太陽の光を描き出す Babylon Kino B&W ISO 13 Film:写真家 Tungtungtung

親愛なるモノクロフィルムラバーのみなさま、新しいモノクロフィルム Babylon Kino B&W ISO 13(バビロンキノフィルム) が誕生しました!きっと気に入ってくれることでしょう。私たちは香港を拠点に活躍するフォトグラファーTungtungtung に、この低感度フィルムのテストシュートをお願いしました。太陽に照らされたポートレートと景色が、白黒の世界に映し出された様子を見てみましょう。

© Tungtungtung | Model: Gvozdeva Mariia | with Babylon Kino B&W film

"ISO 100以下は使ったことがない私にとっては、今までで最も低感度なフィルム。今回の撮影には一眼レフカメラのNikon FMと大口径レンズを使い、絞りはf/1.4 〜 f/5.6、シャッタースピードは1 〜 1/125に設定しました。このフィルムを手にした時、綺麗なモノクロ写真を撮影するために、ポートレート、植物、海など好きなものを、最高の天気の日に撮影しようと決めました。"

© Tungtungtung | Model: Gvozdeva Mariia | with Babylon Kino B&W film

お気に入りの写真について

"この写真を撮った時、ちょうど植物に光が注いでいたのです。三脚を使わず、動かないようしっかりとカメラを構えて、シャッタースピードは1秒で撮影しました。鮮明さには欠けるかもしれませんが、ソフトでドリーミーな質感が気に入っています。"

© Tungtungtung | with Babylon Kino B&W film

"次にBabylon Kino B&W ISO 13で撮影するときは、三脚を使った長時間露光に挑戦してみたいです。

© Tungtungtung | with Babylon Kino B&W film"

Tungtungtung のその他の作品は、彼女の Instagram (@tung903 )またはwebsite からご覧頂けます。

2020-04-18 #gear joycelau21 の記事
翻訳 erina

他の記事を読む