LomoModの楽しみかた:サットンレンズ

LomoMod No.1 を組み立て終わったら、あなたもこのカメラが持つ無限の可能性に挑戦してみよう!LomoModは、レンズにリキッド(液体)を注入して実験的な効果を得られる革新的なサットンレンズを使用しています。トーマス・サットンがスノードームから着想を得て生み出した、レンズと水を組み合わせてつくったパノラマ写真。その偉大なる挑戦へのオマージュは、このサットンレンズのベースとなっています。それだけでなく、私たちは誰でもクリエイティビティに挑戦できるよう、より扱いやすい液体とレンズのコンビネーションを、このレンズで実現させました。

1-2-3 step liquid-filling with the Sutton Lens

1杯のモーニングコーヒーでつくる1枚

1880年代まで時代を遡ると、セピアカラーの写真が主流でした。それは技術的な理由だけではなく、写真を劣化から防いでくれるという役割を持つためでもありました。100年以上経った今、LomoModはそんなブラウントーンのヴィンテージな美しさを持った写真を作り出すことができます。必要なのは、カップに残ったコーヒーやお茶のみ。もちろん暗室での複雑なプロセスは必要ありません。さっそく付属の注射器で液体をレンズに注入し、リキッドショットを体験してみましょう。

Photo by Birgit Buchart (USA) using the LomoMod No.1 camera + Sutton Lens

身近なリキッド(液体)で広がるバリエーション

当時、実験的な写真を作りだすには失敗はつきものでした。フィルム自体に科学的にアプローチすることもできましたが、現像に失敗する可能性も大いにあります。しかしこのサットンレンズがあれば、手軽に様々な表現を楽しむことが出来ます。
必要なことは、コーラやソーダ、ビールなどの飲み物を水で少し薄め(十分薄めましょう!)、それを注射器を使ってレンズにチューブを通して注ぐだけ。より実験的な結果にチャレンジするのであれば、期限切れフィルムを使ってみても良いかも!

Photos by Yoshiyuki (JP), Shawn (JP) using the LomoMod No.1 camera + Sutton Lens

サットンレンズでフィルムのキャンバスを彩ろう

もしあなたのキッチンに余った食紅があるなら、使わない手はありません。色の濃さや液体の種類、あなたはまるで画家のように絵具を使い分け、写真を撮ることが出来ます。塩水を使ったらどんな写真が撮れるのか...科学者としての実験にも挑戦してみましょう。組み合わせはあなた次第です。

Photos by Daniel Schaefer (USA), Shawn (JP), Yoshiyuki (JP) and Phyllis Chan (HK) using the LomoMod No.1 camera + Sutton's Liquid Filled Lens

Explore the endless possibilities and experimentation with the LomoMod No.1 and Sutton's Liquid Filled Lens!

2019-10-28 cielsan の記事

コメントはまだありません

他の記事を読む

  • Liquid Guide:サットンレンズの使い方

    2020-10-22 xcvllshawn の記事
    Liquid Guide:サットンレンズの使い方

    ロモグラフィーの LomoMod No.1とHydroChrome Sutton's Panoramic Belair Camera (ハイドロクローム サットンズ パノラミック ベルエア カメラ)に搭載されているサットンレンズ。その詳細な使い方や、実験結果をご紹介します!

  • わたしのカメラ:原田泰地

    2021-03-30 erina の記事
    わたしのカメラ:原田泰地

    フィルムカメララバーはどんなカメラを使っているの?ちょっと気になるみんなの愛用カメラをご紹介。今回は映像カメラマンの原田泰地さんに、共に人生を歩んできた大切な1台をご紹介いただきました!

  • 【現役ЛОМО (LOMO) 社員登場!ZOOMツアー】ЛОМО歴史博物館@サンクトペテルブルグ ~現地ゲスト紹介~

    2020-11-06 keitauni94 の記事
    【現役ЛОМО (LOMO) 社員登場!ZOOMツアー】ЛОМО歴史博物館@サンクトペテルブルグ ~現地ゲスト紹介~

    ついに開催する11/21(土)まで1ヵ月を切った、ロモジャパン初のロシアと日本をオンラインでつないだイベント。貴重なЛОМО (LOMO) 社の情報が詰まった、ロモ歴史博物館に潜入し、LC-Aの謎を紐解いてゆきます!海外旅行に行きたくてもなかなか行けないこの時期だからこそ、ご自宅から気軽に参加できますので、みなさまとオンライン(ZOOM)上でツアーできることを楽しみにしております!

  • ショップニュース

    Lomography フィルム

    Lomography フィルム

    カラーやモノクロ、クロスプロセス用フィルムまで Lomographyは数多くのオリジナルフィルムを製造しています。35mm、110、120フォーマットの中から好みの1本を探してみてくださいね。

  • わたしのカメラ:コスモ

    2020-09-13 erina の記事
    わたしのカメラ:コスモ

    フィルムカメララバーはどんなカメラを使っているの?ちょっと気になるみんなの愛用カメラをご紹介。今回はフリーライターのコスモさんに愛すべき4台のカメラをご紹介いただきました!

  • クレイジーなフィルムスープの実験結果を大公開!

    2021-04-12
    クレイジーなフィルムスープの実験結果を大公開!

    フィルムスープとは、フィルムに化学反応を起こさせてその結果得られる予期せぬ結果を楽しむという試みのことで、ときおり思いがけない面白い作品が生まれることがあります。今までにも多くのロモグラファーが実験し、検証し、そしてレポートしてくれていますが、今回は実験結果を紹介していきたいと思います。

  • 雨をすり抜けて:クマガイユウヤ with Petzval 80.5

    2020-09-17 erina の記事
    雨をすり抜けて:クマガイユウヤ with Petzval 80.5

    長く続いた雨季の中、アーティストのクマガイユウヤさんがPetzval 80.5で撮影。フィルムカメラとPetzvalシリーズ最高のポートレートレンズが織りなすあたたかみのある写真、そして撮影の裏話をお楽しみください。

  • ショップニュース

    ファインダーを覗くだけでも楽しい!軽量二眼レフカメラ

    ファインダーを覗くだけでも楽しい!軽量二眼レフカメラ

    Lubitel 166+での撮影はとても実験的。上から覗き込むタイプのウエストレベルファインダーを使って思う通りにフレーミングできます。120フィルムと35mmフィルムが両方使えるので、飽きずに創作意欲も存分に湧き上がることでしょう。あなたもロモグラフィーのオンラインショップでLubitel 166+を手に入れて、アナログ写真の代表作を作りましょう!

  • ボケ探求:Petzval 80.5 mm f/1.9 MKIIと香港

    2021-04-21 #gear #ニュース rachelmanlomo の記事
    ボケ探求:Petzval 80.5 mm f/1.9 MKIIと香港

    Petzval 80.5 f/1.9 MKII Art Lensがついに一般発売をスタート!ロモグラフィーの香港チームと一緒にぐるぐるボケの探求の旅にでかけましょう。Rachel がアーティスティックでユニークなボケ効果を使って、ポートレート写真をご紹介!

  • Petzval 80.5mmの第一印象 : 橋原大典 (helloelmer)

    2020-06-20 xcvllshawn の記事
    Petzval 80.5mmの第一印象 : 橋原大典 (helloelmer)

    美しいぐるぐるボケを描くPetzval 80.5 mm f/1.9アートレンズで、尾道〜しまなみ海道周辺の島々を撮影した写真をご紹介。ソフトなボケとシャープな絞りを写すレンズ、そして繊細なグレートーンを写す映画用フィルム Potsdam Kino Film。相性抜群なコラボレーションはポートレイトはもちろん、景色まで絵画のように幻想的に描きます。

  • 【スタッフレビュー】Petzval 80.5mmで撮影した東京スナップ

    2021-01-23 xcvllshawn の記事
    【スタッフレビュー】Petzval 80.5mmで撮影した東京スナップ

    今までのPetzval シリーズより、かなりコンパクトに軽量化され、スナップなどの撮影にも最適な Petzval 80.5mm。ベーシック エディションで撮影した日本の写真をご紹介します!

  • ショップニュース

    あなたの大切なひと時を円形に閉じ込めて...

    あなたの大切なひと時を円形に閉じ込めて...

    170度の魚眼レンズで見る世界。いつもよりも、より一層愛らしく!動物の顔をアップで撮影して、デカ鼻のユニークな写真も面白い!

  • 【テクニック記事】多重露光!背中から花が生える!?ウィングショットの撮り方

    2021-03-24 hodachrome の記事
    【テクニック記事】多重露光!背中から花が生える!?ウィングショットの撮り方

    背中から翼のように花が生えたり、建物や船などがニョキニョキ生えたり...。そんな幻想的で不思議な多重写真を撮ってみませんか?今回は、ワークショップでも大人気の「ウィングショット」について紹介します!

    3
  • 現実の色を書き換える:severinegodissart

    2021-04-28 #people cielsan の記事
    現実の色を書き換える:severinegodissart

    このデジタルが盛んな中でも、フィルム写真が脚光を浴びているのはフィルムにしか出せないフィルムならではの色表現があるからでしょうか? カラーネガフィルムで撮影された、 severinegodissart が創り出すようなカラフルな写真の作例を紹介します。

  • Lomopedia: Canon Demi

    2020-09-12 #gear plasticpopsicle の記事
    Lomopedia: Canon Demi

    今回のLomopediaは、キヤノン初のハーフフレーム製品を詳しく見ていこう。世界中で最も人気のあるハーフカメラのひとつ、キャノンデミのご紹介。