写真に収めたい大切なもの: Kageakiへのインタビュー

フォトグラファーとしてキャリアをスタートさせたことは、Kageakiにとって大きな決断でした。このインタビューでは、何が彼を写真に惹きつけるのかを紐解いていきます。「うまくいかなかった1枚は、思い通りに撮れた1枚よりも大切な1枚でした。」

© Kageaki, Allrights reserved.

── こんにちは!Kageaki!!どんな活動をしていますか?また、写真は始めたきっかけを教えてください。

僕は東京を拠点として、ポートレートを主に撮っているフリーランスフォトグラファー。写真自体は友達に勧められたのがきっかけなんだけど、それからは写真を撮ることに夢中だね。

── フィルムを使って撮影をすることのどんなところが魅力ですか?

現像するプロセスを楽しんでいるよ。手間がかかるけど、だからこそ想像力をフル稼働させる時間が必要だったり、集中して作品のことを考えることが出来るから。僕が同じ写真を2枚も撮らないのは、そのためだよ。

── あなたのポートレートには、被写体との心の距離の近さを感じました。それは意識してるのですか?

慎重にシャッターを切るようにしているよ。1枚1枚ね。撮影に失敗した写真は脳裏に焼き付いちゃうから。スプールにしっかり引っかかってなくて撮れてなかった、なんてことがあると思わず泣いちゃう日もあるくらいだよ。

© Kageaki, Allrights reserved.

── アイディアはどのように生まれるんですか?

明らかに僕の写真は、自然光を当ててそれぞれの写真を同じような環境で撮りがちだよね。

── 全体的にあなたの写真は雰囲気がとても美しいですよね。それはどのように作り上げているんですか?

色はあらかじめ考えておくようにしている。グリーンや暖かめの色が好きかな。あとはそれが木なのか水なのか、それとも鉄でできているのか。素材を感じられるようにしている。多くのフォトグラファーもそうだけど、ライティングはとても意識するポイントかも。光がどうやって広がったり反射、屈折したりするのかを考えるのが好きなんだ。どうやったらその1枚に魂を宿せるのかってね。

© Kageaki, Allrights reserved.

── なぜ日本での活動を選んだんですか?

ここで生活している人々のグルーヴみたいなものをフレームで切り取ることが楽しいからかな。

どこへ行こうと、日本では深い歴史を感じることが出来る。しかもそれが豊富なんだ。しかも市街のネオン、海の静けさ、山頂からの景色、どれを撮ろうと思っても日本はアクセスが便利だよね。

── 才能と技術はどちらが大切だと思いますか?

僕を含めて、生まれながらにして才能に恵まれている人なんていないと思っている。最初は自分のスタイルを作りたくてたまらなかったと感じてたんだけど、すぐに自分のスキルを何度も鍛えることで、スタイルと才能を成長させることが出来ることに気づいたんだ。

© Kageaki, Allrights reserved.

── なにか進行中のプロジェクトはありますか?

僕が住んでいる吉祥寺は職人の街として有名なんだ。ここに住んでいる職人たちを撮るProject Kichijojiを進めているよ。個人的なプロジェクトなんだけどね。


Kageakiの写真をもっと見たい方はこちらから! Instagram

2019-12-11 #culture #people cheeo の記事

コメントはまだありません

他の記事を読む