花を写す人:Chikako Watanuki

東京を拠点に活動するフォトグラファーの Chikako Watanuki さん。彼女のフィルムカメラが写すのはたくさんの花。フィルムらしい粒子感と色で描かれた花たちの姿を見れば、アナログ写真の魅力が伝わってくるはず。

Name: Chikako Watanuki
Lomohome: @chichic
Instagram: chichic
Twitter: chichic


こんにちは、Chikakoさん!フィルム写真楽しんでますか?

こんにちは!休日は気楽に写真を撮ることを楽しんでいます。最近は1本撮り終わるのに少し時間がかかるようになった気がします。

フィルムで写真を撮り始めたのはいつからですか?きっかけがあれば教えてください。

2004年に初めてロモグラフィーのカメラ Lomo LC-A を買いました。雑誌に載っていた鮮やかな写真やクロスプロセスの描写に衝撃を受けたのがきっかけでした。今までに私が見たことのない写真ばかりで、いい意味でショックを受けたのを覚えています。でも初めて撮影した1本は、私が想像していた写りとは大きく異なる結果で残念でした。ですがその後もフィルムカメラで撮影を続けて、色々な方法を試しました。

数年後、Polaroid SX-70を試す機会がありました。ユニークでソフト、ノスタルジックで不完全な写りが大好きになりました。それから意識してドリーミーな雰囲気の写真を撮るようになっていきました。

今までにたくさんの花を撮影されていますね。普段、どこで花を見つけますか?

東京で撮影しています!1年を通して様々な花を見つけることができるんですよ。お店のウィンドウに飾られている花を撮影することもありますね。窓の反射と花の組み合わせが上手く写ることが時々あるんです!

Chikakoさんが暗室で焼いたカラープリント

どんなものからインスピレーションを得ますか?

ドリーミーで、繊細なディティールを持ったイメージに惹かれます。撮影する時は、光や色で遊ぶことを楽しんでいます。

もしフォトグラファーとコラボレーションできるとしたら、誰がいいですか?(生死問わず、架空の人物でもOK)

歩きながら1人で撮影するのが好きですが、Vimpt とお茶を飲めたら楽しいでしょうね。彼らのプロジェクトも好きですし、ソルトプリントについても詳しく知りたいです。彼らに私の写真をプリントしてもらうのが夢なんです!

毎日どんなふうに過ごしていますか?Chikakoさんの1日を教えてください。

私の1日...。面白い質問ですね。普段は日々のことに追われながら過ごしていますよ。予定がない時は、写真を撮りながらゆっくりと過ごしています。特に面白いことは無いかもしれません笑

今後、挑戦してみたいことはありますか?

また暗室作業がしたいです。カラープリントは難しいですが、もっと挑戦して暗室作業から自分の写真を知っていきたいです。あとはブループリントやアルビューメンプリントもいいですね。


その他の Chikakoさんの作品は InstagramTwitter でご覧いただけます。

2018-12-11 #people

New Petzval 85 Art Lens

シャープさと中央の明瞭さ、強い彩度、背景に渦巻くボケ、アートフルなビネットや、浅い被写界深度等の特徴的な写り。

他の記事を読む