正面から向き合うために:Canna x CULT インタビュー

今回で Lomography Magazineには2回目の登場となるフィルムラヴァーの Canna さんがトラックメーカー・CULT のクルーMFDP にインタビュー。愛用のフィルムカメラ、Canon AE-1に
Diana F+ Flash を付けて撮影しました。フィルムのスキャンは、普段から使用しているDigitaLIZA Scanning Mask


Canna(以下C):Diana F+ Flash は、光量が強すぎず、かなり使いやすい印象でした。それに軽くて持ち歩きが楽ちん!多分ずっと使うだろうなっていうストロボです。

C:今回の撮影でお気に入りの写真を教えてください!

MFDP(以下M):写真についてはよくわからないですけど、個人的にはこの写真(上)が一番お気に入りです。色がすごくよくて、デジタルではなかなか出せない暖かい色なのかなって思いました。

C:フィルム本来の色も大事ですが、私はデジタライザ を使用して最終的に自分で色味を調整してます。今回は、私の思うMFDPカラーに仕上げました!

M:MFDPカラー(笑)ありがとうございます(笑)

C:CULTのクルーについて教えてください!

M:CULTのクルーは、高校の友達DantessとJG、大学で出会った福島出身のCoggとNGSWとKG(消息不明)、千葉出身のcharchillと自分の7人で活動しています。CoggとNGSWは同郷のStedmanっていうデザイナーとDIG-DOGっていうアパレルもやっていて、そこらへんでも曲を作ったりしています。Young Jeesusっていう地元の友達もたまに曲に参加してます。

C:各方面で出会った人たちが繋がって出来たクルーなんですね!トラックメイクだけでなく、レコーディングだったり、CULTに限らず多方面に活動しているっていう感じですね!

M:どちらかと言うと、がっつりチームでやっているというより、周りの音楽好きの奴らを集めてラップさせてみたり、みんなでなんかやってみたりっていう感じです。
各々が地元で仕事してたり、Hip Hopが好きって言う共通点があるし、みんないろいろ考えてくれるので自分もそこに応えてあげたいって言う気持ちでやってる感じです。何か自分の好きなことを全力でやってみて、みんな「何か」見つけられればいいかなって思ってます。

C:何かっていうのは例えばどんな事がありますか?

M:クルーみんなで一緒に活動していくことをメインには考えていなくて、これ(CULT)を出発点としてそれぞれ行きたい方向へ向かっていって欲しいなっていう感じですね。ソロやアーティストとして活動してもいいし、DJとしてやっていくのもいいし。色んな現場でみんな活躍してるけど、クルー自体は残ってる、みたいな(笑)そういうのに憧れがあるっていうか、みんな個々が強いんでそっちの方がみんなやりたい事できるかなって思ってます。

C:えー!衝撃!なんか家族みたいなマインドですね!そういえば、今年の1月にアルバム Definition Classic をリリースされていましたが、2枚同時にリリースした意図を教えてくれますか?

M:とりあえずSoundCloudに出した1stのMixtapeみたいな感じで、次のMixtapeを作る勢いでひたすら曲を作っていたんですよ。そうしたら録っていた曲が結構増えて、やばいどうしようってなって(笑)でも意外と縦ノリと横ノリの曲が半々あって、それぞれ分けて2枚出しちゃおう!っていうことになりました。それをさらに起承転結させるように曲を厳選したって感じです。ちょっと無理があったかもしれないですけど(笑)

C:なるほど。私は横ノリのアルバム Definition がすごい好きでした!私自身Hip Hopをあまり聞いてなかったんですけど、CULTの曲を聞いて歌詞が聞き取りやすかった印象です。歌詞については何か意識していることなどはありますか?

M:俺らは、自分らしくなるべく正直に言葉を濁さずに歌詞を書くようにしています。家庭環境が複雑だったり、家族を養うために仕事をしてたり、メンバーの全員が何かしらの事情を持っているんですよ。俺は、それに対して逃げる事なく正面から向き合うために、ありのままを歌詞に書いてほしくて。それが多分聞き取りやすい所なのかなって思います。リスナーにストレートに伝えたいっていう感じですね。

Taken by LomoKino

C:今後の活動予定はなにかありますか?

M:コロナ禍でずっとイベントなどができていなかったんですけど、10/18(日)に小岩のBushBashにて14:00~21:00のデイイベントでライブを行う予定です。音楽がメインではないんですけど、千葉で活動しているMONKとか、Dig-DogがPop Up Storeを開いたり、ストリート系のカルチャーの集合体みたいなイベントなので、是非お越しください!


その他のCULTの作品は、Instagram(@cult__official)YouTube からご覧いただけます。

Cannaさんの作品は Instagram @canna_tkhsTumblr からご覧いただけます。

>> 灯台下暗し:Canna with DigitaLIZA 35mm


Lomography Japan:Instagram / Twitter / Facebook / ショップページ

2020-10-10 xcvllshawn の記事

他の記事を読む

  • 灯台下暗し:Canna with DigitaLIZA 35mm

    2020-07-16 xcvllshawn の記事
    灯台下暗し:Canna with DigitaLIZA 35mm

    自宅で気軽にスキャンができるデジタライザ。初めてのセルフスキャンで率直な感想をCannaにインタビュー!多種多様なロモグラフィープロダクトで撮影していただきました。

  • 【誰が撮ったの?】LomoChrome Metropolis TOKYO パッケージ:なかむらしんたろう

    2020-07-02 erina の記事
    【誰が撮ったの?】LomoChrome Metropolis TOKYO パッケージ:なかむらしんたろう

    LomoChrome Metropolis TOKYO フィルムのパッケージ写真を撮影してくださった、なかむらしんたろうさんにインタビュー。LomoChrome Metropolisの特性を活かして撮影していただいた写真も必見!

  • オクヤマ・ウイ with LomoChrome Metropolis

    2020-05-04 erina の記事
    オクヤマ・ウイ with LomoChrome Metropolis

    Metropolis =大都会と名付けられたフィルム、LomoChrome Metropolis。どこかノスタルジックなこのフィルムで、始発待ちアンダーグラウンドのオクヤマ・ウイさんを撮影。日本のメトロポリス、渋谷もドラマチックに姿を変えました。

  • ショップニュース

    初心者におすすめなコンパクトフィルムカメラ10選 【作例紹介】

    初心者におすすめなコンパクトフィルムカメラ10選 【作例紹介】

    フィルムカメラを始めてみたいけど、いきなり一眼レフを使いこなす自信がない...という人も多いはず。気軽なスナップ撮影や、使い捨てカメラからのステップアップには、 35mm コンパクトフィルムカメラがおすすめ。

  • クレイジーなフィルムスープの実験結果を大公開!

    2021-04-12
    クレイジーなフィルムスープの実験結果を大公開!

    フィルムスープとは、フィルムに化学反応を起こさせてその結果得られる予期せぬ結果を楽しむという試みのことで、ときおり思いがけない面白い作品が生まれることがあります。今までにも多くのロモグラファーが実験し、検証し、そしてレポートしてくれていますが、今回は実験結果を紹介していきたいと思います。

  • 人間らしさを捉えて:クマガイユウヤ with LC-A+

    2020-06-05 erina の記事
    人間らしさを捉えて:クマガイユウヤ with LC-A+

    ミュージシャンでありフィルムカメラマンの熊谷勇哉さん。これまでケータイでも写真をほとんど撮らなかったという熊谷さんが、なぜフィルムカメラを始め、なぜLC-A+に魅了されたのか聞いてみました。

  • Fantôme Kino B&W ISO 8 と Babylon Kino B&W ISO 13の第一印象:Photo depot 彩色兼美

    2020-04-19 erina の記事
    Fantôme Kino B&W ISO 8 と Babylon Kino B&W ISO 13の第一印象:Photo depot 彩色兼美

    無類の写真好きのスタッフさんが運営する写真ラボPhoto depot 彩色兼美さんに、Fantôme Kino B&W ISO 8 と Babylon Kino B&W ISO 13を撮り比べていただきました。使用機材から現像までヒントが盛りだくさんのインタビューは必見です!

  • ショップニュース

    Lomography フィルム

    Lomography フィルム

    カラーやモノクロ、クロスプロセス用フィルムまで Lomographyは数多くのオリジナルフィルムを製造しています。35mm、110、120フォーマットの中から好みの1本を探してみてくださいね。

  • LomoGraflok 4×5 Instant Backの第一印象:写真家 梅澤勉

    2020-11-20 xcvllshawn の記事
    LomoGraflok 4×5 Instant Backの第一印象:写真家 梅澤勉

    ポートレートプロジェクト #イットガーリーなど、普段はカラーネガで撮影することが多いという 梅澤 勉さん。そんな彼に、4x5 大判カメラで Instax Wide Filmが楽しめるロモグラフロック 4x5 インスタントバック を使用して撮影していただきました。

  • 【直営店Lomography+】 営業再開のお知らせ

    2020-06-08 xcvllshawn の記事
    【直営店Lomography+】 営業再開のお知らせ

    直営店Lomography+は、政府による緊急事態宣言を受け、2020年3月26日(木)から臨時休業とさせていただいておりましたが、6月10日(水)より、短縮営業で営業再開することを決定しましたのでお知らせいたします。

  • LomoOdds:さくらいたかよし x Lomo'Instant Automat

    2020-05-15 erina の記事
    LomoOdds:さくらいたかよし x Lomo'Instant Automat

    ロモグラフィーのプロダクトを様々なジャンルで活躍する方に使ってもらおうという「LomoOdds (ロモオッズ)」。今回のLomoOddsは、4人組ロックバンド マイアミパーティのボーカル、さくらいたかよしさんに、Lomo'Instant Automatを使っていただきました。

  • ショップニュース

    全てがクラシカルなポートレイトレンズ

    全てがクラシカルなポートレイトレンズ

    Lomography New Petzval Lens は85mmのポートレイトレンズ。周辺のボケが渦巻くように現れ、中心の被写体へ視線を惹き付ける画を写し出します。Nikon FとCanon EFの2種類のマウントでご用意があり、こちらのマウントに対応するデジタル及びアナログカメラに対応しています。オンラインショップではその他のマウントアダプターやフィルター各種を取り揃えています。

  • お家でロモ:春の大掃除

    2020-05-16
    お家でロモ:春の大掃除

    お家にいる時間、大掃除をする方も多いのでは?お掃除中に発掘された写真やその他諸々、もしかしたらおもしろいものが作れるかもしれません…!捨ててしまう前にDIYのアイディアを見てみてくださいね!

  • お家でロモ:Lomo'Instant Squareでセルフィーコラージュ

    2020-06-04 erina の記事
    お家でロモ:Lomo'Instant Squareでセルフィーコラージュ

    いつもの写真をもっとかっこよくするために、写真を何枚も組み合わせて大きな1枚の写真にするコラージュに挑戦しませんか?Lomo'Instant Squareを使った撮影のコツを、surasurachanが教えてくれました。

    1
  • 本当は使いやすいLomoChrome Purpleの魅力

    2020-05-19 erina の記事
    本当は使いやすいLomoChrome Purpleの魅力

    改良が重ねられてきたLomoChrome Purple、使ったことありますか?パープルに変化すると言われると、構えてしまってなかなか使うに至らないかもしれません。でも実は、日常使いにオススメのフィルム!