Lomopedia : Contax T2(コンタックスT2)

Contax Tシリーズの2機種目のモデル Contax T2(コンタックスT2) は、ハイエンドユーザー向けにデザイン・生産されたコンパクトカメラ。誰もが憧れるこのカメラについて、Lomopediaを見てみよう。

Photo by Himmel-R on Flickr

初心者におすすめなコンパクトフィルムカメラ10選 【作例紹介】 でも紹介した Contax T2 は、プロやアマチュア、コレクターまであらゆる人々から賞賛されている。1990年にハイエンドコンパクトカメラの Contax Tシリーズから第2モデルとして誕生し、高級感のあるチタンシルバー、チタンブラック、限定モデルのゴールドなどのカラーリングがある。

Ricoh GR(リコーGR)はこのカメラのライバルとも言われている。T2はマルチコーティング 38mm f/2.8 Carl Zeiss T Sonnar レンズを搭載しており、Japan Camera Hunterの Bellamy Huntは「通常、ハイエンドな一眼レフに使われることが多いレンズ」と語っている。

Credits: zorkixbalboaxvicisaintempiredannyedwards & milos

性能

  • 形式: 35mm オートフォーカスコンパクトカメラ - 自動露出・自動フラッシュ搭載
  • フィルムサイズ: 24 x 36 mm
  • レンズ: Carl Zeiss T* Sonnar f2.8/38mm (4群5枚)
  • 絞り: f/2.8-f/16
  • 焦点距離: 0.7 m から無限遠
  • シャッター: レンズ間シャッター式、絞り優先プログラムAE式電子シャッター
  • シャッタースピード: 8 -1/500
  • 測光方式: シリコンフォトダイオード(SPD)受光素子使用、 AEロック時 中央部重点平均測光
  • 露出連動範囲: EV 3 - 17(ISO 100)
  • 露出補正: +/-2 EV 0.5EVステップ
  • フィルム感度: ISO 25 - 5000(※DXコードがない場合は ISO 100 に設定)
  • フォーカス: オートフォーカス、またはマニュアルフォーカス(0.7 mから無限遠)切り替え可能
  • ビューファインダー: 逆ガリレオ型採光式ブライトフレーム
  • ファインダー内表示: 撮影範囲フレーム、フォーカスフレーム、シャッタースピード、フラッシュマーク、露出補正表示、プログラム表示
  • フラッシュ: 赤目軽減のためのプリ発光機能付き、 充電時間約3.5秒(新品の電池、常温使用下の場合)
  • フラッシュ撮影距離: 0.7-3m(lSO100)
  • セルフタイマー: 電子式(作動時間10秒)
  • フィルム装填: オートローディング式
  • * フィルムカウンター:* 1からカウント
  • 巻き戻し: 自動巻き上げ、自動巻き戻し、オートストップ、途中巻き戻し可能
  • 裏蓋: セラミック製フィルムプレッシャープレート、データバック交換可能
  • 電池: 3Vリチウム電池 (CR123AまたはDL123A)1本
  • 大きさ: 119 x 66 x 33 mm
  • 重さ: 295 g(電池抜き)

参考文献: Camerapedia, BrunerDog, Japan Camera Hunter, Butkus.org.

2018-12-19 #gear #people plasticpopsicle の記事

旅やストリートで活躍するコンパクトなワイドレンズ Lomogon。アナログカメラ LC-Aを彷彿とさせる生き生きとした写りと、スマートなダイヤル式絞り。ロモグラフィー渾身の一眼レフ用レンズが登場。MotionGalleryでプロジェクトがスタート!クラウドファンディングでは最大40%OFFでレンズを支援できます。

他の記事を読む