松嶋初音:Neptune Art Lensと台湾旅行

ラジオやテレビなど様々なメディアで活躍する 松嶋初音 さん。実はレンズの Web連載 を持つほど、大の写真好きなんです。今回、台湾旅行へ行く彼女に Neptune Convertible Art Lens System を渡しました。超広角 Naiad 15mm で撮影した旅の思い出は、空気感や温度まで伝わってきそうですね。


Name: 松嶋初音
Twitter: HATSUNEXJAPAN
Instagram: hatsunex
Lens: Neptune Convertible Art Lens System

── はじめまして、松嶋さん!自己紹介をお願いします。

はじめまして!松嶋初音です。インタビューとっても嬉しいです。私はどんなことをしているかといいますと普段はゲーム関係の番組でMCを務めていたりJ-WAVEでしゃべっていたり、大好きなカメラの連載をしていたりします。

all photos by Hatsune Matsushima

── 写真を撮り始めたのは、いつごろ、どんなきっかけですか?

子供の頃、親からコンパクトフィルムカメラを渡されて旅先で自由に撮影していた思い出があります。もちろんピントも合っていないですし画角や構図もめちゃくちゃで見るに耐えないものでしたが(笑)

ですが幼い頃からカメラを持たせてもらえていたので小学生くらいからインスタントカメラや使い捨てカメラなどでよく友達の写真を撮っていました。ちゃんとしたカメラを始めたのは十代の終わりくらいです。初めて手にしたのはロモグラフィーの LC-A だったと思います。

── 普段使っている機材を教えてください。

ソニーのα7Ⅱです。基本的にヘリコイド付きのアダプターを付けてオールドレンズやマニュアルレンズを楽しんでいます。フィルムだとコンタックスのAriaかライカのM3です。

── 何を撮影することが多いですか?

人物が多いですね。仕事柄地方に行くことも多いので、そこで出会った人を撮ることも多いです。写真を通して仲良くなれたりするのでカメラを趣味にしていて良かったと思える瞬間です。あとは自分が飼っているパグのこぶしです。表情が豊かな子なので撮っていて楽しいです。

── 今回、Neptune Convertible Art Lens System を使ってみた感想を教えてください。

フロントレンズをすぐに変えられるのがとても良かったです。旅に行く時やロケに行く時、いつも何ミリのレンズを持って行こうって選択肢を絞らなければならず、結局旅先で「80mm持ってきたら良かった……。」とか後悔することも多かったのですが、Neptune Art Lensはフロントレンズがとてもコンパクトなので全て持っていけてどんなシーンにも対応出来る。小さなカバンにも入れられますし、レンズを交換するのも素早くできる。シャッターチャンスを逃さない。しかも見た目も可愛い。とにかくいいところが多かったです。

── どのフロントレンズが一番好きですか?

15mmと80mmですね。15mmのNaiad はもう本当に最高の一本だと思いました。線の太さや写りの個性、超広角で迫力があり開放的、奥行きの出しやすさなど素晴らしいの一言に尽きます。80mmはフィルム感が出るというか、オールドっぽい写りになるのがすごく良かったですね。自分が撮った写真を見せると「写真がうまい!」と言われることも多かったです。

── お気に入りの一枚を教えてください。

夫婦で行った台湾旅行の一枚ですね。場所は台中にあるレインボービレッジというところ。取り壊しが決まった場所におじいさんが勝手に絵を描いてしまい、それが観光名所になったという場所です。カラフルでポップなイラストとロモグラフィーのレンズの相性がとても良くて、すごく気に入っています。この写真はロモグラフィーのマガジンにも掲載させていただけて思い出に強く残る一枚です。

shot by Hatsune Matsushima with Naiad 15mm Neptune System Front Lens

── 今後の予定を教えてください。

引き続きカメラを楽しんでいきたいです。私は色々な人の作品を見るのも大好きなのでたくさん感化されて影響されて、自分の個性ある写真を撮っていけたら良いなと思っています。私のカメラ関係の活動は、modul.jp のウェブ連載で見ることができますのでぜひそちらも見てもらえたら嬉しいです。


松嶋さんのその他の作品は Instagrammodul.jp でご覧いただけます。

▶︎ レンズから始める沼生活5話-07「ロモレンズレビューまとめ:初音パイセン世界デビュー!と人の写真をほめるということ」
▶︎ modul.jp Twitter

2018-10-04 keitauni94 の記事

他の記事を読む