わたしのカメラ:ロモグラフィースタッフ

1

ちょっと気になるみんなの愛用カメラをご紹介。今回はロモグラフィースタッフが 愛機である Nikon28ti の魅力を語ります!

Lomopedia より

高級コンパクトカメラといえばCONTAX T2という流れのなか、にわかフィルムカメラファンとは一線を画したいにわかファンの方に大変おすすめです。

1993年に発売されたNikon 35tiと並んで、現在でも非常に人気が高く市場に出るとすぐに売れてしまうので、渋谷東急の中古カメラ市で見つけた時、背伸びをして買いました。35㎜と28㎜で迷う人がいるかもしれませんが、迷ったらにわかファンらしく見た目で決めればいいと思います。チタンシルバーのNikon 35Ti(35mm)より、黒(28㎜)の方がかっこいいと断言できます。

技術情報、機能の解説は適切な方に譲りますが、一番の特徴はやはりボディ上部のクルクル回るアナログ指針です!最初の方は楽しくてついついクルクル遊んでしまいますが、じきにファインダーを覗きながらだと確認出来ないので無用の長物であることに気づくでしょう。ただ、そういう無駄がとてもカッコ良いです。

Lomopedia より

写りはとっても淡白で美しい印象です。いつも使っているロモの LC-A+ が32mmなので、Nikon28tiと2台持ちで旅行に行くととってもいい感じです!チリに行ったとき、レストランのおっちゃんに記念撮影をお願いしたら、「このNikonのカメラ昔めっちゃほしかったんだよね!」といってパクられそうになりました。それくらい世界基準のカメラなんですね!

高級コンパクトを投資だといいはじめる人もいるようで、実際メルカリなどで購入時より高値で販売できる例も少なくありません。でもNikon28tiを買うときに、親愛なるカメラファンの人から「こうゆうカメラは使い倒すに限るね!」とアドバイスをもらっていたし、実際コンクリートに落下させてもピンピンしてます。さすが日本製ですね。

自分と同じくらい生きているこのカメラをもって、もっといろんなところに旅に出たいと思います!


【スペック】
形式: 高級コンパクトカメラ
シャッタースピード: 2秒〜1/500秒 電子式レンズシャッター
レンズ: 固定式ニッコールレンズ 28mm F2.8
露出計: 3D-6分割マルチパターン測光
露出 :自動露出 プログラムAE・絞り優先AE
使用電池: CR123Aリチウム電池 x 1本

2020-04-21 erina の記事

1 Comment

  1. past
    past ·

    一度は使ってみたいNikonのコンパクト機

他の記事を読む