LomoGraflok 4×5 Instant Backの第一印象:写真家 梅澤勉

ポートレートプロジェクト #イットガーリー など、普段はカラーネガで撮影することが多いという 梅澤勉 さん。そんな彼に、4x5 大判カメラで Fujifilm Instax Wide Filmが楽しめるインスタントバック、LomoGraflok 4×5 Instant Back を使用して撮影していただきました。


Name: 梅澤 勉 (@tsutomu.umezawa)
Accessory: LomoGraflok 4×5 Instant Back

── 簡単に自己紹介をお願いします。
カメラマンの梅澤です。フィルムを中心に広告写真などをとっています。

── どのくらい前から大判写真を撮っているのですか?
10年前から始めました。きっかけはスパロウフォトという大判写真を扱うサロンがありまして、そこで購入したのがきっかけです。

── 大判カメラの魅力はどこにあるんですか?
プリントしたときに、驚いたんですけど、目で見たのと同じような画が細かく映っている。実在感みたいなものが魅力がありました。

── ロモグラフロック で撮影して、いかがでしたか?
非常にシンプルに作られていて、大判カメラで気軽に使えるものになっているし、ボタン一つで操作できるところでロモらしくシンプルな構造っていうのがとても良いと思いました。

── 現在日本における大判カメラの立ち位置はどうですか?
やっぱり昔からのカメラマンさんが使う方が多かったとおもうんですけど、フィルムがまた人気がでてきていて、若い人の中でも、作品つくりや雑誌の現場のなどで、35mmと一緒に、4x5や大判カメラを使うケースが結構あるなと思います。

── ロモグラフィーに今後どんなことを期待しますか?
フィルムを続けていくことを守るイメージが、ロモグラフィーにはあるので、そういった意味で、今回の4 x 5で大判フィルムより富士フィルムさんから出ているInstax Wideでの撮影のプロセス自体はとても楽しかったです。例えば、難しいかもしれないですけど、もっと大きいフィルムで撮ってみたいと思いました。


Model : Maryさん世山さんエリナさんショーンさん


その他の梅澤 勉さんの作品はこちら からご覧いただけます。

▶︎#イットガーリー × Lomography 「VIRTUAL ART BOOK FAIR 2020」
▶︎ #イットガーリー x フワちゃん in New York City
▶︎【#イットガーリー】Lomokinoで撮影したムービー公開中!
▶︎#イットガーリー CHIE × Simple Use Film Camera
▶︎#イットガーリー AYAMI × Simple Use Film Camera
▶︎#イットガーリー SATSUKI × Diana Baby 110
▶︎志尊淳 写真集『23』:撮影 梅澤勉
▶︎B&W Potsdam Kino Filmの第一印象:写真家 梅澤勉

2020-11-20 xcvllshawn の記事

他の記事を読む

  • LC-A+と過ごすとびきりの夏:ヒトミ

    2021-08-04 erina の記事
    LC-A+と過ごすとびきりの夏:ヒトミ

    夏と相性抜群なフィルムカメラ、LC-A+ 。普段は服飾関係の仕事をしているヒトミさんが、LC-A+ を使って元気いっぱい生き生きした写真を撮影してくれました!

  • HydroChromeの第一印象:クマガイユウヤ

    2021-05-24 erina の記事
    HydroChromeの第一印象:クマガイユウヤ

    ミュージシャンでありフォトグラファーでもあるクマガイユウヤさんがサットンレンズを搭載したHydroChrome Sutton's Panoramic Belair Cameraで撮影。魅力的だと語るこのカメラの第一印象を聞いてみました。

  • 性別の壁を超えて:TMT

    2021-06-16 #culture #people rachelmanlomo の記事
    性別の壁を超えて:TMT

    香港を拠点に活動する女性ファッションフォトグラファーTMT は、普段から様々な種類のフィルムを使って撮影しています。仕事などの役割を「男性や女性と、性別で区別するべきでは無い」と語ってくれました。

  • ショップニュース

    ファインダーを覗くだけでも楽しい!軽量二眼レフカメラ

    ファインダーを覗くだけでも楽しい!軽量二眼レフカメラ

    Lubitel 166+での撮影はとても実験的。上から覗き込むタイプのウエストレベルファインダーを使って思う通りにフレーミングできます。120フィルムと35mmフィルムが両方使えるので、飽きずに創作意欲も存分に湧き上がることでしょう。あなたもロモグラフィーのオンラインショップでLubitel 166+を手に入れて、アナログ写真の代表作を作りましょう!

  • 【シャッターチャンスは3回だけ!】SAME SAME SAME BUT DIFFERENT

    2021-04-01 xcvllshawn の記事
    【シャッターチャンスは3回だけ!】SAME SAME SAME BUT DIFFERENT

    *展示日程決定!*撮影したら次の人へ!撮った写真が複数箇所で展示、zineにもなる、参加型企画をギャラリー「TReC1and2」が開催。作ってしまったら削除も修正も出来ない。一発勝負の面白さを、皆さんと楽しんで共有できるような、そんな遊びが出来ないかと考えられたのが、この企画。

  • 正面から向き合うために:Canna x CULT インタビュー

    2020-10-10 xcvllshawn の記事
    正面から向き合うために:Canna x CULT インタビュー

    フィルムラヴァーの Canna さんがトラックメーカー・CULT のクルーMFDPにインタビュー。愛用のフィルムカメラ、Canon AE-1にDiana F+ Flash Black を付けて撮影しました。フィルムのスキャンは、普段から使用しているDigitaLIZA Scanning Mask !

  • Petzval 80.5の第一印象:クリタ

    2020-10-08 erina の記事
    Petzval 80.5の第一印象:クリタ

    まだ強い日差しが降り注いでいた真夏、クリタさんがPetzval 80.5 mm f/1.9で、フレッシュなポートレイトの数々を撮影。Petzval 80.5と、Petzval 55の違いについても聞いてみました。

  • ショップニュース

    全てがクラシカルなポートレイトレンズ

    全てがクラシカルなポートレイトレンズ

    Lomography New Petzval Lens は85mmのポートレイトレンズ。周辺のボケが渦巻くように現れ、中心の被写体へ視線を惹き付ける画を写し出します。Nikon FとCanon EFの2種類のマウントでご用意があり、こちらのマウントに対応するデジタル及びアナログカメラに対応しています。オンラインショップではその他のマウントアダプターやフィルター各種を取り揃えています。

  • Lomo'Instant Automatを遊び尽くす!:ヒトミ

    2021-06-30 erina の記事
    Lomo'Instant Automatを遊び尽くす!:ヒトミ

    普段は服飾関係の仕事をしているヒトミさんが、初めての Lomo'Instant Automat を使って遊び尽くしてくれました!アタッチメントレンズやスプリッツァーを駆使したユニークな写真の数々、みなさんもインスタントライフの参考にしてみては?

  • 現実の色を書き換える:severinegodissart

    2021-04-28 #people cielsan の記事
    現実の色を書き換える:severinegodissart

    このデジタルが盛んな中でも、フィルム写真が脚光を浴びているのはフィルムにしか出せないフィルムならではの色表現があるからでしょうか? カラーネガフィルムで撮影された、 severinegodissart が創り出すようなカラフルな写真の作例を紹介します。

  • Atoll Ultra Wide Angle 17 mm f/2.8 Art Lensの第一印象:橋原大典 (@helloelmer)

    2021-02-04 #tutorials xcvllshawn の記事
    Atoll Ultra Wide Angle 17 mm f/2.8 Art Lensの第一印象:橋原大典 (@helloelmer)

    超広角レンズを採用したAtoll Ultra-Wide 2.8/17 Art Lensが描く103度の画角は、見ている瞬間を1つのフレームに収めます。日本に一台しかないプロトタイプで、東京のクールなシーンを橋原さんに撮影していただきました。

  • ショップニュース

    ロモグラフィックな写りを簡単に楽しめる!

    ロモグラフィックな写りを簡単に楽しめる!

    【ロモグラフィーの Simple Use Film Camera(レンズ付フィルム)】さあ今すぐ撮影開始!ロモグラフィーのユニークなフィルムでの撮影を簡単に楽しめます。フィルムが既にセットされているので、購入したらすぐに撮影スタート可能。

  • Lomogon 2.5/32 x LomoChrome Purple:カンナ (@canna_tkhs)

    2021-01-22 xcvllshawn の記事
    Lomogon 2.5/32 x LomoChrome Purple:カンナ (@canna_tkhs)

    特徴的な絞り調節ダイヤルからクラシックな見た目まで、ロモゴン アートレンズは素早く、簡単に、そして楽しく撮影できます。そして、サイケデリックな発色のロモクロームフィルムを使い、幻想的な世界をカンナさんが撮影してくれました!

  • Fantôme Kino B&W ISO 8の第一印象:Emma Swann

    2021-03-18 #gear #culture #ニュース #people
    Fantôme Kino B&W ISO 8の第一印象:Emma Swann

    ミュージックフォトグラファー、そしてDIYマガジンの創設者としての活動するEmma Swannが、Fantôme Kino B&W ISO 8 35 mmを使って、King Nunの密着撮影をしてくれました!

  • クレイジーなフィルムスープの実験結果を大公開!

    2021-04-12
    クレイジーなフィルムスープの実験結果を大公開!

    フィルムスープとは、フィルムに化学反応を起こさせてその結果得られる予期せぬ結果を楽しむという試みのことで、ときおり思いがけない面白い作品が生まれることがあります。今までにも多くのロモグラファーが実験し、検証し、そしてレポートしてくれていますが、今回は実験結果を紹介していきたいと思います。