アナログ世界紀行:トランスファガラシャン、ルーマニア

1

「アナログ世界紀行」ではロモグラフィーのコミュニティーメンバーが世界中から素敵な風景をお届けします! 今日は Radka Smolíkováがルーマニアの不思議な風景 トランスファガラシャン をご紹介。トランスファガラシャンとは標高2034m地点を通っているルーマニアの国道。

名前: Radka Smolíková
ロモホーム: @smolda
SNS: Instagram
カメラ: Lomo LC-A
フィルム: LomoChrome Purple XR 100 – 400 (New formula)
場所: トランスファガラシャン、ルーマニア

私が今までに運転した道で、もっとも高い場所の一つはトランスファガラシャン。ファガラシュ山脈にあるルーマニア最高峰の2つの山の間を通る道です。道中にはたくさんのビュースポットがあります。ブレア湖を上から見下げるスポットと、バレア湖から見上げるスポットがあり、どちらにも行きたかったんですが、10月中旬で山頂の方はすでに雪に覆われていました。でもその風景がとても美しかったです。

他にも素晴らしいスポットがたくさんあって、バレア滝もそのうちの1つです(30分ほど坂を歩きます)。バレア湖(氷が張っていました)はもちろん、ビドラル湖(ヨーロッパで5番目に大きなダム)、ポエナリ城(1480段も階段も上らないといけません)もおすすめです!BBCの番組「トップ・ギア」で世界一の道と言われたように、運転中はすべてが楽しかったです。11月から6月は道が閉まっていることもあるので、事前にチェックするのをお忘れなく!


あなたも"アナログ世界紀行"に投稿してみませんか?興味を持った方は eunice.abique@lomography.com まで、件名を「Around the World in Analogue」にしてご連絡ください(コミュニケーションは英語のみとなります)。あなたの忘れられない旅の思い出をロモグラフィーで共有しましょう!※投稿をご希望の方は こちらのガイドライン(英語) もご確認ください。

2018-12-06 #places

旅やストリートで活躍するコンパクトなワイドレンズ Lomogon。アナログカメラ LC-Aを彷彿とさせる生き生きとした写りと、スマートなダイヤル式絞り。ロモグラフィー渾身の一眼レフ用レンズが登場。MotionGalleryでプロジェクトがスタート!クラウドファンディングでは最大40%OFFでレンズを支援できます。

他の記事を読む