正面から向き合うために:Canna x CULT インタビュー

今回で Lomography Magazineには2回目の登場となるフィルムラヴァーの Canna さんがトラックメーカー・CULT のクルーMFDP にインタビュー。愛用のフィルムカメラ、Canon AE-1に
Diana F+ Flash を付けて撮影しました。フィルムのスキャンは、普段から使用しているDigitaLIZA Scanning Mask


Canna(以下C):Diana F+ Flash は、光量が強すぎず、かなり使いやすい印象でした。それに軽くて持ち歩きが楽ちん!多分ずっと使うだろうなっていうストロボです。

C:今回の撮影でお気に入りの写真を教えてください!

MFDP(以下M):写真についてはよくわからないですけど、個人的にはこの写真(上)が一番お気に入りです。色がすごくよくて、デジタルではなかなか出せない暖かい色なのかなって思いました。

C:フィルム本来の色も大事ですが、私はデジタライザ を使用して最終的に自分で色味を調整してます。今回は、私の思うMFDPカラーに仕上げました!

M:MFDPカラー(笑)ありがとうございます(笑)

C:CULTのクルーについて教えてください!

M:CULTのクルーは、高校の友達DantessとJG、大学で出会った福島出身のCoggとNGSWとKG(消息不明)、千葉出身のcharchillと自分の7人で活動しています。CoggとNGSWは同郷のStedmanっていうデザイナーとDIG-DOGっていうアパレルもやっていて、そこらへんでも曲を作ったりしています。Young Jeesusっていう地元の友達もたまに曲に参加してます。

C:各方面で出会った人たちが繋がって出来たクルーなんですね!トラックメイクだけでなく、レコーディングだったり、CULTに限らず多方面に活動しているっていう感じですね!

M:どちらかと言うと、がっつりチームでやっているというより、周りの音楽好きの奴らを集めてラップさせてみたり、みんなでなんかやってみたりっていう感じです。
各々が地元で仕事してたり、Hip Hopが好きって言う共通点があるし、みんないろいろ考えてくれるので自分もそこに応えてあげたいって言う気持ちでやってる感じです。何か自分の好きなことを全力でやってみて、みんな「何か」見つけられればいいかなって思ってます。

C:何かっていうのは例えばどんな事がありますか?

M:クルーみんなで一緒に活動していくことをメインには考えていなくて、これ(CULT)を出発点としてそれぞれ行きたい方向へ向かっていって欲しいなっていう感じですね。ソロやアーティストとして活動してもいいし、DJとしてやっていくのもいいし。色んな現場でみんな活躍してるけど、クルー自体は残ってる、みたいな(笑)そういうのに憧れがあるっていうか、みんな個々が強いんでそっちの方がみんなやりたい事できるかなって思ってます。

C:えー!衝撃!なんか家族みたいなマインドですね!そういえば、今年の1月にアルバム Definition Classic をリリースされていましたが、2枚同時にリリースした意図を教えてくれますか?

M:とりあえずSoundCloudに出した1stのMixtapeみたいな感じで、次のMixtapeを作る勢いでひたすら曲を作っていたんですよ。そうしたら録っていた曲が結構増えて、やばいどうしようってなって(笑)でも意外と縦ノリと横ノリの曲が半々あって、それぞれ分けて2枚出しちゃおう!っていうことになりました。それをさらに起承転結させるように曲を厳選したって感じです。ちょっと無理があったかもしれないですけど(笑)

C:なるほど。私は横ノリのアルバム Definition がすごい好きでした!私自身Hip Hopをあまり聞いてなかったんですけど、CULTの曲を聞いて歌詞が聞き取りやすかった印象です。歌詞については何か意識していることなどはありますか?

M:俺らは、自分らしくなるべく正直に言葉を濁さずに歌詞を書くようにしています。家庭環境が複雑だったり、家族を養うために仕事をしてたり、メンバーの全員が何かしらの事情を持っているんですよ。俺は、それに対して逃げる事なく正面から向き合うために、ありのままを歌詞に書いてほしくて。それが多分聞き取りやすい所なのかなって思います。リスナーにストレートに伝えたいっていう感じですね。

Taken by LomoKino

C:今後の活動予定はなにかありますか?

M:コロナ禍でずっとイベントなどができていなかったんですけど、10/18(日)に小岩のBushBashにて14:00~21:00のデイイベントでライブを行う予定です。音楽がメインではないんですけど、千葉で活動しているMONKとか、Dig-DogがPop Up Storeを開いたり、ストリート系のカルチャーの集合体みたいなイベントなので、是非お越しください!


その他のCULTの作品は、Instagram(@cult__official)YouTube からご覧いただけます。

Cannaさんの作品は Instagram @canna_tkhsTumblr からご覧いただけます。

>> 灯台下暗し:Canna with DigitaLIZA 35mm


Lomography Japan:Instagram / Twitter / Facebook / ショップページ

2020-10-10 xcvllshawn の記事

他の記事を読む

  • LC-A+と過ごすとびきりの夏:ヒトミ

    2021-08-04 erina の記事
    LC-A+と過ごすとびきりの夏:ヒトミ

    夏と相性抜群なフィルムカメラ、LC-A+ 。普段は服飾関係の仕事をしているヒトミさんが、LC-A+ を使って元気いっぱい生き生きした写真を撮影してくれました!

  • Diana Baby 110:すぐに撮れる、ポケットから手のひらへ!

    2021-08-24 shhquiet の記事
    Diana Baby 110:すぐに撮れる、ポケットから手のひらへ!

    フィルムの中で一番小さいフォーマット、110フィルムを知っていますか?手のひらサイズの110フィルムカメラは、どこに持ち歩くにもノーストレス!どんな場所でも決定的な瞬間を見逃しません。

  • 性別の壁を超えて:TMT

    2021-06-16 #culture #people rachelmanlomo の記事
    性別の壁を超えて:TMT

    香港を拠点に活動する女性ファッションフォトグラファーTMT は、普段から様々な種類のフィルムを使って撮影しています。仕事などの役割を「男性や女性と、性別で区別するべきでは無い」と語ってくれました。

  • ショップニュース

    ファインダーを覗くだけでも楽しい!軽量二眼レフカメラ

    ファインダーを覗くだけでも楽しい!軽量二眼レフカメラ

    Lubitel 166+での撮影はとても実験的。上から覗き込むタイプのウエストレベルファインダーを使って思う通りにフレーミングできます。120フィルムと35mmフィルムが両方使えるので、飽きずに創作意欲も存分に湧き上がることでしょう。あなたもロモグラフィーのオンラインショップでLubitel 166+を手に入れて、アナログ写真の代表作を作りましょう!

  • 現実の色を書き換える:severinegodissart

    2021-04-28 #people cielsan の記事
    現実の色を書き換える:severinegodissart

    このデジタルが盛んな中でも、フィルム写真が脚光を浴びているのはフィルムにしか出せないフィルムならではの色表現があるからでしょうか? カラーネガフィルムで撮影された、 severinegodissart が創り出すようなカラフルな写真の作例を紹介します。

  • クレイジーなフィルムスープの実験結果を大公開!

    2021-04-12
    クレイジーなフィルムスープの実験結果を大公開!

    フィルムスープとは、フィルムに化学反応を起こさせてその結果得られる予期せぬ結果を楽しむという試みのことで、ときおり思いがけない面白い作品が生まれることがあります。今までにも多くのロモグラファーが実験し、検証し、そしてレポートしてくれていますが、今回は実験結果を紹介していきたいと思います。

  • Lomo'Instant Automatを遊び尽くす!:ヒトミ

    2021-06-30 erina の記事
    Lomo'Instant Automatを遊び尽くす!:ヒトミ

    普段は服飾関係の仕事をしているヒトミさんが、初めての Lomo'Instant Automat を使って遊び尽くしてくれました!アタッチメントレンズやスプリッツァーを駆使したユニークな写真の数々、みなさんもインスタントライフの参考にしてみては?

  • ショップニュース

    初心者におすすめなコンパクトフィルムカメラ10選 【作例紹介】

    初心者におすすめなコンパクトフィルムカメラ10選 【作例紹介】

    フィルムカメラを始めてみたいけど、いきなり一眼レフを使いこなす自信がない...という人も多いはず。気軽なスナップ撮影や、使い捨てカメラからのステップアップには、 35mm コンパクトフィルムカメラがおすすめ。

  • 【5+1】インスタックスフィルムスープ:Benoit Pernuit

    2021-05-12 #tutorials cielsan の記事
    【5+1】インスタックスフィルムスープ:Benoit Pernuit

    他のロモグラファーたちのユニークな作品がどのようにして作られたか気になっている人も多いのではないでしょうか?簡単にできる、実験的でロモグラフィーらしい写真の作り方をご紹介。最初のプロジェクトから1枚、そして実験結果のプラス5枚を見せる、「5+1」。

  • カラークリエイティブ:AMP Puttipong

    2021-06-03 #people cheeo の記事
    カラークリエイティブ:AMP Puttipong

    今回のインタビューではグラフィックデザイナー、そしてロモグラファーでもある @amp_puttipong と対談!グラフィックデザイナーの視点から覗く、「写真」について迫ります。

  • カラフルリセット:with J.K Chekpo

    2021-05-05 #people cheeo の記事
    カラフルリセット:with J.K Chekpo

    ディレクター、そしてフォトグラファーとしても活動する J.K Chekpo の作品は、2021年のビックサプライズでした。彼のエネルギーにあふれた写真と計算された構図は、鮮やかな色使いとともに、見る人々の目を釘付けにするでしょう。

  • ショップニュース

    全てがクラシカルなポートレイトレンズ

    全てがクラシカルなポートレイトレンズ

    Lomography New Petzval Lens は85mmのポートレイトレンズ。周辺のボケが渦巻くように現れ、中心の被写体へ視線を惹き付ける画を写し出します。Nikon FとCanon EFの2種類のマウントでご用意があり、こちらのマウントに対応するデジタル及びアナログカメラに対応しています。オンラインショップではその他のマウントアダプターやフィルター各種を取り揃えています。

  • LomoGraflok 4×5 Instant Backの第一印象:写真家 梅澤勉

    2020-11-20 xcvllshawn の記事
    LomoGraflok 4×5 Instant Backの第一印象:写真家 梅澤勉

    ポートレートプロジェクト #イットガーリーなど、普段はカラーネガで撮影することが多いという 梅澤 勉さん。そんな彼に、4x5 大判カメラで Instax Wide Filmが楽しめるロモグラフロック 4x5 インスタントバック を使用して撮影していただきました。

  • スペシャルヒント:ISO感度 400で110フィルム撮影

    2021-04-07 #gear #tutorials cheeo の記事
    スペシャルヒント:ISO感度 400で110フィルム撮影

    一時は生産が終了し市場から消えてしまった110フィルムですが、ロモグラフィーがアナログライフを存続させるために生産中!小さなカメラをポケットに入れて、どんな瞬間も逃しません。

  • 【現役ЛОМО (LOMO) 社員登場!ZOOMツアー】ЛОМО歴史博物館@サンクトペテルブルグ ~現地ゲスト紹介~

    2020-11-06 keitauni94 の記事
    【現役ЛОМО (LOMO) 社員登場!ZOOMツアー】ЛОМО歴史博物館@サンクトペテルブルグ ~現地ゲスト紹介~

    ついに開催する11/21(土)まで1ヵ月を切った、ロモジャパン初のロシアと日本をオンラインでつないだイベント。貴重なЛОМО (LOMO) 社の情報が詰まった、ロモ歴史博物館に潜入し、LC-Aの謎を紐解いてゆきます!海外旅行に行きたくてもなかなか行けないこの時期だからこそ、ご自宅から気軽に参加できますので、みなさまとオンライン(ZOOM)上でツアーできることを楽しみにしております!