ボケ探求:Petzval 80.5 mm f/1.9 MKIIと香港

Petzval 80.5 f/1.9 MKII Art Lens がついに一般発売をスタート!ロモグラフィーの香港チームと一緒にぐるぐるボケの探求の旅にでかけましょう。Rachel がアーティスティックでユニークなボケ効果を使って、ポートレート写真をご紹介!

Petzval 80.5 MKIIの第一印象

今回はマットな仕上がりのアルミニウムブラックを使ってみました。真鍮バージョンの方が正直好きですが、7段階のボケコントロールリングがついているのはアルミバージョンの方なので、このレンズを選びました。ボケマニアの私にはボケをコントロールするために、ボケコントロールリングはマストアイテムです!レンズをゲットしてまず気づいたのがその梱包。イケてる梱包で、まるで宝箱を開けているかのような感覚でした。このまま箱に入れたままにしておきたい気持ちは置いていて、アルミのクールさを感じるレンズとついにご対面です。

ボケレベルの設定

Canon EOS 5 フィルム一眼レフカメラにLomography ISO 400 35mmLomography ISO 800 35mm のフィルムを入れて、Petzval 80.5 MKII アートレンズを早速使ってみました。様々な環境のもとでどんな写真が撮れるかを試す為に、色々な時間帯に分け、そしてこのレンズの特徴であるぐるぐるボケを最大限に活かすために絞りをf/1.9からf/2.8の間にして、ボケレベルは最大の「7」にセットして撮影しました。

適切な背景選び

強烈なグルグルボケをゲットするためには、背景選びがとても重要です。葉っぱのような 質感のある背景など が、ボケを生み出すにはピッタリ!ただ、背景がごちゃごちゃしすぎていると、被写体が強調されずただカオスな写真になってしまうかもしれません。ベストなボケ効果を得るには、写真の中心に被写体を持ってくるのもポイントです。

鯉魚門(Lei Yue Mun)の漁村の古き姿を撮影

ストリートでもこのレンズがポートレート撮影のようにうまく撮れるのかを試したかったので、鯉魚門の漁村に行き、香港の1世紀前の雰囲気を写してみようと思いました。この街は昔からあるお店がずらりと並んでいて、懐かしいお菓子なんかも売っています。驚くことに、Petzval 80.5 MKIIはストリート写真の醍醐味、「人々の交流の様子」も美しくに写してくれます。ボケた四隅やちょっとしたグルグルボケの描写がダイナミックな写りを生み出していました。そんな描写はストリート写真にもうってつけだと思います。

油麻地の果実市場をワイルドに撮影

油麻地果欄という果実市場を夜中に散歩するのが好きで、ちょうど散歩をする時間帯がこの市場の一番活気がある時間です。
この果物屋さんの写真が特に好きです。お店中が赤や金色で装飾されていて、フルーツの梱包用ラップに反射する光とその光を写したボケが好きです。

ビクトリアハーバーのリフレクションを求めて

ボケを最大限に生かした写真を夜に撮りたいなら、夜の空と良いコントラストになる光源をキャッチすることをおすすめします。この写真は夕暮れ時の空がまだ黒く染まる前のトワイライトゾーンの時間帯を狙って撮影しました。海の水面に反射する光がちょうどいい背景になっています。強烈なグルグルボケ効果や、深い青色の水と建物の黄色い暖色の光の反射のコントラストが、 ゴッホの”星月夜 を思わせます。このレンズを使えば、海の青の中に輝く光がぼやけた楕円形になり、それはまさにゴッホの力強い筆使いのようです。

香港の代名詞、ビビッドなネオンカラー:

ビクトリアハーバーで撮影したノスタルジックなぐるぐるボケ効果:

多重露光撮影

ぜひこのレンズで多重露光撮影にチャレンジしてみてください!夢の世界にいるようなエフェクトが多重露光をすることでよりユニークな効果が得られるかもしれません。

今回の撮影でのお気に入りの一枚。サイエンスフィクション感がある写真で、どこかブラックホールに飲み込まれたような感じがしませんか?


Petzval 80.5 MKII Art lens はこちらからお求めいただけます。


ロモグラフィージャパン:Instagram / Twitter / Facebook / ショップページ

2021-04-21 #gear #ニュース rachelmanlomo の記事

Lomography Color Negative 800 ISO 35mm

ISO400では感度がまだ足りない?Lomography Color Negative 800 35mmフィルムは、低照度下でも驚きの結果をお約束致します。

他の記事を読む

  • Petzval 80.5の第一印象:クリタ

    2020-10-08 erina の記事
    Petzval 80.5の第一印象:クリタ

    まだ強い日差しが降り注いでいた真夏、クリタさんがPetzval 80.5 mm f/1.9で、フレッシュなポートレイトの数々を撮影。Petzval 80.5と、Petzval 55の違いについても聞いてみました。

  • 2021年【正社員・アルバイト】スタッフ募集のお知らせ

    2021-02-10 erina の記事
    2021年【正社員・アルバイト】スタッフ募集のお知らせ

    Lomographyはオーストリアに本社を置くインターナショナルなフィルムカメラブランドです。デジタル化が進む世の中で、アナログカメラにこだわり、世の潮流と逆行しながらもなお成長を続けるグローバル企業の中で切磋琢磨していける仲間を探しています。

  • 雨をすり抜けて:クマガイユウヤ with Petzval 80.5

    2020-09-17 erina の記事
    雨をすり抜けて:クマガイユウヤ with Petzval 80.5

    長く続いた雨季の中、アーティストのクマガイユウヤさんがPetzval 80.5で撮影。フィルムカメラとPetzvalシリーズ最高のポートレートレンズが織りなすあたたかみのある写真、そして撮影の裏話をお楽しみください。

  • ショップニュース

    全てがクラシカルなポートレイトレンズ

    全てがクラシカルなポートレイトレンズ

    Lomography New Petzval Lens は85mmのポートレイトレンズ。周辺のボケが渦巻くように現れ、中心の被写体へ視線を惹き付ける画を写し出します。Nikon FとCanon EFの2種類のマウントでご用意があり、こちらのマウントに対応するデジタル及びアナログカメラに対応しています。オンラインショップではその他のマウントアダプターやフィルター各種を取り揃えています。

  • 【5+1】インスタックスフィルムスープ:Benoit Pernuit

    2021-05-12 #tutorials cielsan の記事
    【5+1】インスタックスフィルムスープ:Benoit Pernuit

    他のロモグラファーたちのユニークな作品がどのようにして作られたか気になっている人も多いのではないでしょうか?簡単にできる、実験的でロモグラフィーらしい写真の作り方をご紹介。最初のプロジェクトから1枚、そして実験結果のプラス5枚を見せる、「5+1」。

  • 性別の壁を超えて:TMT

    2021-06-16 #culture #people rachelmanlomo の記事
    性別の壁を超えて:TMT

    香港を拠点に活動する女性ファッションフォトグラファーTMT は、普段から様々な種類のフィルムを使って撮影しています。仕事などの役割を「男性や女性と、性別で区別するべきでは無い」と語ってくれました。

  • 【シャッターチャンスは3回だけ!】SAME SAME SAME BUT DIFFERENT Vol.02

    2021-06-17 erina の記事
    【シャッターチャンスは3回だけ!】SAME SAME SAME BUT DIFFERENT Vol.02

    大好評につき第2弾の参加者募集開始!撮影したら次の人へ!撮った写真が複数箇所で展示、zineにもなる、参加型企画を「TReC1and2」が開催。一発勝負の面白さを、一緒に楽しみませんか?

  • ショップニュース

    あなたの大切なひと時を円形に閉じ込めて...

    あなたの大切なひと時を円形に閉じ込めて...

    170度の魚眼レンズで見る世界。いつもよりも、より一層愛らしく!動物の顔をアップで撮影して、デカ鼻のユニークな写真も面白い!

  • 【数量限定!】2021 Lucky Bag(福袋)販売開始!

    2020-12-24 xcvllshawn の記事
    【数量限定!】2021 Lucky Bag(福袋)販売開始!

    今年もやってきました、年に一度のお得なLucky Bag(福袋)がついに販売開始!今年はなんとオンラインショップで使えるおみくじバウチャーコード(ディスカウントコード)の当たりが10人一人あたる大チャンス!お買い求めはオンラインショップ、直営店Lomography+にて!

  • クレイジーなフィルムスープの実験結果を大公開!

    2021-04-12
    クレイジーなフィルムスープの実験結果を大公開!

    フィルムスープとは、フィルムに化学反応を起こさせてその結果得られる予期せぬ結果を楽しむという試みのことで、ときおり思いがけない面白い作品が生まれることがあります。今までにも多くのロモグラファーが実験し、検証し、そしてレポートしてくれていますが、今回は実験結果を紹介していきたいと思います。

  • 【現役ЛОМО (LOMO) 社員登場!ZOOMツアー】ЛОМО歴史博物館@サンクトペテルブルグ ~現地ゲスト紹介~

    2020-11-06 keitauni94 の記事
    【現役ЛОМО (LOMO) 社員登場!ZOOMツアー】ЛОМО歴史博物館@サンクトペテルブルグ ~現地ゲスト紹介~

    ついに開催する11/21(土)まで1ヵ月を切った、ロモジャパン初のロシアと日本をオンラインでつないだイベント。貴重なЛОМО (LOMO) 社の情報が詰まった、ロモ歴史博物館に潜入し、LC-Aの謎を紐解いてゆきます!海外旅行に行きたくてもなかなか行けないこの時期だからこそ、ご自宅から気軽に参加できますので、みなさまとオンライン(ZOOM)上でツアーできることを楽しみにしております!

  • ショップニュース

    Lomography フィルム

    Lomography フィルム

    カラーやモノクロ、クロスプロセス用フィルムまで Lomographyは数多くのオリジナルフィルムを製造しています。35mm、110、120フォーマットの中から好みの1本を探してみてくださいね。

  • 【シャッターチャンスは3回だけ!】SAME SAME SAME BUT DIFFERENT

    2021-04-01 xcvllshawn の記事
    【シャッターチャンスは3回だけ!】SAME SAME SAME BUT DIFFERENT

    *展示日程決定!*撮影したら次の人へ!撮った写真が複数箇所で展示、zineにもなる、参加型企画をギャラリー「TReC1and2」が開催。作ってしまったら削除も修正も出来ない。一発勝負の面白さを、皆さんと楽しんで共有できるような、そんな遊びが出来ないかと考えられたのが、この企画。

  • Atoll Ultra Wide Angle 17 mm f/2.8 Art Lensの第一印象:橋原大典 (@helloelmer)

    2021-02-04 #tutorials xcvllshawn の記事
    Atoll Ultra Wide Angle 17 mm f/2.8 Art Lensの第一印象:橋原大典 (@helloelmer)

    超広角レンズを採用したAtoll Ultra-Wide 2.8/17 Art Lensが描く103度の画角は、見ている瞬間を1つのフレームに収めます。日本に一台しかないプロトタイプで、東京のクールなシーンを橋原さんに撮影していただきました。

  • 静止画映画 “LAST DAY”@渋谷 開催

    2021-05-21 erina の記事
    静止画映画 “LAST DAY”@渋谷 開催

    Otömika | Kota Ishida | May Tsukishiroによる静止画映画 “LAST DAY” が渋谷、HAUS STUDIOにて5月22日(土)から開催!ロモグラフィーのモノクロフィルムで撮影された写真と、環境音や声、音をのせた実験的な展示となっています。