Diana Instant Squareのローファイな魅力とは?

まず、「ローファイ」とはいったい何?という方もいるでしょう。 ローファイ(Lo-Fi)とは、ハイファイ(Hi-Fi)の対義語。ハイファイが最新機器を使った音楽や写真、スタイルを指すのに対し、ローファイは高音質や高画質にこだわらず、雑音やノイズも作品の一部だという考え方。

ローファイな写真の原点は、1960年代に誕生したDianaに由来します。1980年代、ニューヨークのアングラな写真家たちは、ありきたりなものから逸脱するという目標をかかげました。近代主義の象徴ともいえるシャープな描写に終わりを告げたのです。彼らはローファイでアナログ的な写りを受け入れ、ピクトリアリズム(絵画主義)を連想させるソフトフォーカスを追求しました。ほどなくして、当時の型破りなこの Dianaという「トイカメラ」は、サブカルチャーにおいて重要な存在となりました。

Photo by Phyllis Chan

21世紀になっても、アナログ写真の人気はとどまることを知りません。私達の新しい Diana Instant Square は、ドリーミーなアナログ写真の人気を引き継ぐ役割を担っています。「完璧な写真」ばかり追求する必要はありません。この新しいインスタントカメラなら、Dianaのアナログらしい「不完全」でドリーミーな描写が、撮ってすぐに楽しめるのです!インスタントカメラの革命児である Diana Instant Square の特徴をまとめてみました。

クラシックなビネット

ローファイな写真の最大の特徴の一つは、ビネットです。ビネットとは写真の四隅の周辺光量落ちのことを言います。四隅がトンネルのように暗くなることで、中心の被写体が際立って見えるのです。多くの写真家がこのクラシックな写りを再現するためアプリやプログラムを使っていますが、 Diana Instant Square ならシャッターを押すだけでOK。フラッシュを使えば、よりドラマチックな写りになりますよ!

Photos by Mitchell Wojcik and Mirella Cardoso

ソフトフォーカス

ソフトフォーカスな写りは、写真を芸術として評価しようというピクトリアリズムの基本です。ソフトファーカスな写りを楽しめるオリジナルの Diana+同様、多重露光や長時間露光などの機能が Diana Instant Square には備わっています。史上最高のソフトフォーカスをインスタント写真で手に入れましょう。

Photos by Sam, Rob Detoyato, Jimmy Cheng

予測不能な効果を楽しもう

予測できない偶然はお好きですか? Diana Instant Square は予測不能な写りと、ゴージャスでアナログらしい「不完全さ」、そして独特のローファイな粒子感でいっぱいの写真をスクエアフォーマットに収めます。

Photos by Phyllis Chan, Danny, Mitchell Wojcik

「完璧な写真」にさよなら!写真をもっと自由に!

2018-07-02 #gear

クラウドファンディング実施中!

60年代に伝説的な人気を誇ったアナログカメラ Diana。2018年、正方形フォーマットのインスタントカメラとして生まれ変わる!Diana Instant Squareのクラウドファンディングプロジェクトは7/25(水) 23:59まで MotionGalleryにて実施中!鮮やかな色とコントラスト、特徴的なビネット、ふんわりとしたソフトフォーカスに予測できない光漏れ。そんな Dianaの写りを、撮ってすぐに楽しめる一台!

他の記事を読む

  • Diana F+ で撮影した私の代表作

    2017-08-24 #gear
    Diana F+ で撮影した私の代表作

    何千枚と写真を撮ってきた人でも、忘れられない「代表作」が数枚ありますよね。 Diana はそんな「代表作」を撮ることに優れたカメラです。もちろん機能的にもっと優れたカメラはいくらでもあるけれど、理由が説明できない魅力が Dianaにはあります。百聞は一見にしかず、ということで Dianaで撮影された代表作をご紹介します!

  • 【比較】クロスプロセスってどんな写真が撮影できるの?

    2018-03-27 refallinsasaki の記事
    【比較】クロスプロセスってどんな写真が撮影できるの?

    皆さんは普段、どんなフィルムを使っていますか?いつもとは少し違った写真が撮影してみたい!という方にはロモグラフィーのクロスプロセスフィルムがおすすめです。カラーネガで撮影した写真とクロスプロセス写真がどう違うのか、同じ日に撮影した写真を比べてみましょう!

    1
  • #イットガーリー SATSUKI × Diana Baby 110

    2018-05-15 erina の記事
    #イットガーリー SATSUKI × Diana Baby 110

    「it girl」とは、一躍時の人となった女性を言い表す言葉。その女性たちは、どこか言葉では言い表せないオーラや魅力を放っているもの。今回はフリーランスでマルチに活動している SATSUKIさんが Diana Baby 110で撮影した写真をご紹介。

  • ショップニュース

    全てがクラシカルなポートレイトレンズ

    全てがクラシカルなポートレイトレンズ

    Lomography New Petzval Lens は85mmのポートレイトレンズ。周辺のボケが渦巻くように現れ、中心の被写体へ視線を惹き付ける画を写し出します。Nikon FとCanon EFの2種類のマウントでご用意があり、こちらのマウントに対応するデジタル及びアナログカメラに対応しています。オンラインショップではその他のマウントアダプターやフィルター各種を取り揃えています。

  • #イットガーリー MANON × Simple Use Film Camera

    2018-05-08 refallinsasaki の記事
    #イットガーリー MANON × Simple Use Film Camera

    「it girl」とは、一躍時の人となった女性を言い表す言葉。その女性たちは、どこか言葉では言い表せないオーラや魅力を放っているもの。今回は16歳のモデル、そしてシンガーでもある MANONさんが Simple Use Film Cameraで撮影した写真をご紹介。

  • #イットガーリー AOI YAMADA × Lomo LC-A 120

    2018-05-02 refallinsasaki の記事
    #イットガーリー AOI YAMADA × Lomo LC-A 120

    「it girl」とは、一躍時の人となった女性を言い表す言葉。その女性たちは、どこか言葉では言い表せないオーラや魅力を放っているもの。今回はダンサーとして活躍する AOI YAMADAさんが Lomo LC-A 120で撮影した写真をご紹介。

  • #イットガーリー CHIE × Simple Use Film Camera

    2018-05-18 erina の記事
    #イットガーリー CHIE × Simple Use Film Camera

    「it girl」とは、一躍時の人となった女性を言い表す言葉。その女性たちは、どこか言葉では言い表せないオーラや魅力を放っているもの。CHIEさんがSimple Use Film Camera Color Negative 400で撮影した写真をご紹介。

  • ショップニュース

    ロモグラフィックな写りを簡単に楽しめる!

    ロモグラフィックな写りを簡単に楽しめる!

    【ロモグラフィーの Simple Use Film Camera(レンズ付フィルム)】さあ今すぐ撮影開始!ロモグラフィーのユニークなフィルムでの撮影を簡単に楽しめます。フィルムが既にセットされているので、購入したらすぐに撮影スタート可能。

  • #イットガーリー AYAMI × Simple Use Film Camera

    2018-05-12 erina の記事
    #イットガーリー AYAMI × Simple Use Film Camera

    「it girl」とは、一躍時の人となった女性を言い表す言葉。その女性たちは、どこか言葉では言い表せないオーラや魅力を放っているもの。今回は役者を目指すAYAMIさんが Simple Use Film Cameraで撮影した写真をご紹介。

  • 《生誕10周年》Diana F+ が歩んできた10年

    2017-10-18 #gear
    《生誕10周年》Diana F+ が歩んできた10年

    今年で10才になったロモグラフィーの Diana F+ は長年のファンも多い中判フィルムカメラ。そのドリーミーな写りはたくさんの人々を魅了してきました。たくさんのカラーやデザインから選べる Diana F+ シリーズ のカメラを、今日はおさらいしてみましょう!

  • 《生誕10周年》Diana F+ 多重露光ベストショット集

    2017-10-30 #culture
    《生誕10周年》Diana F+ 多重露光ベストショット集

    Diana F+ の描くドリーミーな風景が好き!というロモグラファーも多いはず。オリジナルの写りを復刻したこのレンズは、鮮やかな色彩から、ちょっと曇ったように淡い色など、夢の中のように美しい世界を描きます。特に多重露光撮影をすれば、そのドリーミーさはより一層強くなりますよ!

  • ショップニュース

    ファインダーを覗くだけでも楽しい!軽量二眼レフカメラ

    ファインダーを覗くだけでも楽しい!軽量二眼レフカメラ

    Lubitel 166+での撮影はとても実験的。上から覗き込むタイプのウエストレベルファインダーを使って思う通りにフレーミングできます。120フィルムと35mmフィルムが両方使えるので、飽きずに創作意欲も存分に湧き上がることでしょう。あなたもロモグラフィーのオンラインショップでLubitel 166+を手に入れて、アナログ写真の代表作を作りましょう!

  • アナログプリントと東京の街 :写真家 あしだち なお

    2017-11-18 refallinsasaki の記事
    アナログプリントと東京の街 :写真家 あしだち なお

    東京の街で様々な青年たちの姿を切りとった写真集 "boys in tokyo sentimental" は、写真家の あしだち なお さんによるもの。写真に写る青年たちだけではなく、それぞれの街の個性が捉えられていたのが印象的でした。アナログプリントや紙の写真が大好きだと語る彼女は、先日紙にまつわるイベント『Paper Bazaar』を開催したばかり。今日はそんな彼女に、アナログ写真の魅力について語っていただきました!

  • Lomo LC-A+と東京散歩:Rimi Sakamoto

    2018-05-09 refallinsasaki の記事
    Lomo LC-A+と東京散歩:Rimi Sakamoto

    普段はデジタルカメラで撮影しているフォトグラファーの Rimi Sakamotoさん。フィルムを使うのは久々という彼女が Lomo LC-A+で撮影した写真を Lomography Japanに送ってきてくれました!旅先から送られてきた美しいポストカードのような東京をちょっとだけご紹介。

  • フォトグラファー mick park × Lomography

    2018-05-24 keitauni94 の記事
    フォトグラファー mick park × Lomography

    惜しまれつつも生産中止が発表された高感度フィルム「NATURA 1600」。その開発にたずさわった mick parkさんは、当時言われていた「高感度撮影は荒れて使いものにならない」「暗いところはフラッシュ」という概念を壊した伝説的なフォトグラファー。今回はその実験的な作品の数々を紹介。