《Lomography 25周年》「トウキョー・ウィーン・ダブルエクスポージャー」写真展

Lomography 25周年イベントとして、2017年12月21日(木)より『 トウキョー・ウィーン・ダブルエクスポージャー 』の開催が決定しました!

Lomography発祥の地ウィーン、オーストリアと東京を舞台にフィルムスワップ**を行った他に、それぞれの街で撮影した8mmの映像も 12月21日(木)のオープニングレセプション で上映します。ウィーンで撮影されたフィルムの上に、東京で撮影されたショットが重なる不思議な写真を、是非覗きに来てください。

《フィルムスワップとは?》
一度撮影したフィルムを友人や知らない人と交換して、その上からまた撮影することで出来上がる多重露光写真。もちろん仕上がりは現像するまで分かりません!

トウキョー・ウィーン・ダブルエクスポージャー

2つの都市の
約30人のフォトグラファーが
40本のフィルムを使い
2,880回シャッターを切り
1,440枚の多重露光写真が生まれました。

We were about...
30 photographers with
40 films which created
1.440 pictures - that means that we have
2.880 exposures!

大きな 《アナログ愛》《私たちにしか出来ないこと》 を貫き通してきたLomographyも、今年で生誕25周年を迎えます。とにかく写真を楽しむためにクレイジーなアイデアを形にし、予期せぬアクシデントに見舞われても、それすらも楽しみ、全ての瞬間を大切にしてきました。『 トウキョー・ウィーン・ダブルエクスポージャー 』はそんな思いがけない描写を集めた写真展です。

Since 1992, Lomography has been turning photography on its head with the help of daring photographers all over the world. It is the support and astounding creativity of these free spirits ignoring the rules, losing themselves in the moment and snapping the shutter that inspire Lomography to keep on innovating, experimenting and celebrating incredible imagery. With a whole lot of analogue love and happy accidents, Lomography will be hosting a special exhibition - where we brought the 2 worlds of Vienna and Tokyo together in films as double exposures. There will also be a screening of 8mm films as well from both cities. We’ll be hosting an opening reception on Dec 21st Thurs night - anyone is welcome to join!


12/21(木) オープニングレセプション開催!

入場料:無料
日時: 2017年12月21日(木) 18:00 - 21:30
場所: アーツ千代田3331 ラウンジ内

  • 本イベントのためにウィーンと東京で撮影された8mmを上映
  • ライブ・サイアノタイププリント
    現像済み35mm白黒ネガをご持参いただいた方に、カードサイズのプリントをプレゼント!
  • 会場ではオーストリアのお菓子とドリンクをご用意しています。

OPENING RECEPTION - Dec 21st 2017
Admission: Entrance Free
When: 21st Dec 18:00 - 21:30
Where: Lounge @ 3331 Arts Chiyoda

  • Special Screening: 8mm Video shot in Vienna and Tokyo
  • Live Cyanotype Print - Bring Your B&W 35mm negative and make a Special Print!
  • Snacks and Drinks from Austria

予約不要なので、お仕事や学校帰りにふらっと家族やお友達と遊びに来てくださいね!

展示詳細

オープニングレセプション以降も、 直営店Lomography+ にて展示をご覧いただけます。

  • 入場料:無料
  • 会期: 2017年12月22日(金) 〜 2018年2月12日(月)
  • 休業日: 直営店休業日(※詳しくは こちら をご覧ください。)
  • 場所: 直営店Lomography+
    東京都千代田区外神田6-11-14 Arts Chiyoda 3331 #102
    ※オープニングレセプションのみラウンジにて行います。

Special Thanks to filmkoop wien , オーストリア大使館東京 & ウィーンと東京でワークショップに参加された皆さま!


RT&フォローでロモグラフィーのカメラをGETしよう!

抽選で2名様にロモグラフィーのカメラをプレゼント!
Lomo LC-A+ 】1名様
Lomo’Instant Automat Glass Kilimanjaro 】1名様

25周年記念イベント開催を記念して2名様にカメラをプレゼント!Twitterでこちらの 投稿 をRTして、lomographyjapan をフォローすれば応募は完了です。

《応募〆切:12/22(金)まで》
当選結果は12/22(金)以降、ロモグラフィーよりTwitterのDMにてご連絡させていただきます。

●注意事項●
※Twitterアカウントを非公開にしている場合、ツイートを確認することができないため、本キャンペーンには参加できません。
※抽選結果に関するお問い合わせにはお答えできません。

2017-12-14 #culture #ニュース #event #workshop # # choko3 の記事

関連商品

Lomo LC-A+

Lomo LC-A+

Lomo Kompakt Automat ( 通称 LOMO LC-A )は、1984年に旧ソ連で誕生したコンパクトオート35mmカメラ。LC-Aが写し出す鮮やかな発色、クラシカルなヴィネット、そしてコントラストの強い写真は90年代に世界的なムーブメントを巻き起こし、ロモグラフィー発祥のきっかけとなりました。そのLC-Aに機能を追加(+)して、生まれ変わったのがLomo LC-A+です!

他の記事を読む

  • 【現役ЛОМО (LOMO) 社員登場!ZOOMツアー】ЛОМО歴史博物館@サンクトペテルブルグ ~現地ゲスト紹介~

    2020-11-06 keitauni94 の記事
    【現役ЛОМО (LOMO) 社員登場!ZOOMツアー】ЛОМО歴史博物館@サンクトペテルブルグ ~現地ゲスト紹介~

    ついに開催する11/21(土)まで1ヵ月を切った、ロモジャパン初のロシアと日本をオンラインでつないだイベント。貴重なЛОМО (LOMO) 社の情報が詰まった、ロモ歴史博物館に潜入し、LC-Aの謎を紐解いてゆきます!海外旅行に行きたくてもなかなか行けないこの時期だからこそ、ご自宅から気軽に参加できますので、みなさまとオンライン(ZOOM)上でツアーできることを楽しみにしております!

  • Petzval 80.5mmの第一印象 : 橋原大典 (helloelmer)

    2020-06-20 xcvllshawn の記事
    Petzval 80.5mmの第一印象 : 橋原大典 (helloelmer)

    美しいぐるぐるボケを描くPetzval 80.5 mm f/1.9アートレンズで、尾道〜しまなみ海道周辺の島々を撮影した写真をご紹介。ソフトなボケとシャープな絞りを写すレンズ、そして繊細なグレートーンを写す映画用フィルム Potsdam Kino Film。相性抜群なコラボレーションはポートレイトはもちろん、景色まで絵画のように幻想的に描きます。

  • カラフルリセット:with J.K Chekpo

    2021-05-05 #people cheeo の記事
    カラフルリセット:with J.K Chekpo

    ディレクター、そしてフォトグラファーとしても活動する J.K Chekpo の作品は、2021年のビックサプライズでした。彼のエネルギーにあふれた写真と計算された構図は、鮮やかな色使いとともに、見る人々の目を釘付けにするでしょう。

  • ショップニュース

    Lomography フィルム

    Lomography フィルム

    カラーやモノクロ、クロスプロセス用フィルムまで Lomographyは数多くのオリジナルフィルムを製造しています。35mm、110、120フォーマットの中から好みの1本を探してみてくださいね。

  • クレイジーなフィルムスープの実験結果を大公開!

    2021-04-12
    クレイジーなフィルムスープの実験結果を大公開!

    フィルムスープとは、フィルムに化学反応を起こさせてその結果得られる予期せぬ結果を楽しむという試みのことで、ときおり思いがけない面白い作品が生まれることがあります。今までにも多くのロモグラファーが実験し、検証し、そしてレポートしてくれていますが、今回は実験結果を紹介していきたいと思います。

  • 【スタッフレビュー】フィルムで映画を撮る with LomoKino

    2020-05-21 #ビデオ
    【スタッフレビュー】フィルムで映画を撮る with LomoKino

    ハンドルを回すだけで、Lomokinoを持った人は誰でもその瞬間から映画監督。ドリーミーでパタパタと可愛らしく動く映像作りを体験してみましょう。メガホンを取るのは、あなた。

  • 夏の3331こども芸術学校 presents「みる・描く・あそぶ!サマーアートラボ」開催

    2020-08-08 erina の記事
    夏の3331こども芸術学校 presents「みる・描く・あそぶ!サマーアートラボ」開催

    直営店Lomography+があるアーツ千代田 3331では、「夏の3331こども芸術学校 presents みる・描く・あそぶ!サマーアートラボ」が開催されます!Lomographyは「3331 夏のアート縁日」にて、インスタントカメラレンタルとDIYカメラの組み立てワークショップが決定しました!

  • ショップニュース

    ロモグラフィックな写りを簡単に楽しめる!

    ロモグラフィックな写りを簡単に楽しめる!

    【ロモグラフィーの Simple Use Film Camera(レンズ付フィルム)】さあ今すぐ撮影開始!ロモグラフィーのユニークなフィルムでの撮影を簡単に楽しめます。フィルムが既にセットされているので、購入したらすぐに撮影スタート可能。

  • 《Highlights Of 2020》2020年にロモグラフィーが発表した製品

    2020-12-27
    《Highlights Of 2020》2020年にロモグラフィーが発表した製品

    2020年、Lomographyは皆さんにアナログ写真をより楽しんでいただくため、たくさんの新製品を発表しました!新年を迎える前に、今年発表した製品を振り返ってみましょう!

  • 2021年【正社員・アルバイト】スタッフ募集のお知らせ

    2021-02-10 erina の記事
    2021年【正社員・アルバイト】スタッフ募集のお知らせ

    Lomographyはオーストリアに本社を置くインターナショナルなフィルムカメラブランドです。デジタル化が進む世の中で、アナログカメラにこだわり、世の潮流と逆行しながらもなお成長を続けるグローバル企業の中で切磋琢磨していける仲間を探しています。

  • Atoll ライブストリームイベントが開催決定!

    2021-02-20 xcvllshawn の記事
    Atoll ライブストリームイベントが開催決定!

    ロモグラフィーのチームと、Atollのプロトタイプを使って試写していただいたテスターの方々、そしてその他にもスペシャルなゲストとライブストリームイベントを2月26日(金)に開催!!イベントは世界中で100人限定。

  • ショップニュース

    初心者におすすめなコンパクトフィルムカメラ10選 【作例紹介】

    初心者におすすめなコンパクトフィルムカメラ10選 【作例紹介】

    フィルムカメラを始めてみたいけど、いきなり一眼レフを使いこなす自信がない...という人も多いはず。気軽なスナップ撮影や、使い捨てカメラからのステップアップには、 35mm コンパクトフィルムカメラがおすすめ。

  • わたしのカメラ:原田泰地

    2021-03-30 erina の記事
    わたしのカメラ:原田泰地

    フィルムカメララバーはどんなカメラを使っているの?ちょっと気になるみんなの愛用カメラをご紹介。今回は映像カメラマンの原田泰地さんに、共に人生を歩んできた大切な1台をご紹介いただきました!

  • 【直営店Lomography+】 営業再開のお知らせ

    2020-06-08 xcvllshawn の記事
    【直営店Lomography+】 営業再開のお知らせ

    直営店Lomography+は、政府による緊急事態宣言を受け、2020年3月26日(木)から臨時休業とさせていただいておりましたが、6月10日(水)より、短縮営業で営業再開することを決定しましたのでお知らせいたします。

  • 人間らしさを捉えて:クマガイユウヤ with LC-A+

    2020-06-05 erina の記事
    人間らしさを捉えて:クマガイユウヤ with LC-A+

    ミュージシャンでありフィルムカメラマンの熊谷勇哉さん。これまでケータイでも写真をほとんど撮らなかったという熊谷さんが、なぜフィルムカメラを始め、なぜLC-A+に魅了されたのか聞いてみました。