『Desert Daze』砂漠フェスに潜入!:フォトグラファー Erina Uemura

カリフォルニア、ジョシュアツリーの砂漠で行われる Desert Daze Music & Art Festival は、2012年から毎年開催されている知る人ぞ知るディープなフェス。ゴツゴツとした岩や見たことのない植物が並ぶ砂漠地帯という少し変わったロケーションは非日常感たっぷり。

昨年10月、4日間にわたり開催されたこのフェスにフォトグラファーの Erina Uemura さんが Simple Use Film Camera を持って潜入。気になる砂漠フェスの様子を聞いてみました。


Name: Erina Uemura(植村 英里奈)
Web: www.erina-uemura.com
SNS: Instagram, Twitter , Facebook

ラスベガスからジョシュアツリーまで、ベガスからのフリーウェイを抜けたら、そこから荒野の1本道をひたすら走ること3時間半。早朝出発したせいか他に車も走っていなくて、本当に砂漠にひとりぼっちという感じのドライブでした。景色が素晴らしかったので車を側道に停めて、SUFCで撮影しました。ドライな空気に真っ青な空、砂漠の赤い土、それらを LomoChrome Purple フィルムで撮ると別の景色に見えますね!

(c) erina uemura / all photos taken by Simple Use Film Camera
ラスベガスのミュージックフェス「Life Is Beautiful」にて

これまで私のフォトグラファー人生の中で、アメリカのミュージックフェスをたくさん撮影して来ました。Coachella、Bonnaroo、SXSW、Lollaparooza、Governors Ballなどの大きなフェスから、小さなフェスまで。その中で今回の Desert Daze は規模は小さいながらも、私のいちばんのお気に入りのフェスです。

キュレイターが Deap Vally のジュリーと、彼女の旦那様で同じくアーティストの JJUUJJのフィル夫婦がやっていて、出演者の選出も私の好きなサイケデリック・ロックや、インディロックなどが多いのも魅力ですが、何と言っても他のフェスと比べると群を抜いて会場と観客がかっこいいんです!

ステージは4つで規模も小さいのですが、会場内のデコレーションも凝っていて色々なアートを楽しんだり、ヴィンテージ・ショップやオーガニック・フードもあり、ブックショップなどもあります。観客はアーティストがキュレイターということもあり、出演者でないミュージシャンも多く遊びに来ていたり、モデルやハリウッドの俳優などもお忍びで来ています。みんなそれぞれ個性的なファッションをしていて、観客のファッションを見るのもすごく楽しいんです。

コーチェラが商業化してしまったので、それに飽きたり嫌気がさした人や、他人とは違った特別なものが好きな人が多く訪れていると思います。
また運営側がフォトグラファーもアーティストとして見てくれているのも最高だと思います。そして景色もまた素晴らしいです!

La Femme

お目当のアーティストは、もちろん主催者の Deap Vally 、大好きで何度も撮影してる Ty SegallAriel Pink 。それから目玉の Iggy Pop や、若手では Sunflower BeanTwin Peaks 。そして初めて撮影した King Gizzard & Lizard Wizard は2016年の Desert Dazeでも出演していたのですが、彼らの出演日に行けなくて見逃したのでどうしても観たい&撮影したいアーティストでした。

Simple Use Film Camera は手軽に撮影できるし、カラーフィルターを使ってサイケな感じにも撮れたりして大好きです。そして持ってると誰からも「そのカメラ、とってもクール!」って話しかけられます。フィルムも交換できるのも魅力です。


erinaさん、ありがとうございました!Desert Daze以外にも、 Mac DeMarcoCage The ElephantSimon Doom のライブも Simple Use Film Cameraで撮影していただきました。砂漠でも、人混みでも、どんな場所でもOKなタフなカメラだということがわかりましたね。

Mac DeMarco
Cage The Elephant
Simon Doom

世界中で撮影しているerinaさんの最新作は InstagramTwitter でチェックしてみてくださいね!

2018-05-25 refallinsasaki の記事

コメントはまだありません

他の記事を読む

  • アナログプリントと東京の街 :写真家 あしだち なお

    2017-11-18 refallinsasaki の記事
    アナログプリントと東京の街 :写真家 あしだち なお

    東京の街で様々な青年たちの姿を切りとった写真集 "boys in tokyo sentimental" は、写真家の あしだち なお さんによるもの。写真に写る青年たちだけではなく、それぞれの街の個性が捉えられていたのが印象的でした。アナログプリントや紙の写真が大好きだと語る彼女は、先日紙にまつわるイベント『Paper Bazaar』を開催したばかり。今日はそんな彼女に、アナログ写真の魅力について語っていただきました!

  • キューバへと向かう旅:Enzo Iriarte

    2017-08-03 #places Ivana Džamić の記事
    キューバへと向かう旅:Enzo Iriarte

    若き写真家 Enzo Iriarteはまだまだ成長中。今回キューバを訪れた Enzoは、ビビッドな街並みと夏の太陽がまぶしい作品を撮影しました。夏服を着て思わずビーチへと行きたくなるようなショットをご覧ください!

  • 冬の木々に魅せられて

    2018-02-19 #tutorials hodachrome の記事
    冬の木々に魅せられて

    葉が落ちて枝の形があらわになった冬の木々…、冬の寒さや物哀しさを感じさせるシンボリックな光景のひとつですが、皆さんは写真に撮ったりしますか?色が乏しく素材としては難しいのですが、アイデアや技術、そしてロモグラフィーの個性的なフィルムを駆使することで面白い写真を撮ることができます。今回はそれらを紹介していきたいと思います。

    1
  • ショップニュース

    ファインダーを覗くだけでも楽しい!軽量二眼レフカメラ

    ファインダーを覗くだけでも楽しい!軽量二眼レフカメラ

    Lubitel 166+での撮影はとても実験的。上から覗き込むタイプのウエストレベルファインダーを使って思う通りにフレーミングできます。120フィルムと35mmフィルムが両方使えるので、飽きずに創作意欲も存分に湧き上がることでしょう。あなたもロモグラフィーのオンラインショップでLubitel 166+を手に入れて、アナログ写真の代表作を作りましょう!

  • Lubitel 166+で描くマーティン・パーのカラーパレット

    2017-07-03 #gear
    Lubitel 166+で描くマーティン・パーのカラーパレット

    みなさん、イギリスの写真家 マーティン・パー を知っていますか?カラー写真のパイオニアとも呼ばれたパーは、日常のちょっと奇妙なシーンをポップな色使いで切り取ります。彼のスタイルをお手本にするなら、二眼レフカメラ Lubitel 166+ で撮影してみましょう!自然光での撮影にぴったりな Lubitel 166+ は、あなたの思い描く光やトーンを演出することが可能です。

  • Lomo LC-A+と東京散歩:Rimi Sakamoto

    2018-05-09 refallinsasaki の記事
    Lomo LC-A+と東京散歩:Rimi Sakamoto

    普段はデジタルカメラで撮影しているフォトグラファーの Rimi Sakamotoさん。フィルムを使うのは久々という彼女が Lomo LC-A+で撮影した写真を Lomography Japanに送ってきてくれました!旅先から送られてきた美しいポストカードのような東京をちょっとだけご紹介。

  • LomoAmigo:ケイスケミツモト × LC-A+

    2017-10-21 refallinsasaki の記事
    LomoAmigo:ケイスケミツモト × LC-A+

    今年開催された フォトコンテスト Gritty Woman 。たくさんの応募の中から『ロモグラフィー賞』を受賞したのは、 ケイスケミツモトさん。被写体の芯の強さが伝わってくるような写真がとても印象的でした。ステレオタイプに捉われない、被写体の「強さ」が伝わってくるポートレート作品をご覧ください。

  • ショップニュース

    Revolog フィルム 種類によって様々なユニークな効果が現れます!

    Revolog フィルム 種類によって様々なユニークな効果が現れます!

    緑の発光体やイナズマ、引っ搔き傷などのユニークなエフェクトが現れるRevologフィルム。刺激的な写真が撮りたい方におすすめ!

  • Lomo LC-A+の魅力とは?

    2018-02-02 #gear
    Lomo LC-A+の魅力とは?

    長年にわたりたくさんの人々に愛されてきたフィルムカメラ Lomo LC-A+。このカメラのどこがそんなにいいの?と思う人もいるかもしれません。でも、LC-A+の写す世界を見れば一目で理由がわかるでしょう。この小さなボディには、クリエイティブな可能性がぎっしり詰まっているんです。

  • Petzval 85 Art Lensで光と遊ぶ:写真家 Audrey Kwok

    2017-06-29 #people crissyrobles の記事
    Petzval 85 Art Lensで光と遊ぶ:写真家 Audrey Kwok

    学校の写真のクラスがきっかけで情熱が芽生え、それが彼女のキャリアを切り拓いたと語る写真家の Audrey Kwok。シンガポールを拠点として活動する彼女の作品は、フレームの中でいまにも叫び出しそうな鮮やかな色が特徴的。今回彼女は Petzval 85 Art Lens でボケが織りなす美しい作品を撮影してくれました。

  • フィルム写真で覗く韓国・ソウル: Oh Jiwon

    2018-01-03 #people crissyrobles の記事
    フィルム写真で覗く韓国・ソウル: Oh Jiwon

    この街は、醜いものと美しいもの、希望と絶望でいっぱい。そして常にドラマティックなことが起きています。私は自分の目の前で起きていることを切り撮らなければいけないのです。

    1
  • ショップニュース

    あなたの大切なひと時を円形に閉じ込めて...

    あなたの大切なひと時を円形に閉じ込めて...

    170度の魚眼レンズで見る世界。いつもよりも、より一層愛らしく!動物の顔をアップで撮影して、デカ鼻のユニークな写真も面白い!

  • Fisheyeと一緒に真夏のプールへダイブ!

    2018-06-11 #gear
    Fisheyeと一緒に真夏のプールへダイブ!

    あなたはこの夏どこへいきますか?どこへ遊びに行くにしても、面白いカメラを持って出掛けてみましょう!もし今年の夏は海やプールに行く予定があるなら、 Fisheye No. 2と Fisheye Submarineを持って行くことをオススメします!

  • 2017年10月のトレンド写真

    2017-11-01 refallinsasaki の記事
    2017年10月のトレンド写真

    毎月多くの写真が投稿されるロモグラフィーのコミュニティー ロモホーム 。2017年10月に日本のロモホームで「Like」をたくさん集めた写真や、スタッフのお気に入りを発表します。台風が多かったので、あまりお出かけできなかった...なんて方も多いのではないでしょうか?

  • 《直営店Lomography+》クリスマスに向けてLong Shopping Hours実施!

    2017-12-13 #ニュース choko3 の記事
    《直営店Lomography+》クリスマスに向けてLong Shopping Hours実施!

    クリスマスまであとちょっと!『今年はちょっと面白いプレゼントをあげたいな』と思っているアナタに嬉しいニュース。直営店Lomography+では期間限定で営業時間を延長いたします!お仕事帰り、ちょっと遅い時間にお買物をしたい方はぜひ、Lomography+までお越しください!