#嫁グラフィーと Daguerreotype Achromat:杉本優也 (@u_ya021)

    #嫁グラフィー ハッシュタグを作った 杉本優也 (@u_ya021) さんは、普段からご夫婦であちこち撮影に出かけているそう。今回はロモグラフィーのアートレンズ Daguerreotype Achromatを渡して、ドリーミーな写りや絞りプレートを楽しんでもらいました。インタビューでは #嫁グラフィー についてや、レンズの感想を聞いてみました。

Name: 杉本優也 (@u_ya021)
Lens: Daguerreotype Achromat 2.9/64

── 杉本さん、こんにちは。簡単に自己紹介をお願いします!

こんにちは!#嫁グラフィー というテーマでひたすら妻をモデルに写真を撮っています。インスタグラムやツイッターで是非検索してみてください^ ^

── 杉本さんが作られた #嫁グラフィー というハッシュタグですが、撮り始めたきっかけはあるんでしょうか?

元々はポピー畑で花畑の景観を撮っていて、その時にアクセントとして通路に立ってもらったものをSNSに載せたところ反響が大きく、これは突き詰めたら面白いのでは?と思ったのが始まりです、今ではライフワークになっています。タグは最初はツイッターでつけたと思うのですが、今ではぼく以外にも奥さんを撮った方々が付けてくださってニュースにもなったりしたので、みなさんも是非付けて投稿してください^ ^

ぼくは見るのが好きでインスタグラムやツイッターでよく#嫁グラフィーをつけてくださった方の写真をみてます。

── #嫁グラフィー を撮る際に気をつけていることはありますか?

ちょっとおしゃれな記念写真という、ラフなテーマで撮影しているのですが、反面レタッチや構図、ピントやアイデアなど、色々な要素を詰め込んでいてそれらのバランスやクオリティには気を配っています。作品としてどこにでも出せるような感じとでも言いましょうか、常にとなりにいる人だからこそ可愛く綺麗に撮りたいなと言うのは心掛けています。

── 今回使っていただいたレンズ Daguerreotype Achromat 2.9/64 はいかがいでしたか?

ファインダーを覗いた時にびっくりしました。すごくドリーミーな写りで、色彩豊かで光に敏感な印象を受けました。反面ピント面は少々甘いかなと思ったのですが、後で確認すると線は線として生きていたので一本こういったレンズがあると作風の中でアクセントになってくれるだろうなという感じでした。

空間としてまるごと素敵に写してくれるので日の丸構図でテンポよく撮れるところも魅力でした。従来であれば、やはり日の丸が続くと飽きてしまうのですがこれだけ多彩な写りをするので、面白さが勝ちますし、ちょっと角度を変えるだけで別物に化けてくれるのでその辺はとても楽しかったです。

ペッツバール も気になっていて、このレンズの淡さでさらに85mmの圧縮効果が乗るのかと思うと使ってみたいと思いますね。

── 観覧車がシンボリックで素敵ですね。今回はどこで撮影しましたか?

葛西臨海公園で撮影しました。木漏れ日や夕陽、海の光など光のバリエーションが豊富な所の方が遊べるのではないかと思いそこにしました。結果的にとても面白いフレアや光、そして観覧車のような硬い被写体すらも淡く写してくれたのでロケ地の選択としては大正解だったなと思っています。

1つ意外だったのが、逆光でこそ効果的なレンズと思っていたのですが、マフラーがなびいてる写真などは順光です。順光の時はドリーミーな写りは少し大人しくなります、しかし背景が淡さを残しつつもしっかり諧調が残っています。全て淡くなってしまうと背景が生きにくくなるかなと心配してたのですが、こういった撮り方でロケーションとの共存もできるのは嬉しい驚きでした。その場所で撮る意味というものをちゃんと写してくれるのは本当にありがたいです。

── お気に入りの一枚や、撮影中の裏話などあれば教えてください!

赤いフレアが嫁ちゃんに被ってる夕陽の写真が特にお気に入りです。まずこのレンズで無ければ撮れないですし、フレアの滲みとシルエットの組み合わせが面白く、かなり撮りました。面白かったのが本当に数ミリ動くだけでどんどんフレアや滲みが表情を変えるので夢中になって撮りすぎてしまいました。多分ここだけで150枚とか笑

同じのばかりを載せてもと思ったのですが、この記事の公開後には自分のSNSにも載せたいなと思っています。

── どの絞りプレートが好きでしたか?

基本的に開放大好きなので1番開放のものを使っていましたが、最後に観覧車をぼかして撮ったものはお気に入りです。夕方から夜にかけての光に色々な表情を持たせられるので今度は都心の夜の光とか、もっといろんなバリエーションで撮りたいと思いました。絞りプレートがいっぱいあってどれかしらは好みの形をしていたり、あるいはどれかしらはそのシチュエーションにマッチするだろうというくらい種類があるので良いですね。選択肢が多いほど遊べますし、個性も出せるので面白かったです。

photos by Yaya Sugimoto with Daguerreotype Achromat 2.9/64

── 今後の予定を教えてください。

これからも嫁ちゃんを撮り続けるだけですが、今年はフィルムをもう少し追い込んで取り組んでみようかなと思っています。実は Lomographyのフィルムカメラが気になっています笑


杉本さんのその他の作品は過去のインタビュー記事InstagramTwitternote でご覧いただけます。

▶︎ Lomo'Instant Automatと過ごす時間:杉本優也(@u_ya021)

2019-02-07 refallinsasaki の記事

Daguerreotype Achromat 2.9/64 Art Lens

Daguerreotype Achromat 2.9/64 Art Lensがあれば、シャープなイメージ、ソフトフォーカスの両方が一本のレンズで撮影できます!挿入する絞りプレートによってボケの発色、質感をコントロール可能。表現の可能性が無限大に広がる魔法のような一台です。

他の記事を読む

  • Lomo'Instant Automatと過ごす時間:杉本優也(@u_ya021)

    2018-11-28 refallinsasaki の記事
    Lomo'Instant Automatと過ごす時間:杉本優也(@u_ya021)

    Lomo'Instant Automatを持って北海道へ出かけた杉本優也さん。写真好きな奥さまとのエピソードや、カメラの感想などたくさん語っていただきました!

  • Lomo LC-A+と東京散歩:Rimi Sakamoto

    2018-05-09 refallinsasaki の記事
    Lomo LC-A+と東京散歩:Rimi Sakamoto

    普段はデジタルカメラで撮影しているフォトグラファーの Rimi Sakamotoさん。フィルムを使うのは久々という彼女が Lomo LC-A+で撮影した写真を Lomography Japanに送ってきてくれました!旅先から送られてきた美しいポストカードのような東京をちょっとだけご紹介。

  • Diana Instant Square についてよくあるご質問 ~クラウドファンディング編~

    2018-06-22 keitauni94 の記事
    Diana Instant Square についてよくあるご質問 ~クラウドファンディング編~

    ついに日本でのクラウドファンディングプロジェクトが 6/22(金) 12:00 より始まった、クレイジーな写りを存分に楽しむことのできるDiana Instant Sqaure!みなさまからよくお問い合わせ頂くご質問をこちらにまとめました。クラウドファウンディングが初めてで不安という方も、気になる点はこちらでチェックしてみてくださいね。MOTION GALLERYでのご支援お待ちしております!

  • ショップニュース

    Lomography フィルム

    Lomography フィルム

    カラーやモノクロ、クロスプロセス用フィルムまで Lomographyは数多くのオリジナルフィルムを製造しています。35mm、110、120フォーマットの中から好みの1本を探してみてくださいね。

  • Daguerreotype Achromatと旅したノルウェーの風景:Maya Beano

    2018-04-26 #people
    Daguerreotype Achromatと旅したノルウェーの風景:Maya Beano

    ケンブリッジを拠点として活動するフォトグラファー Maya Beanoが描く光は柔らかく、そしてドラマチック。彼女が Daguerreotype Achromat Art Lensで撮影したノルウェー北部の夢のような景色をご覧ください。

  • アナログ世界紀行:ドバイ、アラブ首長国連邦

    2018-04-09 #places
    アナログ世界紀行:ドバイ、アラブ首長国連邦

    「アナログ世界紀行」ではロモグラフィーのコミュニティーメンバーが世界中から素敵な風景を紹介いたします!今日はロモグラファーのMélanie Hubert-Crozet (@melanie_hc) が撮影したドバイでの多重露光ショット。アナログ写真でみるドバイは、私たちがイメージする街とは少しちがっていて何だか不思議。

  • 花を写す人:Chikako Watanuki

    2018-12-11 #people
    花を写す人:Chikako Watanuki

    東京を拠点に活動するフォトグラファーの Chikako Watanukiさん。彼女のフィルムカメラが写すのはたくさんの花。フィルムらしい粒子感と色で描かれた花たちの姿を見れば、アナログ写真の魅力が伝わってくるはず。

  • ショップニュース

    あなたの大切なひと時を円形に閉じ込めて...

    あなたの大切なひと時を円形に閉じ込めて...

    170度の魚眼レンズで見る世界。いつもよりも、より一層愛らしく!動物の顔をアップで撮影して、デカ鼻のユニークな写真も面白い!

  • 【フィルムビギナー】どんなフィルムを使ったらいいの?

    2018-09-20 #tutorials cheeo の記事
    【フィルムビギナー】どんなフィルムを使ったらいいの?

    一言でフィルムと言っても、どれを選んだらいいかわからない!という人も多いはず。まずはシンプルに、この4種類から選んでみましょう。

  • Naiadで撮影された迫力満点のショット

    2018-05-29
    Naiadで撮影された迫力満点のショット

    先日発売されたばかりの Naiad で撮影された写真が Lomographyに届きました!焦点距離15mmの写りは、何を撮っても迫力満点。フィルムでもデジタルでも、カラーでも白黒でも、どんなシーンでも活躍する頼もしいレンズです。台湾やサンフランシスコ、ホノルルなど世界中のユーザーがいち早く撮影した写真をご紹介します!

  • 【比較】クロスプロセスってどんな写真が撮影できるの?

    2018-03-27 refallinsasaki の記事
    【比較】クロスプロセスってどんな写真が撮影できるの?

    皆さんは普段、どんなフィルムを使っていますか?いつもとは少し違った写真が撮影してみたい!という方にはロモグラフィーのクロスプロセスフィルムがおすすめです。カラーネガで撮影した写真とクロスプロセス写真がどう違うのか、同じ日に撮影した写真を比べてみましょう!

    1
  • ショップニュース

    全てがクラシカルなポートレイトレンズ

    全てがクラシカルなポートレイトレンズ

    Lomography New Petzval Lens は85mmのポートレイトレンズ。周辺のボケが渦巻くように現れ、中心の被写体へ視線を惹き付ける画を写し出します。Nikon FとCanon EFの2種類のマウントでご用意があり、こちらのマウントに対応するデジタル及びアナログカメラに対応しています。オンラインショップではその他のマウントアダプターやフィルター各種を取り揃えています。

  • #イットガーリー AYAMI × Simple Use Film Camera

    2018-05-12 erina の記事
    #イットガーリー AYAMI × Simple Use Film Camera

    「it girl」とは、一躍時の人となった女性を言い表す言葉。その女性たちは、どこか言葉では言い表せないオーラや魅力を放っているもの。今回は役者を目指すAYAMIさんが Simple Use Film Cameraで撮影した写真をご紹介。

  • #イットガーリー × Lomography 写真展「it times lomo.」

    2018-04-26 refallinsasaki の記事
    #イットガーリー × Lomography 写真展「it times lomo.」

    #イットガーリー はインフルエンサーたちの日常を温かみのあるフィルム写真で切り取った写真集。いままで様々な形でコラボしてきた #イットガーリー × Lomographyが今回展示を開催することとなりました!来場者プレゼントもあるのでお楽しみに。

  • 【テクニック記事】セルフフィルムスワップの方法

    2018-03-17 hodachrome の記事
    【テクニック記事】セルフフィルムスワップの方法

    ロモグラファーの皆さんが大好きな多重露光(重ね撮り)。ロモグラフィーのカメラには多重露光(MX)機能を備えたカメラがたくさんありますが、多重露光機能のないカメラではトライすることができないでしょうか?いえ、そんなことはありません。皆さんの持っているカメラでも多重露光が可能で、しかも素敵な作品が撮れる方法があります。今回その方法を紹介します♪

    1