手作りのピンホールカメラ:Ray Panduro

人間の創造力に終わりはありません。この素敵なピンホールカメラを例に見てみましょう。写真愛好家の Ray Panduro が紙で作ったカメラです。

「Pinhole F」Dianaからインスパイアされたピンホールカメラ © Ray Panduro

Rayがカメラを作ったのはこれが初めてではありません。以前も厚紙やダンボールでピンホールカメラを作ったことがありました。 Pinolga という、クラシックなホルガの形をした中判ピンホールカメラです。

「Pinhole F」 © Ray Panduro

Rayが Pinolgaを作ったことは、ただの準備運動に過ぎませんでした。彼のクラフト技術は日に日に上達し、Diana ピンホールカメラの完成品を私達に見せてくれました。

「Pinhole F」と Diana+ © Ray Panduro

紙製(信じられますか?)の見た目もさることながら、写りも完璧。スペックを要約すると、焦点距離は40mm、絞りはf/150。ムーディーでソフトフォーカスな写真を撮ることができる中判フィルムを使用します。

Photos taken with the Pinhole F © Ray Panduro

Pinhole Fのサンプル写真は、美しいビネットと強いコントラスト、そしてシャープな写りが特徴的です。とても紙で作られたカメラだとは思えません!彼の創造力と技術には本当に驚かされました。

© Ray Panduro

彼は Dianaにインスパイアされた Pinhole Fに続き、いくつかピンホールカメラを作りました。その新しいプロジェクトには Sardine 35mmピンホールカメラや、Hasselbladからヒントを得た PinholeBlad、中判の Hawkeyeからインスパイアされた Brownie Pinholeがあります。Rayの素晴らしいカメラはぜひ Website でチェックしてみてくださいね。

2018-07-17 #gear #ニュース cheeo の記事

関連商品

Lomography Diana F+

Lomography Diana F+

時代を超越したドラマティックな写真を120mmフィルムのDiana F+で。素晴らしいソフトな写りに加え、レンズやインスタントバックをカスタマイズしてエフェクトや自由度も充分うみだします。

他の記事を読む