念して、『ordinary unordinary days』エキシビションが Lomography+にて開催決定。ロモグラフィースタッフが独断と偏見で選んだ個性を持つ8人。年齢も、やっていることも、ビジョンも…何もかもが異なる彼らが Simple Use Film Cameraで写した写真が飾られます。《写真》というフィルターを通じて世界はどのように写っているのか?[展示] を見に来るというよりも、友達の家に遊びに来て壁一面にある写真を眺めるような感覚で、ぜひエキシビションにお越しください。