人間らしさを捉えて:クマガイユウヤ with LC-A+

これまでケータイでも写真をほとんど撮らなかったという熊谷勇哉さん。なぜフィルムカメラを始め、なぜ LC-A+ に魅了されたのか聞いてみました。

── 簡単に自己紹介をお願いします。

熊谷勇哉(クマガイユウヤ)と言います。26歳です。
主にスナップを撮ることが多いです。
一方でギタリストだったり作編曲したりトラックメーカーという一面もあります。

── 写真に興味を持ったきっかけや、フィルムカメラを始めたきっかけはなんですか?

フォトグラファーの友人との旅行先にて、彼の薦めでインスタントカメラを使ってみたことがきっかけです。
というのも、それまで写真を撮るということが好きでなくて、ケータイでさえもほとんど撮らなかったくらいでして。
現像したフィルム2本分が僕の新しい人生の扉を開けてくれました。

── フィルムカメラを始めた時に、困ったことや難しいなと思ったことはありますか?

使うフィルムのISO感度が違う場合に、撮り方が変わるというのに慣れるのが大変でした。
始めたてはシャッターを切るまでに時間がかかってしまっていたので、撮りたいと思った景色が撮りたかった写真じゃなくなってることが多かったです。

── LC-A+の魅力は?

ハンディサイズの中にたくさんの可能性を秘めている所です。
特にMinitar 1レンズの映し出す景色が時に繊細で時に迫力があり、その振れ幅の中でも必ず温かさというか、日常的な人間らしさが感じられる。そんな所が好きです。

── LC-A+を初めて使う人にアドバイスはありますか?

4パターンの焦点距離の設定に慣れておくとより楽しくなって、ピンボケも愛しく感じられるようになると思います。
また、取り出してからシャッターを切るまでの時間が短いので、より一瞬を楽しむことが出来ると思います。

── お気に入りの写真と、そのエピソードを教えてください。

LC-A+を手に入れてからまもなく、友人のカメラマンと撮影旅行に行った時の一枚。撮り終えた友人がこちらに戻ってくるのと清掃員が横切るタイミングが絶妙で、思わずカメラを構えて撮りました。三銃士と呼んでいます。

初めてモノクロ写真を装鎮した時の一枚。音楽の仕事で遠征する際に搭乗待ちしていたら、まるで別世界を大きな窓越しに見ている様でワクワクしたのを覚えています。

飛行機の窓から見えた雲の絨毯がまるで天国で、この先に見える景色を想像しながらフライトしたのを覚えています。

── LC-A+で使う時にお気に入りのフィルムはなんですか?

ロモの BERLIN KINO B&W です。
他によく使うのは、FUJIFILMのAQUROS、PRO400Hです。

── どのような瞬間にシャッターを切りたくなりますか?

人でも物でも人間味を感じるものに目がいくことが多いような気がします。また人生における愛を感じる瞬間をフィルムに収めたくなります。

── 今回の写真に曲をつけるとしたら?

Metro - Rio Frio
John Cocker - You’re so beautiful

── これから挑戦したいことは?

フィクションのようなノンフィクションを映し出すような企画をしてみたいです。
あとは、アートの方々とのコラボレーションもしてみたいです。
どんなものでも自分が面白そうだと感じたものを写真を通してやり続けたいと思ってます。

── 今後の活動などお知らせがあれば教えてください。

フォトグラファーとしては、アーティスト写真やスナップをこれからも撮っていきます。
また、今年の5月にクリエイティヴソロプロジェクトとしてTHE NAAV(ザ ナーヴ)を立ち上げました。
音楽家としてだけでなくアパレル、映像など様々なアートをクロスオーバーさせるアーティスト活動をしていこうと考えています。


Photographer: 熊谷勇哉

Instagram:フィルムアカウント , ミュージシャンアカウント
Twitter:@kgygkw1213
THE NAAV:Youtube

2020-06-05 erina の記事

関連商品

Lomo LC-A+

Lomo LC-A+

Lomo Kompakt Automat ( 通称 LOMO LC-A )は、1984年に旧ソ連で誕生したコンパクトオート35mmカメラ。LC-Aが写し出す鮮やかな発色、クラシカルなヴィネット、そしてコントラストの強い写真は90年代に世界的なムーブメントを巻き起こし、ロモグラフィー発祥のきっかけとなりました。そのLC-Aに機能を追加(+)して、生まれ変わったのがLomo LC-A+です!

他の記事を読む

  • 雨をすり抜けて:クマガイユウヤ with Petzval 80.5

    2020-09-17 erina の記事
    雨をすり抜けて:クマガイユウヤ with Petzval 80.5

    長く続いた雨季の中、アーティストのクマガイユウヤさんがPetzval 80.5で撮影。フィルムカメラとPetzvalシリーズ最高のポートレートレンズが織りなすあたたかみのある写真、そして撮影の裏話をお楽しみください。

  • LomoOdds:さくらいたかよし x Lomo'Instant Automat

    2020-05-15 erina の記事
    LomoOdds:さくらいたかよし x Lomo'Instant Automat

    ロモグラフィーのプロダクトを様々なジャンルで活躍する方に使ってもらおうという「LomoOdds (ロモオッズ)」。今回のLomoOddsは、4人組ロックバンド マイアミパーティのボーカル、さくらいたかよしさんに、Lomo'Instant Automatを使っていただきました。

  • 自家現像をすすめる5つの理由

    2020-06-09 #gear #tutorials adam_g2000 の記事
    自家現像をすすめる5つの理由

    カラーネガティブしか使わない?モノクロフィルムを自分で現像したことはないですか?そんなみなさんに読んでほしい、モノクロフィルムの自家現像のすすめ。

  • ショップニュース

    Lomography フィルム

    Lomography フィルム

    カラーやモノクロ、クロスプロセス用フィルムまで Lomographyは数多くのオリジナルフィルムを製造しています。35mm、110、120フォーマットの中から好みの1本を探してみてくださいね。

  • LomoOdds:Rina Endo x Lomogon

    2020-03-31 erina の記事
    LomoOdds:Rina Endo x Lomogon

    ロモグラフィーのプロダクトを様々なジャンルで活躍する方に使ってもらおうという「LomoOdds (ロモオッズ)」。今回は会社務めの傍、写真家・ミュージシャンと多方面で活躍するRina Endoさんに、LomogonとLomographyのユニークなフィルムを使っていただきました。

    1
  • 写真に収めたい大切なもの: Kageakiへのインタビュー

    2019-12-11 #culture #people cheeo の記事
    写真に収めたい大切なもの: Kageakiへのインタビュー

    フォトグラファーとしてキャリアをスタートさせたことは、Kageakiにとって大きな決断でした。このインタビューでは、何が彼を写真に惹きつけるのかを紐解いていきます。「うまくいかなかった1枚は、思い通りに撮れた1枚よりも大切な1枚でした。」

  • 【レポート】LomoChrome Metropolisワークショップ【講師:ゴトウヨシタカ】

    2020-01-30 plsrptme の記事
    【レポート】LomoChrome Metropolisワークショップ【講師:ゴトウヨシタカ】

    LomoChrome Metropolisの発売を記念しスペシャルワークショップを開催。講師はゴトウヨシタカさん。フィルムをLC-A+に装填し、御徒町から湯島そして秋葉原まで練り歩きました。当日の様子を参加者のみなさまが撮影したお写真とともに見ていきます!

  • ショップニュース

    ロモグラフィックな写りを簡単に楽しめる!

    ロモグラフィックな写りを簡単に楽しめる!

    【ロモグラフィーの Simple Use Film Camera(レンズ付フィルム)】さあ今すぐ撮影開始!ロモグラフィーのユニークなフィルムでの撮影を簡単に楽しめます。フィルムが既にセットされているので、購入したらすぐに撮影スタート可能。

  • #イットガーリー x フワちゃん in New York City

    2019-10-31 xcvllshawn の記事
    #イットガーリー x フワちゃん in New York City

    「it girl」とは、一躍時の人となった女性を言い表す言葉。その女性たちは、どこか言葉では言い表せないオーラや魅力を放っているもの。今回はフワちゃんがアメリカ、ニューヨークの街角を疾走してくれた様子をまとめました。(パワフルすぎて一部まとめきれませんでした🙃)

  • オクヤマ・ウイ with LomoChrome Metropolis

    2020-05-04 erina の記事
    オクヤマ・ウイ with LomoChrome Metropolis

    Metropolis =大都会と名付けられたフィルム、LomoChrome Metropolis。どこかノスタルジックなこのフィルムで、始発待ちアンダーグラウンドのオクヤマ・ウイさんを撮影。日本のメトロポリス、渋谷もドラマチックに姿を変えました。

  • 本当は使いやすいLomoChrome Purpleの魅力

    2020-05-19 erina の記事
    本当は使いやすいLomoChrome Purpleの魅力

    改良が重ねられてきたLomoChrome Purple、使ったことありますか?パープルに変化すると言われると、構えてしまってなかなか使うに至らないかもしれません。でも実は、日常使いにオススメのフィルム!

  • ショップニュース

    ファインダーを覗くだけでも楽しい!軽量二眼レフカメラ

    ファインダーを覗くだけでも楽しい!軽量二眼レフカメラ

    Lubitel 166+での撮影はとても実験的。上から覗き込むタイプのウエストレベルファインダーを使って思う通りにフレーミングできます。120フィルムと35mmフィルムが両方使えるので、飽きずに創作意欲も存分に湧き上がることでしょう。あなたもロモグラフィーのオンラインショップでLubitel 166+を手に入れて、アナログ写真の代表作を作りましょう!

  • 【レポート】第一回ロモグラフィーコーヒー現像ワークショップ

    2020-02-22 plsrptme の記事
    【レポート】第一回ロモグラフィーコーヒー現像ワークショップ

    直営店Lomography+はコーヒ現像ワークショップを行いました!初の試みとなりましたが、大成功!それでは当日の様子を参加者のみなさんの現像写真を交えながら振り返っていきましょう。

  • お家でロモ:春の大掃除

    2020-05-16
    お家でロモ:春の大掃除

    お家にいる時間、大掃除をする方も多いのでは?お掃除中に発掘された写真やその他諸々、もしかしたらおもしろいものが作れるかもしれません…!捨ててしまう前にDIYのアイディアを見てみてくださいね!

  • 【あなたの写真を大募集!】kanda snap up <Loiduts charityshop×Lomography>

    2020-08-12 erina の記事
    【あなたの写真を大募集!】kanda snap up <Loiduts charityshop×Lomography>

    あなたの写真でチャリティに参加しませんか?チャリティショップを運営するLoidutsが、3331で回収された服に、神田エリアの風景や人物を撮影した写真をオーバープリントして販売。売上金は寄付されます。参加方法は写真データを送るだけ!ロモグラファーのみなさま、ぜひご協力のほどお願いします!