自家現像をすすめる5つの理由

カラーネガティブしか使わない?モノクロフィルムを自分で現像したことはないですか?そんなみなさんに読んでほしい、モノクロフィルムの自家現像のすすめ。

Credits: adam_g2000

1. もしスキャナーを持っている場合は、とてもお手頃で始めることができます。薬品はそんなに高くないし、道具は中古で問題ありません。それにモノクロフィルムは安く手に入ることもあります。

Credits: adam_g2000

2. 暗室は必要ありません。押入れなど暗い空間で(僕は夜に作業します!)フィルムを現像タンクにセット。これさえ終われば、もう明るいキッチンで作業することができます。

Credits: adam_g2000

3. 現像はとっても簡単。現像のレシピはたくさんあり、どれを試しても自由です。まずはあなたが試してみたいレシピ通りに、温度や薬品を決めれば大丈夫。webで情報収集だってできます。

Credits: adam_g2000

4. 自家現像は驚くほど満足感があります。カメラと同じように、現像も楽しむことができるのだから。興味があればお家にあるカルキ抜きなどの液体でも現像ができます!

Credits: adam_g2000

5. まだまだ探究心があれば、次はプリントやC-41現像、その他あらゆる作業を自分でできる可能性があります。

Credits: adam_g2000

ここに掲載した写真は全部、僕が家で現像したものです。さあ今すぐ始めてみて!

2020-06-09 #gear #tutorials adam_g2000 の記事
翻訳 erina

他の記事を読む