冬のフォトウォークへ出かけよう

冷たい空気、長い夜、そして舞い散る雪。冬のフォトウォークをしてみませんか?冬だからこそ外に出て、この季節にしか撮れない写真を撮ってみましょう。もちろん、あたたかい服を着込むことを忘れないで!外はとても寒いですからね。

Credits: anarchy

冬の太陽に包まれて

冬の太陽は地平線の低い位置にあり、空高くまで登りません。この季節は太陽のアングルが地平線に小さく現れるので、ブルーアワーやゴールデンアワーといったマジックアワーが長時間現れます。影が暗く長くなり、よりドラマチックに立体的な光を捉えることができます。この素晴らしい風景を、シャープな写りのDIY一眼レフカメラ Konstruktor F で撮ってみてはいかがでしょう?パノラマカメラのHorizon Kompakt もいいですね!冬の空気は冷たく、とても澄んでいます。遠くの景色もはっきりと見ることができるでしょう。夏の太陽とは全く異なった雰囲気になりますよ。

Credits: onkel-mjuliagulia & patrix

誰もいない場所

グッドニュースです!冬空の下、ほとんどの人は寒さに耐えかねて屋内にいます。外は人がまばらなので、景色を独り占めできますよ。他の人からのプレッシャーもなく、混雑を気にする心配もありません。好きな公園や通りへ、誰もいない景色を撮りに行きましょう。手袋をお忘れなく!

Credits: viciantoniocastelloadashlighthouseblueszorki & rewd

雪のキャンバス

地面に雪が降り積もり真っ白になったら、それはアイディアを描くキャンバスに早変わり。効果的に色を使ったり、ユニークなシルエットを探し出して、被写体を際立たせてみましょう。Color Negative 400 を使えば色鮮やかな結果を得ることができますよ!

Credits: pearlgirl77artichekterikagrendellafilledeer & why-yu

ムードを変えて

雪が必ずしも真っ白でなければならないことはありません。 レッドスケールフィルム がムードを作り出す手助けをしてくれるでしょう。あたたかくロマンチックな冬の雰囲気にしたいときは、感度200に設定してみてください。感度50に設定すると、寒々しいブルーグリーンになって、冷たい空気を強調することができますよ。 Diana F+ のカラージェルフィルターで遊ぶのもオススメです。

Credits: dreamsellerchilledvondub & stouf

冬のイルミネーション

長くて暗いクリスマスや年末年始の夜を、カラフルな電灯で彩りましょう。街では様々なイルミネーションを見ることができますよ。Daguerreotype Achromat 2.9/64 Art LensPetzval 58 Bokeh Control Art Lens の絞りプレートを使って、ユニークなボケを楽しみましょう!

Credits: peterpan61cheesothebluesbernardofuller & digitalalien

冬の写真が撮れたら ロモホーム にアップロードして、シェアしてくださいね!

2018-12-19 #tutorials

Daguerreotype Achromat 2.9/64 Art Lens

Daguerreotype Achromat 2.9/64 Art Lensがあれば、シャープなイメージ、ソフトフォーカスの両方が一本のレンズで撮影できます!挿入する絞りプレートによってボケの発色、質感をコントロール可能。表現の可能性が無限大に広がる魔法のような一台です。

他の記事を読む