LomoChrome Metropolis 新旧撮り比べ

低い彩度と力強いコントラストが特徴のLomoChrome Metropolisが2021年に新製法になってリニューアルしました。今回のマガジンでは、新旧の違いを撮り比べた様子をお届けします。

←旧メトロポリス・新メトロポリス→

皆さん既にご存知かと思いますが、LomoChromeシリーズは感度を変えて写りの違いを楽しむことができるフィルムです。今回の撮り比べではISO感度を、100,200,400との3段階に設定して写りの違いを検証してみました。

旧メトロポリス 左からISO100,200,400
新メトロポリス 左からISO100,200,400

そもそも、感度を変えて撮れるとは?と疑問に思う方もいるのではないでしょうか。

一般的にネガフィルムはラチチュード(フィルムが受け取れる光の量の許容範囲)が広く多少の露出オーバーではデジカメのように白飛びしません。例えばISO400のフィルム使用時に、シャッタースピード1/250と絞りF8が適正露出の環境でシャッタースピード1/60と絞りF8で撮っても(露出2段オーバー、ISO100と同じ設定)、ネガフィルムなら全く問題なく写ります。

とはいえ、露出オーバーで撮っても全く写りが変わらないわけではなく、その分フィルムが受け取る光の量は増えます。メトロポリスの比較画像を見ると、ISO100で撮った写真がISO400と比べて若干明るく、コントラストが低いのが分かると思います。

メトロポリスらしいコントラストの強い写りを楽しみたい方はISO400で撮影することをお勧めします。反対に、少し柔らかい雰囲気で写真を撮りたい方はISO100で撮るのがお勧めです。

←旧メトロポリス・新メトロポリス→(ISO400,ISO100)

さて、肝心の発色の違いはどうでしょうか?

旧メトロポリスに比べて、新メトロポリスはコントラストが上がって色味が若干青色に寄っています。また、撮影環境によってはうまく陰影がつかなかった部分がしっかり表現されるようになり、扱いやすさも格段に上がった印象です。もちろん、2枚目のISO100で撮影した写真のように、柔らかく程よいコントラストでの撮影もお楽しみいただけます。

今回は街中での撮影でしたが、あらゆるロケーションでもこの新旧の違いを体感できることは間違いありません。
新しくなったLomoChrome Metropolis、ぜひ皆さんも使ってみてください!

あなたのお気に入りはどちらでしたか?

旧メトロポリスこちら から!
新メトロポリスこちら から!

それぞれ上記のリンクからお買い求めいただけます!

←旧メトロポリス・新メトロポリス→(ISO400)

オンラインショップ

今ならフィルム10本以上お買い上げでカメラが付いてきます! (*同一フォーマットのフィルム10本以上になります。)


ロモグラフィー:Web Site / Instagram / Facebook / Twitter

2021-12-24 #gear #tutorials kota_97 の記事

他の記事を読む