中判カメラを持ってロードトリップへ:一色一成

1

旅好きなフォトグラファーであれば、皆一度はアメリカでのロードトリップを夢見るもの。きらびやかな都市部、どこまでも広がる乾いた土地、田舎町で暮らす人々の姿。中判カメラを持ってアメリカ一周に挑んだ 一色一成 さんが捉えた様々な風景をご紹介します。

Image by Kazunari Isshiki

こんにちは、一成さん!今回の旅行についてお話を聞かせてください。まず、なぜアメリカを選んだのですか?

こんにちは!よろしくお願いします。昔からアメリカの音楽、映画などの文化が好きで、とても親しみを持っていました。今回は特に「ロードトリップ」という言葉に魅了され、どうせなら一周してやるぞと思い立ち、50日間の旅にフィルムカメラ4台を持って出かけました。中判カメラはハッセルブラッド500cmにレンズはカールツァイスのプラナーCF80mmF2.8。あとは35mmでナチュラクラシカ、ビッグミニ、コニカC35EFを持って行きました。

Images by Kazunari Isshiki

スタートはフロリダ州のオーランド。そこから、マイアミ、キーウエスト、ニューオリンズ、ダラス、マーファ、エルパソ、アルバカーキ、フラッグスタッフ、セドナ、パームスプリングス、サンディエゴ、ロサンゼルス、サンフランシスコ、シアトル、カリスペル、ラピッドシティ、シカゴ、ニューヨーク、ワシントンD.C.、オーランド。なんとなくのルートです。

今回の旅行に、なぜ中判カメラを持って行ったのか教えてください。

中判フィルムは、色、湿度、温度、艶、質感などが、目で見た感じそのままに写る気がします。ありのままのアメリカを、感じたままに、静かに、そして自然に写したかった。過去から現在に流れた時間と空気が中判フィルムには焼き付く気がします。僕はそういう写真が撮りたかったです。

Images by Kazunari Isshiki

旅の間、もっとも印象的だったことは何ですか?

たくさん有る様で無い様な感じです。車がパンクして焦ったり、夕日がとても綺麗で感動したり、孤独感で独り言を言い出したり、サンフランシスコのお寿司が美味しかったり、完全なる自由だったり。色々とあったけどやっぱり一番嬉しいのは、「おおっ」と思った場面に出会い、それをカメラで撮っている時ですね。その瞬間が一番元気が出ます。

Image by Kazunari Isshiki

今回のベストショットはどの写真だと思いますか?

難しいですが、一番最初に現像から上がってきた物の中にあった、道の写真が印象的です。期間が長かったので、何を撮ったかなんて忘れてますから、「あぁこんな所もあったなぁ」って感じでした。けれども、「長い間ロードトリップしたんだなぁ」としみじみ浸れる写真です。

Images by Kazunari Isshiki

普段はポートレイトやストリート写真を撮影されているそうですが、写真の構図を決めるときに1番大事なことは何ですか?

今、感じてるその場の空気を、そのまま写す事が大事だと思います。あと、あまり考えない。僕はなるべく自分の感情や意図を入れたくない。それを読まれると恥ずかしいので。自然光のみでレフ板も使わない方が自然だと思います。普通な物が撮りたい。それが逆に一番かっこ良くもあり、とても難しいけれど物の本質に近いと思います。

Images by Kazunari Isshiki

どんな写真家にでも会えるとしたら(死んでいても、架空の人物でもOK)、あなたは誰に会いたいですか?

マグナムフォトグラファー達や、ウィリアム・エグルストン、ロバート・アダムス、ティム・バーバー。飾らない感じの温度感がとても好きです。

Images by Kazunari Isshiki

これから、どんな日々を過ごしながら写真を撮っていきたいですか?

知らない物、知らない場所、見たことないものに触れるのが一番の幸せなので、もっと色んな所に出掛けて写真を撮っていきたいです。

Images by Kazunari Isshiki

次の目的地を教えてください。

次はタイに行きたいです。アジアも昔から好きで色々行きましたが、最近は久しく行っていません。アジアの喧騒、混乱、湿気、温度、匂いを感じたいです。湿度が高い方が僕の肌に合い、テンションも上がります。乾燥したアメリカとはまた違った写真が撮れると思います。


一色一成さんのその他の作品は Instagram または Website でご覧いただけます。

2018-09-11 #people

関連商品

Lomo Lubitel 166+

Lomo Lubitel 166+

Lubitel+は人生を愛する人向けのシンプルなカメラ。マニュアルコントロールは簡単なので満足に習得できます。日常使いで理想的な軽量なプラスチックボディ。生産が減少した2眼レフカメラの一つとして、最も手頃でハイクオリティの中判カメラとして、Lubitel+は信じられない価値と世界中のアナログフォトグラファーがワクワクする新機能を搭載しています。

1 Comment

  1. tokyo_local
    tokyo_local ·

    ご覧いただきありがとうございます!!
    35mmカメラで撮ったのもホームページに沢山ありますので
    ぜひとも見ていってください。
    よろしくお願いします!

他の記事を読む

  • 冬の木々に魅せられて

    2018-02-19 #tutorials hodachrome の記事
    冬の木々に魅せられて

    葉が落ちて枝の形があらわになった冬の木々…、冬の寒さや物哀しさを感じさせるシンボリックな光景のひとつですが、皆さんは写真に撮ったりしますか?色が乏しく素材としては難しいのですが、アイデアや技術、そしてロモグラフィーの個性的なフィルムを駆使することで面白い写真を撮ることができます。今回はそれらを紹介していきたいと思います。

    1
  • Lomo LC-A+の魅力とは?

    2018-02-02 #gear
    Lomo LC-A+の魅力とは?

    長年にわたりたくさんの人々に愛されてきたフィルムカメラ Lomo LC-A+。このカメラのどこがそんなにいいの?と思う人もいるかもしれません。でも、LC-A+の写す世界を見れば一目で理由がわかるでしょう。この小さなボディには、クリエイティブな可能性がぎっしり詰まっているんです。

  • 【テクニック記事】セルフフィルムスワップの方法

    2018-03-17 hodachrome の記事
    【テクニック記事】セルフフィルムスワップの方法

    ロモグラファーの皆さんが大好きな多重露光(重ね撮り)。ロモグラフィーのカメラには多重露光(MX)機能を備えたカメラがたくさんありますが、多重露光機能のないカメラではトライすることができないでしょうか?いえ、そんなことはありません。皆さんの持っているカメラでも多重露光が可能で、しかも素敵な作品が撮れる方法があります。今回その方法を紹介します♪

    1
  • ショップニュース

    全てがクラシカルなポートレイトレンズ

    全てがクラシカルなポートレイトレンズ

    Lomography New Petzval Lens は85mmのポートレイトレンズ。周辺のボケが渦巻くように現れ、中心の被写体へ視線を惹き付ける画を写し出します。Nikon FとCanon EFの2種類のマウントでご用意があり、こちらのマウントに対応するデジタル及びアナログカメラに対応しています。オンラインショップではその他のマウントアダプターやフィルター各種を取り揃えています。

  • Diana F+:変幻自在なスクエアフォーマット

    2018-06-15 #gear
    Diana F+:変幻自在なスクエアフォーマット

    無限の可能性を秘めた Diana F+。アクセサリーと一緒に使うことで様々な姿に変身するカメラです。今回はスクエアフォーマットがどのように変化するかに注目してみましょう!

  • Dianaにまつわるストーリー:忘れられない1枚

    2018-06-04 #gear
    Dianaにまつわるストーリー:忘れられない1枚

    Diana F+ は記念日や誕生日、忘れられない旅、日常のささいな瞬間など、たくさんの人々の個人的な記憶を写してきたカメラです。今回は Diana F+で写した忘れられない一枚について世界中のロモグラファーに聞いてみました。

  • フィルムカメラを持ってお花見へ

    2018-03-28 refallinsasaki の記事
    フィルムカメラを持ってお花見へ

    すっかり春めいて、今週東京では桜が満開!皆さん、お気に入りのフィルムとカメラを持って撮影に出かけていることと思います。ここでは、 ロモホーム で見つけたとっておきの桜の写真をご紹介します。今週末、どんなフィルムを使おうか悩んでいる方は参考にどうぞ!

  • ショップニュース

    ロモグラフィックな写りを簡単に楽しめる!

    ロモグラフィックな写りを簡単に楽しめる!

    【ロモグラフィーの Simple Use Film Camera(レンズ付フィルム)】さあ今すぐ撮影開始!ロモグラフィーのユニークなフィルムでの撮影を簡単に楽しめます。フィルムが既にセットされているので、購入したらすぐに撮影スタート可能。

  • Fisheyeと一緒に真夏のプールへダイブ!

    2018-06-11 #gear
    Fisheyeと一緒に真夏のプールへダイブ!

    あなたはこの夏どこへいきますか?どこへ遊びに行くにしても、面白いカメラを持って出掛けてみましょう!もし今年の夏は海やプールに行く予定があるなら、 Fisheye No. 2と Fisheye Submarineを持って行くことをオススメします!

  • 【テクニック記事】予期せぬアクシデントを楽しもう

    2018-07-26 hodachrome の記事
    【テクニック記事】予期せぬアクシデントを楽しもう

    フィルムカメラを使っていると思わぬアクシデントに見舞われることがありますよね。光カブリ、コマずれ、傷、感度劣化など。それらはせっかくの写真を損なう困ったものですが、一方でフィルムでしか味わえない魅力であったりもします。今回はテクニックではなくてそんなフィルム写真の思わぬ魅力について紹介していきます。

    2
  • Fisheye Baby 110で太陽をつかまえよう。

    2018-05-26 #gear
    Fisheye Baby 110で太陽をつかまえよう。

    太陽が登って世界が夏色に染まる季節です!さあ、写真を撮りに外へ出かけましょう。重いカメラは家に置いておいて、あなたが必要なのは小さくて、シンプルで、それでいてパワフルなカメラ。

  • ショップニュース

    初心者におすすめなコンパクトフィルムカメラ10選 【作例紹介】

    初心者におすすめなコンパクトフィルムカメラ10選 【作例紹介】

    フィルムカメラを始めてみたいけど、いきなり一眼レフを使いこなす自信がない...という人も多いはず。気軽なスナップ撮影や、使い捨てカメラからのステップアップには、 35mm コンパクトフィルムカメラがおすすめ。

  • 花を写す人:Chikako Watanuki

    2018-12-11 #people
    花を写す人:Chikako Watanuki

    東京を拠点に活動するフォトグラファーの Chikako Watanukiさん。彼女のフィルムカメラが写すのはたくさんの花。フィルムらしい粒子感と色で描かれた花たちの姿を見れば、アナログ写真の魅力が伝わってくるはず。

  • Petzval 58 で撮影されたミュージックビデオ:Ham Natdanai

    2018-09-04 #ビデオ dnimdnim の記事
    Petzval 58 で撮影されたミュージックビデオ:Ham Natdanai

    タイ人のシンガーソングライター Phum Viphuritの「Lover Boy」という曲を知っていますか?今年の夏、色々な場所で流れていたので聞いたことがあるという人もいるのではないでしょうか。この曲のミュージックビデオには、一部 Petzval 58 Bokeh Control で撮影された映像が使用されています。

  • Simple Use Film Cameraと街を自由にぶらつこう!

    2018-04-02 #gear
    Simple Use Film Cameraと街を自由にぶらつこう!

    その名の通り「シンプル」なこのカメラは、どこへ行ってもあなたと一緒。フィルムが既に入っているので、出会ったものを感覚的に写真におさめることができるんです!