【比較】クロスプロセスってどんな写真が撮影できるの?

1

皆さんは普段、どんなフィルムを使っていますか?カラーネガや白黒フィルムという方が多いかもしれませんが、いつもとは少し違った写真が撮影してみたい!という方にはロモグラフィーの クロスプロセスフィルム がおすすめです。

【クロスプロセスとは?】
一般的にフィルムといえば35mmのネガフィルムの事を指しますが、クロスプロセスで使用するフィルムは「 ポジフィルム 」です。このポジフィルム(別称スライドフィルム、リバーサルフィルム)は通常「 E-6 」とよばれるポジフィルム用現像液で処理されます。ですが、クロスプロセスの際は「 C-41 」と言うカラーネガ用現像液で処理されるのです。
ポジフィルムを通常のネガ現像、つまり“クロス”させることによって、より被写体の表情をきわだたせ、ハイコントラストな仕上がりになります。現像に出す際に「C-41現像」と伝えるのをお忘れなく!
▶︎ FAQ:クロスプロセスって何?

今日はカラーネガで撮影した写真とクロスプロセス写真がどう違うのか、わかりやすく同じ日に撮影した写真をご用意しました!まずはカラーネガで撮影した写真をご覧ください。

晴れた夏の日の午後。Lomography Color Negativeで撮影

そして、同じ日に撮影したクロスプロセス写真がこちら!

同日に撮影。 Lomography XPro 200 ISO 35mm で撮影し、C-41(クロス)現像処理。

どうでしょう?カラーネガと全く違った雰囲気ですよね。このザラザラ感や夕暮れのような雰囲気がたまりません。ただ、光が必要なフィルムなので曇りの日や室内だとフラッシュが必要な場合もあります。

shot by Lomo LC-A+
左:曇りの昼間、日の当たる電車内で撮影。右:夕日の当たる屋上で撮影。
shot by Lomo LC-A+
左:暗い屋内でフラッシュON。右:フラッシュなし多重撮影。

Simple Use Film Camera に クロスプロセスフィルムを詰め替えて撮影してみても面白いですよ!少しでも暗い場所では必ずフラッシュONで撮影してくださいね。
▶︎ Simple Use Film Cameraで Xproフィルムを使ってみました

shot by Simple Use Film Camera

今回ご紹介した写真はすべて Lomography XPro 200 ISO 35mm で撮影したものですが、その他のポジフィルムでもクロス現像は可能です。また違った色が楽しめると思うので、ぜひ試してみてくださいね!

ちなみにE-6(ポジ)現像した結果はこちら▶︎ クロスプロセス用フィルム XPro Slide 200 をリバーサル現像してみたよ!

2018-03-27 refallinsasaki の記事

関連商品

Lomo LC-A+

Lomo LC-A+

Lomo Kompakt Automat ( 通称 LOMO LC-A )は、1984年に旧ソ連で誕生したコンパクトオート35mmカメラ。LC-Aが写し出す鮮やかな発色、クラシカルなヴィネット、そしてコントラストの強い写真は90年代に世界的なムーブメントを巻き起こし、ロモグラフィー発祥のきっかけとなりました。そのLC-Aに機能を追加(+)して、生まれ変わったのがLomo LC-A+です!

1 Comment

  1. gakurou
    gakurou ·

    Lomography XPro 200はそんなに色が変わらないけど、フジフィルムのVelvia 50 は「(青)緑」、Velvia 100は「赤」、PROVIA 100 は「黄(緑)」に色が偏るので試してみてね。 写真プリントの時に「自動補正無し」にすると色の変化が際立つけど、Velvia 100は真っ赤になるから、普通に「自動補正あり」の方がいいかも。
    フィルムの写りの違いは、ここで比較してみてね。
    https://www.lomography.jp/films

他の記事を読む