ゴトウヨシタカ フィルム写真展 RISK TAKER VOL.4

2018年5月に大阪から始まったゴトウヨシタカさんの写真展「RISK TAKER」シリーズが、北海道、東京と続き、今回は名古屋で開催されます!

撮影時に異なる被写体を重ねて撮影する多重露光は、現像をするまで結果がわかりません。さらに作品の多くは、撮影したフィルムを巻き戻した後に、再度カメラに再装着して1回目に撮影したフィルムに重ねて撮影する方法(セルフフィルムスワップ)です。
空間と時間を超えて撮影するこの技法は、フィルムのコマずれの危険性があり、また必ずしも想像した通りの結果が得られるものではありません。しかし、それを恐れずに作品作りを楽しむ私のスタイルを「RISK TAKER」という言葉で表現してこのタイトルと致しました。
期間中は土日祝日に在廊し、また平日もできる限り在廊をする予定ですので、お近くにお寄りの際には是非お立ち寄りください。

展示詳細

  • 会場: garage NAGOYA
  • 会期: 2018年12月28日(金)〜2019年1月15日(火)10:00 - 20:00
  • 休業日: 12/31(月)、1/1(火)、1/2(水)
  • 住所: 愛知県名古屋市中村区平池4-60-12 グローバルゲート 3F,4F

インスタントカメラによる多重露光撮影体験

在廊中には、ロモグラフィーのインスタントカメラ Lomo'Instant Automat Glass を使った、多重露光撮影を体験することができます。基本的に参加者を多重露光にて双子のような構図で撮影を致します。所要時間は約10分。撮影した写真はその場で見ることができ、お持ち帰りできます。体験料金は3枚600円です。予約不要、在廊中は随時受付可能です。SNS映え間違いなし不思議な写真を体験してみましょう!

ゴトウヨシタカ (写真家)
京都産業大学経営学部卒。digmeout (FM802/FM COCOLO) 登録アーティスト。2008年にLomography社製のフィルムカメラに出会い、それまで使っていたデジタル一眼レフカメラを封印。既成概念に捉われず、撮影を楽しむユーザーに触発され多重露光に没頭。CGやSF映画の様な世界を多重露光やクロスプロセス現像といったアナログの手法でいかに表現できるかを常に考えて作品制作を行う。それらの作品は時に幻想的で時にクレイジーな作品として様々なコンペで評価を受ける。作品発表は東京、大阪を中心に個展を開催し、国内外のアートフェアにも出展。作品の多くはLomographyの公式サイト、SNSにてサンプルやプロモーション写真として採用される。また各種広告やフライヤーのアートワークも担当。そしてフィルムカメラによるワークショップの自主企画及び専門学校での客員講師を勤める。またトークイベントのゲスト出演などの活動も国内外で行う。

Web: www.photobox.jp/
Lomohome: gocchin
Instagram: lomogocchin

2018-12-06 refallinsasaki の記事

Lomo'Instant Automat Glass

大航海時代のポルトガル冒険家フェルディナンド・マゼランと、航海者たちが夜の船上で見上げたであろう星々やその航路にインスパイアされ、Lomo’Instant Automat Glass Magellan が誕生しました!ボディーは海のさざ波を表現した凹凸のあるマットブラックカラー。海の道しるべとなる輝く星のような鮮やかなネオンオレンジをアクセントとしたデザイン。 焦点距離38mmのマルチコートガラスレンズを搭載し、インスタント写真で驚くほどクリアな写真をお楽しみいただけるようになりました。

他の記事を読む