【シャッターチャンスは3回だけ!】SAME SAME SAME BUT DIFFERENT

シャッターチャンスは3回だけ!Simple Use Film Camera で撮影したら次の人へ!撮った写真が複数箇所で展示、zineにもなる、参加型企画を「ギャラリーTReC1and2 」が開催。作ってしまったら削除も修正も出来ない。一発勝負の面白さを、皆さんと楽しんで共有できるような、そんな遊びが出来ないかと考えられたのが、この企画。※カメラは一度回収し、消毒後に次の人へ渡します)

参加方法

1. SAME SAME SAME BUT DIFFERENT にエントリーしよう!
エントリーフォーム より応募し、世田谷233、下北沢BOOKSHOP TRAVELLERにてカメラ、専用サコッシュを受け取ってください。(参加費下記参照)

2. Simple Use Film Camera で撮影しよう!!
Simple Use Film Camera カメラを受け取ったら撮影をするだけです。ルールは2つ。
・シャッターチャンスは3回のみ(失敗しても3回までです、4回目を切った場合は2回分の参加費を頂きます。)
・撮影期間は7日間です。(受取から返却をあわせて7日間)
※専用サコッシュも忘れずに返却ください。撮影した3枚にタイトルを付けて、何を撮影しようとしたのか、撮影時の状況など、フォーマットに記入をお願いします。(フォーマットは受付時にお伝えします)​​万が一撮影が失敗しても、この撮影記録も何らかの形で展示しますので、来場者の方に何を伝えたかったのかを、書き記しましょう!

​3. Simple Use Film Camera を返却しよう!
撮影を7日以内に終わらせて、お店にカメラ、専用サコッシュ、を返却しましょう。
※次の人の事も考えてカメラは大切に扱ってください。サコッシュは汚れても平気、冒険の証!

参加費
1000円(会場費、DM製作代、現像代、写真プリント代、zine3種製作費込み)​
※参加者には撮影したカメラのzineを会場にてお渡しします。1人1冊、撮影者(応募者)のみ。zineは各会場で販売予定です。複数台のSimple Use Film Camera を使用して参加をご希望の場合は1000円 x 台数分となります。(4回目のシャッターを切った場合も追加で1000円頂きます。​)
※送付不可。
※自由展示の参加費は後程、広報します。別ページをご確認ください。

展示開催場所

直営店Lomography+
ギャラリー世田谷233
下北沢BOOKSHOP TRAVELLER
祖師ヶ谷大蔵riotbeer

1つ目の会場で1週間程度展示をしたら、次の会場へ移動します。まるで、写真のライブツアー!

展示開催期間

2021年3月~4月(詳細日程は決まり次第、随時更新。)

展示方法

各会場でzineとL版プリントを展示します。撮影した全ての写真はTReC ZINE CLUBのスペシャルzineとして、会場に設置します。(販売もします。)L版プリントは、作品タイトルと一緒に壁面展示を予定しています。(3枚とも真っ黒だった場合など、展示が難しそうな仕上がりの時は予めご連絡します。zineには載ります。)集めた撮影日誌を何らかの形で展示します。撮影者が何を撮ろうとしたのか、伝えます。

イベントについてのお問い合わせ:TReC


Web Site / Instagram / Facebook / Twitter

2020-10-06 xcvllshawn の記事

他の記事を読む

  • 人間らしさを捉えて:クマガイユウヤ with LC-A+

    2020-06-05 erina の記事
    人間らしさを捉えて:クマガイユウヤ with LC-A+

    ミュージシャンでありフィルムカメラマンの熊谷勇哉さん。これまでケータイでも写真をほとんど撮らなかったという熊谷さんが、なぜフィルムカメラを始め、なぜLC-A+に魅了されたのか聞いてみました。

  • LomoOdds:知衿 x Daguerreotype

    2020-04-23 xcvllshawn の記事
    LomoOdds:知衿 x Daguerreotype

    ロモグラフィーのプロダクトを様々なジャンルで活躍する方に使ってもらおうという「LomoOdds (ロモオッズ)」。今回はライブ写真を撮影している知衿さんに、Daguerreotype Art Lens使っていただきました。

  • 【ロモグラフィーより年末のご挨拶】Holiday Love Letter from Lomography

    2019-12-27 erina の記事
    【ロモグラフィーより年末のご挨拶】Holiday Love Letter from Lomography

    年末いかがお過ごしですか?今年もロモグラファーの皆さまのおかげで、たくさんの素晴らしい思い出を作ることができました!ロモグラフィーから2019年最後のご挨拶を申し上げます。

  • ショップニュース

    ファインダーを覗くだけでも楽しい!軽量二眼レフカメラ

    ファインダーを覗くだけでも楽しい!軽量二眼レフカメラ

    Lubitel 166+での撮影はとても実験的。上から覗き込むタイプのウエストレベルファインダーを使って思う通りにフレーミングできます。120フィルムと35mmフィルムが両方使えるので、飽きずに創作意欲も存分に湧き上がることでしょう。あなたもロモグラフィーのオンラインショップでLubitel 166+を手に入れて、アナログ写真の代表作を作りましょう!

  • LomoOdds:さくらいたかよし x Lomo'Instant Automat

    2020-05-15 erina の記事
    LomoOdds:さくらいたかよし x Lomo'Instant Automat

    ロモグラフィーのプロダクトを様々なジャンルで活躍する方に使ってもらおうという「LomoOdds (ロモオッズ)」。今回のLomoOddsは、4人組ロックバンド マイアミパーティのボーカル、さくらいたかよしさんに、Lomo'Instant Automatを使っていただきました。

  • 暗いところで撮影するには?

    2020-05-27 erina の記事
    暗いところで撮影するには?

    夜やお家で撮影するにはどうすればいいの?いつでも思い通りに撮影するためのちょっとしたコツをマスターすれば、どんな環境でもこわいものなし!

  • 光の魔法:写真家 Li Hui

    2020-04-29 #ニュース #people jennifer_pos の記事
    光の魔法:写真家 Li Hui

    写真は思い出を残すだけのものではありません。一筋の光が写真を芸術へと姿を変える鍵となり、カメラを通して見えるもう一つの世界を体感することもできます。そんな光を操り、芸術作品に変えてしまうのが、写真家のLi Huiです。彼女の作品とセンシティブではかなげな素晴らしい写真についてインタビューをしました。

  • ショップニュース

    Lomography フィルム

    Lomography フィルム

    カラーやモノクロ、クロスプロセス用フィルムまで Lomographyは数多くのオリジナルフィルムを製造しています。35mm、110、120フォーマットの中から好みの1本を探してみてくださいね。

  • LomoOdds:Rina Endo x Lomogon

    2020-03-31 erina の記事
    LomoOdds:Rina Endo x Lomogon

    ロモグラフィーのプロダクトを様々なジャンルで活躍する方に使ってもらおうという「LomoOdds (ロモオッズ)」。今回は会社務めの傍、写真家・ミュージシャンと多方面で活躍するRina Endoさんに、LomogonとLomographyのユニークなフィルムを使っていただきました。

    1
  • LomoOdds:Mayo Orihara (suga/es) x Simple Use Camera

    2020-05-12 xcvllshawn の記事
    LomoOdds:Mayo Orihara (suga/es) x Simple Use Camera

    ロモグラフィーのプロダクトを様々なジャンルで活躍する方に使ってもらおうという「LomoOdds (ロモオッズ)」。今回はおりはら まよさんに、Simple Use Camera使っていただきました。

  • 【誰が撮ったの?】LomoChrome Metropolis TOKYO パッケージ:なかむらしんたろう

    2020-07-02 erina の記事
    【誰が撮ったの?】LomoChrome Metropolis TOKYO パッケージ:なかむらしんたろう

    LomoChrome Metropolis TOKYO フィルムのパッケージ写真を撮影してくださった、なかむらしんたろうさんにインタビュー。LomoChrome Metropolisの特性を活かして撮影していただいた写真も必見!

  • ショップニュース

    初心者におすすめなコンパクトフィルムカメラ10選 【作例紹介】

    初心者におすすめなコンパクトフィルムカメラ10選 【作例紹介】

    フィルムカメラを始めてみたいけど、いきなり一眼レフを使いこなす自信がない...という人も多いはず。気軽なスナップ撮影や、使い捨てカメラからのステップアップには、 35mm コンパクトフィルムカメラがおすすめ。

  • LomoOdds:クリタ x Petzval 55

    2020-02-27 erina の記事
    LomoOdds:クリタ x Petzval 55

    ロモグラフィーのプロダクトを様々なジャンルで活躍する方に使ってもらおうという「LomoOdds (ロモオッズ)」。今回のLomoOddsは、子ども服を制作しているクリタさんにPetzval 55を使っていただきました。

  • 雨をすり抜けて:クマガイユウヤ with Petzval 80.5

    2020-09-17 erina の記事
    雨をすり抜けて:クマガイユウヤ with Petzval 80.5

    長く続いた雨季の中、アーティストのクマガイユウヤさんがPetzval 80.5で撮影。フィルムカメラとPetzvalシリーズ最高のポートレートレンズが織りなすあたたかみのある写真、そして撮影の裏話をお楽しみください。

  • 本当は使いやすいLomoChrome Purpleの魅力

    2020-05-19 erina の記事
    本当は使いやすいLomoChrome Purpleの魅力

    改良が重ねられてきたLomoChrome Purple、使ったことありますか?パープルに変化すると言われると、構えてしまってなかなか使うに至らないかもしれません。でも実は、日常使いにオススメのフィルム!