Trees

Dianaにまつわるストーリー:忘れられない1枚

レトロでクラシックなデザインの Diana F+ 。もちろん魅力的なのはデザインだけではありません。そのローファイな写りで、記念日や誕生日、忘れられない旅、日常のささいな瞬間など、たくさんの人々の個人的な記憶を写してきたカメラです。今回は Diana F+で写した忘れられない一枚について世界中のロモグラファーに聞いてみました。

@awesomesther

Credits: awesomesther
「これは最初のフィルムで写した写真です。この時ちょうど、"Doubles Project"という実験をしていました。リオデジャネイロにいる @rodrigoalmeida からシンガポールの私のもとまで送られてきたフィルムでした。」
「とてもワクワクして、フィルムを受け取ってすぐに撮影に出かけたのを覚えています。撮った写真を確認できないドキドキ感がアナログ写真のいい所ですね。私が行ったことのない国がこの小さなフィルムの中に閉じ込められていて、その上にこの晴れたシンガポールの風景を重ねたらどうなるんだろうと想像しました。ドキドキやワクワクする気持ちで世界中の人と繋がることができる、それがロモグラフィーなんだと思います。」

@ululchen

Credits: ululchen
「私は旅行中だったり、新しい場所を訪れた際に写真を撮るのが好きです。これは今でもお気に入りの場所の一つである香港で撮った一枚です。多重露光が好きなのでカメラを逆さまにしてもう一度撮影したら、良い結果が生まれました。シンプルな図形のような形が気に入っています。」

@koduckgirl

Credits: koduckgirl
「ハワイからボラボラ島へのクルーズ中に撮った一枚です。ザ・ラブボートに出てそうな乗客と一緒に。」

@pearlgirl77

「結婚10周年のお祝いで夫とウィーンに滞在していました。有名なプラーター公園で撮った美しい一枚です。」

@adi_totp

「何年も前に撮ったけれど、今でもお気に入りの一枚です。この時、初めて長時間露光にチャレンジしました。ロモ友達と一緒にたくさんのカメラとギターを持って暗室へ入り、ライトペインティングをしようというアイディアでした。Gibsonのギターとのコラボのおかげでロックな一枚が出来上がりました!写真の仕上がりはもちろん、この日はワークショップみたいでとても楽しかったです。ロモ友達との良い思い出です。」

@xbalboax

「10年前にニューヨークのモントークで撮影した写真です。この日は Diana F+で4、5本もフィルムを使いきりました。記憶が正しければ、夏をテーマにしたコンペが開催中だったので、そのための写真を撮っていました。残念ながらコンペでは勝てなかったけれど、たくさんのクールなショットが生まれました。」

@linuxbcn

Credits: linuxbcn
「Dianaは私のお気に入りのカメラなので、どれがベストショットかなんて決められません。何千枚と写真を撮りました。でも選ぶとしたらこの一枚です。Lomography Redscale 100で撮影しました。このフィルムは、嫌いな人は嫌い、好きな人はすごく好きなフィルムだということを知っていました。私にとっては、非現実的な雰囲気を作り出す完璧なフィルムでした!露出はオーバーなくらいがベストショットを生み出すコツですね。」

@irbypace

Credits: irbypace
「フィルムスワップをしてみたいフォトグラファーにとって、Dianaは最高のカメラです。私は風景の中を歩くエイリアンを生み出しました。自分の想像した物語を視覚的に表現することのできるカメラです。」

@clownshoes

「この写真は私たちがフロリダのホームステッドに住んでいた頃に、友達が訪ねて来たときの写真です。1940年代に移民の Ed Leedskalninが一人で作ったという歴史的なコーラル・キャッスルへ行きました。この日私たちはそれぞれの Diana F+を持っていました。ゴールドの Diana F+を見ると、友達とお互いに写真を撮りあった魔法のような時間のことを思い出すんです。」

皆さん、素敵な写真をありがとうございました!あなたの写真もぜひ、 開催中のコンペティション で応募してくださいね。

2018-06-04 #gear

他の記事を読む