データ化されたフィルム写真の真実とは?

世界がまだ平和だった今年の始め、休みをたっぷりとってメルボルンへ行ってきました。使用したフィルムはLomography Color Negative 400 、そして Color Negative 800

Photo by @xcvllshawn

「ロモグラフィーのカラーネガティブフィルムは黄色だ!いいや、青色っぽいよ。ん?緑?」そんな声をたくさん聞いたので、この際はっきりさせてしまいましょう。

まず、フィルムを撮影し終わったら、現像ラボにフィルムを出しに行きます。この時に、ネガをパソコンやスマホ、iPhone、データに残しておきたい場合はデータ化も一緒に現像ラボにお願いします。

都内では、即日最短1時間で現像、データ化を行ってくれる現像ラボもあります。(ありがとうございますx100)現像所の詳細は下部のマガジンからご確認ください。
マガジン:家から近い現像所が知りたい!

このフィルムを現像所に出して戻ってくる間はなんとも言えないワクワクドキドキ感ですよね。(たまらない喜びです)写っているのかな。。大丈夫かな。。なんて思っている間に時間はすぎ、パソコンに取り込みます。

・・・・・・・・・Loading・・・・・・・・・・

今回はこのマガジンで比較するために二箇所の現像ラボにスキャンをお願いしました。同じネガフィルムです。(同じカメラ・同じ描写)違うのは現像ラボのスキャンのみです。

同じネガフィルムを、2箇所のラボでスキャンするとその違いは歴然でした。スキャンをお願いしたラボによって、色の傾きが違うのがわかりますね。(全て現像所から戻ってきたデータのまま、無加工)

写真の発色はフィルム本来の色だけでなく、現像液やスキャン、使用したカメラ(レンズ)によっても変わってきます。

スキャンは現像ラボごとの指標や特色によって変わります。また、スキャンをお願いする際に「彩度高め/低め」「明るめ/暗め」など好みを指定することができる場合もあります。現像屋さんに相談してみましょう。

さらに同じフィルムでも、使用するカメラやレンズとの相性によって色の出方に違いが出てきます。お気に入りの組み合わせを見つけるのもいいですね。

▶︎ ロモホーム では、世界中のカメラ好きの方が写真をアップロードしているので、カメラやフィルムを購入する前に参考にしてみては。
無料で無制限に写真をアップできるので、是非合わせてご利用ください。

SNS、ロモホームにハッシュタグ #heylomography をタグ付けしてシェアすると、あなたの写真がニュースレターや、SNSに掲載されるかも!


ショーンさんのその他の素敵な作品は、instagram(@xcvllshawn)ロモホーム からご覧いただけます。


Instagram / Twitter / Facebook / ショップページ

2020-09-04 xcvllshawn の記事

Lomography Color Negative 400 (35mm)

Lomography Color Negative 400 35mmで、鮮やかな色と力強くすばらしいシャープさをお楽しみください。

他の記事を読む