Lomogon Art Lensの第一印象:Wilson Lee

銀行で働くかたわら、フォトグラファーとしても活動している Wilson Lee 。写真以外に興味のあることは、ブルースギターと日本の文学だそう。そんな彼に、新しいレンズ Lomogon 2.5/32 Art Lens で香港の街を撮影してもらいました。

── こんにちは、Wilson!写真を撮り始めてどのくらいですか?

自己流で写真を学びつつ、6年ほど撮影を続けています。

── あなたの作品のスタイルについて教えてください。

特にこれといって自分のスタイルはありません。いつも色々なテーマで撮るので、テーマによってスタイルも毎回変えています。

── Lomogonを初めて見たときの感想を教えてください。

他のロモグラフィーのアートレンズと同じく、手にしっかりと馴染む美しいデザイン。真鍮ゴールドはストリート撮影で輝きますね。

── あなたの撮影スタイルにLomogonは合いましたか?

ストリート撮影では、ダイヤルで直感的に絞りを変えることができました。他のレンズでは生み出せない円形ボケもレンズの特性ですね。32mmのユニークな画角は新しい視点を与えてくれて、色々と冒険してみたくなりました。

── 今回撮影したお気に入りの写真と、その写真にまつわるエピソードがあれば教えてください。

個人的な好みで言うと、香港のモンスターマンション前で撮影した猫ですかね。この日はしばらくの間、猫を追いかけていました。シャープさとボケの美しさがよく生かされた Lomogonでのベストショットです。

── Lomogonを使うときに気をつけたほうがいいことはありますか?

ぜひアナログカメラで使ってみてほしいです。現像したフィルムを見て驚くはずですよ!


Wilsonのその他の写真は彼の WebsiteInstagram でご覧いただけます。

2019-03-13 #gear #lomogon

他の記事を読む

  • LomoOdds:知衿 x Daguerreotype

    2020-04-23 xcvllshawn の記事
    LomoOdds:知衿 x Daguerreotype

    ロモグラフィーのプロダクトを様々なジャンルで活躍する方に使ってもらおうという「LomoOdds (ロモオッズ)」。今回はライブ写真を撮影している知衿さんに、Daguerreotype Art Lens使っていただきました。

  • LomoOdds:Rina Endo x Lomogon

    2020-03-31 erina の記事
    LomoOdds:Rina Endo x Lomogon

    ロモグラフィーのプロダクトを様々なジャンルで活躍する方に使ってもらおうという「LomoOdds (ロモオッズ)」。今回は会社務めの傍、写真家・ミュージシャンと多方面で活躍するRina Endoさんに、LomogonとLomographyのユニークなフィルムを使っていただきました。

    1
  • Petzval 55 mm f/1.7 MKIIの第一印象:Geoffrey Yahya Vargas

    2019-11-19 #ニュース #people
    Petzval 55 mm f/1.7 MKIIの第一印象:Geoffrey Yahya Vargas

    Geoffrey Yahya Vargasは、フランスで活躍するフォトグラファー。今回は彼がPetzval 55 mm f/1.7 MKIIで撮影したショットをご紹介。的確なボケをコントロールできるこのレンズは、柔らかくぬくもりを感じられるようなポートレート撮影にピッタリです。

  • ショップニュース

    ロモグラフィックな写りを簡単に楽しめる!

    ロモグラフィックな写りを簡単に楽しめる!

    【ロモグラフィーの Simple Use Film Camera(レンズ付フィルム)】さあ今すぐ撮影開始!ロモグラフィーのユニークなフィルムでの撮影を簡単に楽しめます。フィルムが既にセットされているので、購入したらすぐに撮影スタート可能。

  • LomoOdds:クリタ x Petzval 55

    2020-02-27 erina の記事
    LomoOdds:クリタ x Petzval 55

    ロモグラフィーのプロダクトを様々なジャンルで活躍する方に使ってもらおうという「LomoOdds (ロモオッズ)」。今回のLomoOddsは、子ども服を制作しているクリタさんにPetzval 55を使っていただきました。

  • 写真に収めたい大切なもの: Kageakiへのインタビュー

    2019-12-11 #culture #people cheeo の記事
    写真に収めたい大切なもの: Kageakiへのインタビュー

    フォトグラファーとしてキャリアをスタートさせたことは、Kageakiにとって大きな決断でした。このインタビューでは、何が彼を写真に惹きつけるのかを紐解いていきます。「うまくいかなかった1枚は、思い通りに撮れた1枚よりも大切な1枚でした。」

  • お家でロモ:春の大掃除

    2020-05-16
    お家でロモ:春の大掃除

    お家にいる時間、大掃除をする方も多いのでは?お掃除中に発掘された写真やその他諸々、もしかしたらおもしろいものが作れるかもしれません…!捨ててしまう前にDIYのアイディアを見てみてくださいね!

  • ショップニュース

    Lomography フィルム

    Lomography フィルム

    カラーやモノクロ、クロスプロセス用フィルムまで Lomographyは数多くのオリジナルフィルムを製造しています。35mm、110、120フォーマットの中から好みの1本を探してみてくださいね。

  • LomoOdds:Mayo Orihara (suga/es) x Simple Use Camera

    2020-05-12 xcvllshawn の記事
    LomoOdds:Mayo Orihara (suga/es) x Simple Use Camera

    ロモグラフィーのプロダクトを様々なジャンルで活躍する方に使ってもらおうという「LomoOdds (ロモオッズ)」。今回はおりはら まよさんに、Simple Use Camera使っていただきました。

  • 【コーヒーで現像】第一回ロモグラフィー現像ワークショップ開催

    2020-01-23 plsrptme の記事
    【コーヒーで現像】第一回ロモグラフィー現像ワークショップ開催

    2020年2月8日(土)に直営店Lomography+はコーヒ現像ワークショップを開催いたします。フィルムの現像って難しそう思えますがあなたが飲んでるコーヒーでできちゃうって知ってましたか?撮影から現像まで(もちろんSNS投稿用のデータ化までも)お試しいただける豪華版になっております。

  • LomoOdds:さくらいたかよし x Lomo'Instant Automat

    2020-05-15 erina の記事
    LomoOdds:さくらいたかよし x Lomo'Instant Automat

    ロモグラフィーのプロダクトを様々なジャンルで活躍する方に使ってもらおうという「LomoOdds (ロモオッズ)」。今回のLomoOddsは、4人組ロックバンド マイアミパーティのボーカル、さくらいたかよしさんに、Lomo'Instant Automatを使っていただきました。

  • ショップニュース

    あなたの大切なひと時を円形に閉じ込めて...

    あなたの大切なひと時を円形に閉じ込めて...

    170度の魚眼レンズで見る世界。いつもよりも、より一層愛らしく!動物の顔をアップで撮影して、デカ鼻のユニークな写真も面白い!

  • Neptune Art Lensとめぐる台湾:liongraphy

    2019-08-28 #gear #places cheeo の記事
    Neptune Art Lensとめぐる台湾:liongraphy

    シャッターを切っている時、自分が生きていることを実感する ── こう語る liongraphy は、日常の中にある愛に満ちた瞬間を切り取るフォトグラファー。彼が Neptune Art Lens で撮影した台湾での作品をご紹介。

  • Petzval 80.5mmの第一印象 : 橋原大典 (helloelmer)

    2020-06-20 xcvllshawn の記事
    Petzval 80.5mmの第一印象 : 橋原大典 (helloelmer)

    美しいぐるぐるボケを描くPetzval 80.5 mm f/1.9アートレンズで、尾道〜しまなみ海道周辺の島々を撮影した写真をご紹介。ソフトなボケとシャープな絞りを写すレンズ、そして繊細なグレートーンを写す映画用フィルム Potsdam Kino Film。相性抜群なコラボレーションはポートレイトはもちろん、景色まで絵画のように幻想的に描きます。

  • 光の魔法:写真家 Li Hui

    2020-04-29 #ニュース #people jennifer_pos の記事
    光の魔法:写真家 Li Hui

    写真は思い出を残すだけのものではありません。一筋の光が写真を芸術へと姿を変える鍵となり、カメラを通して見えるもう一つの世界を体感することもできます。そんな光を操り、芸術作品に変えてしまうのが、写真家のLi Huiです。彼女の作品とセンシティブではかなげな素晴らしい写真についてインタビューをしました。