LomoChrome Turquoiseのカラーシフトを解説!

フィルム写真の実験には色々な方法があります。一番簡単なのは違うフィルムを使ってみること。いつもとは違うフィルムで撮影するだけで、撮れる写真の色だけではなく、考え方も変わります。カラーやモノクロをマスターしたら、LomoChrome Turquoiseのカラーシフトを試してみましょう!

Lomography Turquoise XR 100-400 はロモグラフィーの中でもとても人気なフィルムでした。このフィルムはターコイズ色が際立つカラーシフトをを生み出すフィルムです。暖色は青、青は金色、緑はエメラルド色に変化します。Turquoiseは撮影方法次第で全く違う色味や写りを楽しむことができます。

LomoChrome Turquoiseの撮影方法のコツをまとめてみたので、ぜひ参考にしてみて下さい!

ISO感度を変えて撮影する

LomoChrome TurquoiseはISO感度100から400の間で撮影ができ、ISO感度の違いにより、色味が変わります。@ihave2pillowsフィルムレビュー で詳しく説明しています。

直射日光を避けてテスト撮影してみました。ISO100で一番良い色が出ましたが、ISO400だと少し暗く写っています。LomoChrome Turquoiseで撮ると唐辛子がミントキャンディーに見えてしまいますね。
Credits: ihave2pillows

こんな感じで色が変わります。

この新しいフィルムは変で面白い。ドラマチックな色の変化を楽しめるので、実験的な写りが好きな方におすすめです。特定の色を求めている方は下の表を参考に撮影をしてみて下さい!

こんな感じに色が変わります。

赤 -> 青
オレンジ -> 青
ピンク -> 紫
黄色 -> ターコイズ
緑 -> 深緑
青 -> 黄/オレンジ
紫 -> 茶色

こちらの レビュー も併せてご覧ください!

Credits: ihave2pillows

カラーシフトを極める

ISO感度を変えることで色が色味が変わるのがこのフィルムの特徴です。 下の写真では @kritsalosが左から、ISO 400、200、100で撮影しました。

Credits: kritsalos

色鮮やかな風景を撮ってみることをおすすめします。下の写真は全てLomoChrome Turquoiseで撮影されましたが、全く違う結果に仕上がりました。光の状態、ISO感度、被写体の色。この3つに注意して撮影をしてみて下さい。

Credits: shanti929erisindop & clickiemcpete

夜の撮影

LomoChrome Turquoiseを使った夜の撮影は少し難しく感じるかもしれませんが、@juliabrummer のメモを参考にしてみて下さい。

左から、実際の色、 LomoChrome Turquoise、LomoChrome Purple @juliabrummer.
夜に撮影をする時は、被写体の光や明るさに注意して下さい。暗い影、茶色、グレー、黒などは写らないことを前提に撮影をして下さい。暗い状況では明るさがないものは写らないことが多いです。絞りf4.9から5.6の間でバルブモードを使うと上手に撮影することができます。

アドバイス を参考に夜の撮影を楽しんでみてください。

Credits: juliabrummer & klive0420

LomoChrome Turquoiseはただいまプレオーダー受付中です! オンラインショップ では通常販売価格の15%オフでプレオーダーができます!


ロモグラフィー:Web Site / Instagram / Facebook / Twitter

2021-12-22 #tutorials shhquiet の記事

他の記事を読む